2017年8月6日日曜日

この世の苦しみの意味



子供の時、学校にはいろんな子がいました。

勉強ができる子、走るのが速い子、野球が上手い子、歌うのが得意な子など、自分より秀でた面を持っている子がたくさんいました。

また、親切な子、正義感が強い子、面倒見の良い子、意地悪な子、嘘をつく子など、さまざまな個性や特徴を持った子にも会いました。

そんな子と、友達になって遊んだり、時にケンカをしたりしました。

わがままや嘘を言ったりすると、仲間はずれにされました。

困っていたら、助けてくれたこともありました。

競い合ったりもしました。

自分と考えが違うの子がいても、学年が上がるに従い、認められるようになりました。

もまれながら、1番大きく成長していたように思います。



この世は学校と良く言われます。

生きていると、自分にはない面を持った人、欠けている面がある人、色んな人に出会います。

出会いたかった人もいれば、できれば出会いたくなかった人もいます。

そんな人たちに囲まれながら、生きて行かなければいけません。

生きて行くための智恵を、少しずつ学んでいると思います。

人生は、さまざまな出来事が起こります。

うれしい出来事もあれば、悲しい出来事もあります。

つらい出来事もあれば、楽しい出来事もあります。

うれしい出来事や楽しい出来事ばかりであれば良いのですが、そうは行きません。

でも、後になって考えてみると、出来れば避けたい出来事の方が、何か大切なものを学んでいるような気がします。

やはりこの世は、子供の時の学校と同じ様に、知識を吸収し、人や社会にもまれ、さまざまな出来事を経験しながら、何かを学ぶためにある学校なのかもしれません。



霊的な知識が増えるのに従い、死んだ後に行くあの世はどんな世界なのか、少しずつ判るようになってきました。

この世の苦痛から解放された世界です。

食べるために働く必要もありません。

苦手な人と会うこともありません。

肉体がないので、もちろん病気にもなりません。

自分の想ったことが、直ちに具現化されます。

何もかもが快適な世界です。



そんな快適な世界から、苦しみや痛みのあるこの世に、人はなぜ生まれてくるのでしょうか?

しかも、強制的ではなく、自発的に生まれて来ると言われています。



この世に生まれてくる目的はただ1つであり、自分(魂)を成長させるためです。

自分に足りない面を補うためです。



この世ではなく、快適なあの世で学びながら成長できればと、つい考えてしまいますが、そんな訳にはいかないようです。

あの世は、この世と違い、同じレベルの人(魂)が集まって暮らしています。

本質が似ているので、想うこと、考えることもほぼ同じです。

そのため、争いも、競争も生まれません。

皆、平和に過ごしています。

人は、降りかかる困難や障害を乗り越えて行くことで、成長します。

何もかもが快適なあの世では、困難や障害が生じ難く、魂を大きく成長させることは難しいようです。



魂を成長させるのは、人の定めのようです。

自分を大きく成長させるために、覚悟をしてこの世に生まれて来るようです。

けれども、自ら進んで困難の中に飛び込んで行ける人は、極めて少ないと思われます。

そこで、魂を成長をさせるためのシナリオが用意されます。

そのシナリオに沿って、困難や障害が生じるようになっています。

この世に生まれて来る限り、困難や障害のない人生はあり得ないと言うことになります。

どんなに苦しくても、自分が大きく成長し、足りない面を補うために、最も適した人生を送っているはずです。



人は生きていくのが苦しくなるような困難や障害に出会うと、思わず逃げ出したくなります。

しかし、その気持ちを抑えて、何とか生きて行くことで、魂は大きく成長しています。

生まれる前の自分は、逃げ出したくなるような困難や障害が、自分が成長するために起きることを承知していました。

それが神の計らいにより、記憶から消されました。

もし記憶していれば、途中で逃げ出してしまう人がいるからです。

不幸になったのではなく、この世に生まれた目的を成就しようとしています。

乗り越えられる困難しか与えられないと、良く言われますがそれは正しく、自分が乗り越えられると判断した困難なので、必ず乗り越えられるはずです。



困難や障害に出会った時に1番大切なこと、それは逃げ出さず、正面から立ち向かうことです。

自分(魂)に正直になることです。

何故、自分に正直に生きないといけないのでしょうか?

後で後悔することになるからです。

どうして後悔するのでしょうか?

