2014年10月13日月曜日

愛する人を亡くした人へ




もう、どれ位の涙を流したのでしょうか。

いくら涙を流しても、悲しみから解放されるはずもなく、現実は少しも変わることはありません。

ありふれた笑顔、何気ない会話、いつもの仕草、どれ1つとして忘れられるものではないと思います。

愛する人の存在の大きさに、圧倒されるばかりで、代わるものは、この世のどこにもないのかもしれません。



この世に生きている限り、別れは付き物です。

はっきりしていることは、愛する人が自分より早く死んだということです。

「何で自分より早く死んだんだ」と、思うかもしれませんが、あなたが代わりに早く死んだのであれば、愛する人がこの世で、今のあなたと同じように、悲しんでいたでしょう。

何かの理由があって、あなたがその役を引き受けたのです。



底がないと思われるほどの深い悲しみであれば、それだけ愛する想いも深かったということです。

この世で、それほどまでに、愛するものに出会えたのは、とても幸せなことなのですが、そんなのは慰めにもならないでしょう。

本当に大切なもの、かけがえのないものは、ありふれた存在となってしまうために、悲しいことに失って初めて気付くことが多いと思われます。



愛する人は、すでにこの世にいませんが、次の世界で間違いなく、生きています。

それは、また逢うことが出来るということを、意味します。



肉体を失っても、魂として生き続けています。

これは宗教でも何でも無く、自然現象です。

発想の転換が必要です。

生命の本質、本当の自分は、肉体ではなく魂です。

今の深い悲しみも、魂から生み出されます。

悲しみの想いも、目に見えないように、魂も目に見えるものではありません。

悲しみが確かに存在するように、魂も確かに存在しています。

たとえ、魂が存在したとしても、愛する人の肉体はすでに骨になり、この目で愛する人の姿を見たり、声を耳で聞いたり、手で触れられるわけではありません。

それは、悲しい現実です。

しかし、愛する者同士の魂と魂はつながっているため、双方の想いは伝えられるはずです。

厄介なのは、この世の人には肉体があるために、愛する人の想いが伝わりにくくなってしまっていることです。

この世に残してきた愛する人へ、想いを伝えようと、必死で頑張っているのに、どうしてもうまく伝えることができない、そのもどかしさは、想像を絶するものと思います。

海の中にいる人に、海上の人がいくら大声で叫んでみても、水に阻まれて伝わらないのと、似ているのかもしれません。

ただ、海の中にいる、この世の私達が、海上に出られる時があります。

眠っている時です。

眠っている時に、本当の自分である魂は、からだから離れて、愛する人と同じ世界に行っています。

いわゆる、体外離脱と言われる現象です。

眠っている時に、愛する人と、実際に逢っています。

夢に出てきたという話は、良く耳にしますが、そのほとんどが、愛する人がいる世界で、実際に逢っていると思われます。

お互いの想いを伝え合っているはずです。

そのことを、もっとはっきりと覚えていれば、違う世界で生きていると確証が持てるのにと、考えてしまいます。

愛する人がいる世界は、想いの世界であり、言葉は必要としない世界です。

あなたに伝えたのは、言葉ではなく、あなたへの想いです。

従って、朝起きた時に、言葉を思い出そうとしても無理かもしれません。

この世を生きている人は、頭で考えてしまっていることが多いので、魂に伝わった愛する人の想いを、言葉で思い出そうとするために、無理が生じているのだと思います。

けれども、交わし合った想いは、微かかもしれませんが、残っているはずです。



眠っている間に逢って、想いを確認し合っているはずですが、朝になって目が醒めると、愛する人の姿は目に映らなくなります。

姿が見えないという現実が襲い、すぐに悲しみに包まれてしまいます。

愛する人は、その様子を見ていて、「今まで逢っていたのに、なぜすぐ忘れてしまうの」と、あきれているかもしれません。



愛する人と夢で逢ったのは、紛れも無い事実であり、逢いたいと思う願望が作り出す、幻影ではありません。

愛する人は生きていて、次の世界に移り、元気にしているのです。

そのことを、あなたにどうしても、どうしても伝えたいのです。

なぜなら、悲しんで、涙を流している姿を見るのが、あなたを愛しているので、とてもつらいのです。

生きているという真実を、しっかりと伝えたいのです。



もし仮に、あなたがちゃんと生きているのにもかかわらず、いなくなってしまったと勘違いをして、愛する人達がとても悲しんでいるとしたら、どう思うでしょう。

きっと 「元気でいるから、心配しないで」と、伝えたくなるのではないでしょうか。

向こうに行った愛する人も、それと全く同じ想いです。

元気に暮らしています。

そして、見守っています。

迷った時、悩んだ時、困った時には、向こうから想いを伝えて、導いてくれるはずです。

心を穏やかにして、つながっているという確信を持っていれば、愛する人の想いは、魂に伝わってくると思います。



愛する人が生きていることは、時が来ればはっきりするのですが、なるべく早いうちに、その事実を知っておいた方が、お互いに安心し、悲しみも少なくて済みます。

この世からいなくなってしまったこと、次の世界で生きていることは、ともに現実です。

愛する人のために、どうぞ現実を受け入れて下さい。



もう1つ、はっきりしていることは、あなたもいつか死ぬということです。

その時には、今か今かと待っていた愛する人が、両手を広げて、満面の笑顔で迎えてくれるでしょう。

今の悲しみからは、信じられないほどの喜びに満たされるでしょう。

その歓喜の時が来るまで、衝動を抑えて、生き抜いて下さい。



神は愛です。

神が愛ならば、なぜ、最愛の人と、死によって離れ離れにさせて、ここまで悲しみを与えるのかと思ってしまいます。

もし、愛する人が今も生きているとしたら、ここまで愛していたこと、愛されていたことに、気付いたでしょうか?

愛すること、愛されること以上に、大切なことは、この世にあるのでしょうか?

深い悲しみには、魂を目覚めさせ、愛より大切なものはないことに気付かせるという、深甚な意味があります。

それが、神の摂理であり、神の心だと考えられます。



最も大切なのは愛だと気付き、この先の人生で表現していけたなら、愛する人の死はとても大きな意味を持ちます。

それは、愛する人が最も喜ぶことでもあると思います。





参考ページ: 「亡くなった愛する人とつながる」

       「心に響いた詩」



107 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

いつも読ませてもらっています。

私の想いは確かなものですが、亡くなった愛する人の想いに自信がない時は、どうしたら良いですか…。
いつも見守っていてね
いつかまた会おうね
ずっと想ってるよ
そんな風に思っても、ひとりよがりなんじゃないかと思うとき
どうしようもなく虚しくなります。
想われてた
そう自信がもてる程、過ごした時間も長くなく、私の立場もその要因の一つですが
相手がどう思っていようとも私は
思い続けても良いのでしょうか。

イクミ さんのコメント...

匿名さんへ

拙いブログを読んでいただいてありがとうございます。
愛する人が亡くなられて、悲しい想いをずっとされているのですね。
生命は魂であり、次の世界に移り、元気にしているは間違いありません。
残念ながら、その姿は目には見えませんので、おとぎ話、夢物語のように思っている人が多いのですが、事実です。
あなたは、その方が存在していることを理解されているようなので、本当に良かったと思います。
質問に対する私の考えです。
自分が先に亡くなった時のことを考えてみたらどうでしょうか。
その方が、この世から愛する想いを送り続けてくれたとしたら、あなたはとてもうれしいはずです。
この世には、その方に親愛の想いを向けている人は、他にもいると思いますが、たくさんの愛をもらって、嫌がる人はいません。
その1つ1つの想いが、とてもうれしいと感じ、向こうの世界で生きて行く力になっていると思います。
過ごした時間や、立場を気にされている様ですが、そんなことを超越した、想いだけが真実の世界です。
この世で1番愛していた、そして愛してくれた人は誰なのか、はっきりと分かる世界です。
こちらの想いは、光となって、届いています。
その方が、あなたのことをどれ位想っているのかは分かりませんが、ひとりよがりではないと思います。
なぜなら、この世から去ってもなお、あなたが想い続け、今も愛されているのは、その方が、あなたのことを、深く愛されていたことの証だと思うからです。
あなたの想いと同じくらい、その方は今もあなたのことを愛されていると、私は思います。
愛する想いは、頭脳からではなく、魂から生みだされるものなので、死んで肉体はなくなっても、あなたへの想いは続いています。
無用な心配や、勘違いをして欲しくないと、強く思っているのではないでしょうか。
あなたの想いは、愛する人にとって、大きな喜びとなっていると思います。
自信を持って下さい。

匿名 さんのコメント...

ありがとうございます。
本当にありがとうございます。
少ない言葉だったのにも関わらず、全てを理解して頂いたように思います。
救われました。
押し殺していたものが溢れ出して止まりませんでした。
頂いた言葉を大切にこれから生きて行きます。

イクミ さんのコメント...

少しはお役に立てたのなら、私も本当にうれしいです。
愛する人は、あなたの想いが続いている限り、いつも寄り添って、見守っていてくれるでしょう。愛は次元を超えて、魂を結びつける力であることを、心に留めておいて下さい。
向こうに行った時に、愛する人に褒められ、抱きしめてもらえるように、あなたらしく生き抜いて下さい。

匿名 さんのコメント...

とても安心しました
主人を亡くして10年も過ぎたのに悲しくて辛くて死にたいとばかり思っていました。
そばに居てくれる 実感できました‼
ありがとうございます。

イクミ さんのコメント...

ご主人を亡くされて、10年経つのですね。
人には言えぬ、つらい日々を過ごされてきたと、お察しします。

目には見えませんが、ご主人はあなたの側で見守っています。
姿は見えなくなっても、魂として、生きています。
魂は、荼毘に付されて、無くなりません。
魂から生じている愛も、全く失われていません。
そのことが、はっきりと判るのは自分が死んだ時なのですが、今、実感できて本当に良かったと思います。
少し先になるかもしれませんが、また逢えるので安心して下さい。

あなた以上に喜んでいるのは、ご主人ではないでしょうか。
「今頃気付いたのかよ、遅すぎるよ。でも本当に良かった!」と、苦笑しているような気がします。

あさよ さんのコメント...

亡き主人を魂を感じて生きられるように
イクミ様のお話でなりましたが
時々とても寂しい思い悲しい思いになります。
私のわがままでしょうか?

主人に話しかけたりしていますが
また きっと逢えますね‼
そう 信じていきます。

イクミ さんのコメント...

あさよ様

はじめまして、イクミです。
私の拙いブログを読んでいただき、ありがとうございます。

きっと逢えますねと心配されていますが、あなたがこの世に別れをする時に、ご主人のことを愛していれば、もちろん逢えます。
正確に言わせてもらえば、毎日のように逢っているのですが、あなたの肉眼に姿は映らないので、認知されていないだけです。
眠っている時にも、同じ次元で逢っているのですが、あなたが覚えていないだけです。
ご主人はあなたの魂が視えるので寂しくないのですが、あなたはご主人の姿が見えないので寂しくなってしまいます。
魂と魂は、離れ離れになっていないのです。

ご主人がどうしているのか知りたいのでしょうか?
そうであれば、あなたがご主人を残して死んでしまった時のことを想像して下さい。
あなたの肉体は無くなり、心だけになったと思って下さい。
ご主人があなたのことを思い浮かべながら、悲しみの涙を流しています。
その姿を見たら、あなたはどのような想いになり、行動をするでしょうか。
ご主人の傍に寄り添い、「ここに私はいるでしょう。そのことに早く気付いて」と、想いを投げかけ続けるでしょう。

今のご主人の想いも全く同じであり、「おれはいつでもここにいるぞ。何で気付かないんだ。そろそろ判ってもいい頃だぞ」と、もしかしたらちょっと怒っているかもしれません。
あなたが悲しむ姿を見て、どれだけ肩を抱いて、慰めてやりたいことでしょうか。
愛は死を超越しています。
あなたはご主人に今も愛されています。

語りかけは、ご主人の魂に間違いなく届いて、ご主人は想いを返して来ているはずですが、その想いを受け取るのは、耳ではありません。
あなたの魂が受け取るのですが、頭であれこれ考えたり、感情に支配されていると、感度が極端に悪くなってしまいます。
穏やかな心になり、頭を空っぽにして、降って来る想いを、どうにかして受け取って欲しいです。

NOB さんのコメント...

イクミさま NOBです。こんばんは。

いつもありがとうございます。
今日はイクミさまにお聞きしてみたいことがあって
こちらのページからコメントを投稿させていただいています。

ずっと前から考えていた事なのですが…
死別のグリーフケアに係わる活動の中に、霊的真理をどのように関連付けられるか、
どのような形なら、霊的真理を受け入れやすいだろうか、と考えています。

私は、二つのグリーフケアの活動団体の集まりに参加しています。
参加していると、死後の世界についてを具体的に語るのは難しいものなのだな…と感じています。
(寺社や教会等が催されているものには参加したことがないのでわからないのですが)

そういう集まりで、同じ悲しみを抱いている方々と安心して話せる事には意味があると感じています。
でも、それぞれの思いに共感しあったり、ワークを通じて自己分析をしたり
「悲しみの中にいるのは私だけではない」とは思えても、悲しみが無くなるわけではありません。

私は、自分の愛するひとは死んでいない、違う世界で生きている、と確信できて初めて
悲しみ、喪失感が癒されました。
なので、霊的真理は、最愛のひとを亡くしたひとには一番知ってほしい真理だと思います。
イクミさまのブログの記事、イクミさまからのお返事は、究極のグリーフケアだと思います。
読まれている方は皆さんそう思われていて、とても感謝されていると思います。
でも、なかなか巡り合えない方、そういう環境を持たない方も多くいらっしゃいます。

私は、参加している会で、夫からのメッセージを感じ取れた事、不思議な出来事のいくつかを話しています。
皆さん、少し驚かれますが、信じてくださいます。
近い事を経験した方もいらっしゃいますし、自分も感じ取りたいと思う方が多いからだと思います。
でも霊的真理の話まではなかなかいたれません。いろんな考え方の方々がいらっしゃいます。

私は、自分の経験から、同じように救われる方がたくさんいるだろうと思っていますので、
会に参加されている方には、霊的真理について少しでもお伝えしたいな、どのように話すと良いのかな、と
いつも考えるんです。
最愛の方を亡くして、悲しみ、苦しんでいる方は受け入れる準備ができているとも思うからです。

すみません。長々と書いてしまいましたが、イクミさまのご意見をお聞きしたかったのは冒頭に書いた
死別のグリーフケアに係わる活動の中に、霊的真理をどのように関連付けられるか、
どのような形なら、霊的真理を受け入れやすいのか、という事です。

いつも皆さんや私のコメントに、愛を持って丁寧にお答えくださって、
お仕事もお忙しいのにと、いつも感謝の気持ちと、申し訳ない気持ちでおります。
そんな中、またこんな事を聞いてしまいすみません。
このコメントへのお返事は、お時間の許す時で構いません。よろしくお願いいたします。

イクミ さんのコメント...

NOB様

おはようございます。
グリーフケアに参加されていると、以前お聞きしました。
同じ想いを共有できる、安心して話せる場があることは、とても意義深いことだと思っています。
私も少し興味があり、どの様な活動をしているのか調べてみましたが、霊的なことには触れていないようでした。
参加者それぞれの宗教観があり、それを尊重しようとしているのかもしれません。
しかし、死とはあの世に移行するための自然現象であり、死んでも生きているというのは、紛れもない事実です。
そのことを確信出来たら、どれほど悲しみや苦しみが癒やされるか判りません。
ただ、天国で生きているよ、他人から言われても何の説得力もありません。
NOB様の様に、同じ体験をした人から言われたら、素直に信じる人もいます。
しかし、どんなに悲しくても、魂の存在を信じられない人もいます。
百人いれば、百通りの受け止め方があると思います。

霊的真理(シルバーバーチの霊訓)には、死後の世界の存在だけでなく、生命について、この世を生きる意味、苦難の意味などが書かれています。
何故、別れなければならなかったのか、霊的真理の中に答えを見出す人もいます。

真理を受け入れる時期が来ている人、残念ながらまだの人もいますが、外から判別は出来ません。
どんなに価値のある真理で、丁寧に説明をしても、時期が来ていなければ、受け入ることは出来ません。
言葉がきついのですが、豚に真珠なのです。
時期が来ている人は、全てを得心し、救われることになります。

しかし、たとえ時期が来ていなくても、真理のありかを教えるのは大切なことです。
時期が来た時に、直ぐ辿り着くことが出来るからです。
(真理の)種を蒔いておけば、いつかは芽を出します。

あなたが集まりの中で、霊的真理について語った時に、興味を示す人がいると思います。
そんな人に、彼との今の状況を取り入れながら、さらに話を進めて行けば、新しい世界の扉を開いてやることができるかもしれません。
悲しみが癒やされ、後悔が取り払われて、新しい人生が始まるかもしれません。

シルバーバーチも言っていましたが、押し付けるのではなく、そっと側に置いてやるような感じで良いのではないでしょうか。
時期が来た人は、ありかを教えて欲しいと、向こうからやって来ます。

霊的真理は、究極のグリーフケアになると、私も信じています。
彼との別れ、真理の受け入れ、特別な関係、人のために役立つようにつながっていると、強く感じています。

NOB さんのコメント...

