2018年9月16日日曜日

怖れや不安から解放させるもの 



数年前のことですが、赤城山麓を車で走っている時に、道路の端に首輪のない大きな犬が2匹いるのを見つけました。

その場で車を停めて、降りて近づきましたが逃げてしまいます。

雄と雌のラブラドールレトリバーで、以前はブリーダーに飼われていて、繁殖の用が済んだのか、飼い切れなくなったのか判りませんが、山の中に捨てられたと推察されます。

そこでコンビニでドッグフードを買ってきて与えると、お腹が空いていたのかムシャムシャと食べましたが、体を触ろうとすると慌てて逃げてしまいます。

人を信用していませんでしたが、元々人懐っこい犬種のためか、たちには興味があるように見えました。

数週間、そこに妻が通って食べ物を与えて慣らして、どうにか2匹を捕まえることが出来ました。

そのうちの雄の1匹をジョン君と名付け、家の居間に大きなゲージを設けてその中で飼って、迎え入れてくれる家族を探すことにしました。

家に来たジョン君
私の家には、当時5匹の犬がいました。

ゲージの中からジョン君は、飼い犬たちが私たちに話しかけられたり、一緒に遊んでいるのを、不思議そうに見ていました。

ジョン君の体重は35キロを超え、堂々たる体格です。

私が飼っている犬は20キロにも満たないので、もしケンカになれば勝負は目に見えています。



ある日、庭に全部の犬を放した時のことです。

飼っている雌犬の1匹が、二回り以上大きいジョン君の首根っこに噛みつこう(ケンカではありません)としていました。

体の大きなジョン君が必死に逃げ回っていて、とても不思議な光景に映りました。



先住犬の強みもあったのでしょうが、ジョン君は寂しそうで、どこか自信がなさそうに見えました。

何故、自信がないのか考えてみると、ジョン君には決定的に不足していたものがあるような気がしました。

それは、人から受けた愛情です。

繁殖犬として飼われていたので、金儲けの道具として扱われ、人から愛情を受けていなかったのでしょう。

捨てられて保護された犬は、怯えたり不安なそぶりを見せることが多いのですが、それは絶対的な愛情が不足している上に、人に裏切られたためと考えられます。



地上で最も進化している動物は人間です。

次に進化している動物はではなく犬と、シルバーバーチは言っています。

進化とは知性ではなく霊性が発達することであり、愛情を受けることによって動物は進化し、人間のそばでより多くの愛情を受けた犬が猿を抜き去ったようです。

動物の魂に(個的)意識を芽生えさせるのも、霊界に戻った時に類魂全体の進化させるのも地上で受けた愛と言われています。



あらゆる生物を生かしている力、それは目に見えない生命力です。

生命力とは霊的な力であり、神を始源として魂に流れ込んでいます

そして、愛も霊的な力です。

愛を受けることにより魂は賦活化され、より多くの生命力が流れ込んで来ると考えています。

人から受ける愛によって動物のオーラは輝いて、それが自信のようなものに見えるのかもしれません。

体は大きくても、普段から愛情を受けている自分より小さな犬のオーラに、ジョン君は圧倒されてしまったのかもしれません。



人間の子供たちも、全く同じだと思います。

輝いて自信のあるように見える子供と、何となく暗くて自信のなさそうな子供がいます。

当然のことながら、性格や生活環境、それまでの個人的な経験にも左右されるでしょうが、受けている愛情が強く反映されているように思えてなりません。

輝いている子供は、親たちから愛と言う霊力を十分に受け取っているように思います。

暗そうな子供は、絶対的な愛情が不足していたり、心に傷があるために、オーラ(生命力)の輝きが損なわれているように見えます。



ジョン君の話に戻ります。

来た時は人を信用していませんでしたが、十分な食べ物を与え、声かけをしている内に、他の犬と同じ様に散歩をしたり、ボール遊びもしたがるようになりました。

山で捨てられて、守ってもらう存在がいなかったジョン君は、自分の身は自分でを守るしかなく、周りを警戒しながら生きていました。

人と一緒に暮らして、愛情を受けることで、次第に恐怖心や不安感から解放されて行き、心を開いてくれたと思いました。



人間も同じだと思います。

親たちから愛情を受けることで、子供たちは守られていると言う安心感を抱きながら、自信を持って生きることが出来ると考えられます。

愛情が不足すると、どうしても怖れや不安が生じて、周りを警戒するようになってしまいます。

そんな子供は、自分を無意識に守ろうとして、心に高い壁をめぐらし外部と交流を断ったり、つい攻撃的な態度を取ってしまうことがあります。

不良と呼ばれるような子供たちの多くは、愛情が不足しているために、守られていない怖れや不安から、自分を守ろうとして虚勢を張っていることが少なくないと思います。



そんな子供たちに必要なのは、外部の人間は安心できる存在で、自分にとって有益であるのを知ってもらうことです。

親でなくても、そばに愛情を注いでくれる人が、たった一人でもいたのならば、それだけで安心できるはずです。

信じられる人が一人でもいれば、この世界は違って見えるはずです。