死んだ後に、振り返る時が来るからです。

この世に生まれてから死ぬまでの間、どんなことを想い、どんなことを言い、どんな行いをしたのか、全人生がスクリーンのようなものに映し出され、それを見せられるからです。

正直になれず、嘘をついている自分を見て、後悔するからです。



このブログにも書きましたが、10年以上前に、今までに経験したことない出来事が私に起きました。

その出来事から逃避する選択肢もありましたが、自分に正直になり、正面から受け止めました。

その結果、多くのものを失いました。

でも、それで良かったと思っています。

自分に嘘を付いて逃げていたのなら、何も失わず、何も変わらずにいたでしょう。

一瞬の幸福を感じたと思います。

そんな出来事が過去にあったことさえ、忘れてしまうでしょう。

しかし、死んだ後に、この世を振り返る時が訪れます。

それまで忘れていた、嘘を付いている自分を見せられ、極めて強い後悔の念に襲われると思います。

大して価値のないものを、必死に守ろうとしている自分を見て、大いに恥じるでしょう。

プライドを守ろうとして、魂を汚してしまったことに気付き、後悔するでしょう。

この世的なものを失わなかった代わりに、大切なもの(霊的真理)を手に入れる機会を失ったことに気付き、地団駄を踏んで悔しがることになるでしょう。

正直に生きた結果、屈辱的で挫折的な結末を迎えた出来事でしたが、どん底で本当の自分(魂)が目覚めました。

嘘をついたら、それまで追い求めてものは失わなかったかもしれませんが、目に見えない最も大切なものを掴み損ねていたでしょう。

正直に生きていれば、物的なものを失うかもしれませんが、それに見合う、霊的なものを必ず手に入れると思います。



困難や障害は、どんな人にも必ずやって来ます。

大切なことは、苦しくても、逃げ出さないことです。

逃げ出したら、後で逃げ出した自分を見て、後悔します。

後悔が大きいと、もう1度、同じ様な状況になる、困難や障害のある人生を選んで、この世に生まれなければいけないかもしれません。

苦しみは、成長するため、大切なことを学ぶために予定されていたので、逃げてはいけません。



出来れば、苦しみのないあの世(霊界)に、ずっといたいと思う時があります。

そんな願望がある内は、またこの世に生まれなければいけないのかもしれません。

シルバーバーチも言っていますが、進化した霊(魂)は、苦しみを苦しみとして感じないようです。

そして、一定以上進化すると、霊界だけで成長して行くようになるようです。

もしかすると、進化するほど、苦しみを悦びとして感じられるからなのかもしれません。

苦しみを、成長する悦びとして感じるほど進化した魂は、この世に生まれて来る必要は、もうないのかもしれません。






28 件のコメント:

うり子 さんのコメント...

イクミ様

いつも読ませていただいております。
うり子です。

自分で困難などを決めて生まれてきているというのは、イクミ様からだけでなく、他でも見たことがありますが、逃げた人はどうなるんでしょうか。死んでから後悔するだけですか?

私は彼が立ち向かえてたとは思えないのです。逃げまくってたと思います。
しかも寿命も自分で決めてくるとも聞きます。
こんな状態で死ぬことで、彼は何か得られたんでしょうか。死んでから、あの世で反省して理解することで成長するということなんでしょうか。
それとも、周りの人を成長さすためにそういう役目をしたということもあるんでしょうか。
私は生まれる前に彼と約束してるんでしょうか。「わたしに酷いことしてね。がんばるよ」って。彼のシナリオとはいえ、私にとっても大事件です。

知らぬ間に結婚されてて、そのまま突然死なれたことで、私がそこから何を学べるのか、まだわかりません。時間が経てばわかるんでしょうか…大きく言えば「愛」なのでしょうけれど…愛にも色々あると思うんです。
変な質問で申し訳ありません。


そして、彼の新盆なのですが、ご実家にささやかですがお花を送ろう思っています。先月も彼の誕生日に生前に彼が欲しがってたものを贈りました。ご両親も喜んでお電話くださってましたが、なんやかんやで、よく考えたらご両親と毎月連絡をとっています。私は嬉しいのですが嫁でもないのにご迷惑でないかなとか、いつか向こうにバレる危険もあるなとも思いつつ…
この件に関して彼がどう思っているのか知りたいのです。もし、彼の気持ちがわかるようでしたら教えていただけませんか。
ご両親は前に「お付き合いしていきたい」と言ってくださったので、それが彼からの答えなのかな?とも思ったのですが。
いつも甘えてしまってすみません…

うり子 さんのコメント...