イクミさま NOBです。

お返事ありがとうございました。

お返事をお読みして、私が思っていた事と近い内容でしたので、やはりそうだな…と思いました。
ありがとうございました。
自分もシルバーバーチの霊訓をまだ全巻読み終えてもいないのに、私は少し前のめりに考えてしまっていたように思います。自分が救われたと思えたものだから、他の方にも早く、と思ってしまいました。
イクミさまのお考えをお聞きすることで、落ち着きます。

イクミさまがおっしゃるように、心理を受けいれる時期が来ている人か、そうでないか外見からはわかりませんね。そっと側において差し上げるような感じが良いですね。
確かに時期が来た人は、向こうからやってくるのだと思います。
今は種を撒いておく形を考えようと思います。

私の郷里は東日本大震災の被災地なので、家族が未だに行方不明で、ご遺体とも対面できず、
悲しみ、懺悔の気持ちから抜け出せずにいる遺族の方々がいらっしゃいます。
そういう方はグリーフケアの会にも参加されないようです。理由はなんとなくわかります。
そして、もうご遺体が見つかる可能性はとても低くても探し続けています。無理もないと思います。

夫が病気になる前に、私はよく彼にこの事について話していました。彼は黙って聞いていましたが。
なんとかその心を救ってあげられないのだろうか。宗教は何か役に立っているのだろうか。
行方不明の方は、家族に自分の遺体をずっと探し続けてほしいと思うだろうか。
その頃私は、ご遺体が見つからなくても、亡くなった方は、家族を恨んだりしていない
その事で自分を責めないでほしい…と思っているだろうな、と思いました。
その頃はそう思うしか救われない…と思っていました。今は、そうだ。と信じています。
でもこちらでは、そういう考え方を交換し合ったり、お伝えしたりするのは躊躇する空気があります…。

次のグリーフケアの会の時には、私なりにまた少し種を撒こうと思います。

話は変わるのですが、昨日から今まで、彼の想いが感じ取れずにいます。
私はいつもと同じように想いを送っているのですが…。
想いだけではなく、そばにいてくれてるって思う時の、あのホワッとした感じも感じられないです。
私は昨日からとても現世的な、慣れない作業をしていてとてもストレスを感じています。
そのせいだと思っています。

でも、そのうち返事が伝わってくるだろうと、結構自信があるので、安心しています。
感じ取れないと、自分がどういう状況なら感じ取れるのか逆に良くわかります。
落ち着く場所で雑音を避け、心を穏やかに保つこと、心を空っぽにして澄ませることは
難しいものなのだと感じています。

でも彼を信じているので大丈夫です。また投稿させていただきます。ありがとうございました

イクミ さんのコメント...

おはようございます。

あなたの気持ちは良く判ります。
霊的真理を知ると、自分の中で大きな変化が起こります。
悦びも湧き上がります。
それを、多くの人にも伝えてやりたいと思う、強い衝動が起きます。
最愛の人を亡くし、2年の間暗闇の中にいたあなたは、真理の光の眩しさは相当なものでしょう。
グリーフケアで集まる人にも、自分と同じように光を見つけて欲しいと思うのは、当然かもしれません。
また、被災地に住むあなたは、まだご遺体が見つかっていない遺族に、魂は家に帰ってきて、共にいることを、伝えてやりたいと思います。
以前ですが、交通事故で長男を亡くした知人に、生きていることを伝えましたが、となりにいた奥さんが泣き出してしまい、もう帰ってくれと言われてしまいました。
また、ご主人を突然死で亡くして1年経つ、私の仕事上の患者さんに、シルバーバーチの本をお渡ししましたが、後日電話があり、真理を受け入れたことを告げられ、感謝されました。
どの様に、受け止めるのか、伝えてみなければ判りません。
難しいところがありますが、真実は真実なので、機会があればお伝えしようと思っています。

一昨日から、彼の想いを感じ取れずにいるのですね。
慣れない作業をして、心が少し乱れて、同調しにくくなっているのではないでしょうか。
もしかしたらですが、ほとんどの人は、昔のあなたと同じ様にコミュニケーションが出来ずに、孤独で寂しく、不安な思いをしているのを忘れずにいることを、霊界はあなたに望んでいるのかもしれません。

NOB さんのコメント...

イクミさま NOBです。

お返事ありがとうございます。

真理を受け入れられる準備ができているのか、受け入れられる時期なのか、という事は
ほんとうに一概にはわからないのですね…。
イクミさまの過去のブログを読んでいる時から、そう思ってはいました。
私も夫を亡くした直後、きっとしばらくの間は、受け入れられなかったと思います。
悲しみが大きすぎて…どのような慰めも受け入れられなかったと思います。
うまく言えないのですが、私は悲しみつくしかったんだな、と思い出しています。

前のお返事にあったように、少し何かの光が差した時に、思い出してもらえるように
真理のありかを伝える事、種を撒く事、が今の私が出来る事だと思います。少しずつやってみます。

今日もあわただしく過ごしていて、彼の想いは感じ取れていません。
イクミさまがおっしゃるように、つながれない寂しさ、不安を忘れないように…と言われているのかも知れません。でも、なぜか大丈夫と思えています。
彼も、私の守護霊さまも、毎日話せなくても、もう私も大丈夫だろうと思いはじめたのかもしれませんね。
彼が生き続けていて、私を見守っていてくれているという感覚はもう揺るぎません。
私がするべき事への導きは続いていると思いますし、
何か迷ったりする時にも導いてくれることを信じて生きていられます。
こういう風に思えること自体が幸せなのだと思います。ほんとうに感謝しています。

またいつものページから投稿させていただこうと思っています。ありがとうございました。

あさよ さんのコメント...

イクミ様
お久しぶりです…
主人が側に居てくれる実感を貴方様のお言葉から 実感できました

でも やはり 寂しさは日々続きます。

愛が深すぎたと思いますが

主人と出会う時まで頑張らなくてはと思うます
イクミ様にお会いすることは可能でしょうか?
お話をお聞きしたいです。

イクミ さんのコメント...

NOB様

こんばんは。
種を蒔いておけば、準備が整った時に、向こうから訪ねて来ると思います。
少しずつで良いですから、真理のありかを、必要としている人に教えて下さい。

彼の想いを感じ取れないのも、何か意味があるはずです。
その意味は今は判りませんが、良きに計らわれていることだけは確かでです。



イクミ さんのコメント...

あさよ様

こんばんは。
以前、ここにコメントをしていただいた方ですね。お久しぶりです。
ご主人がいてくれることを、少しでも実感していただけて良かったです。
寂しい日々が続いているのですね。
11年の年月が経っても、愛おしい気持ちは少しも変わらないのですね。

会って話をすることは出来ます。
ただ、私は群馬県に住んでいて、平日はフルタイムで仕事をしていますので、予定の入っていない休日ということになりますが、それでよろしいでしょうか?

あさよ さんのコメント...

イクミ様
ありがとうございます…
連絡させて頂きます。

まだまだ寂しく悲しい日々ですが
両親の介護があり 忙しくしているおかげで なんとか生きています

もう自ら死ぬ事はしません。

イクミ様 その時お逢いする時はイクミ様のご都合とを連絡させて頂きます

本当にイクミ様とこうして 知り合えて良かった
感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございます。

イクミ さんのコメント...

あさよ様

失ったものの大きさが、ほんの少しですが判るような気がします。
ご両親の介護で忙しいのですね。
今のつらさは、先にある悦びのためにあると、強く信じて下さい。
私は、あなたのような人に真実お伝えするために、この世に生まれてきたと思いますので、そう言っていただけると本当にうれしいです。
また遠慮なく連絡して下さい。

Harunasyouta さんのコメント...

イクミさん。

初めまして。長文になりますが、説明するのに難しく。

無くしてから気付く。本当ですね。

私は3カ月前に別れた元旦那の死を1週間前に亡くしました。
亡くしましたと言うより、1週間前に知りました。
旦那の正確な死亡は8月の頭だそうです。
それまで、車の中で亡くなったまま、放置されていたがため、見つけた時には旦那の顔も分からないほどひどく。誰も旦那の顔は見せてもらえませんでした。

離れた理由は色々ありましたが。離れた後も好きだったこと、愛してる事、ずっと会いたいと思っていましたが、色々あって、互いにに気持ちのあるまま、私は旦那の手を離してしまいました。

もう旦那に、会えないこと。
やり直すことも、私の気持ちも伝えられないこと。
旦那の気持ちも知ることも出来なくなってしまった事。
一人で逝かせてしまった事。
私が手を離してしまった事。

旦那がまだ私を愛してくれてたか、わかりません。

でも、あの人が居ない世の中は自分には辛すぎて。
子供達もいるので前を向かなくてはと思いつつも、
顔も見ていないので、受け入れることも出来ず。

自殺なのか病死なのかも、今だお義母さんから、教えてもらってません。

泣いては、責めては、あの人に会いたくて。
今は何故泣いているのか。あの人への気持ちさえも疑心暗鬼に、なってしまって。

あの人なら、こうするとか、こんなときこうするとか。

考えては、居ない事に、落ち込み、自分を責める毎日です。
全てが疑心暗鬼になり。あの人が次の世界で私に会ってくれてるのかも、今の私にはわかりません。

前を向いて、あの人に会うときは、子供達をちゃんと育てたよって。貴方がずっと好きだったと、言えるようにしたいと思っても、全ては自分の責任ではないのか?っていう罪悪感と、虚無感に飲まれそうです。

それでも、あの人は私に会ってくれてるのでしょうか?
あの人を感じられないんです。

イクミ さんのコメント...

Harunasyouta 様

初めまして、イクミです。
コメントを拝見して、あなたの心中を察すると言葉がありません。

いなくなって、自分のご主人への気持ちが、はっきりと判ったのですね。
お互いに気持ちがあるまま、事情があって別れたのですね。

まず、お伝えしなければいけないのは、ご主人はこの世の人ではなくなりましたが、命は続いていると言うことです。
あなたの気持ちは、あの世にいるご主人に伝わっていると思います。
ご主人の今の状況は、亡くなり方によって変わってきます。
病死であれば問題はありませんが、自殺であれば、その動機によって置かれている状況が違ってきます。
もし、生きていることに絶望して自殺したのであれば、今は深く後悔をしているかもしれません。

あなたは自分が手を離してしまったために、ご主人が死んでしまったと思っているのかもしれません。
あなたと別れることになった原因と、死んでしまった原因は、もしかしたら同根であり、ご主人の弱さから来ているのかもしれません。
そんなご主人の手を離すべきではなかったと思うかもしれませんが、手を離さない限り、お互いにそのままで変われなかったと思います。
愛情が完全に失われてしまい、結局は離れて行ったと思います。
あなたにとっても、ご主人にとっても、その選択しかあり得なかったと思いますので、後悔はしないで下さい。

ご主人こそ、自分のせいで、あなたに迷惑をかけてしまったと思っているのではないでしょうか。
自分さえしっかりしていれば、こんなことにはならなかったと、深く反省していると思います。
もう1度お子さんたちと一緒に暮らしたかったと思っているでしょう。

ご主人は、亡くなってから日が浅く、自分が死んだことにも気付いていない可能性があります。
また、死んだはずだと思っても生きているので、混乱している可能性もあります。
魂は、愛する人のところに赴きます。
あなたとお子さんの元に来ている可能性は高いと思います。
率直な気持ちを、目に見えないご主人に、語りかけてみてはどうでしょうか。
ご主人に、今の気持ちを伝えれば、何よりの救いになると思います。
ご主人は生きていて、そばにいる可能性が高いことを、どうぞ承知しておいて下さい。
あなた自身が混乱していたり、悲しみや後悔の想いを抱いているうちは、ご主人を感じることは難しいと思います。

今は、お子さんを大切に育てて下さい。
それがあなたの今生の大切なお務めなので、早く以前のあなたを取り戻して下さい。

あなたがこの世を去る時に、お互いに親愛の想いがあれば、また会えます。
人生は死の後もずっと続いていますので、取り返しの付かないことはありません。
深く反省し、あなたへの想いを新たにしたご主人と、もう1度やり直す機会が、この先きっと与えられると思います。

鵜飼恵子 さんのコメント...

ご返信ありがとうございます。

まだ気持ち的に落ち着いていない事。
後悔と虚無感しかないので、そうなのかもしれません。
そして、旦那に会いたくて、死にたい。
でも、子供達のおかげで、私は生きています。

今は、母親としてより、女性としての気持ちが強く。
旦那に会いたくて、会いたくて。

子供達に、心配をかけてばっかりです。
子供達の方がしっかりしています。

朝目覚めた時は旦那は居ないんだと、何故か思うのに、少し時間がたつと、居ない事に、ひどく落胆し、考えてしまい、悲しくて、涙がとまりません。

イクミさんに言われた通りに、旦那が居ると思って、気持ちを語りかけて見ようと思います。

今日は子供の誕生日なので、きっとお祝いに、来てくれると思います。

また、耐えられなくなりそうなとき、こうしてコメントを書いても宜しいでしょうか?

イクミ さんのコメント...

鵜飼恵子様

こんばんは。
あなたは今、変えられない現実に、打ちのめされています。
離婚と別居に加えて、ご主人の死と言う最もつらい出来事が重なったのですから、人生のどん底にいます。
お子さんに心配をかけているかもしれませんが、お子さんたちが大きく成長している時と思って下さい。
涙を流すだけ流して、この過酷な現実を耐え忍んで下さい。
いつとは言えませんが、真っ暗闇の中に光が見える時が必ず来ます。

好きで、別れて、亡くなってしまいましたが、魂はあなたのそばに戻って来ると思います。
お子さんの誕生日を忘れるはずはありません。

コメントは遠慮なさらずに、いつでも書いて下さい。

鵜飼恵子 さんのコメント...

お久しぶりです。
あれから、自分なりに前を向くために、自然を感じ。
前を向くと決断しては落ちてを繰り返して、今日まで生きてきました。

でも、今日、旦那が自殺だったことがわかりました。
今さらどうこう言っても意味のないこと。
それは、わかっています。
でも、私が原因だったことは、確信にあるんです。
子供よりも私が一番だった人だから、
自殺だと、いうことが確信に変わった瞬間に、今までの自分が崩れていきました。
私があの人を求める事さえ、あの人の写真を見ることさえ、そんな資格はないのではないか。
恨まれてるとは思いませんが。
全て自分が悪かったのではないか、
あの人が亡くなった時、私は何も知らず、気付かず、前を見ていただけなのではないか、
あの人は来てくれていたのに、私は何も気付かずに、亡くなったあの人にまたショックを与えただけではないのか?
間接的じゃないにしても、殺してしまったのは、私じゃないのか。
自分が生きてる事が罰だと思い、子供達をちゃんと育てると、決めてましたが、自殺だとわかった瞬間に、
その罰が一段と重いものに変わりました。
何も変えられなかったのかもしれません。
それでも、後悔も罪悪感も失うことは出来ず。
あの人に会いたいと思うことさえ、罪に変わりました。
私があの人を思うことさえ罪ではないか、
そう思うようになりました。
私があの人を求める事は間違いでしょうか?

イクミ さんのコメント...

鵜飼恵子様

お久しぶりです。
昨日、ご主人が自殺だったことが判ったのですね。
かける言葉が見つかりません。

自殺の原因があなたにあるとは、思わないで下さい。
ご主人が決めたことであり、あなたには責任はありません。
ご主人と別れなければ、この様な結果にはならなかったと考えてしまうと、自分が全て悪く思えてしまいます。
でも、別れる原因の多くは、ご主人が作ったのであり、その決断をどうしてもしなければならなかったのです。
あなたが原因で自殺をしたのではありません。

亡くなった後に、来てくれたかもしれませんが、気付かないのが当たり前です。
何も気付かないことにショックを受けたと言うよりも、死んでも何も変わらないことにショックを受けたと思います。

あなたには、幸いにしてお子さんがいます。
今は、お子さんのことだけを考えて生きて下さい。
後ろは見ないで、前だけを見て生きて下さい。

ご主人を求めることは、間違いではありません。
でも、求められても戻ってこれないので、ご主人はつらくなってしまうかもしれません。
悔やんでしまったり、責めてしまったり、殺してしまったなどと思うと、余計つらくなります。
ご主人の心が安らかになることを願うのであれば、大好きなところ、良いところを思い出して、愛念を送るようにして下さい。
子供は責任を持って私が育てると、ご主人に想いを送って下さい。
そうすれば、ご主人の魂はきっと楽になると思います。

鵜飼恵子 さんのコメント...

