2016年12月24日土曜日

クリスマスに思うこと



今日は、クリスマス・イブです。

明日は、言わずと知れた、イエス・キリストの誕生日です。

これほどまで、一人の人間の誕生を、世界中で祝う日はないのでしょうが、祝っていると言うよりも、プレゼントを交換したり、ケーキやご馳走を食べたりして、にぎやかに楽しく過ごす日という印象が強いと思います。



多くの人にとって、1年で最も幸せな気分に浸れる時かもしれませんが、世界中でお祭りのような日になっているのを、イエス・キリストは本当に喜んでいるのかと、ふと思ってしまいます。

浮かれている様子を見て、嘆いているのではないかと思う時があります。



キリスト教の信者でない私は、イエス・キリストに全く興味がありませんでした。

昔、ホテルの机の引き出しに聖書が置いてあるのを見つけて読んでみましたが、何のことが書いてあるのか、さっぱり判りませんでした。

宗教は弱い者がすがるものであり、神は人が作り上げた概念だとばかり思っていました。

ところが、霊的な力の出現と、挫折的な出来事をきっかけにして、霊的真理に親しんでいくうちに、イエス・キリストに対する考えは、大きく変わって行きました。

これほどまで霊性が高く、大きな愛を持って生まれてきた人はいないと思っています。



イエスは、さまざまな奇跡を起こしたことで知られています。

奇跡は、教えを信じ込ませるための作り話であり、科学万能の時代にあって、まともに信じる人の気が知れませんでしたが、さまざまな経験を経て現在は、霊力は間違いなく存在し、作り話などではなく、実際に起きていたと確信しています。



有名な奇跡としてイエスの「復活」があります。

イエスが生前予告した通りに、死後に弟子たちの前に姿を現して、それを見た弟子たちは仰天し、その後の人生を伝道に捧げたと言われていますが、オカルト的な話であり、にわかには信じられない人も多いと思います。

生命は、死と共に終わるものではありません。

復活とは、肉体から解放された魂(霊体)が、次の世界で生活を始めることです。

イエスが特別なのではなく、全ての人は死の後に、次の世界で「復活」しています。

イエスは心霊的法則に極めて精通していたと言われ、この世の人の目に映るところまで、幽体の波動を下げる、特殊な能力を発揮していたと思われます。



また、病気の癒しも有名です。

てんかんや、生まれつきの盲人、らい病、足が萎えてしまった人などに、イエスが手をかざしたら、癒やされたとされています。

盲目の人が見えるようになり、足が萎えてしまった人が歩けるようになったのならば、周りで見ていた人は、とても驚いたことでしょう。

一見すると、イエスが病気を癒したように見えますが、イエスを通して流れた霊的な力が、病人の魂に届いて、肉体や精神の病気が癒やされたと思われます。

時期が来ていた人が、イエスの元に導かれ、一瞬のうちに病気が完治した人も多かったと思います。



奇跡は、超自然現象と言われていますが、霊的な法則に則った自然現象に変わりはありません。

目に見えない世界から届く、目に見えない力の働きによって、目に見える形となって現れたのが、奇跡と呼ばれるものです。

目的は、霊力の存在を知らしめて、眠っている魂を目覚めさせるためです。

奇跡を目の当たりにした人たちは驚愕して、イエスの語る言葉を信じるようになったと考えられます。

イエスは、人類史上最高の霊能力者であったと思います。



約2000年前の地上で、神のごとく生きた人が、今、霊界でどれほど進化した存在となっているのか想像もつきません。

シルバーバーチの霊訓には、現在のイエス・キリストは、唯物的な考えに支配された地球に、キリスト教の教祖としてではなく、あらゆる宗教を超越した、人類の霊的覚醒を目的に組織された集団の中で、最高指揮官をしていると書かれています。

過去の人ではなく、今も、この世界と深く関わっているようです。



世界にはさまざまな宗教がありますが、その根底にあるものは実は同じです。

しかし、宗教にはドグマ(教義)があり、その相違により、大きな混乱が生じているようです。

宗教の名の下に、分断され、戦争が行われているのは、神が最も望まない、嘆かわしい行為だと思います。

現在のキリスト教ですが、残念なことに教義と儀式に縛られ、霊的な力が人々に届いてはいないようです。

イエスを神の子として奉ることに重きを置いてしまい、伝えようとしていた肝心の真理が埋もれてしまっているようです。



イエス・キリストは、いくつものシンプルな真理を遺しています。

昔は、何のことやら判りませんでしたが、霊的真理を学ぶうちに、少しですが理解が進みましたので、稚拙ですが、自分なりに解釈してみました。


「神は愛なり」

神の心は愛であり、その心は法則として顕現していて、私たちを究極の悦びの世界へ導こうとしている、という意味に捉えています。


「右の頬をうたれたら、左の頬を差し出しなさい」

初めて聞いた時は、それでは相手への服従になってしまうと思ってしまいましたが、頬をうち返したら、相手はさらにうち返してくるので、相手の行為を許し、左の頬を差し出して親愛の情を示せば、(自然法則の働きにより)うち返してこれないので、賢明であると解釈しています。