まず、信じてもらえなければ、どんなに愛情があっても伝わりません。

なぜなら、信じることによって両者の魂はつながり、初めて愛情が伝わるからです。

信じてもらうには、まず相手が周囲に張り巡らしている自我と言う壁を崩さなければいけません。

その壁を崩すのも、やはり愛の力しかありません。

人を信じられない子供が、本気で叱ってくれる人に心を開くことがありますが、それはその人から愛を感じ取り、壁の一部が崩されたからだと思います。



植物にとって必要なものは太陽の光であり、光がなくなれば枯れてしまいます。

人は水と食べ物があれば生きて行けるような気がしますが、それは肉体の話であり、魂には愛が必要です。

魂にとって、植物の光に相当するものが愛です。

植物は枝を伸ばし葉を広げることで、より多くの光を受け取れるようになりますが、人も魂が成長するのに従って、神からの愛を受け取れるようになると考えられます。



全ての生物を生かしている生命力は、その始源が神であるために、愛を帯びていると考えられます。

そのことに気付かないのは、地上の人は神の愛を感じるまで進化していないからであり、進化の階段を上がって行けば、生命力そのものが愛であることに気付くようになると考えられます。

生命力を通して愛が表現され、宇宙の隅々まで愛が行き渡るようになるのが、神の意図だと思います。



生命力により魂で思念(想い)が生まれ、地上の人はそれを肉体で表現しています。

生命力は愛を帯びているので、生じる想いも愛のはずですが、人は進化の過程にあるため、それ以外の想いも生じてしまいます。

神の心に反した怒りや憎しみの想いが生まれ、それを表現したのならば、自然法則(因果律)の働きにより、苦痛を伴う結果が生じてしまいます。

もし愛が表現されたなら、悦びが生じます。

苦痛ではなく悦びを、誰しも味わいたいのに決まっています。

自然法則の働きにより、私たちは愛を表現するように導かれていると考えられます。



愛情を受けていない子供は、大きなハンディを背負って生きているようであり、それでは不公平に思えます。

誰からも愛されていなかったとしても、人は生命力を通して神とつながり、神の愛を受けています。

また、地上の人を守り導いている存在がいて、その存在を通して愛を受けています。

少なくても、その両者から私たちは愛されていますが、その実感は極めて乏しいために、この世にいる人から愛されていないと孤独や寂しさを感じてしまいます。



人から愛されていない経験は、その孤独や寂しさの中で、安心させてくれるもの、心を癒してくれるもの、生きる力を与えてくれるものが、最も価値のあるものであることに気付くことにつながるので、決して無駄にはなっていません。

初めから享受している人たちが気付いていない、本当に大切なものを、対極的な経験を通して身に付けていると考えられます。

大切なものを身に付け、魂を成長させることにより、神の公平は完全に保たれていると考えられます。



以前のブログに、愛することによって怒りから解放されると書きました。

怖れや不安の想いから解放させるのも、やはり愛の力です。

人を苦しめている、成長を妨げている、さまざまな想いは、愛すること、愛されることによって解放されます。



この世のさまざまな経験を通して、目に見えない愛を魂で感じ取っています。

私たちは何度も生まれ変わりながら愛を深く学び、それを表現するようになって行き、神に少しずつ近づいていると考えられます。






その後のジョン君ですが、若いご夫婦が家族として迎え入れてくれました。

お2人の愛情をたっぷりと受けて、怖れや不安は完全に取り除かれて、これまでが嘘のように安心して暮らしています。

今のジョン君









2018年9月2日日曜日

自分を責めてはいけない



アトランタオリンピックで銅メダルを取った直後に、有森裕子さんが言った言葉が今も記憶に残っています。

「自分で自分を褒めてあげたい」

その時は、何を言っているのか判りませんでしたが、今は少し判るような気がします。



1人の人間には、1つの心しか存在しません。

けれども、何かをしようとする時に、何者かが囁いているのを意識する瞬間があります。

たとえば、学校でクラスメートがいじめられていたとします。

可哀想なので、何とかして助けてやりたいと思います。

しかし、「もし助けに入ったら自分までやられてしまう」と、心の中に声を聞く時があります。

危ないから、失敗するからなどと理由をつけて、やめさせようとしている、ブレーキの役目を果たしている「もう1つの自分」がいると思います。



助けてやりたい想いは、本当の自分である魂から生じています。

魂は神の心を表現する一部であり、良心が内在されているため、いじめられているクラスメートを見ると助けてやりたい衝動が生まれます。

その想いは、精神上に作られた「もう1つの自分」を経由して、脳の働きにより肉体を動かして外部に表現されます。



もう1つの自分は、本当の自分の想いを表現をするためにある媒体であり、外部環境から自分(肉体)を守るためこの世界に適合してより良く生きるために存在していると考えられます。

