2021年10月17日日曜日

因果律の働きを知って


霊的真理(シルバーバーチの霊訓)と出会い、15年以上経ちます。

初めは、読んでも意味が判らないことばかりでした。

いくばくかの人生経験を積んだからでしょうか、判らなかったことが、少しずつ判るようになって来ました。



次の一節も意味が判りませんでした。

「さて、苦しみとはなんでしょうか。

苦しみとは、自分または他人が受けた打撃や邪悪なことが原因で、精神や魂が苦痛を覚えた状態を言います。

が、もしその人が宇宙の法則に通じ、その法則には絶対的公正が宿っていることを理解していれば、少しも苦しみは覚えません。

なぜなら、一人一人が置かれる環境は、その時点で関わる人たちの進化の結果であると、納得しているからです。

進化した魂は、同情、思いやり、慈悲、哀れみは覚えますが、苦痛は覚えません。」



初めて読んだ時、私は仕事で当局から厳しい追及を受けていました。

今までに経験したことのない苦境に立たされていて、そんな心境にはとてもなれないと感じました。

早く、この苦しい状況から抜け出したい一心でした。



気持ちとは裏腹に、事態は悪化の一途をたどりました。

そして、予想もしていなかった最も重い処分が下され、目の前が真っ暗になりました。



以前の私でしたら、何で自分だけがこんな目に遭うのかと、憤りを感じたでしょう。

霊的真理を読み進めていたので、自分に起きたことは偶然でも不運でもなく、因果律の働きによるものであることが判りかけていました。

原因を作っていたのは自分自身でした。

結果は変えられませんが、不運を嘆いたり、憤りに苛まれることはありませんでした。



この世界では、自分に原因がなくても、苦痛を感じることが起きます。

社会問題となっている、いじめやハラスメントも、その中に入るでしょう。

抗えない状況にあれば、怒り、悲しみ、無力感を覚えることもあります。



誰にも気付かれず、証拠がないとしても、苦痛を与えた人の魂にはその行為が刻み込まれています。

与えた苦痛の分だけ、因果律の働きにより、自分が苦痛を味わうことになります。

自然法則によって厳格に裁かれ、相応の償いを受けなければならないことを知っていれば、無用な怒りに苦しまなくて済みます



イエス・キリストは磔にされました。

殺される時に「彼らは何も知らないのでお赦し下さい」と、神に祈ったそうです。

「進化した魂は同情、思いやり、慈悲、哀れみは覚えますが、苦痛は覚えません」と書かれていた通りに因果律の働きを知らない為政者を、哀れんでいたと考えられます。

肉体的な苦痛は極限に近いものだったでしょうが、精神的、霊的な苦痛からは免れていたと思います。



しかしながら、ほとんどの人は、嫌なことを言われたり、されたりすれば、苦痛を感じてしまいます。

「もしその人が宇宙の法則に通じ、その法則には絶対的公正が宿っていることを理解していれば、少しも苦しみは覚えません。

なぜなら、一人一人が置かれる環境は、その時点で関わる人たちの進化の結果であると、納得しているからです。」

地上では、さまざまな進化の過程の人と関わりながら生きなければならず、自由意志があるために、往々にして摂理に反した行いを受けてしまうことを納得している必要があると、シルバーバーチは言いたかったのではないかと思っています。



一方、因果律の働きによって起きていることもあります。

気付かないだけで、自分に原因がある時があります。



分かりやすい例ですが、ある日、友人が不機嫌になっていた時がありました。

その態度に、私も不愉快な思いをしていました。

後で、対応が面倒と考えて、軽い気持ちでSNSで友達申請の許可を先送りしていたのが原因と判りました。

気付かずに、自分が原因を作っていることがままあります。



分かりにくい時もあります。

自分のことを嫌っていて、それが態度に出ている人がいるとします。

もしかしたら、その人のことを自分も嫌っているのかもしれません。

人間は霊的な存在です。

視えない人の想いを感識する能力があります。

言動に出さなかったとしても、自分から放たれていた嫌悪の想いが、その人に伝わって、因果律の働きによって、その人から同じ想いが自分に返されていることもあると考えています。