イクミ様
返信ありがとうございます。
今日、主人がどんな亡くなりかたをしたか、細かなところまで聞きました。昨日は自殺と言う事だけだったので、取り乱し、自分を責める気持ちだけが、溢れでて、自分ではどうすることも出来ない状態に陥りました。
イクミ様から返事をもらい。更に主人の最後を聞き。
やっと、自分に戻れた気がします。
あの人が最後、苦しんだのか、何を思って、どう亡くなったのか、不透明で、誰にも教えてもらえなかった事で、私にはそれも自分の不安定さを脆くしていた原因でも、あったこと。誰かに、自分は悪くないんだと。言って欲しかったのかもしれません。
主人だけが悪いとは言いたくないし、悪いとも言えません。
でも、自分が、自分の大事な人に、大好きな人の命の引き金を引いてしまったことに、そう思う事に耐えれなくて、
あの人が何を想い亡くなったのか、それでも今となっては解りません。
それでも、苦しまずに亡くなったのなら、良かったと。
今は後悔や悔しさが、あの人にまとわりついているのなら、イクミ様の言われた通り、愛だけを送ろうと思います。やっと、苦しみから解放されたのに、また、苦しませたくないので、手を離したことの後悔は未だに消えません。だからこそ、今度は手を離すことなく、
あの人が楽になるように、いつでも側に居てもらえるように、あの人へ今の私ができる。
愛を贈ろうと伝えて行こうと決めました。
今の私にはあの人に夢でも何でも逢えるかは解りません。
それでも、自分の気持ちが落ち着いた時に、なんとなく、あの人を感じた気がしました。
側に居てくれるそんな気持ちになりました。
まだまだ落ちる時はきっとあると思います。
暗闇に迷い混む時もきっとあると思います。
それでも、前を向いて、自分の人生を、遺された者として、子供達をちゃんと育てて、寿命が尽きるまで、あの人を想い。生きていこうと思います。
昨日、今日でちょっと早いですかね。
でも、きっと今の私が、あの人が愛してくれた私だと、今は思うので、完全もあの人が生きていてくれた時のようには無理ですが、それでも、また立ち止まっても、あの人が少しでも楽になるのなら。
前を向いていようと思います。

また、イクミ様にご迷惑かけることがあるかもしれません。
でも、今はやっと一歩では、あるけれど、進めた感じが自分でも分かるので、また躓いた時にはこうしてコメントを送るかもしれませんが、その時は宜しくお願いします。

イクミ さんのコメント...

鵜飼恵子様

おはようございます。
少しご自分を取り戻されたようなので、良かったです。

夫婦が別れるのは、どちらか一方が悪いことはありません。
この世に生まれて来る人間ですから未熟であり、あなたにも悪いところがあったはずです。
今、さまざまな思いに苦しんでいますが、それが償いにもなっていると思います。

ご主人は、この世からいなくなりましたが、間違いなく生きています。
現実をお話します。
楽になろうと死んだのですが、心は死ぬ前の状態と何も変わりません。
そのことに、大変なショックを受けていると思います。
ご主人(魂)は自然の成り行きで、愛する人の元に行きます。
あなたの元に行き、後悔したり、責めている姿を見ると、自分のせいで苦しめていると強く感じ、さらに苦しくなくなってしまいます。
お前のせいじゃないと、いくら伝えようとしても、肉体を失っているので、それは叶いません。
深い絶望感を味わってしまいます。

ご主人が楽になってもらうためには愛念を送り、そして普通の生活を取り戻り、難しいかもしれませんが笑顔で暮らすことです。
その姿を見ることで、罪の意識が軽減されるからです。
あなたに、もう1つ知ってもらうことがあります。
向こうの世界からこの世を見ると、肉体ではなく魂(霊体)が視え、霊体から想いが光となって放たれているのが判ります。
作り笑いをして、楽しそうにしていても、真実の想いはどうなのかが、はっきり判ってしまいます。
見せけは通用しないのです。
今は、とても無理でしょうが、お子さんと心から笑い合えるご家庭を築いて下さい。
それがご主人を愛することになります。
そばにいてもらうことにつながります。

人生は死をもって終わるのではありません。
ご主人との関係は、今も続いています。
ご主人の肉体はもうありませんが、あなたの想いは届いています。
後悔するのではなく、何をすれば喜んでもらえるのかを考えましょう。

1番喜んでもらえることを、あなたはすでに判っています。
「それでも、前を向いて、自分の人生を、遺された者として、子供達をちゃんと育てて、寿命が尽きるまで、あの人を想い。生きていこうと思います。」
これしかないと思います。
この思いを忘れずに、今生を生き抜いて下さい。

つらいことも、これからあると思いますが、また遠慮なく連絡して下さい。

鵜飼恵子 さんのコメント...

ありがとうございます。
何度決断しても、後ろ向きになってしまうことが、多いと思います。でも、自分で決めた道を、険しくとも、寂しくても、切ない時も、歩いて行こうと思います。
泣きたい時は空を見て深呼吸をします。
気持ちが晴れない時は、太陽の光を浴びます。
あの人に会いたい時は、風を感じる様にしようと思います。
そうすればあの人は側に居てくれる気がします。

今の私の決断ですが、イクミ様には知っていて、ほしいと思います。

自分が一人ではないこと、自分の生き方を知ってくれる人がいることを忘れないようにするため。
あの人にも、今更かもしれませんが、家族が皆あの人の側に居ること。
もう、苦しまなくてもいいこと。伝わるように。
あの人が望んだ家族の形を作っていけるように。

まだ、あの人にはありがとうは言えませんが、
子供達にとっても自分にとってもこれが、人間としての、魂の成長な気がします。

イクミ さんのコメント...

鵜飼恵子様

今は後ろ向きになってしまっても仕方ありません。
前を向こうとして、無理をしないで下さい。
あるがままの自分でいて下さい。

今からでも遅くなんかありません。
ご主人の魂は皆さんの側にいるので、前のように家族として想いを伝えて下さい。
あなたのご主人を思いやる気持ちは伝わり、大きな救いになっていると思います。

あなたが言った通り、この苦しみや悲しみは、ご家族の魂を大きく成長させています。
乗り越えられない苦難は絶対に存在しません。
ご家族の心を1つにして、人生最大の荒波を乗り越えて下さい。

匿名 さんのコメント...

イクミ様へ。

はじめまして。夜分にすみません。

イクミ様のブログを読み、気持ちが少し落ち着きました。優しい言葉をありがとうございます。

実は、1ヶ月前に二人暮らしだった最愛の母を交通事故で亡くしました。

実は12年前に実父も交通事故で亡くしています…

母は71才、私は31才です。
事故の日も一緒に買い物したり食事をしたり、本当に普段通りの1日でした。

しかし、私がその日の夜、母が買い物で別のスーパーへ行きたがっていたにも関わらず、長時間待つ事が面倒だという理由で自宅前のスーパーに無理矢理送り、私一人自宅に帰っていました。
その帰りの事故でした…
私のせいで、母は最悪な事故という形で死んでしまいました。

母はこの歳でも毎日、働いておりました。
私が甲斐性が無いためです。

私がワガママなため、母には苦労ばかりかけてしまい、1度も親孝行できませんでした。

いつも文句ばかり言って、母は何も悪くないのに、甘えてました。

唯一、8月に婚約者と家を購入したので、リフォームが終わって落ち着けば母も一緒に暮らそうと約束しており、事故さえ無ければ、今頃は母と婚約者の親御さんと食事会をする予定でした。 

私の婚約者は芯の強い誠実な人間で、母の事も気に入っており、3人で楽しく暮らそうと言ってくれていて母もそれについては喜んでいたと思います。

しかし、彼の親にはまだ会わせておらず、向こうの父も、私の母も早く会いたいと言っていたのに、私が悠長に構えていました。

家の話が出来ていた事は唯一の救いですが、やはり、あの日の私を恨みます。
何故、別のスーパーに送らなかったのか。

悔しくて、辛くて、母に申し訳ない気持ちで一杯です。

どうしても母にあの日の事、それから今まで私が母に対して吐いた暴言など、心から謝罪したいのです。

母は何より娘の私を大切に想っていつも私が交通事故を起こさないよう、遭わないよう、神棚や仏壇に御祈りしてくれていました。

私も母ほど熱心ではありませんが毎日、母が怪我をしないよう、病気にならないよう、新しい家で幸せな生活を送れる様にと御祈りしておりましたが…

それ以上に私の普段の母への悪態が神様や御先祖様を怒らせてしまったのでしょうか。

かなり酷い態度でしたから。

まさか、あんなに優しく素晴らしい母があんな形で最期を迎える事になるなんて、本当に辛くて怖くて、毎日胸が苦しいです。

母とはまだまだずっと一緒に居られると思っていたので、毎日ワガママ放題でした。

母の死後、たちまち新居に住めないので、今はまだ母と暮らしていたアパートに一人で住んでいます。

何かしてないと気が狂いそうで、仕事にはすぐに復帰して周りには笑顔で元気にしていますが、やはり一人で家にいる時やふとした日常、母の事故現場を毎日通る度、考えてしまい苦しくなります。

私は本当に親不孝な子供でした。罰が当たったのでしょうか。

母があの日、苦しかっただろうな、痛かっただろうな、と思うと身体が八つ裂きにされる気持ちなのです。このまま、気が狂ってしまうのではないかと震えます。
それでも、母が悲しむと思い頑張っていますが、やはり辛いのです。

イクミ様、霊視の力が私にも欲しいです。

今、母は自分が亡くなってしまった事にちゃんと気付いているのでしょうか?
突然命を奪われパニックになって苦しんでいないでしょうか?

私は母の成仏と魂の安らぎ、平穏を心から願っています。

母に今までの事を心から謝りたいのです。

それから、私は母の事が大好きでこの世に生んでくれた事、いつも大切にしてくれた事にお礼が伝えたいのです。
生きてる内に全然伝えられなかったので。

もっともっと、一緒に居たかった。
親孝行したかった。もう、頑張って働かなくて良いと言ってあげれば良かった。

これから、親孝行が少しずつ、できると思っていた矢先だっただけに本当にショックです。

長々と申し訳ありませんが、今の謝罪と感謝の気持ちを母に伝える方法を教えていただきたいです。

どうか、よろしくお願い致します。

イクミ さんのコメント...

匿名様

初めまして、イクミです。
仕事で返信が遅くなり、申し訳ありません。
このブログを読んで、少し気持ちが落ち着いたのであれば良かったです。

1ヶ月前に、最愛のお母様を事故で亡くされたのですね。
あまりにも突然で、あなたの心中を察すると、何て言葉をかけて良いのか判りません。

お母様ですが、突然の事故で肉体から離れることになり、しばらくは自分に起きたことを理解できなかったと思います。
しかし、あなたの様子や周囲の状況から、そして先に逝ったお父様と再会をして、今は自分が亡くなったことが判ってると思います。
あなたはお母様に甘えっぱなしで、親孝行が出来なかったと悔やんでいるのですね。
どこの親子でも普通に見られることのように思えますが、言い過ぎたこと、ワガママだったことに対して、罪の意識となり、その苦しみが償いとなっていると考えられます。
いつまでも気にしているあなたを見て、逆にお母様は心を痛めてしまっているように思います。
怪我をしないよう、病気にならないよう、新しい家で幸せな生活を送れる様に、お祈りしていたのですね。
お母様は、そんな大切にしてくれる想いがあるのを十分に判っています。
新居で一緒に暮らそうと誘ってもらったのは、お母様にとって何よりうれしいことです。
その気持ちは立派な親孝行です。

今、お母様がいるのは、肉体がなくなった、思念(想い)の世界です。
お母様は、あなたの肉体は良く視えませんが、想い(思念)は光となり視えています。
今までしてきたことを、心から謝罪したいのですね。
あえて伝えようとしなくても、お母様にその想いは判っています。
何でそんなことをいつまでも気にしているの?と思っているかもしれません。
親子だから気にしなくて良いのよ、と伝えたいのかもしれません。
これから親孝行が少しずつ出来ると思っていたので、本当にショックだったのですね。
一緒に住もうと誘ってくれたのに出来なくて悪かったね、とあなたに謝りたいのかもしれません。

この世に生んでくれた事、いつも大切にしてくれた事にお礼が伝えたいのですのですね。
その想いも、当然伝わっています。

あなたが親孝行したいと望むのなら、予定通りに新居に引っ越して下さい。
そこに見えなくなりましたが、お母様も一緒に連れて行って下さい。
3人で暮らすのです。
そこで、ご主人になる人と温かい家庭を築き、安心させてやって下さい。
孫を見せてやるのも、大変喜ぶでしょう。
今は悲しみが尽きないでしょうが、あなたが幸せに暮らしている様子を見せるが1番の親孝行です。

今生でどうしても出来なかったことは、この世を去ってお母様と再会した時にしてあげて下さい。
遅すぎたと言うことはありません。

匿名 さんのコメント...

イクミ様、

早速の返信ありがとうございます。
とても心暖まる内容に、思わず涙しておりました。

今朝は母の五七日の法要でした。

早い様な、長い様な不思議な感覚ですが、やはり朝目覚めると、全く母の気配が無い事に一気に現実に戻され心が苦しくなります。

しかし、イクミ様の返信を拝見し、母が私の想いを理解してくれているのならば、姿は見えず声も聞こえず寂しいけれど、何とか前に進めそうです。

引っ越しの際は位牌になってしまいましたが、母も一緒に連れて行きます。

普段は元気に見せておりましたが、色々やらなければならない事もあり、現実を避けられず、とても疲れておりましたが、こちらでイクミ様に聞いてもらえた事で幾分気持ちが楽になりました。

本当にありがとうございます!

一つ、またお聞きしたいのですが、亡くなった母はいずれ、新たな世界で転生するのでしょうか。

すると、私がいつかあの世へ行った時には母に再会する事は出来ない様に思うのですが、その辺りはどう解釈したらよいのでしょうか。

母は、これからあちらの世界で、どの様な生活を送るのでしょうか。
事故で突然亡くなっても、既に亡くなった祖母や祖父等と再会でき、幸せに生活できるのでしょうか。

イクミ さんのコメント...

匿名様

朝、目覚めるとお母様がいない現実に襲われて、苦しくなってしまうのですね。
とてもつらいですね。
繰り返しますが、お母様の本質は魂であり、変わりなく生きていて、あなたの想いは全部判っています。
目に見えなくなりましたが、今もこれからも一緒です。
これは慰めではなく、現実として言っています。

ご質問の件ですが、お母様は新たな世界で転生するのか?
転生という意味が、地上への再生ということであれば、少なくてもあなたがあの世に行く時まではないと考えられます。
必ずまた会えると言うことです。
しばらくの間は、地上に近い世界(幽界)に留まり、その後、霊界に赴くと思います。
霊界では、お母様と同じ様な魂(類魂)と共に生活しますが、皆、想っていることが似ているので、地上のような煩わしい人間関係は全くありません。
お母様の良いところが発揮できる、奉仕の生活を営むことになると思います。
それでも、愛念を送れば、すぐあなたの元に駆けつけてくれるでしょう。
亡くなったすぐ後に、待っていたおばあ様やおじい様と再会されたはずです。
悲しみの最中にいるあなたに言い難いのですが、再会の喜びを味わったはずです

匿名 さんのコメント...

イクミ様

夜分に失礼いたします。お返事ありがとうございました。

私事ですが、昨日は警察署で事故の調書を作成して来ました。
母の当時の状況を詳しく知り、着衣等も返してもらい、これはとても辛い時間でしたが、亡き母の代わりにしっかり当時の状況を把握出来た事で、僅かですが、一歩前に進もうと前向きに捉える事にしました。

それから、ゆっくり、何度もイクミ様のブログや、私への返信メッセージを読み直し、自分を落ち着かせておりました。

イクミ様のメッセージを読みながら事故等で急に亡くなった魂も肉眼では見えないけれど、自分の状況をきちんと把握しており、死を受け入れられており、もう苦しくないのだと安心しています。

母も事故の瞬間は辛かったと思いますが、今は亡くなった父や祖父母、友人と感動的な再会をしているのですね。
生前より、老人ホームで食事を作りながら、お年寄りのお世話もし、本人も脚が悪いにも関わらず、毎日毎日頑張って働いておりました。

生前は苦労ばかりの母でしたが、どんなに苦しくても弱音を一切吐きませんでした。

動物が大好きで、犬や猫、鳥や小さなトカゲにも愛を持って接する人でしたので、きっと、あの世で素晴らしい生活をしている気がします。

母の自慢ばかりでごめんなさい。
でも、本当に自慢の母でした。生前全く感謝の言葉が伝えられなかったので、今は仏前で毎日伝えています。
きっと、届いてくれると信じています。

度々で申し訳ありませんが、イクミ様にどうしても、お聞きしたい事がございます。

実は、私は小さな頃に二度、不思議な体験をしましたので霊的なものを信じています。

しかし、大人になってからは一切そういった経験をしておりません。

ただ、私の霊的な不思議体験は故人の魂と会話をしたり、姿を見たりといったものではありません。

もし、霊視ができたなら、亡き母とも会話が出来、きっと今ほど辛くないんだろうと思います。

霊視が出来るという人に、頼もうと何度も考えては辞め、考えては辞め、を繰り返してきました。

それは、怖いという気持ちがあるからです。

人に亡き母の霊視をして欲しいと望んだりするのは、やはり、避けるべきでしょうか。

イクミ様も、そういった力があると聞き、本当はお願いしたいな、と考えているのも事実です。

どんは意見でも構いませんので、イクミ様のご意見をお聞かせください。

イクミ さんのコメント...