イクミ様何回も申し訳ありません。うり子です。

比べる気は無いのですが、やはり街に出たり、SNSで友人の投稿で年齢関係なく、夫婦で手を繋いだり、仲良くしているのを見るとどうしても羨ましく思ってしまうのです。なんでこんな簡単なことが私たちにはできないのだろう、と。2度と叶わないと思うと涙が止まりません。
彼は望んでいなと思いますが、本当は結婚相手に全てブチまけたいぐらいです。でもそんな事はなんの意味も無いということも分かってるんです。だから何もできない自分が悔しくてたまりません。なんで私だけがこんなに我慢しなくてはいけないの…って、思ってしまいます。しかも私は何も知らなかったのに。
彼が私を愛してくれてても、見えない、触れない、もう本当はめちゃくちゃ辛いです。
本当にこんなこと自分で決めてきたんでしょうか…

匿名 さんのコメント...

はじめまして。
いつもイクミ様のたくさんの暖かいお言葉を読み心を癒させていただいております。
私は一年ほど前に主人を自殺で亡くしております。
まだ幼い子供を残し突然逝ってしまいました。
突然と言いましたが、今思えばうつ病だったんだと思う点が何点もあり私が気付けなかった、助けられなかったと日々感じています。
主人はとても真面目で優しく、自分より他人優先、でもユーモアもあり家族を大切にしてくれました。私はとても愛していましたし、今も変わらず愛しています。
何故この道を選んでしまったのか考えても考えても気持ちの整理ができません。
確かに悩みはありました。主人には20年間ほど引きこもっている兄弟がいました。暴力が酷かったようで兄弟仲はとても悪く主人はトラウマもあり、何年も顔を合わせていませんでした。
私もお会いしたことはありませんでした。
結婚のご挨拶も結婚式も欠席でした。
今まで特別何か話し合いや対策をしたことは無く、義両親は自分達が先に死んだらその時に分かるだろうという感じでした。
主人も私もとても悩んでいました。色々と資料や行政の取り組みも紹介しましたが、気が進まないようでした。
主人は悩んでいる私を見るのが辛かったことは知っていました。主人もトラウマがあり会いたくない、私は自分の中でどんどん恐ろしい存在になってしまい悩まずにはいられませんでした。
同時に何故義両親は何も対策をしないのか、自分の子供二人がこんなに苦しんでいるのに私には理解できませんでした。
それがまた主人を苦しめてしまったのかと思います。
私自身は道が塞がり苦しいけれど、今目の前にある幸せを大切にしようと常日ごろ思っていました。主人もそう思ってくれていると思ってましたが違っていたことも悲しいです。
主人を愛しているからこそ主人と一緒に悩み、昔は辛い時期もあったかもしれないけれどこれからは主人と子供と明るい未来を一緒に作りたかったです。
悩んでしまった自分、上手に振る舞えなかった自分が嫌になります。同時に可愛い子供を残して逝ってしまった主人を責めてしまう時もあります。
これからたくさんの楽しみがあったはずなのにとても辛いです。
普段はできる限り笑顔で過ごしていますが、一人になったり主人との楽しい思い出を思い出すと涙が出てしまいます。
主人は今どうしているのか、私達をまだ愛してくれているのか、生前の記憶は全てなくなってしまったのか等考えてしまいます。
とにかく主人に会いたい、以前のようにまた三人で出掛けたりご飯を食べたりしたいです。

イクミ さんのコメント...

うり子様

こんばんは。

やはり困難は決めてきたと思っています。
彼は逃げまくってきたそうですが、その1つ1つを後悔をしているでしょう。
こんな状態で死ぬことで何か得られたのかと言うことですが、ご両親の子として生まれ、あなたに出会い、信じられる存在がいること、愛し合うことの意味を少し理解し始めることになったと思いますので、大切なものを得たのではないでしょうか。
あなたにとっては、当たり前に思うことでも、彼にとっては驚きであったと思います。