最も分かりにくいのが、原因が過去生にある時です。

例えば、心に深い傷を負わせてしまった人がいるとします。

社会的な罪を問われずに死んだとしても、霊的な罪は残ったままです。

その罪を償わない限り、成長は許されません。

成長が許されないのは、自由が許されない以上に、耐え難いものだと想像をしています。



再び成長するために、もう1度地上に生まれることを志願します。

償いのための人生が計画されます。

しかるべき時期に、因果律の働きによって、苦痛を伴う出来事が起きます。

原因がどこにも見当たらないので、降って湧いたような出来事にしか思えません。

そこで味わう苦痛は、過去生で与えた苦痛と同等のものとなります。






同じような結果に見えても、原因はさまざまです。

少し前ですが、身体障がい者施設にボランティアに行っていました。

施設の中には、身体が全く動かせず、ベッドの上で一生を送る人がいました。

失礼だったかもしれませんが、こんなことを想像してしまいました。

自分は何でもできると尊大な生き方のまま、死んでしまったらどうでしょう?

動くことができなければ、人の助けなしには生きて行けません。

否が応でも、1人では生きて行けないこと、人のありがたさを学ぶことになります。

もしかしたら、人の自由を奪ってしまい、因果律の働きで、自分の自由が奪われたのかもしれません。

償いのためとは限りません。

進化した魂がさならる進化をするために、動かない肉体に宿ると言う、最も過酷な試練に挑戦しているのかもしれません。

真相は窺い知れませんが、原因があることだけは確かです。



人生で最悪とも言える、私に起きた出来事の原因は、私自身にありました。

最初は小さな過ちでした。

過ちを犯す前に、必ず良心と言う内在する神の声が聴こえます。

言葉にすると「そんなことをして良いのか?」でしょう。

良心は止めるように訴えているにも拘わらず、自我はこんな言い訳をします。

「大丈夫、みんなしていることだから」「ばれやしない」等々・・

かくして、良心と自我の間で葛藤が生まれます。

良心の声が、自我の言い訳に打ち消されてしまうと、過ちを犯すことになります。

同じ過ちを犯す時に、再び良心の声がします。

その声を無視して過ちを犯します。

繰り返す内に、良心の声は次第に小さくなり、やがて聴こえなくなります。



1つ1つの過ちは小さく思えても、積み重なると大きくなります。

大きくなった過ちに、因果律が働く時が来ます。

そんな過去のことなどすっかり忘れていれば、降って湧いた災難にしか思えません。



因果律は、過ちに気付いて、正しい方向に導くために働いていました。

味わった苦痛は、過ちに対する正当な償いでした。



結果が生じる直前に、何の前触れもなくヒーリングの力が出現していました。

その力の正体ついて、どうしても知りたくなりました。

ほどなく、シルバーバーチの霊訓(霊的真理)と出会いました。



苦痛は償いであると同時に、魂を目覚めさせると言う、深甚な意味があります。

目覚めた魂が、真理を受け入れて行きます。

因果律の働きを、身を持って学びました。

ヒーリングの真の目的を知ることができました。

暗闇の中で「乗り越えられない苦難なない」という真理が光り輝いて、それにしがみついていました。

この苦痛の経験が、大切な真実を手に入れるために、どうしても必要でした。



今、こう思っています。

人生には計画がある。

出来事に無駄なものはなく、それぞれが意味を持っていて、連綿とつながって起きている。

学びや成長のために、最善のタイミングで起きている。

神の叡智は完全であり、神の計画は完璧であり、全てを織り込み済みである。



出来事は因果律の働きにより起こります。

原因を知ることができなければ、偶然にしか思えません。

苦痛を伴うのであれば、不幸な出来事としか思えません。



苦痛は進化を促す触媒です。

因果律の働きによって生じた苦痛は、自身が変わることを促しています。

命あるものは、因果律の働きによって、完全(神)に向かって導かれています。