匿名様

こんにちは。
お母様の事故の調書を書いてきたのですね。
その時のお母様の状況と向かい合わなければならず、おつらかったでしょう。
それでも、亡くなる時は、この世の人が心配しているような、苦痛はないと言われています。
自分に起きたことは、客観的に判っていたと思います。
この世を急に離れて驚くと共に、あなたを悲しませてしまったことに心を痛めたと思いますが、再会の喜びと、あなたの感謝の念が届いているので、それに救われていると思います。

お母様のお話をお伺いすると、優しい人で、ご苦労もされて、この世での魂の成長を十分に果たされて、向こうに行かれたと思います。
あなたのことは気にかけているでしょうが、思い残すことはないと思います。

霊視などをしてもらうのを考えていたのですね。
霊的能力のある人から、今の様子やメッセージを聞かされれば、悲しみや苦しみが癒されますが、その目的は霊(魂)の存在を信じるため、魂に目覚めるためにあります。
もし、あなたが小さな時の不思議な体験により、既に霊(魂)の存在を信じているのであれば、その必要はないようにも思えます。

匿名 さんのコメント...

イクミ様

回答、ありがとうございます。

母が自らの死を理解し、今は安らかな心で居ると信じて日々過ごしています。

まだまだ、悲しみは消えませんが、イクミ様のブログや、様々な本に気持ちを支えられながら生活しています。

先に書いた通り、私の父も12年前に交通事故で他界しており、今回母も交通事故でしたので、ずっと気になっている点があり、イクミ様にお聞きしたいのですが、

これは、とても申し上げ難い内容ですが、書かせてください。

実は、母と父が知り合った時、父には既に家庭があり、母は父と愛人関係でした。

私が生まれる前から約20年ずっとそういう関係だったようです。

そのせいで父の本妻の方もかなり心労なさったと聞いております。

私が誕生し母は父と別れましたが行き来は父が亡くなるまで続きました。

本妻の方は病で早くに亡くなったと聞いております。

私にとっては父も母もかけがえのない素晴らしい存在でしたが、やはり最期が二人とも交通事故というと、これは何かの因果の様なものを感じてしまうのですが、私の気にしすぎなのでしょうか。

イクミ さんのコメント...

匿名様

お母様は、あなたがお父様と一緒に暮せなかったことを、ずっとすまなく思っていたような気がしました。
お父様の分まで、愛情を注ごうとしていたのかもしれません。

お父様もお母様も交通事故で亡くなったのは、何かの因果があるのかと言うことですが、私にも判りません。
寿命が来たら、あの世に行かなければいけませんが、移行する手段の多くは病気です。
交通事故で亡くなる人は病気に比べて、ずっと少ないと思います。
私があなたの立場でしたら、この一致を神様の計らいとして捉え、次のように解釈します。
「お父さんのことが忘れられなかった。
お父さんは優しい人で別れられなかったけど、ずっと愛し合っていた。
やっと一緒になれたから、あなたも喜んで!」

匿名 さんのコメント...

イクミ様

確かに、交通事故で亡くなる人は病気で亡くなる人より、はるかに少ないですね。

それが、父も母も、となると、やはり何かの因果を感じました。

しかし、死というものが決して不幸な事では無いとお聞きし、少しずつ前向きになってきました。

考えてみれば、母の70年の人生は波乱万丈でしたが、50年前父と出会い、20年一緒に過ごし、それから私が生まれ、以降は私と30年間ずっと一緒に暮らし、苦労しましたが、あまり寂しくなかったかもしれません。

そう言えば最近母はよく「お母さんは死ぬ事は全く怖くないけど、あんたが一番気掛かり。あんたさえ一人前になれば私は思い残す事は無い」と言っていました。

ここ一年は私にマフラーを編んだり普段しない事をしてました。

今まで母にベッタリだったので、これからは不安だらけですが、母が心配しない様に、私なりに頑張って生きて行こうと決めました。

イクミ様のメッセージやブログのお陰で少しずつ、前に進めそうです。

婚約者は泣き言やいつまでもメソメソする人間が大嫌いなので、あまり話せず、イクミ様に相談できて嬉しかったです!

本当に色々聞いてくださり、ありがとうございました。

イクミ様が以前書いていた亡き人のメッセージを受け取る心の持ち方も、難しいですが(やはり途中で悲しみが込み上げてなかなか心が落ち着かず)試したりしています。
いつか、母のメッセージが受け取れた時が立ち直れる日なのかな、と思いながら…

とにかく、頑張って生きていきます。

また、どうしようもなく辛い時などは、質問させて頂くかもしれません。

その時はどうぞよろしくお願いいたします。

あさよ さんのコメント...

イクミ様
お久しぶりです
お元気でしょうか?
私はイクミ様に出逢い 亡き主人への思いも少し落ち着きました

本当にそばに居る、話ができる
そんな気持ちでおります。

でも 時に主人のもとへと恐ろしい事を考えてしまいますが…
寂しく悲しい思いで生きてく術も持ち備えたようにも思います。

イクミ様
また 話 聞いて下さいませ。

イクミ さんのコメント...

あさよ様

お久しぶりです。
夏の暑さは大変でしたが、お陰様で元気にしております。

ご主人への思いが少し落ち着いたと聞き、安心しています。
亡くなって12年ほど経つのでしょうか、これほどまであなたが想うのは、きっと今もご主人に深く愛されているからではないかと思っています。
お二人の魂の結びつきの強さを感じずにはいられません。

あなたの想いは届いていますが、その百分の1も自分の想いを届けられないことを、歯がゆく、悔しく思っているでしょう。
でも、以前とは違い、傍にいると信じて想いを向けてくれることを、大変うれしく感じ、感謝していると思います。
あなたが一人でこの世を生きて行くのが、これほどまでに大変だとは思わなかったでしょう。
それでも、一人で生きて行くことに大切な意味があり、再会した後により深い愛で結ばれるために必要なことと承知しているので、励まし、勇気を与え続けるしかありません。
心の中に生まれる、温かい力のようなものを感じたら、ご主人の想いとだと思って、感謝の念を向けて下さい。

ご主人は肉体を失いましたが、お二人の想いはむしろ強くなっているように感じます。
強くなっているからこそ、ご主人のもとについ行きたくなってしまいますが、そんな時はきっと慌てていると思います。
判っているとは思いますが、本当におつらいでしょうが、その時が来るまで耐え忍んで下さい。

自分の想いをもっと感じられるようになって、一緒に生きているのを判って欲しい。
それが、ご主人の切なる願いだと思います。

あさよ さんのコメント...

いくみ様

早いもので今年もわずか…

お陰さまで仕事も両親のお世話もできています。
いくみ様
実は父は母と実父亡き後に来た人でして、私はずっと反抗してきました
主人が逝き私か世話をするなどとは夢にも思っていませんでした。
そんな 私にここのところ
実父の声が聞こえます

亡き弟、主人となかよくやってるょ…と
お母さんを頼むょ…と。

私か落ち込み 死にたいなどと考えるとです
やはり 見守ってくれているんだと実感します。

いくみ様
私 主人が恋しくて寂しくたまらない でも いくみ様もお話し下さったように
きっと 主人も同じ思いなんだと頑張ります。
また 心のうちを聞いて下さい
よろしくお願い致

イクミ さんのコメント...

あさよ様

お久しぶりです。
仕事が忙しく、返信が遅くなり申し訳ありません。

仕事もご両親のお世話も出来ていると聞き、私もうれしいです。
今のお父様は、血のつながりがないのですね。
霊的に見ると、実のお父様をお世話するよりも高い愛が必要であり、あなたの成長につながっています。
今生で与えられた、自分を大きく成長させる、かけがえのない機会として受け止めて下さい。

落ち込んで死にたくなった時に、実のお父様からの声が聞こえるのですね。
お母様とあなたを、変わりなく愛されているのが良く判ります。
弟さんやご主人とも仲良くやっているのですね。
あなたの守護霊と共に、3人があなたを見守っているのは間違いありません。
想いと言う力で、あなたを励まして、勇気付けて、支えていることを忘れないで下さい。

ご主人は一足先に行きましたが、今、いろいろなことが判っています。
別れることで、隠されていた本当の自分が目覚めて、強くなれること。
あの世で、強く結ばれるために、一人の日々が必要なこと。

ご主人に手を差し伸べてもらえないつらさは、あなたに手を差し伸べられないご主人のつらさでもあります。
あなたに寄り添い、同じ想いを共有しています。
一人で生きているのではないことを、伝えたくて仕方がないと思います。

あさよ さんのコメント...

いくみ様
お久しぶりです。先日不思議な出来事がありました…
聞いてください

時々たまらなく亡き主人に会いたくて大泣きします
そんな夜の次の朝です
同じ建物の2階住む亡き弟家族である、甥(長男)からメールが届きます
朝 早くから どうしたの?と私

あさちゃん、元気と?
(甥、姪はあさちゃんと呼ぶので)

私、うん✨大丈夫 元気と返信

その後
母親である 義妹から
甥が主人の夢をみて“あさちゃんの所へ行ってくれ”と
そうです、その晩は大泣きした日
主人に悲しみをぶっけて泣いた


甥はとても心配し、朝一番にメールをくれた事を知りました✨
いくみ様
本当に主人は私を心配、思い側に居てくれているんだと
また、また、改めてて感じ思えて嬉しく
いくみ様にお話したかったのです

甥は主人が一番可愛がった子です
もう35歳になりますが
いつも 気にかけてくれます。
甥も10歳で実父を亡くし、父と慕っていた主人をも亡くしたので心の優しい子です。

いくみ様
まだまだ 頑張って生きてみます。
ありがとうございます❇️

イクミ さんのコメント...

あさよ様

お久しぶりです。
仕事で帰宅が遅くなり、返信が遅れて申し訳ありません。

不思議なことがありましたね。
あなたが、ご主人に会いたくて大泣きした晩に、甥御さんが夢でご主人に会って、あなたに会って欲しいと伝えられたのですね。
ご主人はあなたに大泣きされて心配になり、寂しさを和らげようとして、一計を案じたと思います。
傍にいて何でも判っていることを改めて判ってもらうために、甥御さんに手伝ってもらったのです。
可愛がっていた甥御さんなので、協力してもらえると思ったのでしょう。

男性は女性に大泣きされると困ってしまいますが、向こうに行ってもそれは変わらないのですね。
傍にいるのだから、いつまでもそんなに寂しがるなよと、伝えたいのだと思います。

姿は見えませんが、愛し合う者同士はいつも一緒であることを忘れないで下さい。

心温まるお話、ありがとうございました。

匿名 さんのコメント...

イクミ様。

はじめまして。
私にとって大切な人が今年の初めに亡くなりました。
まだ四十代、突然の脳梗塞と聞いています。

彼にも私にも家族があります。

色々な偶然が重なり出会いました。

彼は奥様とは離婚に向けて話していると聞いていました。
私もなかなか上手くいかない事があり夫婦ってこんなものなのかと思いながら過ごしていた時に彼と連絡を取り合う様になり、だんだんと惹かれて行きました。

遠くに離れて暮らしている為、個人的に会う事は無く共通の集まりで年に2、3度顔を合わせる事が出来るくらいでした。
会えない分、沢山メールをしたり電話で話したり、私にとって本当に幸せな時間でした。

そんな私とのメールが奥様に見つかってしまい、もう続ける事は良く無いと話し合いましたが、結局ズルズルと連絡を取り合っていました。

そして彼が亡くなる3週間ほど前に、私から送ったメールが再度奥様に見つかり、それからは暫く奥様が出て行ったと彼から聞きました。

その後奥様は帰ってこられた様でしたが、その後の事は聞けないまま彼は突然亡くなってしまいました。

彼から奥様の話しを聞いていた事を思うと、きっと奥様も彼も本当は前みたいに、仲良くとは行かないまでも夫婦として過ごしたいんじゃないかな。と思う事が多々あり、彼に奥様をもっと大切にした方が良い、お互い向き合うべきだと伝えた事がありました。

彼は今更もう遅いと言っていましたが本心ではなかったと思います。

私は口では奥様とやり直す方が良いと言っていましたが彼を失うのが嫌で彼との連絡をやめる事無く、それが原因で彼や奥様に迷惑をかけた事を後悔しています。

以前私は彼に「私があなたを幸せにする。ずっと支える。」とそう言った事があります。

でも本当に彼を幸せにする気持ちがあるのなら私との関係を絶つべきだったはずなのに彼を失いたくなかった私は卑怯だったと思います。

今更そう思っても彼は奥様とやり直す事も出来ません。
全て私のせいです。
彼ではなく私が先に死んでいたら彼は奥様とやり直せたかもしれない。
私が彼や彼の奥様の人生をめちゃくちゃにしてしまったのだといくら後悔してももう私にはどうする事も出来ません。

人は亡くなっても、魂は元気に暮らしているとイクミ様は教えて下さっています。
今彼は奥様と子供達と一緒に過ごせているのでしょうか。

私のことを愛していると言ってくれた彼は私の事をどんな風に見ているのでしょうか。

私だけ、何もなかった様に毎日過ごしています。

こんなに後悔しているにも関わらず、私は彼をまだ愛しています。

そして毎日、寂しかったり悔しかったり謝りたかったり気持ちが混乱して泣いてばかりいます。

彼が生きていた時も亡くなってからも私は彼に迷惑をかけてばかりです。

本当は夢でいいからもう一度話がしたい。声を聞きたいと思ってしまっています。

一度だけ、夢で彼の弟さんから私に手紙を預かっていると彼からの手紙を貰った夢を見ました。
ちぎったノートに「俺は生きてる。お前の心の中で」と書いてありました。

夢で見たあの手紙は私の願望ではなく彼からのメッセージだったのでしょうか。

気持ちが落ち着かず、内容もぐちゃぐちゃの長文になり申し訳ありません。



イクミ さんのコメント...

匿名様

初めまして、イクミです。
大切な人が、今年の初めに亡くなったのですね。
お互いに結婚をされていた中で、知り合ったと言うことですが、彼とは年に2,3度共通の集まりで顔を合わせる程度で、ほとんどがメールや電話でのやり取りだったのですね。

あなたと彼の関係は社会的には許されません。
霊的にどうかと言えば、もしその関係を知り、悲しませる、傷つける人がいるのであれば、やはり許されることではないと考えられます。
あなたのご家族が知ったとしたら、きっと怒り、悲しむでしょう。
彼と奥様の関係は良くはなかったでしょうが、あなたとのメールのやり取りを見つけ憤慨していたのであれば、まだ彼に気持ちはあったと考えられます。
正直なところ、その時点で、完全に関係を断ち切るべきだったと思います。
それが出来なかったのは、我欲を優先してしまったと言わざるを得ません。
「私があなたを幸せにする。ずっと支える。」ご自分の家庭を持ちながら、それを実現するのは難しいと思います。
その言葉は彼をうれしくさせたと同時に、迷いや葛藤を生じさせてしまったのかもしれません。
彼と再び連絡を取った後、そのことが奥様に知れて家を出て行ってしまい、戻って来て直ぐに亡くなられたのですね。
状況的に見ると、彼と彼のご家族に大きな影響を与えてしまったように感じて、深く後悔しても無理はありません。
ただ、予定されていた寿命が来ていたかもしれませんので、考えすぎないようにして下さい。

お2人の様な関係になっている人たちは、世の中には数多くいます。
良心がいけないと囁いているのに、知られなければ良い、誰にも迷惑をかけていない、などと理由を付けて、無視して行動してしまう人は意外に多いです。
自然法則の働きは正確無比です。
自分の取った行動が摂理に反していれば、相応の苦痛を伴う償いが生じます。
今のあなたの後悔や苦しみは、良心に背いた行いの償いとして生じているのかもしれません。

夢の中で、弟さんから手紙を渡されて「俺は生きている。お前の心の中で」と書かれていたのですね。
彼はこの世を去りましたが、次の世界でしっかりと生きています。
意識も記憶もそのままです。
今は、ご家族と共にいるのではないでしょうか。
人の想いが判る世界にいるので、ご家族が自分のことをどう思っているのかは、一目瞭然です。
奥様が、想像している以上に想ってくれていたのなら、生前の行いを恥じて、後悔していると思われます。
もちろん、子供たちのことは心配しているでしょう。

あなたから放たれている自分へ向けた想いも届いていて、時々様子を見に来ていると思います。
自分のせいばかりにしているが、元々は全部自分が悪い。
そんなに自分を責めないで欲しい。
自分は家族ともう一緒にいることが出来ないので、あなたは家族を大切にして欲しい、と訴えているような気がします。

人生はこの世で終わりではないので、取り返しの付かないことや、やり直しのきかないことはありません。
出会い、別れがどんな意味を持っていたのかは、彼のいる世界に行けば判ります。
彼は過去にいるのではく未来にいますので、苦しいでしょうが、前を見て、今を精一杯生きるようにして下さい。

あさよ さんのコメント...