霊的真理の根幹をなす、「因果律」の働きを表現していると思います。


「人はパンによって生きるものにあらず」

人は食べて寝るだけの存在ではなく、もっと有意義な人生を送らなければいけないと、解釈していましたが、その先に「神の口から出るひとつひとつの言葉によって生きる」と続きがあるようです。

神の口から出るひとつひとつのの言葉とは、法則(摂理)を指していて、食べ物で養われるのは肉体だけであって、人の本質である魂は、神の力(生命力)と自然法則の働きによって生かされていると言う意味にとっています。


「豚に真珠」

真珠とは霊的真理で、豚とは真理の価値を理解できない人たちのことを指すと思います。

真理を受け入れる時期が来ていなければ、何をしても無駄であると、弟子たちに伝えていたのかもしれません。

きつい喩えだと感じましたが、イエスが生きた時代は、真理を嘲笑う人たちが多くいたのかもしれません。


「愛は寛容であり、愛は情け深い。また、ねたむことをしない。愛は高ぶらない、誇らない、無作法をしない、自分の利益を求めない、いらだたない、恨みをいだかない。不義を喜ばないで、真理を喜ぶ。そして、すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える 」

結婚式で牧師さんが言っているのを良く聞きますが、愛は人の成長を妨げるあらゆる感情や欲望から解放させ、人生を正しい方向に導き、あらゆる苦難を乗り越えさせてくれる、と解釈しています。

もっと簡単に言えば、愛はすべてを超越した神の力である、なのかもしれません。


「受けるより与えるほうが幸福である」

人から愛をもらうと、誰でも幸せな気分になりますが、より幸せになれるのは愛を与えた人である。

なぜなら愛を与えることで魂は成長し、この世を生きる意味が成就され、神の国に入れるからである、と言いたいのだと思います。


「愛は摂理の成就なり」

いろいろな解釈があると思いますが、命あるものは摂理(法則)の働きによって、お互いを愛し合うようになり、最後には1つになる、と考えています。



イエスが生きた時代のイスラエルは、人を導き、救うべき宗教が、時の権力(ローマ帝国)と癒着し、堕落してしまい、民衆の不平、不満は、とても大きかったと考えられます。

殺伐とした世の中で、神の御心は愛であり、やさしく、思いやりの心を持って生活していれば、貧しくても天国に行けると言うイエスの教えは新鮮であり、多くの人の心を捉えたと思います。



「目から鱗が落ちる」ということわざを、良く耳にします。

語源はイエスを迫害していたサウロという人が、ある日、目が見えなくなってしまい、イエスの使者が赴いて、手を置いたところ、目から鱗のようなものが落ちてきて、見えるようになったことから来ているそうです。

遠隔ヒーリングを行って、見えるようになったと思われますが、このようにイエス自らが、敵をも愛する行為を実践している様子を見て、周りの人は次第に信用していったと思います。



イエスはお金や財産などについて、この様に語っています。

「自分の宝を地上にたくわえるのはやめなさい。そこでは虫とさびで、きず物になり、また盗人が穴をあけて盗みます。自分の宝は、天にたくわえなさい。そこでは、虫もさびもつかず、盗人が穴をあけて盗むこともありません。あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです。」

