2019年8月18日日曜日

神は法則として顕現している


私の人生を大きく変えた書籍は「シルバーバーチの霊訓」です。

10数年前にその存在を教えていただき、直ぐに本屋に行きましたが、私の住む街では売っておらず、東京で手に入れました。

それから月日が経つのに従い、地元の本屋や図書館にも置かれるようなり、一人喜んでいました。

そんな矢先、出版元が廃業してしまい、シルバーバーチの霊訓本屋から姿を消しましたが、スピリチュアリズム普及会さんが再版されたので、ホッとしています。

この書籍を超えるものが出ていないか、いつも探しているのですが、未だに見つけることは出来ません。



本屋に行くと、表題に「神」の文字が入っている書籍を良く見かけます。

しかし、手に取って読む気にはなれません。

神は軽々しく書けるようなものではなく、知っているように書くこと自体、知らないことを証明しているように思えるからです。



イスラム教では神の大きさをこの様に例えています。

「地上の全ての木がペンで、海が墨でその外に7つの海をそれに差し添えても、アッラー(神)の言葉は書き尽くすことは出来ない。本当にアッラー(神)は偉大であり、英明である。」

小さな人間には想像も及ばないほど、途轍もなく大きな存在であるのは間違いありません。



昔の人は、神は外部に存在して、上から人間を見下ろしているような構図を思い描いていたようです。

雷が鳴ったり、火山が噴火したり、地震が起きたりすると、神の怒りに触れていると考え、生贄を差し出す時もありました。

しかし、そんな感情的な存在ではないようです。



シルバーバーチは、神は法則であると言っています。

初めはその意味が良く判りませんでしたが、今は、神=法則ではなく、法則は神の一側面であり、神の心が法則となって顕現していると考えています。



ところで、飛び上がるほど嬉しいことがあれば、どうするでしょう?