いくみ様
お忙しいのにいつもありがとうございます。

いくみ様にお話しする事で心が癒されます
以前もお話したように実父、実弟を亡くした
私の家族は勿論悲しみ苦しみを抱え生きてきました
けれどその分 仲良しです
主人が元気な頃から 笑いの絶えない家族です

いくみ様
私は主人と出逢い愛し愛され幸せな人生を過ごせた事を想い出に生きます…

主人が私のそばで笑っているんだと…
いくみ様
また お話しさせて下さいね

愛する人を失った思いは語りつくせませんが。

イクミ さんのコメント...

あさよ様

おはようございます。
あなたのコメントの反映と返信が遅れて申し訳ありません。

お父様と弟さんを亡くされたご家族の悲しみ、苦しみを抱えながら生きて来たのですね。
姿は見えませんが、お2人は今もご家族と共にあり、守り導いていると思います。
ご家族が仲良しで、笑いが絶えないのは、向こうにいる人たちにとって、何より安心で、うれしく感じると思います。
ご主人は、これほどまで想ってくれていることを誇りに思い、負けないくらいの強い愛であなたを包み込んでいると思います。

何度も言いますが、愛する者同士は離れ離れになることは、決してありません。

想いを書きたくなったら、いつでも良いですから、書き込んで下さい。

匿名 さんのコメント...

イクミ様。

お互い結婚をしながらも連絡をしてしまっていたと先日コメントさせて頂いた者です。

私にお返事をいただき本当にありがとうございます。
一言一言を噛み締め何度も何度も読み返させて頂きました。

私たちは決して個人的に会う事は無いし、ただ電話で話すだけ、メールをするだけで悪いこと、迷惑をかけていると言う感覚は薄れていました。
お互い寂しい気持ちを補っていただけかも知れません。

ただ彼の優しさ、人柄、決して器用ではない彼の生き方に私は随分救われた事は間違いありません。
彼がこの世から居なくなってしまった今、彼の存在の大きさ、私にとってかけがえのない存在だったと改めて感じ毎日を過ごしています。

少し複雑な環境で育った彼が結婚をし、少しずつずれて行った夫婦の歯車をなかなか元に戻す事が出来ない時に私と連絡を取り合う様になりました。
子供達も少しずつ自立し彼が居ない時間に奥様が家に戻り用事を済ませ彼の帰宅する頃には誰も居ない、いつも電気の消えた家に帰る。と彼は言っていました。
そんな彼の支えになりたい。
会える訳ではないけれど、他愛もない話をしたり朝のおはようと行ってらっしゃい。夕方の今日の1日の出来事を話す事。
いつも俺は一人だ。と言っていた彼に私が出来る事は何だろうと考えて、私が支える。と言ってしまった事が本当は困らせてしまったいた事に今は後悔しかありません。

何故彼のため最善の方法を考えられなかったのか、イクミ様がおっしゃる通り我欲を優先してしまっていたのだと思います。

私たちの出会いに意味があったのか、何故出会ってしまったのか、結果的に彼や奥様に辛い思いをさせる為に私が居たのか。
そもそも私は何のために生きているのか。
答えの出ない質問や後悔の毎日の、中でイクミ様のブログを見つけコメントさせて頂きました。

奥様に、私との事が見つかってしまった時に彼にごめんなさいと告げた時彼は「お前は何も悪くない。俺が全部悪い。だから何も気にするな。」と言われました。
イクミ様のコメントを拝見しドキッとしました。
私たちが言っても何の説得力もありませんが、「家族を大切にしろ。」とも言われていた事も思い出し、イクミ様のコメントに驚きました。

時々様子を見に来てくれている。
と言うコメントを頂き嬉しかったです。

彼をはじめ、沢山の人達への後悔しかありませんが、私が毎日泣いていたり下を向いてばかりいる事を彼は望んでいないし、心配をかけてしまっている気がします。

私が彼を支える。
私が彼に出来る事は、安心して彼が家族のそばに居られる様にする事。
その為には彼への感謝の気持ちを大切にし前を向いて歩いて行くこと。
心配をかけないこと。

そう思います。

イクミ様、本当に感謝しています。
助けられています。
ありがとうございます。

またコメントさせていただいても良いでしょうか。

イクミ さんのコメント...

匿名様

こんにちは。
彼と奥様は、すれ違いの生活をしていたのですね。
寂しい生活をしてところに、あなたが現れたので、彼もうれしかったのでしょう。
あなたは彼の優しさに惹かれたところもあるでしょうが、彼の置かれている境遇、いつも一人だと言う彼の言葉に深く同情して、何とかしてやりたいと思ったのでしょう。
男女の愛情と言うよりも、人として助けてやりたかったような気がしています。

あなたは、今の彼の想いを知りたいのでしょうか。
彼も想いを伝えたいようです。
上手く受け取れているのか判りませんが、伝わって来たままを書きます。
彼からのものと証明するものは何もありませんので、真偽はあなたがご判断されて下さい。

「後悔していると俺まで悲しくなってしまうからやめてくれ
俺への気持ちは本当だったと信じている
お前には、俺みたいに寂しい思いをして欲しくない

出会った時の、お前の温かさは忘れていない
もっと早く会いたかった
いろいろ考えて悩んでしまうところは、お前の優しさだけど、あまり深く考えすぎるな
泣いているお前よりも、元気に励ましてくれているお前が好きだ
笑っていて欲しい
俺のために泣くな
そんなことで悔やんだりなんか俺はしていない
後悔していないから、お前もするな
悲しくなったら思い出してくれ、そばにいてやるから

みんなによろしく
支えてくれて、本当にありがとう
いてくれて良かった」

匿名 さんのコメント...

イクミ様。

ありがとうございます。
全て彼からの言葉です。

イクミ様には感謝の気持ちでいっぱいです。

今は上手く言葉に出来ません。

また改めてお返事書かせて頂けたらと思います。

本当にありがとうございます。

イクミ さんのコメント...

匿名様

良かったです。
深い愛情をお持ちの人だと感じました。
何故、こんな良い人が家庭で上手く行かないのかと思うのは、あなただけではありません。
霊性の高い人は、早く逝くことが多いのを知っておいて下さい。

匿名 さんのコメント...

イクミ様。

彼からの伝言、本当にありがとうございます。
久しぶりに彼と話せた様な気がして嬉しかったです。

何度も何度も読み返させていただきました。

もっと早く会いたかったね。
何度か彼に言われた事を思い出しました。

彼の話を聞いてケラケラ笑う私に「お前笑うけど本当の話やぞ。」と二人で笑いあった事。
落ち込んでる私に、急に電話をかけてきてずっと歌を歌ってくれ、私がもう良いよ。と言っても最後までちゃんと聴け。と私が笑うまで歌を歌って励ましてくれた事。
私を笑わせる為にどうすれば良いかな。と考えてくれていた彼は子供の様な綺麗な心の人でした。

この人と出会えて本当に良かった。と心からそう思いました。
決して長い間ではなかったですが、色々な思い出がありすぎて胸が痛いです。

イクミ様、彼は亡くなる数ヶ月前から身体の不調を私に話していました。
仕事の事でも色々と悩んでいました。
今は元気に暮らせていますか?
しんどい事は無くなっていますか?
辛い思いはしていませんか?

大人のくせに人見知りな彼は、向こうの世界で先に逝った人達と上手く暮らせていますか?
彼が若い時に亡くなった友達には無事再会出来ていますか?
寂しい思いをしていませんか?
ひとりぼっちではないですか?

そして私が毎日送っている、「ありがとう。私はとても幸せでした。」と言う思いは受け取ってくれていますか?
私もいつか彼からの思いを受け取れる日が来ますか?



質問ばかりですみません。

イクミ様のお時間のある時にお返事を頂ければ嬉しいです。


イクミ さんのコメント...

匿名様

おはようございます。
あなたが落ち込んでいる時に、笑うまで歌ってくれるような人だったのですね。
メッセージが伝わって来る時は、その人の素性、心情が何となく判りますが、純粋で繊細で、懐の深い愛を持った人のように感じました。

彼の今の状況を心配されているのですね。
私が判る範囲でお答えします。

今は元気に暮らせていますか?
彼にとっても突然の出来事だったので、最初は戸惑ったでしょうが、今は現状を認識していると思います。
煩わしい鎧の様な肉体はなくなり、彼本来の姿となって、元気に暮らしていると思います。

しんどい事は無くなっていますか?
辛い思いはしていませんか?
地上的な、苦しみ、悩みから解放されて、安らかな心境でいると思います。

大人のくせに人見知りな彼は、向こうの世界で先に逝った人達と上手く暮らせていますか?
苦手な人、嫌いな人会う必要がなくなり、彼が会いたいと想った人だけと会っていますので、心配しないで下さい。

彼が若い時に亡くなった友達には無事再会出来ていますか?
友情は魂を引き付け合うので、再会出来ているでしょう。

寂しい思いをしていませんか?
ひとりぼっちではないですか?
気心の合う人たちと一緒にいて、楽しくしていますので、その心配もありません。

そして私が毎日送っている、「ありがとう。私はとても幸せでした。」と言う思いは受け取ってくれていますか?
もちろんです。全部受け取っています。
彼も全く同じ想いでしょう。

私もいつか彼からの思いを受け取れる日が来ますか?
彼を信じていれば、届く想いは繊細なものですが、感じ取れる日が来るでしょう。

あなたが心配するようなことは何もありません。
悦びや愛を、鮮明に感じながら生きていると思います。

お答えになっていなかったら、申し訳ありません。
詳細は、シルバーバーチの霊訓に書いてありますので、是非、お読みになって下さい。

匿名 さんのコメント...

イクミ様。

沢山の質問にお答え頂き本当にありがとうございます。
寂しく思っていないか、ひとりぼっちじゃないかと心配でしたので、イクミ様からお答えを頂き心配する事は何もないと言って頂き、本当に良かったと思っています。

彼が亡くなって3ヶ月です。

後悔と寂しさとやり場のない気持ちに押し潰されそうになり生きる事をしんどく感じていた時にイクミ様と出会う事が出来、この様に彼の今の様子や彼の私への気持ちまで伝えて頂きイクミ様には言葉に出来ない程感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございます。

イクミ様がおっしゃる通り私は彼の置かれている境遇に同情し彼に出来る事は何か。
そう考えていた事に間違いはありません。
また、彼が言ってくれていた私への言葉も、まさか私に。とどこかで信じきれていなかった事も事実です。
彼からの想いの中に「俺への気持ちは本当だったと信じている」
その言葉にドキッとしました。

けれど彼の純粋な心に触れる事が出来、嬉しかった事も事実です。
出会えて幸せだった事も事実です。

私達の関係は決して許されるものではありません。
でも彼の太く短く生きた人生に私が関われた事、
そして彼が言ってくれた「大切なものは必ず守る」と私に言ってくれた事。
喧嘩をしていても楽しかった事。
そんな彼に出会えた事は私にとって大切な事実です。
本当に幸せでした。

たまに私の肩の辺りが暖かく感じる事があります。
もしかしたら彼がそばにいてくれているのかもしれない。とそう思っています。
彼からの想いは、私が返事を想像しているものなのか彼からのメッセージなのかは今の私にはまだ分かりません。
彼と話す独り言に泣いてしまう私に、もう泣くな。と聴こえている様な気がします。

こんなに素敵な彼に出会えた事。
私が死んだ時にありがとう。と伝えられる様に、笑って会うことが出来る様に心配かけない様に生きて行こうと思います。

イクミ様からは沢山の事を学ばせて頂きました。

本当にありがとうございます。

イクミ さんのコメント...

匿名様

おはようございます。
彼が亡くなって3ヶ月経ったのですね。

今生で彼に出会えたことがこれほどまでうれしく感じるのは、あなたが想像もしていないような魂のつながりがあるのではないかと思っています。
過ごした日々は短かったけれども、魂が真の悦びを感じていたのです。

彼の今いる世界は、思念の世界です。
肉眼はもうないために、地上の人の身体は視えませんが、魂と想いは良く視えています。
自分に向けてくれるあなたの想いに、感謝すると共に、悦びを感じているでしょう。
肩の周りが温かく感じるそうですが、もしかしたらではなくて、彼の魂が傍にいるのを感じていると思います。

心の中に浮かんで来る言葉が、彼からのものなのか、頭で想像したものなのか判らないのですね。
1つの判別手段として、あなたの問いかけや想いに、間髪を入れずに浮かんで来るのであれば、彼からのメッセージと考えられます。
何も考えていなかったのに、突然、浮かんで来るものも、向こうからのメッセージの可能性が高いと考えられます。
彼が生きていることを信じられるようになって来たので、存在や想いを感じられるようになったと思います。
もう泣くなと聴こえているような気がするのであれば、それを素直に信じましょう。
傍にいて、慰めて、元気付けようとしていますので、気のせいや、思い付きや、自分の考えと思わないで下さい。

彼は生前、「大切なものを守る」と言っていたのですね。
地上にいるあなたは、彼にとって最も大切なものの1つで、これからもずっと守ってくれるでしょう。
言ったことは、守る人だと思います。

匿名 さんのコメント...

イクミ様。

おはようございます。
イクミ様にお返事をいただく事でとても救われますのでまたこの様にコメントをさせていただいています。

先日彼が生きていれば彼も参加していたであろう集まりに行って来ました。
ちょうど一年前、私が彼をこの目で見た最後の日と同じ日でした。
その集まりでは彼の事を追悼する内容もあり全員で黙祷を捧げました。
沢山の人達が彼の事を思い、彼の為に黙祷をし、彼は照れながらも喜んでいたのではないかと思います。
その集まりは彼が代表を務めていたものでしたので、その風景を私を通して見てね。と何度も彼に伝えました。
見てくれていたら嬉しいです。

その集まりの際に、彼のご葬儀に参列された方と少し話す事が出来ました。
会社関係の方、地域の活動をしていた彼のご葬儀には本当に沢山の方々が最後のご挨拶に来られていたそうです。
生前、俺はひとりぼっちと言っていた彼でしたが沢山の人に見送られた事に良かったね。と思う反面改めて彼がもうこの世には居ない事を実感する事になり辛い気持ちにもなりました。

一年も経つと彼の面影もぼんやりとしたものになってしまい、何度思い出そうとしても彼の顔をはっきり思い出す事がもう出来ません。
そのうち、彼の声も思い出す事が出来なくなってしまうのではないかと思うと居たたまれなくなります。


イクミ様に彼の存在や想いを感じられる様になった。と言って頂き幸せでした。
なので毎日彼に「今日は何か私に伝える事は無い?」と聞いています。
そうすると彼は色々な事を話してくれるのでそれを私が声に出して一人二役で会話をしています。
直接彼の声が聞きたくて泣いてしまう事が多々ありますが彼を信じ少しずつですが前向きに考えられる様になってきた気もします。

私が後悔し、悲しむ事を彼も辛く感じている事をイクミ様から伝えて頂いたので、もう後悔する事もやめようと心に決めたつもりです。

私は彼と出会えて本当に幸せでした。
私ももっと早く会いたかった。と思っています。

彼が生きていれば直接伝えたかった事、見て貰いたかったものが沢山あります。
許されるなら、私がこの世から居なくなり彼の居る世界に行った時に彼に会って沢山話したいと思っています。

イクミ様とこの様に出会う事が出来、また私に色々な事を教えて頂き感謝しております。
本当にありがとうございます。

イクミ さんのコメント...