彼の存在は、あなたを成長させていると思います。
彼と一緒にいたいと思ったのは、何とかしてやりたいと思う気持ちがあったからではないでしょうか。
その気持ちが、あなたを成長させていると思います。
あなたの成長にとっても、彼は必要な人なので、特別なものを感じていたと思います。
彼と約束していたのか私には判りませんが、成長のために彼を選ぶシナリオを、あなたは承知していたと思います。

街に出たりすると、夫婦で仲良くしているのをみると、どうしても羨ましく思ってしまうのですね。
簡単なことが、2度と叶わないと思うと、涙が止まらないのですね。
結婚相手にも全てをぶちまけることも出来ないのが、悔しくて仕方がないのですね。
いろいろな想いの持って行き場がないので、さぞおつらいと思います。

苦しみには、予め決めていたもの、自分に原因があり因果律が働いて生じているもの、自分以外に原因があり生じているのもがあると思います。
彼が早く亡くなるのは、決められていたと思います。
亡くなる時に、あなた以外の人と結婚していたのは、彼の自由意志によるものと、私は考えています。
その後悔を、彼は今しているところだと思います。

あなたが決めてことかどうか?
もし、決めて来なかったたとしたら、彼と出会ったのも、死んでしまったのも単なる偶然であり、死は不運な出来事であり、それ以上の意味はなかったと言うことになります。
あなたは最愛の人を亡くした不幸な女性に過ぎません。
それを納得できるでしょうか?

あなたは今、人生で1番寂しく、悲しく、悔しく、苦しい時を過ごしています。
こんな状況になるのを、自分が決めていたはずはないと思っているのかもしれません。
苦しみが苦しみだけで終わるのであれば、運命を呪ってもいいでしょうが、そうではありません。
次に行く世界で、この経験は必ず活かされます。
今の苦しみは、魂の成長と言う形で、必ず返ってきます。
こんな思いをするのであれば、成長なんかしなくても良いと思うかもしれませんが、この世に生まれて来た目的が、魂を成長させるためなのです。

神様は、全ての人に対して、完全に公平で平等です。
あなただけを不幸にしているわけでは、決してありません。
この世にいると、目に見えるものが全てと思ってしまうので、そのことが判りません。
楽しそうに暮らしている人達にも、それぞれに人生のシナリオがあります。
もしかしたら、明日、大きく人生が変わる出来事があるかもしれません。
あなたのような悲しい別れがなかったとしても、災難のような出来事が降りかかったり、大きな病気をするかもしれません。
また、過去生ですでに別れを経験している人もいれば、次に生まれた時に経験する人もいるでしょう。

何かを学ぶために、成長するために、この世に生まれて来たので、苦の経験をしなければならないように、この世は出来ています。

神の法則によって支配されているので、つらいだけで終わることはありません。
つらい想いをしただけ、成長した悦びを感じる時が必ず来ます。

ご質問の件ですが、彼はもっとあなたとご両親に仲良くしてもらいたいと思っているのではないでしょうか。
ご両親は、彼を何とかしてやりたいと思うあなたに、自分と同じ親心のようなものを感じ、親近感を持っていると思います。
彼が、過った自由意志を行使しなければ、シナリオでは親子関係になる予定だったと、私は思っています。

もし、彼から伝わって来るようなことがあれば、ここに書き込みます。

イクミ さんのコメント...

匿名様

はじめまして、イクミです。
ブログを読んでいただき、ありがとうございます。

ご主人を1年ほど前に、自殺で亡くされたのですね。
あなたの心境を思うと、言葉がありません。
自分とお子さんを残して、何故逝ってしまったのか、いくら考えてもはっきりした答えが見つからないのですね。
とても、悲しく、悔しい想いをされているとお察しします。

ご主人は、ご兄弟のことで悩まれていたそうですね。
20年間引きこもっているご兄弟のことを、とても気にしていたと思います。
結婚式にも出なかったのは、精神的に病んでいたのでしょうか。
ご主人が抱えていたトラウマは、どんなものなのか判りませんが、とても根深いと考えられます。
それに、長い間、苦しんでいたのかもしれません。

ご両親がいなくなった時、ご兄弟のことで、あなたたちご家族にかかる負担は、多大なものになってしまうのは目に見えています。
行き場がなければ、生活を共にするようになる可能性もあり、それはお二人とも避けたかったと思います。
自立するための方策を紹介しても、本人がその気にならなければ、どうにもなりません。
ご両親は、甘やかして責任を回避しているようであり、お二人がどれほど悩んでいるのか、全く判っていません。
何もしようとしないご両親に、不満と憤りのようなものを、あなたは感じていたと思います。
その思いを、ご主人に伝えたこともあったと思います。
将来、訪れるであろう現実に、焦りと重圧のようなものが、ご主人にのしかかっていたのは想像できます。
ご主人が、何より嫌っていたのかもしれません。

