2015年6月21日日曜日

膠原病の根本原因は自責の念である



現代医学の発展に伴い、以前は手をつくしても救えなかった多くの命が救われるようになりました。

感染症、外傷、その他の急性疾患において、現代医学は計り知れない恩恵を人々にもたらしてきたのは間違いありません。

一方、弛まぬ研究が行われているにもかかわらず、原因が解明されていない病気が数多く存在し、たくさんの患者が今も苦しんでいます。



膠原病の原因究明は、ここ数十年間進んでいません。

ストレス、遺伝、紫外線などが関係して発症すると言われていますが、主因は不明であり、大きな壁に突き当たっているように見えます。

治療薬としてステロイドが登場したことにより、生命予後は以前に比べ格段に良くなりましたが、完治が期待できる病気でないために、患者に大きな精神的、肉体的負担がかかっていると思われます。



現代医学の対象となっているのは、あくまでも肉体(身体)です。

しかし、人の身体は心と密接に結びついているのは、昔から経験的に分かっています。

心身症という概念が定着したように、心に受けた影響が身体に何らかの症状として現れることが認められています。

大きなストレスを感じると、胃痛や頭痛が起こるなど、身体症状となり現れる人も多く、そんな人を最新の機器でいくら検査をしても原因は見つかりません。

精神と肉体は切り離された存在ではなく、明らかに相互に関係しており、それを否定する人は、今はいないと思います。



人を構成しているのは、肉体と精神(心)だけではありません。

科学的に証明することはできませんが、精神より高次に魂が存在しています。

魂とは、本当の自分であり、生命の本質です。

肉体と次元の異なる魂は目に見えないため、普段は意識されることはありません。

魂から生まれる想いにより、精神が動いて、肉体が働いています。

想いは川の流れのようなものであり、精神という水車を回して、肉体という機械が働いています。

魂は想いという力を精神に送り、精神は司令塔となり肉体を動かして具現化していると言えます。

肉体は魂を表現する媒体であるため、魂が存在しない肉体は役目を終えて土に還ります。

唯物的な科学が、生命の本質を解明できない事実は、生命が肉体(物質)を超えたものであることを物語っており、魂の存在を認めない限り、医学は先に進んでいけません。



病気の原因は、肉体、精神、魂(霊)それぞれの次元に存在していると考えられます。

肉体次元に原因がある病気として感染症があり、物質的な(目に見える)原因を除去すれば、完治が期待できます。

精神次元に原因がある病気の1例として胃潰瘍がありますが、心(精神)が受けた侵襲が、全身の器官や組織に症状あるいは病気として生じています。

心が受けた侵襲は、一般的にストレスと呼ばれています。

肉体にストレスが加わった時は、疲労や痛みなどで知覚できますが、心の疲労や痛みは知覚できないために、支配下にある肉体に症状となって現れることがあります。

ストレスが溜まると病気なると言われますが、溜まったストレスが原因となり、心身に症状として現れています。

ストレスが加わらない環境に身を置けば、肉体に現れた症状は改善してくることが多いと思います。



しかし、魂に原因があると思われる病気は、外部の環境を変えてストレスがなくなっても、治るわけではありません。

ストレスにより溜まった「自分の想い」が、外に出せずに溜まっている状態にあります。

霊的次元に原因がある病気とは、表現されなかった想いが内に滞って大きくなり、魂のありさまに変化を生じさせている状態と考えています。



悲しみの想いが生まれると、目から涙が流れるように、魂から生まれた想いは、精神を経由し、肉体で表現されます。

想いは肉体で表現され、それが繰り返され、この世の人生が紡がれて行きます。



ありのままの想いを、周囲に不快な感情を与えずに素直に表現できる人もいます。

しかし、怒りの想いを、ありのまま表現したら、攻撃的で、暴力的なものとなり、人を傷つけ、社会的に責任を問われるかもしれません。

泣くことは責任を問われませんが、日常生活に大きな支障を来たしてしまうかもしれません。

多くの人は相手が不快に感じたり、何かしらの問題が生じるかもしれないと考えて、想いを表現するのを抑えているように思います。

また、想いがとても強かったり、年齢的に幼かったりすると、表現するのが難しくなり、想いは魂にそのまま滞ることになります。

表現できなかった想いが徐々に溜まってくると、魂から生まれる想いにも影響を与えるようになります。

怒りの想いが溜まっている状態では、やさしい想いは生まれません。

悲しみの想いが溜まっている状態では、喜びの想いは生まれません。

溜まっている想いに影響を受けて、同様の想いが魂から生じやすくなっています。



人は他者に愛を表現することで成長していきます。

しかし、怒りや憎しみなど摂理に反した想いからは、自分を成長させる表現は生まれるはずもなく、償いが生じるような表現(言動)をしてしまいます。

この世を生きているのは魂(自分)を成長させるためであり、(摂理に反した)想いが滞っていると、生きている意味を大きく失っていることになります。



人生で起きるさまざまな出来事により、心の奥にある魂から、何かしらの想いが生まれます。

同じ出来事が起きたとしても、生じる想いは十人十色です。

人から仕打ちを受けたとしても、人生にはこんなこともあると、ほとんど想いが生じない人もいます。

怒りを覚え、高じて憎しみや恨みの想いが生まれる人もいます。

中には、相手に怒るのではなく、自分が悪いと思う人もいます。



自分が悪いと思う人は、少なからず自責の念(想い)を抱いていると考えられます。

自責の念を、人はどのように表現をするのでしょうか?