匿名様

こんにちは。
連休も終わりですね。

彼が代表を務めていた集まりに参加して来たのですね。
皆さんの想いを感じて、彼も直ぐに駆けつけていたと思います。
気持ちがとても温かく感じ、うれしかったと思います。

彼の葬式には、たくさんの人が参列したのですね。
きっと周りの人に良くしていて、彼が思う以上に好かれていたのでしょう。

今彼はこの世の存在ではありませんが、肉体がなくなり自由にどこへでも行けます。
会いたくなれば、直ぐにあなたと会えるようになりました。
あなたが彼を想う時、姿は視えませんが、傍にいると思って下さい。

彼に話しかけると想いが伝わって来て、会話のようになったのですね。
このブログを通して、会話ができる人を何人か知っていますが、やはり直接耳で声を聴きたいと思うようです。
しかし、いなくなったと嘆き悲しんでいる人が多い中で、わずかであってもつながれたことは、とても幸運なことだと思います。
つながり続けるために、彼の存在と想いを信じ続けて下さい。

両者の魂の親和性が高くなければ、会話は成立しないと考えています。
魂の親和性が高ければ、出会った時には他の人にはない親しみや懐かしさを感じます。
親友であり、恋人であり、兄弟であるような、言葉に出来ない独特な感覚です。
しかし、別れの時には、信じられないほどの悲しみに襲われてしまいます。

この世を去った時に会って話がしたいそうですが、きっと彼もそう思っているでしょう。
親和性が高いゆえに、真っ先に会うのは、もしかしたら彼かもしれません。

今生で過ごした時間は決して長くはありませんでしたが、次の世界ではずっと一緒にいるような気がしています。

匿名 さんのコメント...

イクミ様。

いつも私に暖かいお返事をいただきありがとうございます。
イクミ様からいただくお返事がどれ程私の支えになっているか、計り知れない程です。
本当にありがとうございます。

彼が亡くなった当初は、悪い夢の中にいる様な自分が自分では無い様なそんな日々を過ごしていましたが、時間が経ち今では彼と出会えた事、過ごした日々が夢だったんじゃないかと、そんな気持ちに襲われる時があります。

それでもイクミ様からお返事をいただいた、
私がこの世から去った時、彼に会える。
そしてずっと一緒に居る事が出来る。
そう教えていただき、今まで抱えていた不安な気持ちが明るくなった様な、安心する事が出来た様な気持ちで涙が止まりませんでした。
そう思う事が出来たからか、イクミ様からお返事をいただいた日の夜、初めて彼が夢に出てきてくれました。
街頭インタビューに彼が答えているところを私が見つけて、眺めている。と言う少し不思議な夢でしたが、ぼんやりでしたが彼の横顔と、いつものあの声で元気に答えている彼の姿を見る事が出来、元気にしてくれている。と思う事が出来て嬉しかったです。

私が彼を想う時、彼は傍に居てくれている。
そう信じ何度も何度も彼に話しかけていますが、そうする事が彼の負担になっていないか。
彼はどう思ってくれているのか。
私が彼からと思い感じている言葉は余りにも私に優しく嬉しい内容過ぎて私が答えを想像したものを彼からの想いと感じているのではないかと、不安になる事もあります。
中学の時、父親を亡くしているので亡くなっても魂は生きている。とずっと信じてはいますが、やはり姿が視えない、声が聞けないと言うのはとても辛く不安にもなり悲しい気持ちに襲われる時もあります。

その気持ちの時に、イクミ様からのお返事を何度も何度も読み返す事で自分の気持ちを落ち着かせる事が出来ています。

彼が亡くなった事を知らずに、彼に連絡をしましたが返事かなく、その時ふと「彼は亡くなったかも知れない」と嫌な予感がしました。
私が彼が亡くなった事を知らされたのは彼のご葬儀が終わった次の日でした。
今から思えば、突然聞かされた私がショックを受け過ぎない様に彼が先に教えてくれていたのかも知れない。
と思っています。

そう思う事が出来るのもイクミ様から暖かいお返事をいただき色々な夢を教えて頂いているお陰だと思っています。

前を向いて歩こう。笑って居られるようにしよう。と思っていますがくじけそうになった時はイクミ様からの暖かいお返事を読み返し頑張って生きていこうと思っています。
本当にありがとうございます。

イクミ さんのコメント...

匿名様

こんにちは。
私の返事が、あなたの支えになっている聞き、とてもうれしいです。
このブログを続けていて良かったと思います。

私たちは、どうしてもこの世が現実の世界で、あの世は実体のはっきりしないおまけの様な世界だと思ってしまいます。
しかし、あの世こそが真実の世界であり、真実の世界に備えて様々な経験をしているのがこの世です。
彼と出会い、長いとは言えない過ごした日々は、あの世に行った時に備えてのことであり、そこで本来の形を取り戻すと思います。

彼が夢に出て来てくれたのですね。
不思議な状況ですが、横顔を見れて、声も聴けて良かったと思います。
あなたが想う時に、彼は傍に来てくれます。
それが負担になっていないか心配されていますが、愛があればそんなことは感じないのではないでしょうか。
あるのはうれしさだけではないでしょうか。

彼から想いを受け取っていて、その内容が優しく、嬉しいので、自分で想像した答えではないかと不安になるそうですが、彼が悲しみますので素直に信じましょう。
姿が視えない、声が聴けないのは確かに寂しいのですが、神様は魂と魂のつながり、信じる者には想いを伝えるコミュニケーションを残してくれていますので、彼のことを強く信じて、そのパイプを少しずつ太く、確かなものにして行きましょう。

彼が亡くなったことを知らずに連絡して、返事がなかった時に、嫌な予感がしたそうですが、幽体となって知らせに来ていて、あなたの魂が察知していたのかもしれません。
あなたのことが、とても気がかりだったのでしょう。

物語は始まったばかりで、これから先も続いています。
今は、一番つらい章なのかもしれませんが、次の章では、この悲しみ、寂しさが悦びに一気に変わると思います。

あさよ さんのコメント...

いくみ様
先日は御迷惑をおかけしてごめんなさい。 私の投稿の仕方が悪かったようです。

この間 甥と主人の話をさせて頂きました
実は甥は去年の春 鬱病を発症して、休職していましたが
今年2月に復帰
ですが、やはり また体調が良くなく…また 休職になりました。

その甥は亡き弟(彼の父)、主人がとても可愛がった子です
もう 35歳になりますが
弟が逝った年齢になり、癌でなくて良かったのかなぁ?と
思ったりし、良い方へと考えています…
いくみ様
先日 夢に弟が会いにきて、
甥を頼むと…
そして 次の日 今度は主人が夢に 大丈夫か?と多分 甥の事かと?

主人亡き後も私を支えてくれた甥
私も鬱病を経験しているので
理解できますが
いくみ様
生きる事…
私の生きる意味をわからないまま現在も生きてる
いくみ様に主人はいつも、そばに居ますと話して下さり
生きる 意味など無くていいと思い生きてる
ただ 逝った弟、主人の心配ない思いをどうしたら良いのか?

甥とは できる限り話をしていこうと思っています
いくみ様、長々 申し訳ありません
聞いて下さり
ありがとうございます。

イクミ さんのコメント...

あさよ様

こんばんは。
今度は届いて良かったです。

この前の話に出てきた甥御さんがうつ病なのですね。
弟さんとご主人が続けて夢に出て来て、あなたに何とかして欲しいと訴えている様な気がするのですね。
この世にいるあなたが何とかしてやりたいと思う気持ちが、私にも伝わって来ます。
でも、どうした良いのか判らないのですね。

お役に立てるのか判りませんが、甥御さんにヒーリングを行ってみましょうか。
ヒーリングの力は生命力そのものなので、プラスには働くと思います。
離れていても大丈夫で、費用は一切かかりません。

あさよ さんのコメント...

いくみ様
お返事ありがとうございます。
ヒーリング?
どのようにお願いしたら良いのでしょうか?
よろしくお願い致します。

イクミ さんのコメント...

あさよ様

ヒーリングについて少し説明します。
地上の人に、霊界から届く力を伝えて、魂と精神と肉体を癒すのがヒーリングです。
私は13年前にヒーリングの力が左手から出ていることに気付き、それ以来、縁のある人に行って来ました。
これまでの経験から多くに病気に効果があることが判っています。
ただし、病気を通してまだ学ぶことが残っている人、償いの終わってない人は、残念ながら癒されません。
うつ病は心のエネルギーが枯渇した状態であり、ヒーリングのエネルギーが流入することにより、症状が緩和され、心が楽になることが多いと感じています。

あなたから甥御さんの話を聞いた時点でリンクが成立しています。
名前や住所や症状は知る必要ななく、リンクを通して、ヒーリングの力が伝わって行きます。
ヒーリングの力が伝わったら、眠くなることが多いです。

受ける人がリラックスした状態が好ましいので、その旨をお伝えして、ベッドかソファの上で静かに待っていただきたいのですが、もし無理であれば結構です。
この様な力を信じない人が多いのですが、信じる信じないは関係ありません。

弟さんやご主人が望んでいるように感じましたので、突然で驚いたかもしれませんが、提案をしました。

あさよ さんのコメント...

いくみ様
ありがとうございます
ヒーリング、良く理解しました
実は亡き弟家族(甥も含めて)
同じ建物の2階、私が3階、母は1階に暮らしています。
義理妹に確認したら、不思議に甥は寝ているそうです❗不思議です。
いくみ様
お心遣いに感謝です。

無理な事だとは解っていますがお逢いしてお話がしたいです。

いくみ様とお話していると隣に主人が居るようで
不思議に悲しみが無くなります
ありがとうございます
これからも 宜しくお願い致します。

イクミ さんのコメント...

あさよ様

ヒーリングの力は私が念じて送っているわけではありません。
霊界にとって良いタイミングでヒーリングが始まっていることが多いので、寝ているのであれば、もう届いていたのかもしれません。
よろしければ、改めて行ってみます。

ヒーリングをしている時に、霊的な感性が高まり、故人の顔が視えたり、想いが伝わって来る人もいます。
あなたにも霊的な力が届いていたのかもしれません。
隣にご主人がいるように感じるそうですが、そんな時は視えなくても実際にいるのです。
ご主人が放つ愛のオーラによりあなたの魂が癒されて、悲しみが無くなるのだと思います。



あさよ さんのコメント...

いくみ様
本当にありがとうございます
遅くまでありがとうございます。
甥もきっと 何かを感じていると思います。
主人が私をと頼んだ甥ですから
きっと
主人のオーラーの中私は生きているんですね✨
また、お話しさせて下さい。

イクミ さんのコメント...

あさよ様

おはようございます。
ご主人のことを想う時、ご主人はあなたが想像しているよりも傍にいて、温かな想いで包んでいると思います。
その想いを、もっと感じられるようになれば、お互いに悦びを感じられると思います。

ヒーリングですが、よろしければ今晩10時に改めて行ってみたいと思いますがどうでしょうか?
1日も早く復職出来ることを願っています。

あさよ さんのコメント...

いくみ様
おはようございます
ありがとうございます
午後10時、宜しくお願い致します。
甥には話せませんので寝ているか?は解りませんが
宜しくお願い致します。

いくみ様
私は主人への思いが強すぎのでしょうか?
友人達には幸せにならないと
言われ、自分の幸せ…と。

でも 私には主人との幸せな時がたくさんありましたから
もう…想い出に生きたいのです
そばに居てくれると強く思い
過ごしたい…
いくみ様
それで良いのですょね?
いくみ様
愛する人を思い続けて生きていきます。

イクミ さんのコメント...

あさよ様

おはようございます。
ヒーリングの件、了解しました。

ご主人への思いが強過ぎなのかと言うことですが、それが今の自然なあなたなので良いと思います。
ご友人達に幸せにならないと言われたそうですが、人の考える幸せと、あなたが感じる幸せは違います。
どうぞ、ありのままの自分でいて下さい。

あさよ さんのコメント...

いくみ様
昨晩は甥の事ありがとうございました。

私は私らしく幸せに生きます。
ずっと主人を愛して。

いくみ様
また、お話しさせて下さい
甥の事も報告させて頂きます。
本当にありがとうございます

イクミ さんのコメント...

あさよ様

あなたにはあなたの人生があり、その先でご主人が待っています。
甥御さんのことを含め、お力になれることがあれば、遠慮なく言って下さい。

匿名 さんのコメント...

イクミ様。

おはようございます。
ご無沙汰しております。
いつもありがとうございます。

彼が亡くなって半年が過ぎようとしています。
そして半年前の今日、体調が悪そうで少ししか話せませんでしたが彼と電話で話す事が出来た最後の日です。

半年。長かったのか短かったのか、ただ一日一日を何とかやり過ごし思えば半年過ぎたな。と言うそんな感覚です。
半年も経てば、少しは彼の亡くなった事を受け入れ私が笑っている事を喜んでくれていた彼に笑って過ごしている姿を見せられるようになるかと思っていましたが、彼からの想いを受け取っては泣いてしまい、話した事を思い出しては泣いてしまう様な毎日です。
あとどのくらいの時間が経てば彼に安心して貰える様になるのか。
いつも心配かけてゴメンね。と彼に伝えています。
お前だから許す。と彼は言ってくれていますが早く安心して貰える様にと思い過ごしています。

私には中学の時に亡くなった父が居ます。
ふと考えると、あまりにも彼と共通の事が多くてイクミ様にも聞いて頂きたいと思い、この様にコメントさせていただきました。

私の父も彼も複雑な家庭で育った事、何よりもお酒が大好きで身体を壊すまで呑んでいた事。
仕事も似ていた事。亡くなった歳もほぼ同じだった事。
私の父と母は、父がお酒好きで大変だった事から離婚しましたが、彼も離婚を前提に奥様と話をされていた事。
思えば良く似ている環境に驚いています。

大変な父でしたが私は姉達と歳が離れている事もあり、姉妹の中では一番可愛がられていた様な気がします。
そんな父と母が、離婚をする事になり当時小学生だった私はどうしても父を一人にする事が出来ず、本当に少しの間ですが二人で暮らしていました。
結局母親の元で暮らす事になり、結果的に父を見捨てる事になりました。

父が亡くなり大人になってから何度もその事で父に謝りましたが、その時に心に浮かぶ父の顔はニコニコと笑ってくれていました。

そんな事から、人は亡くなっても側に居てくれている。とそう思う様になりました。

彼と父が本当に良く似ているのは、何か父と関係があるのかな。と思っています。

父に、彼がそちらに行ったから色々とお願いね。と伝えるといつもの様にニコニコしてくれていましたが、彼に父と逢えたか聞いてみてもその返事はありませんでした。

逢ってくれていたらいいな。と思っています。

いつも私の話を聞いて下さり、イクミ様には感謝の気持ちしかありません。
本当にありがとうございます。

イクミ さんのコメント...

匿名様

こんにちは。
半年前の今日、最後に彼と話したのですね。
願いが叶うならば、もう1度彼の声を聴きたいとお察しします。
あなたが彼の存在を信じられるようになり、想いを受け取れるようになったのは喜ばしいことですが、泣いてしまうのですね。
仕方がないことです。
もう少し時が過ぎるのを待ちましょう。

お父様と彼に共通点が多く、よく似ているのですね。
離婚された後、一人で暮らしていて、その後亡くなられたそうですが、あなたはお父様を見捨てたと思っているのですね。
お父様は、あなたが自分と一緒に暮らしてくれたこと、自分のことを心配してくれた気持ちがとてもうれしく、そのことを今も忘れていないのだと思います。
謝ることはないと、ニコニコ笑っている姿を見せてくれていると思います。
親愛の想いで結ばれているので、あなたが想えばお父様は傍にいてくれると思います。

大好きだったお父様の面影を彼の中に見つけていて、返したかった愛情を彼に向けていたところもあったのかもしれません。
彼も、子供の頃、受けることの出来なかった愛情を奥様に求めていたけれども、それが叶わなかったのですが、あなたが与えてくれて、心が満たされていたのかもしれません。

彼とお父様は、あなたの傍に居合わせていると、私は思います。
彼から返事がなかったのは、亡くなって年月が経過しているお父様と、半年しか経っていない彼とは波長が違うので、傍に居合わせても、お父様のことを認識できないのかもしれません。
良く判りませんが、仲良くしてくれるとうれしいですね。

あさよ さんのコメント...

いくみ様
夏本番になりましたね
お元気でいらっしゃいますか?

先日 甥のためのヒーリング
ありがとうございました。
まだまだ 仕事復帰はできませんが 自身の現在の状態を私には時々話してくれます

その際いつも話の中にでてくるのは主人の事
あきさん(主人は私を家族全員からこう、呼ばれてます)

あきさんと俺 酒呑みたかったなぁ?
あきさんが良く遊んでくれて
あきさんも楽しそうで!
お父さんとも仲良かったょね…
等々

いくみ様
亡き主人と亡き弟は義理でしたがとても気が合い本当の兄弟のようでした
甥は その様子も良く覚えていてくれて
とても 嬉しく思っています。

愛した父と愛した伯父を亡くした甥は
やはり 寂しい思いや、辛い気持ちになってしまうのだろうか?
そんな事を思い話をしています。

いくみ様
とりとめのない話で申し訳ありません…
私はお陰様で大丈夫です
父母のお世話がある限り
生きます…

主人もきっと頑張れと‼️
いくみ様
ありがとうございます。

イクミ さんのコメント...