物質的な財産は、時と共に価値が失われたり、人に奪われたりする上に、結局は手放さなければならないので、蓄えても意味がない。

真の財産とは、やさしさや思いやりや奉仕により、あなたの魂に蓄えられ、成長させるものであり、永遠に失われない。

もっと手短に言ってしまえば、あの世で豊かに暮らすために、この世で徳積みに励みなさい、と言いたいのではないでしょうか。


そして、イエスはこんなことも言っています。

「金持ちが神の国に入るよりも、らくだが針の穴を通る方がまだ易しい。 」

金持ちは、お金に執着するあまりに利己的な人生を送ってしまうため、利他的な神の国(天国)に入るのは限りなく難しくなってしまう。

お金の存在は、人の理性を狂わせ、魂を貶めてしまうような生き方に変えてしまい易いので、強く戒めていると思います。



昔も今も、お金が何よりも大切と思っている人は、とても多いと思います。

やさしさや思いやりは大切だと判っていても、自分にとって何の得にもならないと思っている人も、少なくありません。

目に見えないものよりも、目に見えるものを、どうしても頼りにしてしまいます。

もし、この世で終わってしまうであれば、価値観の相違として許されるのかもしれません。

しかし、死の後も、私たちは生き続けるのは、厳然とした事実です。

あの世は思念(想い)の世界であり、想像するのが難しいかもしれませんが、この世で目に見えたものが見えなくなり、見えなかったものが実在していることに気付きます。

地上の財産は跡形もなく消滅してしまい、それまで五感に触れなかった愛が、ひしひしと実感されるようになります。



イエスが、一貫して伝えようとしていたのは愛の大切さです。

愛こそがすべてと、言い切ってしまっても良いのかもしれません。

イエスは十字架の上で、自分を磔にした人たちのことを、「父よ、彼らをおゆるしください。自分が何をしてるのか知らないのです」と、祈ったそうです。

もし、これが事実ならば、イエスは究極的な愛を実践しながら、死んで行ったと言えます。



そんなイエスが、地上で盛大に誕生日を祝ってもらっても、うれしいはずがありません。

助けを求めている人たち、忘れ去られている人たち、涙を流している人たちに目を向けて欲しいのに決まっています。

そして、世界中で起きている戦争に心を痛め、富めるものがますます富み、貧しいものがますます貧しくなる摂理に反した社会を憂い、病気や栄養不良で死んで行く地上の子供たちを見て涙を流しているような気がします。



「自分を愛するがごとく、隣人を愛せよ」

もし、全ての人がこの言葉を実践できたなら、地上から地獄のような光景は消え、直ちに地上天国が実現すると思います。
























2 件のコメント:

はなの さんのコメント...

イクミ 様

お久しぶりです。
今年も少しとなり、こうして健康で穏やかに新しい年を迎えることに感謝しています。

シルバーバーチの霊訓にも引例されるイエスの言葉は、どう解釈したら良いのか?…と思うことも多くあります。
イクミ様の説明で、実生活に結びついた理解ができ、とても参考になりました。

病を得てから3年半…イクミ様のブログを通してシルバーバーの霊訓を知り価値観も変わりました。
昨年から緩和ケア病棟のボランティア活動をしています。
先日、アロママッサージを差し上げた患者様から「あの日は気持ち良かった、楽になった」と後日聞き、深い喜びがじんわりと心に広がっていきました。
こちらの方が、こんなに温かい愛を頂いているのだと思いました。

まだまだ愛について分からない事だらけですが、この世界を卒業するまで学んでいきたいと思います。

今年も心のこもったブログをありがとうございました。

良いお年をお迎え下さい。

はなの

イクミ さんのコメント...

はなの様

おはようございます。
ブログを続けてお読みいただき、ありがとうございます。
健康で、穏やかに新しい年が迎えられそうで、何よりと思います。

シルバーバーチの霊訓を読むと、イエスの偉大さが良く判ります。
そして、霊的真理≒イエスの言葉≠キリスト教 だと感じています。
愛が最も大切なのは、両者に共通していることです。

去年から緩和ケア病棟で、ボランティアをされているのですね。
患者様の言葉を聞いて、深い喜びが心に広がってきたそうですが、幸せは探し求めるものではなく、他者の悦びの中にあるのと思います。
患者様の想いは、同じ病気になった人でなければ察することが難しいと思います。
アロママッサージに、はなの様の患者様を慈しむ想いが込められていたので、それが伝わったのでしょう。

私も、まだまだ愛について判らないことだらけですが、他者に愛を与えると、神からそれ以上の愛が与えられると考えています。
人を愛すれば愛するほど、神から愛されると思います。

病気にならなければ、手に入れることはなかったであろう大切な真実は、愛を表現すればするほど、輝きを増して来ると思います。
大切なものに気付いて、次の世界に行く人もいれば、この世で生まれ変わって生き続ける人もいます。
どちらが幸運とかではなくて、気付くことが何より大切であり、はなの様はこれからの人生で実践して行くのが予定されていたシナリオだと思います。

魂を成長させるために人生の出来事はあり、乗り越えられない出来事は決して起こらない、それを知っているだけでも、とても幸運なことです。

いつの間にか、この世の人生の折り返し地点は、とっくに過ぎてしまったようです。
笑顔で向こうに行けるように、たくさんの愛を表現して、生きましょう。