自らの肉体を傷つけるという行為として表現してしまう人もいます。

多くの人は、そのような行為は良くないと考え、表現せずに心に留めると思います。

失敗したり、期待に応えられなかったりすると、自分の力量不足を嘆いて私も落ち込みます。

人に迷惑や損失を与えてしまうような出来事を起こしてしまうと、後悔するとともに、少なからず自責の念が生まれます。

「こんなことをしてしまい、本当に自分はどうしようもない」と、内向きな、否定する想いが自分自身を責め立てます。

しかし、人生で失敗や、迷惑をかけてしまうことは誰にでもあり、後悔や自責の念を1度も持ったことのない人は存在しません。



では、同じ出来事が起きても、自責の念を持つ人と、持たない人の差はどこからくるのでしょうか?



人は誰かに愛されていれば、護られているという安心感を持ちます。

護られているという安心感がなければ、心は不安になります。

そんな人は、外から攻めてくるものに対して、自尊心というバリアを張って、自分を護ろうとします。

一方、十分に愛を受けた人は、護られているという安心感があるために、自分を護ろうとする意識はなく、自尊心を持つ必要がないと思われます。



自分を護ろうとする気持ちが強くなると、同時に自尊心が高くなります。

自尊心が高くなると、自らに課すハードルも高くなり、自分の不完全なところが許せなくなり、完全を求めてしまう傾向が強くなります。

不完全なところを、自分の弱点として捉え、自分を護るために弱点を極力無くそうとします。

同時に、義務感がより強くなると思われます。

完璧にしなければいけないという、義務感が強くなっていると思います。

遊びのない、とても窮屈な精神状態と言えます。



そんな人が、期待していた通りに実行できなかったり、不完全なところを指摘されると、自尊心がひどく傷つけられます。

反省するのではなく、傷つけられた自尊心から、自分を責める想いが生じてしまいます。

自尊心が高いほど、自責の念に苦しむことになります。

結果として、自分を護っているものが、自分を責めているという現象が生じています。



護られているという安心感が少ない人すべてが、自尊心が高くなるのではありません。

自尊心というバリアが高くない人は、人へ気遣いや、思いやりといった気持ちを向けて、攻撃されるのを避けるようにして、自分を護ろうとします。

人のために、何かをしてやりたいと思う気持ちは、神性の表れであり、自分(魂)を成長させる思いです。

しかし、人のために何かをするには、まず自分が充足されていなければ難しくなります。

道の脇で、人が疲れて座り込んでいるので、目的地まで背負ってやろうと思っても、自分が何も食べておらず、お腹をすかしていてはその力は出ません。

1個のおにぎりを食べれば、力が漲り、背負って行けるかもしれません。

その1個のおにぎりが、自分への愛なのですが、護ろうとする想いがあるために、人に食べさせようとしています。

まず自分が満たされなければいけないのに、傷つきたくないので、人を満たそうとしています。

しかし、愛の想いから人を満たそうとしている訳ではないため、常に不安であり、出来ていないと感じると自責の念が生じてしまいます。

自分を護ろうとする想いが強いと、自分を責めることにつながってしまいます。



肉体は魂を表現する媒体であり、魂のありさまの変化は、肉体上の変化として表現されます。

魂から生まれる想いは、消えてなくなる泡のような存在ではなく、肉体で具現化していく力があります。

肉体で表現できなかった想いは、自然法則の働きにより、別の形となって肉体で表現されます。



現代医学で原因不明の病気の多くは、霊的次元に原因があると思われます。

肉体上の病態は、滞った想いと魂の関係を表していると思われます。

怒り、憎しみ、恨みなどの攻撃的な想いは、時に変異したガン細胞として肉体上に表現されるかもしれません。



膠原病も、霊的次元に原因がある病気だと思います。

肉体次元では、異物から身体を護るはずの免疫システムが正常に働かず、自分の身体を抗原と認識してしまい攻撃しています。

それは、自分(魂)を護ろうとする想いが、自責の念を生み出し、自分(魂)を傷つけているという、霊的次元で起こっていることの反映と考えられます。

想いが自分を傷つけているのにもかかわらず自覚されないために、因果律の働きにより、肉体上に病気(病態)となって表現されています。



病気を根本的に癒すためには、自責の念(想い)に気付き、想いを生じさせないような生き方や考え方に変えていく必要があると考えられます。



自分を責める想いは、自分を護ろうとする想いが強いために生まれています。

自分を護ろうとする強い想いは、護られていない不安感から生じ、自分に向けられた愛情が十分でなかったためと思われます。