思わず、神に向かって感謝してしまいます。

しかし、つらい出来事が起きて感謝する人はいません。

何で自分だけがこんな思いをしなければならないと、神を恨んでしまう人もいるでしょう。



避けて通りたかった出来事であっても、法則が働いた結果によって生じています。

神が無限の愛であるならば、神が創造した法則も愛を帯びているはずです。

不幸や不運にしか思えなくても、法則によって生じた出来事なので、神の愛が行き渡っているはずですが、そこまで理解が及ばないので、とてもそうは思えません。



人は肉体を携えた魂です。

多くの人は目に視える肉体が自分だと思っていますが、本当の自分は目に視えない魂です。

肉体は魂の表現媒体に過ぎず、司令塔である魂が存在しなければ肉体は全く動きません。



魂は霊的な存在であるため、私たちは物的な世界にいると同時に、霊的な世界に生きていると言えます。

けれども、五感を通して入る情報と、霊的な感覚を通して入る情報では、その量に圧倒的な差があるため、霊的な世界に生きている実感は極めて希薄になってしまいます。



物的な世界には物質(理)的な法則が霊的な世界には霊的な法則が、それぞれ支配しています。

物質的な法則は、万有引力の法則を初めいくつも発見され、科学的に証明されています。

一方、霊的な法則は客観的に証明するのは不可能なので、信じることが必要になります。



霊的な法則の根幹を成しているのは「因果律」です。

結果には必ず原因があり、原因があれば必ず結果が生じる、それが因果律です。



この世では、結果だけが見えていることが多いです。

そのために、出来事が突発的あるいは偶然起きたと思ってしまいます。

今、起きている出来事は、もしかしたら、これまでの想いや言葉や行動、言い方を変えれば生き方や考え方が原因となっているのかもしれません。

不運を嘆いたり、憤りを覚える前に、思い当たることがないかを、検証する必要があります。

当然のように思っていたことが、実は法則に反していて、それが積もって閾値に達し、因果律の働きによって、見える形になったのかもしれません。



これは私が身を持って経験したことです。

法則(摂理)に反した行いをしようとする時に、良心の声がして止めさせようとします。

良心とは、魂に内在している神です。

それを無視して実行に移し、繰り返されると、良心の声はほとんど聞こえなくなってしまいます。

法則に反した罪は、確実に蓄積されて行きます。

絶妙のタイミングで因果律が作動して、相応の苦痛を伴う結果(出来事)が生じます。



結果だけを見れば、突発的な凶事にしか思えなかったでしょう。

しかし、霊的真理を知り、原因が自分にあったことに気付きました。

苦しみを通して過ち(原因)に気付き、生き方や考え方を変えるために、出来事が生じていました。

良心の声を遮っていた(この世の)自我は小さくなり、本来の自分(魂)が前面に出て来ました。



いくら探しても、思い当たらないのであれば、原因はこの世に存在しないのかもしれません。

その場合は、過去生にあると考えられますが、残念ながら具体的に知ることは出来ません。



生まれながらの病気になったとします。

受胎した瞬間、病気になることが決まっていたのであれば、原因は受胎前にあるはずです。

もしそうであれば、物質的次元(この世)に原因が存在するはずはなく、霊的元にあると考えられます。

霊的次元の原因として、2通り考えられます。

過去生のどこかで過ちを犯しているか、大切なこと学び成長するために病気になることを選択しているか、そのどちらかと考えられます。

いづれにせよ、明確な目的があって病気になったのであり、生まれる前の自分は承知していたはずです。



私がボランティアで通っていた障害者施設には、病気により身体の自由がほぼ失われている人がいました。

生まれてから死ぬまで、一生をベッドの上で過ごす人を見て、以前の私でしたら可哀想に思ったでしょう。

しかし、真理を知った今は、それぞれに目的があって、この人生を選択したと考えるようになりました。



身体の自由が失われた状態は、苦痛以外の何者でもありません。

その苦痛を通して、過去生の過ちを償っているのかもしれません。

人の自由に関わる過ちを犯していたのか、過った自己表現していたのか判りませんが、償いを通して何かを学んでいるはずです。



身体の自由が失われたならば、周りの人の助けがなければ、数日も生きて行くことは出来ません。

その現実を通して、人の援助のありがたさ、大きな意味で愛を学んでいるのかもしれません。

この世の人生は、次の世界で奉仕をするための資質を身に付けるためにあると言われています。

一生涯に渡り、人に助けられて生きて来た経験は、次の世界で他者に奉仕をするための強力な動機付けになるのは間違いありません。



肉体が朽ち果てた時、人生が終わるのであれば、何のために生まれて来たのか、その意味を見出せない人もいるでしょう。

記憶がなくても、魂の奥深くでは、この人生の目的が判っています。

過酷な状況にじっと耐えているのは、生まれて来た目的を果たそうとしているからです。


肉体が朽ち果てた後も、魂(生命)は変わりなく存続しています。

次の世界で、この世で起きた出来事の原因(目的)が、はっきりと判ります。

全ての出来事は、法則が働いた結果として生じていて、原因に対して寸分の狂いもなく結果がもたらされています。

視えない原因があって、それが視える形の結果として現れただけであり、偶然や運が入る余地は全くありません。



不公平で不公正に思えるのは、結果しか視えないからです。

後で原因(目的)が判ると、誰もが納得し、不平不満を言う人はいなくなるようです。

法則が、全ての人に、同じように働くことによって、完全な公平、公正が保たれています



神に特別愛されている人も、憎まれている人もいません。

あるのは法則の働きだけです。

法則に適った行いをすれば悦びを、反した行いをすれば苦痛を味わうことで、神性が顕現するように導いています。

則の働きを学ぶのに従い、人は成長し、苦痛から解放されて行くはずです。

何故なら、法則の働き(叡智)を学ぶために、神はこの世に苦痛を創造したと思うからです。




死んだら神の元に帰ると言われています。

しかし、それは間違いだと思います。

死とは、物質的次元からの離脱です。

地上で学ぶことが残っていれば、再び戻って来ます。



地上で学ぶことがなくなれば、霊界で向上進化するようになります。

霊界には無限の界層があり、そこで学び成長することで、上の界層へと移行して行きます。

上の界層に行くほど、より多くの神性が発揮されるようになります。



神は、無限なる叡智であり、愛です。

学ぶこと、成長する余地が限りなく残されているために、私たちに永遠の生命が与えられたと考られます。