あさよ様

こんばんは。
暑い日が続きますね、
私は、お陰様で元気です。

甥御さんの仕事復帰はまだだそうですが、焦らずにじっくり治されて下さい。
また、ヒーリングが必要になった時は遠慮なく言って下さい。

ご主人と甥御さんはとても仲が良かったのですね。
私の叔父が去年長年連れ添った叔母を亡くしました。
叔父の甥(私のいとこ)は子供の頃、父親を亡くしていて、叔父のことを慕っていて、とても仲良くしていました。
今、子供もいない叔父のことを、本当の父親の様に世話をしています。
ふと、そんなことを思い出しました。
お二人は血のつながりはなくても、気心が知れて、魂が似ているところがあったとお察しします。

あなたと甥御さんが、自分のことをうれしそうに話しているのを見て、きっと喜んでいると思います。
あなたのことが1番心配ですが、甥御さんのことも気にかけていて、生前と同じように励まして、力を与えてくれていると思います。

お父様とお母様をお世話するのは大変でしょうが、自分に注いでくれた愛情をお2人に向けて、最後まで仲良く暮らしてもらうことを望んでいると思います。

そして、頑張れと同時に、あんまり無理するなと言っているような気がしています。

匿名 さんのコメント...

イクミ様。

いつも私に暖かいお返事を頂き本当にありがとうございます。

彼が亡くなり8ヶ月になりました。
明日は月命日です。

イクミ様から暖かいお返事を頂き勇気を与えて下さっているにもかかわらず、なかなか前を向いて歩いて行くことが出来ずに、過去を振り返ってばかりいます。

今年は彼にとって初盆となる為、どうしても近くに感じたいと思い彼の住んでいた街に行って来ました。
彼が、お線香をあげて欲しい。と言っている気がした為でもあります。
彼が経営していた会社のそばでお線香をあげて来ました。
実は彼が亡くなり1月経った頃にも一度行った事がありました。
当時は会社の看板に彼の名前が有りましたが先日行った時にはその名前は消えており奥様と思われる方のお名前が書いてありました。
時が経ったんだな。と改めて感じ帰って来ました。

彼は喜んでくれていたのか。私が会社にまで行ってしまい迷惑しているのではないか。
分かりません。

父の事もあり亡くなっても存在は居続ける。
そう思い過ごしていますが、自分の立場や過ごした時間の短さから、今彼が何を思い私が送っている想いを受け取っていてくれているのかどうかも不安になってばかりで、彼に想いが届いていたとしても、幸せにするどころか悲しませているに違いないと思い自分を責めながら日々過ごしています。

信じよう。そう思っていても姿を見れない。声を聞けない。その事がこんなにも寂しく不安になるという事かを時間が経つにつれ実感しこの様にイクミ様にすがる思いでコメントをさせていただいております。

イクミ様、今彼は何を思っているのでしょうか?
もう一度彼からの想いを受け取っていただく事は可能でしょうか?
お忙しくされており、無理なお願いと言う事も重々承知しております。
もし受け取って頂けたらと思いコメントさせていただきました。

お時間が有られる時にお返事頂けたらと思います。

イクミ さんのコメント...

匿名様

こんにちは。
外出しており、返信が遅れて申し訳ありません。

今日が彼の月命日なのですね。
個人的には、まだ8ヶ月しか経っていないのかと感じています。
初盆は、彼の住んでいた街に行って、お線香を上げて来たのですね。
あなたの魂は彼のことを強く想っているので自然に行動してしまうのですが、この世の自我はいけないことをしていると認識していて、葛藤が生じていると思います。
彼は経営していていた会社のことは心配しているでしょうが、あなたが会社まで行って迷惑していることなどありません。
近くにいたいと言う想いが届いていて、うれしく感じているはずです。

姿が視えなくて、声が聴けないからといって、存在自体がなくなってしまったのではと思うのは止めて下さい。
全く事実に全く反しています。
彼は視えなくてもいます。
あなたに信じてもらうしかないのですが、不安や心配が彼の想いが届くのを妨げてしまうことは知っておいて下さい。

彼の魂に焦点を合わせてみました。
恋人の様に、父親の様に見守っている彼の深い想いを感じます。
上手く表現出来ているか判りませんが、文章にしてみます。

「何も心配することはない。
俺の気持ちはお前と同じだ。
そのことを、生きているうちにもっとはっきり伝えておけば良かった。
そうすれば、もっと安心してくれただろう。
でも、お前の気持ちが揺れ動き、迷惑をかけてしまったのかもしれない。
その時は、それで良かったんだ。
これからどう生きて行こうかと思っているようだが、しなければいけないことがあるはずだ。
自分の務めは、しっかりと果たせ。
いい加減に生きることを俺が望んでいないのは判るよな。
お前が俺のことをここまで想ってくれていたなんて、うれしくてたまらない。
しっかりと届いているよ。
みんなに会えてうれしかったけど、涙を我慢して笑っている見ているのがつらかった。
そっと寄り添ってくれるお前が好きだった。
お父さんみたいに可哀想な想いをさせたくなかったのかもしれないが、俺はすごくうれしかった。
こんなに早く逝くとは思ってもいなかったので、伝えたかったことがある。
こんな俺を助けてくれて、励ましてくれてありがとう。
最後の最後に会えて、本当に良かった。

これからお前がどんな風に生きて行くのか楽しみにしている。
また会えるから、何も心配するな。
俺は後悔しない生き方をしてきたつもりだ。
お前にも後悔しない生き方をして欲しい。
今を精一杯生きろ。
俺の様に。
涙を拭いて、前を向け。
いつものように笑って生きなさい。」

匿名 さんのコメント...

イクミ様。

お忙しい中、無理を聞いて頂き本当にありがとうございます。
暖かいお返事もありがとうございます。

彼からの想いを伝えていただき、身体が震えてています。

取り急ぎお礼をお伝えしたくてコメントさせていただきました。

本当にありがとうございます。
感謝の気持ちでいっぱいです。

イクミ さんのコメント...

匿名様

想いを知りたい時は、想いを伝えたい時だと思います。
あなたの魂に届いたのなら、私もうれしいです。

あさよ さんのコメント...

いくみ様
あさよです
ご無沙汰しています。
主人のところへ行きたい

イクミ さんのコメント...

あさよ様

こんにちは。
急にご主人の元に行きたくなってしまったのですね。
ご主人がいない中で、ずっと一人で頑張って来られましたので、心身共に少しお疲れではないでしょうか。

あなたの想いはご主人に届いていますが、ご主人の想いはあなたに届きにくくなっています。
今も変わらず愛されているのですが、肉体があるために、どうしてもその実感が得られにくくなってしまいます。
五感でご主人を感じることは出来ませんが、魂で感じることは出来るはずです。
心の中に、急に拡がって行く温かさや、明るさを感じることはないでしょうか。

あなたの変わらぬ想いに感謝していて、その想いに応えようとしています。
とても大らかな方で、あなたを大きな愛で包み込んでいて、深い悲しみ、寂しさ、苦しさ、つらさを和らげてやりたいと思っています。
優しく寛容な人で、あなたのことを全面的に認めてくれて、何をしても許してくれていたでしょう。
しかし、ご主人の元に行くことだけは許してもらえません。

ご主人も早く会いたくて仕方がないのです。
けれども、この世を耐え忍びながら生きることで、あなたが強くなり、大きく成長することを知っているので、涙を浮かべながら見守っているでしょう。

ご主人は、この世と言う学校を早く卒業できた、魂の成長された人です。
お2人は親しい魂でしょうが、ご主人は少し先を歩んでいると思います。

今の悲しみ、苦しみが、あなたの魂を成長させています。
卒業する日が、いつになるか私には判りませんが、悲しみが深く、苦しみが大きいほど、その時は早く来るような気がしています。

あさよ さんのコメント...

いくみ様
先日は弱音を言いまして
申し訳ありません。
実は とても 元気でしたが先日
母が緊急入院
あまり 思わしくなくて…
でも 母は強い人で頑張っています。

主人も母を思ってくれていたので
何故か
落ち込んでしまいました
逝った主人、弟を思い
更に落ち込んでしまいました。

肉体が無いけれど
そばで励ましてくれてる感覚はあるのですが
すがって泣いたり、さけぶことの出来ない事が哀しくて…
いくみ様
駄目ですね
逝った人に頼っていては?
いくみ様のお言葉に涙しましたが
元気頂きました。
また お話しさせて下さい。
ありがとうございます

イクミ さんのコメント...

あさよ様

こんにちは。
お母様が大変だったのですね。
びっくりされたでしょうが、お母様も知らない内に年を取って、肉体にほころびが出たのでしょう。

ご主人や弟さんへ思いを巡らすと、落ち込んでしまったのですね。
ご主人は、出来るだけ長くあなたの傍にお母様がいてもらうことを望んでいるような気がします。
しかし、大変そうなので、こちらの世界に早く来て欲しいとも思っているような気もします。

あなたの心が押しつぶされそうな時は、ご主人に頼っても良いのではないでしょうか。
ご夫婦の関係は失われておらず、ご主人にとってあなたは地上で1番大切な人なのですから。
抱きしめてやることは出来ませんが、ここは堪えるんだと、慰めながら、励ましていると思います。

あさよ さんのコメント...

いくみ様
早々のお返事本当にありがとうございます

母はお陰様で
不思議にしっかり状態も良くなりつつ
精神的に強く良い方向に向かうような感じです
84歳ですから
寿命まで見守る覚悟です

いくみ様に弱音を言った後
何だか母が良い方へ
そんな気がします。

いくみ様
やはり 主人には頼っていきます✨
側に居てくれる実感は
いくみ様と知り合わせて頂いてから思えます
ありがとうございます

62歳の私
初恋の主人を今も愛してます
この思いを大切にして
生きます。
お話しできて 良かったです

イクミ さんのコメント...

あさよ様

お母様の状態が良くなって、良かったです。
もうしばらくは、この世で付き合って欲しいですね。

ご主人は霊界で奉仕の活動を始めているでしょうが、あなたが地上から発している想いを放っておくわけがありません。
生きている時の様に、手を出して助けてやるわけには行きませんが、精一杯、力付けて、導いているでしょう。
あなたを愛するご主人にとって、それは当然のことだと思います。

あさよ さんのコメント...

いくみ様

いくみ様に心のうちを話していると
落ち着きます
ありがとうございます。

今、現在私を支えてくれているのは亡くなった弟のお嫁さんと甥と姪です
うつ病の甥も仕事へ少しずつ復帰できました
いくみ様
ありがとうございます
主人が優しくしてくれたお陰で
お嫁さんも甥、姪が私を助けてくれます

愛する人を失う悲しみは果てしないものですが
主人に会える日まで
頑張ります‼️

匿名 さんのコメント...

イクミ様。

先日は、お忙しくされている中無理なお願いを聞いていただき本当にありがとうございました。

彼が亡くなり時間が経つにつれて、現実的になった彼の死を受け入れることが辛くなり、どうやって生きて行けば良いのか分からなくなりイクミ様に助けを求めてしまいました。

そばに居てくれていると信じ様としても、悲しい気持ちや辛い気持ちの方が先に立ってしまい彼からの想いも素直に受け取れずに居ました。

ただ、イクミ様からこの様に彼からの想いを聞く事が出来、辛いながらも希望の光が見えている気もします。
私と同じ気持ちでいてくれている。
また会える。
その想いを聞く事が出来本当に幸せです。
彼の人生の最後の時に、少ない時間ですが出会えた事に感謝しています。
本当にありがとうございます。

こちらコメントに載せておられる、あさよ様が先日ご主人のもとへ行きたい。
そうコメントされているのを拝見し、私なんかがお伝えするのは申し訳無いのですが、聞いて頂ければと思い載せさせていただきたいと思います。

あさよ様。

私はあさよ様がコメントされているご主人との事を拝見し何て素敵なご夫婦だと羨ましく拝見させていただいておりました。
私も大切な人をこの世から失い、そばに居てくれている事を信じていても辛くて悲しくて泣きたい。その気持ちに潰れそうになります。
けれど、イクミ様に聞いて頂き助けていただいております。
ただそれだけではなく、本当に沢山の方がイクミ様にコメントを寄せられていて、悲しいのは自分だけでは無い。みんな踏ん張っておられる。
そう思い自分に勇気をもらっている事も事実です。

自分から彼の元へ行こう。
そう思った事もあります。
けれど、自分の寿命も長いとは限らない、自分から命を絶てば会ってくれないかもしれない。
そう思い、生きています。

あさよ様も、辛い悲しい。その気持ちに潰されそうになったとしても何とか踏ん張って下さい。
そして最高の笑顔でご主人に再会して下さい。

偉そうな事をお伝えして申し訳ありません。
でも私はあさよ様のご主人の想いを受け取っておられる。そのコメントに勇気をもらっています。
大変な事もおありかと思いますが、ご主人にとって自慢の奥様だと思います。


イクミ さんのコメント...

匿名様

こんにちは。
あさよ様へのメッセージ、ありがとうございます。
同じ経験をした人でなければ、失った悲しみや苦しみは判らないと思います。
10年経っても、ご主人を慕い、深く愛されているあさよ様の姿に心を動かされます。
自慢の奥様でしょう。

あなたも自分から彼の元へ行こうと思ったのですね。
行っても会うことが出来ないので、本当に良かったです。

肉体はなくなっても、魂は存続しているので、愛が失われることはありません。
あなたもあさよ様も、生前にも増して、大切な人の魂を愛され、向こうからも愛されていると思います。

あさよ さんのコメント...

いくみ様を通しての
匿名さん🍀

お言葉本当にありがとうございます☺️
私を思い綴ってくださり
嬉しい気持ちでいっぱいです…

主人を亡くして12年
でも まだまだ 匿名様と同じように悲しく寂しく辛い日を過ごす事が多々あります

でも 私もここ、いくみ様と出逢えて
主人は側に居ると感じ思えるようになり感謝しています
貴女もですね

肉体は無くても
他人にはおかしいと思われるますが
主人の声が聞こえます
本当ですょ
きっと 悲しみの先には
貴女も彼の声を聞く事ができるはずです❗

仲良くして頂けたら幸せ
また 投稿手紙下さいね

貴女の悲しみ苦しみ辛さ
どうにもならない思い
良く良く 解ります
私は想い出に生きようと決めたから少しは楽に
それでも 主人のところに行きたいと思ってしまうのですから

今回
いくみ様に助けられました。
匿名様
よろしくお願い致します。

匿名 さんのコメント...

イクミ様。あさよ様。

お返事ありがとうございます。

あさよ様のご主人のもとへ行きたい。と言うコメントを拝見し何故かとても元気になって欲しいと思い、厚かましくも思いをお伝えさせていただきました。

あさよ様からのお返事、逆に私の方が元気をいただきました。
ありがとうございます。

彼が亡くなって目の前が真っ暗になり、それでもこうしてイクミ様に出逢う事が出来、彼からの想いを聞く事が出来たり、あさよ様とも繋がる事が出来たりと、私はとても幸せだなぁと思います。

きっと彼がこうなる様に導いてくれたのかも知れません。

素直に信じる事が大切。
解ってはいるものの辛く悲しい時があります。
そんな時はイクミ様から伝えて頂いた彼からの想いをおまじないの様に何度も何度も声に出し心を落ち着かせていました。

それでも、どうしようもなく悲しくなり先日イクミ様に無理を聞いて頂き再度彼からの想いを伝えて頂きました。
彼は、心配する事は何も無い。そう伝えてくれました。
不安で仕方なかった私の気持ちが彼に届いていた。
その事を彼が解ってくれていたのだと改めて、彼は傍に居てくれていたのだと心が暖かくなりました。

あさよ様、ご主人の声が聞こえるなんて素敵です。
私は声が聞こえるというよりは、こんな返事が帰って来ているだろうなと思い、会話をしています。

私も声が聞こえたら嬉しいです。
素直な気持ちでその日が来るのを待ちます。

お返事、本当にありがとうございました。
よろしくお願いいたします。

紀子

あさよ さんのコメント...

いくみ様

母は大分 良くなりつつあります
もう 短い時かも知れませんが
大切に過ごさせたいと思っています
いくみ様と出逢えて三年
私 本当に救われてきました
感謝の気持ちです。

いくみ様のお陰で
紀子さんという 同じ気持ちで生きている心友と出逢えました

やはり、いくみ様には不思議な力を持っていて人を思い遣る
素晴らしい方なんだと
改めて思います。

主人を右肩に感じ生きられているのも
いくみ様のお言葉からでした…
人様には
笑われそうですが
主人との想い出にこれからも
生きます

ずっといくみ様
これからも よろしくお願い致します‼️

あさよ さんのコメント...