一般的に「自我」と呼ばれる存在であり、生まれてから今日まで築き上げて来た自分と言えます

顕在化し、意識されている自分であり、本当の自分(魂)と密接な関係を保っています。



日常生活においては、本当の自分ともう1つの自分は、無意識下で連動しながら自己を表現をしています。

仕事や家事などの事務的な作業は、もう1つの自分により行われていますが、それから逸脱した出来事が起きた時には、本当の自分(魂)が働きだして様々な想いが生じます。

そんな時、もう1つの自分は、地上的な経験や知識を基に頭脳を使って思考をして、その想いを肉体で表現するのが妥当かどうかを検討しています。



魂から生じた想い(思念)を肉体で表現するために、もう1つの自分はなくてはならない存在です

普段は本当の自分(魂)と連動しているのですが、ある程度の自律性を備えていて、状況によっては独立し、別個に働いていることがあります。

本当の自分ともう1つの自分の間で主張が異なると、両者の間の協調関係が崩れ、その状態を精神的葛藤として感じます。

最終的には、どちらかの主張が通り行動となって表現されます。



いじめられているクラスメートを助けてやりたくても、もう1つの自分の声に負けてしまうと、黙認する行動を取ってしまいます。

周りの状況に合わせたり、危険を避けた行動を取った時は、本当の自分の想いが表現されずに、もう1つの自分の声が勝っていることが多いと考えられます。

いじめられているのを黙認すると、良心の呵責が生じて苦痛を感じますが、その苦痛は本当の自分の想いに従うように促していると考えられます。



この世の人は、(魂から生じた)想いを肉体を使って表現しています。

悲しみの想いは、涙を流して泣くことで、外部に向かって表現されています。

想いを、言葉にして表現する人もいるでしょう。

言葉にするのには精神の働きが必要であり、精神的次元に作られているもう1つの自分がその役割を担っていて、頭脳を働かせて想いを言葉に変換しています。



もう1つの自分は、客観的に自分を評価して、心の中で言葉を発している時があります。

例えば、大きな失敗したり、周囲の期待に応えられなかったりすると、もう1つの自分は「全くどうしようもない」あるいは「何てダメな人間なんだ」と、他者の様に叫んでいる時があります。

心の中でどんなに叫んでも、外に聞こえることはありません。

しかし、その声は本当の自分(魂)に届いています。

自分で発した心の中の言葉なのに、他者から言われているのと同じで、傷つく言葉であれば傷ついています。



「お前なんか生きている資格はない」

こんな言葉を、他者から言われたらどうでしょう。

深く傷ついてしまいます。

毎日の様に言われ続けたとしたら、精神的に追い詰められてしまうでしょう。

もう1つの自分が、そんな言葉を心の中で発し続けているならば、本当の自分に相当なダメージを与えていると考えられます。

高じてしまうと罪悪感から自分を傷つける衝動が起きて、最悪の場合は自ら命を絶とうとしてしまうかもしれません。

自らの肉体を傷つける行動を取ってしまう人がいます。

そんな人はもう1つの自分が、本当の自分を容赦なく傷つけている可能性があると考えられます



想い(思念)は肉体上で具現化されるエネルギーです。

自分の発した傷つける言葉によって生じた想いは、自分の肉体を傷つける行動となって具現化されるかもしれません。

もし、その想いが行動として表現されなかったとしても、肉体上に病態となって表現されてしまうかもしれません。



もう1つの自分は、本当の自分を守るためにありますが、無意識の内に傷つけている可能性があることを忘れてはいけません。



この世は失敗や挫折を経験し、そこから這い上がり、大切な教訓を学ぶためにあると言えます。

失敗や挫折自体は罪ではありませんが、それを許さない(もう1つの)自分がいて、本当の自分(魂)容赦なく傷つけている人がいます。

他者を傷つけないように注意している人は多いのですが、自分の言葉で自分が傷つけられていることに気付いていない人がほとんどです。

反省は必要です。

しかし、自分を傷つけるのは、人に傷つけられるのと同じであり、苦痛を味わうことになります。



もし、親しい人が何か失敗して落ち込んでいたらどうするでしょう?

「失敗は誰にでもある」、「今度は上手く行くから大丈夫」など、励ましの声をかけて、早く立ち直ることを願うでしょう。



自分を守ってやれるのは自分です。

励ましてやれるのも自分です。

失敗をしたら、落ち込むようなことがあったら、一番親しい人を励ますように、本当の自分を励まして下さい。

一番欲しい言葉を、自分にかけてやって下さい。

その言葉は、本当の自分に届いて励ますことが出来ます。

誰も手を差し伸べてくれなくても、自分を窮地から救ってやることは出来ます。

「絶対に大丈夫!」、「何とかなる!」

そう言い聞かせることで、本当の自分は勇気をもらい、立ち上がり、前に向かって進んで行くことが出来ます。

私が言うまでもなく、無意識の内にそうしている人は、たくさんいると考えられます。



反省がなければ向上はありません。

けれども自分を責めてしまうと因果律が働き、苦しんでしまうだけです。

この苦しい世の中で、今まで生きてきた自分を思いっきり褒めて下さい。

人に優しくしようとする前に、まず自分に優しくして下さい。

それは、甘えや自己中心的なことではありません。

心の中で言葉を発している自分は、その奥にいる本当の自分を守るために存在していることを忘れてはいけません。

自分を責めることは、神の摂理に反しています。