受けた愛情が不足したために、自分を護るバリアとして自尊心を高くする必要があり、そのために自責の念が生じやすくなっていると思われます。



話が少し大きくなりますが、地球は、多くの生命が生きている美しい星です。

すべての生命は、協調しながら生きています。

人類は地球の生命の頂点に君臨していると錯覚していますが、生物にはそれぞれの役割があり、その価値に上下はありません。

その証拠に、地球上からすべての植物がなくなったとしたら、人類は滅亡するのは明らかです。

人類がいなくなっても、植物は何の変わりもなく生き続けるでしょう。

全てが、お互いのために生きています。

多種多様な生きものが1つの星の中で共に生きているのは、「協調」という神の摂理を学ぶためだと思います。



人間は、誰一人として完全ではありません。

足りない部分、劣っている部分を、それぞれ持っています。

不完全な人たちが集まって、この世界が出来上がっています。

それを認め合い、助けあって生きています。



生きている目的は、魂を成長させるためです。

人を助けることは、自分(魂)を成長させます。

お互いに不完全であるからこそ、助け合う機会が生まれています。

助けられた人は、感謝するとともに、今度は他の人を助けようとします。

助け合うことで、人から人へと、愛が伝わっていきます。

その連鎖が拡がっていき、個々の成長が促され、世界に愛が行き渡ります。



もっと、人に頼っていいと思います。

もっと、支えてもらっていいと思います。

甘え過ぎていると思うくらいが、ちょうどいいのかもしれません。

完全ではないので、人に支えてもらわなければ生きていけないことを、忘れてはいけません。



人を信じること

自分を愛すること

もしかしたら、少し足りなかったのかもしれません。

病気になったのは、その大切さを身を持って学ぶためかもしれません。



そして、自責の念から解放されるために、自分を許すように心がけていましょう。

病気になり、自分を大切にしている人であれば、決して難しくないはずです。












4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

私は、膠原病です。シェーグレン症候群と関節リウマチです。もう、生きてる意味もわからず、今日は、痛い体を引きずるようにして死に場所をさがしていました。
結局、死ねず今こうしてシルバーバーチを開いています。
全身の激痛と乾きに生きるのも息をするのもツライです。
これでも生きていかないとダメですか?

イクミ さんのコメント...

匿名様

ブログを読んでいただき、ありがとうございます。
膠原病、しかも2つも抱え、とてもつらい思いをされているとお察しします。
シルバーバーチをお読みになっているのですね。
自ら死を選んではいけないのは、霊訓の中に再三書かれているので、ご承知のことと思います。
しかし、激痛と乾きは、生きる気力を奪い、良くない考えをどうしても抱いてしまうのでしょう。

膠原病は現代医学では原因不明であり、不治の病と言われています。
ブログにも書きましたように、膠原病は霊的次元の原因が肉体次元に現れた病気だと、私は考えています。
自分を責める想いが、肉体次元の病態として表現されていると思います。

今、おつらい症状を何とかしてやりたいと思います。
お役に立てるか判りませんが、よろしければ遠隔ヒーリングをしたいと思いますが、いかがでしょうか?
ただ、横になって休んでいれば結構です。費用はかかりません。

匿名 さんのコメント...

ブログを拝見し、膠原病の原因に思い当たる言葉が
多々あり涙が出ました。
自分で自分を追い詰めているのはわかってたんですが、まだどう取り組んでいいものかわかりませんが、やっていこうと思いました。
ありがとうございます。
これからも頑張ってください。

イクミ さんのコメント...

匿名様

初めまして、イクミです。
ブログを読んでいただき、ありがとうございます。
膠原病を患われているのでしょうか、つらい思いして、日々過ごされているとお察しします。
ブログに書きましたように、膠原病は霊的な病気であり、自責の念が根本原因と考えています。
まず、追いつめている自分が何故生まれたのか考えて下さい。
子供の頃に受けた愛情が、絶対的に不足していて、それは自分がいけないためと、強く想っていたのかもしれません。
自分のせいではないのに、自分のせいだと信じることで、納得させていたのかもしれません。
もし、そうであれば、自分のせいだと思っている自分を、心の中で思い描き、今の自分が「あなたは何も悪くない」と言い聞かせて下さい。
それを少しずつで良いですから、毎日続けて下さい。
良い方向に変化が見られるかもしれません。