紀子さん🍀

私は主人亡き後 5年うつ病を経験しました…
空虚感 自殺未遂も三回
死ねない事への罪悪感

いくみ様から 自殺はご主人には会えません‼️と。
いつも 貴女のそばで心配していますと。

紀子さん
悲しみは果てしないものです
どう何を人に言われされても解決はされませんものね…

どうしてここまで生きてきたのか?と問われても
答はわかりませんが
主人の想い出をともに話せる
家族が居ること

そして一番は主人が居る実感がいくみ様と出逢い理解できた事
私ね 子供が居なかったから
主人とはずっと恋愛してる思いでね(こんな時にノロケて!)

紀子さんもきっと幸せな時があったでしょう?

それを思って生きてください‼️
彼のところに行きたいと思うのも仕方ない
そんな時は私も居ること
お互い理解してる人が居ると思いましょう

なんだか とりとめもなく
ごめんなさいね
これからも紀子さんにメッセージ書いてもいいかなぁ?

いつか お会いできたら良いですね🎵

イクミ さんのコメント...

あさよ様

おはようございます。
こちらのブログに、最初にコメントをいただいてからもう3年経つのですか。
愛する者同士は、決して離れることはないと言う、霊的真理を信じてもらい、私もうれしいです。
長い年月がかかりましたが、あなたが信じることが出来たので、神はご主人とつながることを許してくれたのだと思います。

右肩にご主人を感じるのですね。
あなたが今も愛しているご主人が、地上に残して来たあなたを放ってどこかへ行くはずはありません。
いなくなってしまったと言うあなたの誤解が解けて、とても喜んでいます。

お二人のために少しお役に立てたのなら、私も本望です。

あさよ さんのコメント...

いくみ様
お返事 ありがとうございます。

いくみ様に主人の所に行きたいと弱音を言ったあの日から
日に日に母の回復してきています
ヒーリングして頂いたのでしょうか?
そう 思えてしまうほど
主治医も驚きの様子です。

私は主人を亡くして
何かに誰かにこの思いを聞いて欲しくて
いくみ様に伝えました
でも まさか お返事を頂けるなんて思いもしていませんでした!

とても とても 嬉しく
生きる事に前向きになれましたから
愛する人を失った悲しみに耐えられずに居る方々に寄り添えたらと思っています。
ありがとうございます。

匿名 さんのコメント...

イクミ様。

いつも暖かいお返事ありがとうございます。

人と人との出会いや離れ離れになる事も、それぞれの人とのご縁なのかな。と思います。

たとえ、離れ離れになってしまったとしても、運命の出会いならいつか必ずまた会える。

イクミ様と出逢う事が出来、そう思えるようになりました。

これから先、辛くて悲しくて泣いてもどうする事も出来ず、彼のところに行きたい。そう思う事もあると思います。
それでも、ともに頑張って生きている人が居る。
それほど心強い事はありません。

あさよ様と出逢う事が出来たのも、イクミ様が繋いでくださったご縁。そう思います。

本当にありがとうございます。

紀子。

匿名 さんのコメント...

あさよ様。

私にお返事頂き、ありがとうございます。

ご主人を亡くされて12年。
思い出に生きる。
そう思えるようになられるまで、言葉では言い表せないほどの想いがあられたことと思います。

私は、彼のご葬儀にもお通夜にも行けませんでした。
その為か、彼がこの世から居なくなった事が未だに信じられない時があります。
ひょっこり電話かけて来るんじゃないか、メールくれるのではないか。そう思い、余計に辛くなります。
亡くなった当初は、悪い夢を見ている様で早くこの夢から覚めて欲しい。そう思ったり、私たちは永く一緒に居られなかった為か最近では彼と出逢えた事自体が夢だったのだろうかと混乱してしまう事もあります。

大切な人を亡くす。
これ程までに自分の気持ちが混乱するものかと改めて感じています。

後悔の毎日で、自分を責め生きている意味さえ分からなくなり彼のところに行きたい。会って謝りたい。
そんな事を考えていた時にイクミ様と出逢う事が出来ました。

そして、あさよ様とも出逢う事が出来ました。

泣きながら毎日過ごしていますが、お二人に出逢えて嬉しいです。

何てお伝えすれば良いか難しいですが、本当に嬉しいです。

あさよ様。
また私に勇気下さい。

いつかお会いできる日を楽しみにしております。

紀子。

イクミ さんのコメント...

あさよ様

おはようございます。
お母様のお身体の具合が回復して来て、良かったですね。
私がヒーリングをしていたわけではありません。
ご主人が、もう少しあさよ(様)の傍にいてやって下さい、とお母様に想い(力)を送っていたのではないでしょうか。

ご主人が生きていて、傍にいることは事実です。
そのことに気付いていただけたなら、私も本当にうれしいです。
1番うれしく思っているのは、言うまでもなくご主人です。

ご主人との別れの経験が、愛する人を失った悲しみに耐えられない人のためになれば、意味を持つことになります。
あなたらしい優しさが表現されれば、ご主人はとても喜ぶでしょう。

イクミ さんのコメント...

紀子様

おはようございます。
彼の死を受け入れられない部分もあると思いますが、亡くなって半年しか経っていないのに、霊的な真実に辿り着けたのは幸運です。
肉体を離れるその時まで、彼のことを想っていれば、必ず会えます。
愛は不滅であり、死とは無関係だからです。

あさよ様と出会えたことを、私もうれしく思います。
このブログに導いたのは、彼だと思っています。
あさよ様も同じだと思います。
あさよ様のご主人とあなたの彼は、向こうで知り合いになっていて、巡り合わせようとしていたような気がします。

あなたと彼の物語は始まったばかりです。
次の章で出会った意味、魂の関係が判り、真の意味で結ばれるでしょう。
別れている今も、物語は続いていることを忘れないで下さい。

あさよ さんのコメント...

いくみ様
台風 心配しています。
どうぞ無事でいらしてください‼️

イクミ さんのコメント...

あさよ様

こんばんは。
ご心配いただき、ありがとうございます。
経験したことのない雨風ですが、何事もなく過ごしています。

あさよ さんのコメント...

いくみ様
良かったです❗
安心しました
東京も雨風が強いですが
無事です。
お返事ありがとうございます❗

桜の季節 さんのコメント...

イクミ様 はじめまして。
私がイクミ様のこのブログを知ったのは彼が亡くなって2週間後くらいの時でした。

イクミ様のお話、そして皆様の体験など読ませて頂き思う事、聞いてもらいたい事
沢山あったのですがまだ気持ちが落ち着かず文章に出来ないで居ました。

「心臓がもの凄く痛い」
私に LINEを入れた直後に倒れ心肺停止で救急車で運ばれて10日間懸命な治療を受けてましたが意識が戻る事なく逝ってしまいました。
余りに突然の事、現実を受け止め切れず毎日泣き暮らす日々

私達は人様に言える関係ではありませんでした。
でも私達は前世できっと縁があった2人だったと思える魂が引き寄せるような出会いだと思っています。
お互いの家族の名前が一緒など不思議な偶然もいっぱいありました。
彼も離婚をし私も、という時に突然の出来事でした。

彼が倒れた時、亡くなった時に連絡をくれたのは彼のお母様です。
直接お話ししたのは一度だけなのに…私の事は彼から沢山聞かされてたみたいです
ご家族の皆様も御心痛の中、私にも通夜告別式に是非と言ってくださいました。
そんなご家族の皆様とは彼が亡くなった今もご自宅に伺って思い出話を一緒に出来る間柄になっています。
不思議ですね、お宅に初めてお邪魔したのが彼が亡くなってからって

そんなご家族に出会えたから私は今こうやって少しは穏やかな気持ちで書けています
そしてイクミ様の魂は生きている!という言葉
散歩の時に終始蝶々が私の周りを飛んでいたり気配を感じたり
あー近くに居るんだなって思います。

イクミ様に出会えたのも彼がきっといつまでも泣くな!側に居るよって知らせて知らせてくれたのだと思います
まだまだ泣く毎日ですが次にまた彼に会えるように頑張りたいです

拙い文章ですみません。
ありがとうございました!


イクミ さんのコメント...

桜の季節様

初めましてイクミです。
最愛の人が亡くなって2週間、余りにも突然の出来事に現実を受け止められない中で、良くここを訪ねていただきました。

彼は今どうしているのか?
何故、いなくなってしまったのか?
その答えを知りたかったとお察しします。

巡り合った時に、強く引かれるものがあったのですね。
奥深い部分での結びつきであれば、抗し切れないものがあったと思います。
前世のことは今生で生きる私たちには判りませんが、懐かしさ、親しさみたいなものを感じたのであれば、あなたが想像している通りなのかもしれません。

これから一緒に暮らせる直前、最悪とも言えるタイミングで逝ってしまったのも、お2人にとって霊的な意味があるはずです。
出会いも別れも偶然ではなく、生前から決められていたような気がします。

このブログを読んでいただければ判りますが、彼と同じ様に前触れもなく突然逝ってしまう人がいます。
そんな人たちに共通しているのは、優しく、思いやりがあり、誰からも好かれていることです。
「自分にはもったいないような人でした」とコメントを下さる人が多いです。

霊性が高い人は、この世で学ぶことの少ない人と言えます。
自分が学ぶよりも、周囲に大切なことを教えたり、気付かせたりする目的が大きいのかもしれません。
もしかしたら、あなたの彼もそんな人ではないでしょうか。

彼もあなたと同じ様に、巡り合うべき人に巡り合ったと思っていたのでしょう。
その悦びを、ご家族に伝えていたと思います。
息子を失ったお母様の悲しみは想像を絶するものがあるでしょうが、救いはあなたに愛されながらこの世を去ったことだと思います。
悲しみを共有できる人がいるのは、双方にとって救いとなります。
彼も引き合わせたかったと思いますので、これからもご家族として付き合って行きましょう。

13年前になりますが、私が望んでいなかったにも関わらず病気を癒す力が出現しました。
その目的は、病気が癒されることを通して、霊的な力が存在することを証明するためです。
そして、生命の本質が肉体ではなく魂であることを自覚させるためです。
生命の真実を伝えるためです。

改めて言いますが、彼は視えなくなりましたが、生きています。
意識も記憶も性格も生前のままです。
勿論、あなたへの想いは全く変わっていません。
愛する者同士は離れることは決してありません。
いなくなってしまったと嘆き悲しんでいるあなたを前にして、自分が生きていることを証明しようと奮闘努力をしているでしょう。
あなたがこの世を去る時に、彼のことを愛しているのならば、間違いなく再会します。

物語は終わってしまったのではありません。
次の章に入ったのです。
その次の章を素晴らしいものにするために、今の悲しみ、苦しみ、孤独があると思って下さい。
より深く愛し合うためです。
これは慰めでも、励ましでも、希望的観測でもありません。

悲しみのオーラに包まれていると、彼はあなたに近づけません。
どうか、彼の存在と愛を強く信じて下さい。
そうすれば、彼の魂と再びつながることが出来ます。
そのことを知らせたくて、あなたにコメントを書かせるように導いていたと思います。

彼があなたを想う気持ちは、あなたが想像している以上です。
あなたを幸せにしたいのです。
悦びを与えたいのです。

あなたを愛しています。
愛は視えないものであり、魂で受け止めるものです。
魂と魂が通じ合っていたので、肉体がなくなり五感で感じられなくなっても、彼の想いをあなたは受け止められるはずです。

涙を流すだけ流した後に、再びつながる日が来ることを、彼は強く信じています。
次元を超えて愛し合うことが出来ないのであれば、あなたを残して逝くことはありません。

彼に愛されていますので、あなたも彼を愛して下さい。

桜の季節 さんのコメント...

イクミ様
早速の返信ありがとうございます

イクミ様の言葉がまるで彼から言われているようで…涙が止まりません。
私は今も彼に愛されているのですね!
より深く愛し合える未来を信じて私も彼を愛し続けて行きます。

イクミ様が仰るように彼は優しく楽しい人で葬儀の際には本当に沢山の方が弔問に訪れて幸せ者だね、と話してました。
お母様も心労で倒れたりもしましたが今は私と彼の思い出話を泣き笑いしながら話せるようになりました。
この先もお付き合いしていけたらと思います

イクミ様に出会えて本当に自分でも不思議なほど穏やかに彼の事を受け止められています
ありがとうございます感謝でいっぱいです
まだ彼に話しかけてもそれが楽しかった思い出話でもまだ涙が出てきてしまいますが…。

これから1日1日を大切に感謝しながら前向きにしっかりと生きていきます!
これからもよろしくお願いいたします
ありがとうございました

イクミ さんのコメント...

桜の季節様

おはようございます。
今も愛していることが判ってもらえて、喜んでいるのを感じます。
姿は視えませんが、信じることが出来れば、愛し合うことが出来ます。
お母様のことも心配しているので、時々会ってやって下さい。

また何かありましたら、連絡して下さい。

匿名 さんのコメント...

イクミ様。

いつも暖かいお返事本当にありがとうございます。
イクミ様と出会えた事に感謝です。

そしてこのプラグに出会える様に導いてくれた彼にも感謝しています。

彼にイクミ様、そしてあさよ様に出会えた事を報告した時、心に浮かんだ彼の顔はぼんやりでしたが笑ってくれていました。

彼が亡くなり、もうすぐ10回目の月命日です。

私の思いが彼に届いている。
そう思い毎日彼に話しかけていますが、毎日同じ内容ばかりで、それに話していると泣いてしまう為、彼はもうつまらなく思っているのではないかと思い、もう話しかけない方が良いのかも知れない。
とそんな事を考えていました。
そんな時、イクミ様が載せられている他の投稿を読んでいましたら、今の私と同じ気持ちを載せられている方がいらっしゃいました。
その方へのお返事にイクミ様は、毎日思い出してくれて話しかけてくれている事に彼は嬉しく感じている。
その様にお返事されていました。
それを見たとき、彼がその投稿を見る様に導いてくれた。そう思いました。

彼が亡くなってから、彼の苗字や住んでいた地名を見たり聞いたりする事が多々ありました。
彼からのサインかも知れない。
そう思っていましたが、最近それが無くなりもう私の側に居てくれていないのかも。そう思い彼に「側に居るアピール待っているよ。」そう伝えたその日の仕事の帰りに寄ったスーパーで普段は立ち寄らない地域特産のコーナーで偶然手にした品物に小さなシールが貼ってありました。
そのシールは生産者の名前が書いてあるもので、何がなく見たその名前が彼と同じ苗字でした。
見た瞬間、彼だ。そう思いました。
私が想像するよりももっと側に彼は居てくれているのかも知れない。
そう思うと涙が止まりませんでした。

彼が亡くなる前、私の送ったメールが奥様に見つかってしまい、彼に迷惑をかけてしまいました。
亡くなる少し前にも、会えない環境にいる事を彼にきつくあたってしまいました。
一番私が彼の事を理解して支えにならないといけないはずが、彼を困らせて悲しませてしまったと、今でもそう思っています。

そんな私の側に居てくれているのかと思うと、言葉に表せない程、感謝や嬉しい気持ちなどでいっぱいになります。

本当は彼に直ぐにでも会いたい。
沢山話したい。

そう思っています。

ただ、自分から彼の元に行く事は許されない。
今を一生懸命に生きる事を彼は望んでくれている。

前向きに生きる。

何度も何度もくじけては立ち直りの繰り返しですが、彼が待ってくれている。そう信じて生きて行こう。
そう思っています。

イクミ様、いつも私の長い話を聞いていただき、本当にありがとうございます。

紀子。

イクミ さんのコメント...

紀子様

こんばんは。
外出しており、返信が遅くなり申し訳ありません。

彼が亡くなって、もうすぐ10か月なのですね。
時間の経過が長く感じられます。

何度も言いますが、親愛の想いで結ばれていた者同士に、死は関係ありません。
彼が今いるのは、想い(思念)の世界です。
あなたの言葉は、想いと言う波動になって、向こうにいる彼にしっかりと伝わっています。
全ての想いの中で、最もうれしく感じるのは愛です。
同じ表現であったとしても、愛されていることをつまらなく感じることなどあるはずがありません。

彼からのサインと思われることが、少なくなって来たのですね。
向こうから見て必要と感じた時に、機会を狙って存在をアピールしていると思います。
傍にいてくれてないのかもと、誤った思い込みをしようとしていたので、必要と感じたのでしょう。
上手く気付いてくれて、一安心したと思います。

あなたは遠い存在になってしまったと思っているでしょうが、彼は生前とは比較にならないほど、あなたを身近に感じています。
あなたの想いを感じる度に、この世に生まれて良かったと思っているでしょう。
死ぬ前に、はっきりと想いを言葉にして伝えておけば良かった、そうすればこれほど悲しまずに済んだのにと、想っているような気がします。

彼は一生懸命生きた人だと思いますので、あなたにもそう生きることを、望んでいると思います。
悲しみも苦しみ痛みもあるのがこの世です。
そんな世界から解放された彼は、温かくあなたを見守っています。
笑顔で再会する時が来ることを知っているので、つらい思いをしているあなたを励まし続けています。

視えなくても、いることを忘れないで下さい。