それでも、死ぬほどまでのものだったとは、誰も想像できなかったと思います。
気付いてやれなかったことに後悔しているかもしれませんが、かなり難しかったと思います。
なぜなら、ご主人は他人を優先する人であり、あなたに余計な気遣いをさせたくないと思い、内にある思いを隠して、見せないようにしていたと考えられます。
悩んでしまった自分、上手に振舞えなかった自分が嫌になるそうですが、その時の正直な気持ちだったので、仕方がないことです。
ご主人とも仲良が良くない兄弟と、あなたが密に付き合って行くのは、極めて困難です。
多くの人が、あなたと同じ様な言動をすると考えられます。

ご主人に対しても、責めてしまう時があるのですね。
子供を見て、そう思ってしまうのは、当然だと思います。

ご主人は見えなくなりましたが、生きています。
もちろん、生前の記憶はそのままです。
ご主人の、今、置かれている状況は、どの様な動機で自殺をしたのかによって違ってきます。
もし、現実からの逃避であれば、とても後悔して、その想いで一杯だと思います。
あなたたちのことを愛していればいるほど、後悔の念は深いものになってしまいます。
もし、うつ病になっていて意識が薄弱になり、自殺してしまったのであれば、そこまでの後悔はないと考えられます。
どちらにせよ、愛しているのに、そばにいてやれないことを、とても悔しがっていると思います。
あなたに対しては、謝っても謝り切れない、深い深い謝罪の想いで一杯だと、私は思います。

匿名 さんのコメント...

イクミ様
ありがとうございます。
主人は義兄の暴力でとてもトラウマを抱えており、思い出すのも嫌だし話すことは辛いと言っていたので私からは酷い暴力があったこと、それに対して両親は助けてくれなかったということしか聞けませんでした。
知り合った頃から頭痛と先端恐怖症があり、医者へ行くよう何度も言いましたがずっと昔からあるから治らないんだと頑なに医者へは行きませんでした。
また、自分は価値の無い人間で子供の頃は自分は30歳で死んで良いと思ってたと何度か言っていました。
私はとても辛い幼少期を過ごしていたのだろう、何故彼はそんな考えになってしまったのかととても悲しくなりました。同時にこれから先はたくさん楽しい事をして辛い過去を忘れられるくらい幸せにさせたいと思っていました。
今になって調べてみたら、これらの症状はうつ病の症状にもあり、私は性格だと思っていたのですが間違えていたのですね。彼を愛していたし、大切にしていましたが、一番見逃してはいけないところ、理解すべきところが全然できていませんでした。
義両親は決して悪い人ではなく、どちらかというと優し過ぎるくらいの方たちです。
義両親の子供に対する対応は正直理解できませんでしたが、恐らく主人と同じで自分をあまり大切にできなかったからではないかと思います。
憎く思うというよりも私自身が何故だか悔しくて悔しくて、更にこの様な結果になってしまったことがまた辛く悲しく一言では表せません。
本当は主人と義家族みんなで子供を可愛いがってもらったり、楽しく行事などしたかったです。
主人がうつ病になることや自殺をすることは予め決められていたのでしょうか?
義家族や私も大切な家族をこの様な形で失うことが決まっていたのでしょうか?
私と知り合わなければ結婚しなければ主人はもっと幸せだったのではないかと思ってしまいます。
私はどのようにしていれば主人にとって最善だったのか考えてばかりです。
少しでも良いので何かお言葉いただければ幸いです。

イクミ さんのコメント...

匿名様

おはようございます。
諸事情で、返信が遅れて申し訳ありません。

ご主人はお兄さんから暴力を受けて、トラウマを抱えていたのですね。
私は、トラウマとは過去の衝撃的な出来事の記憶が蘇ると言うより、その時に生じていた強い想いが(上手く表現できなかったために)内に残ってしまい、その想いが何かのきっかけで、呼び覚まされている状態を指すと考えています。
お兄さんから、暴力を受けてつらい思いをしていました。
ご両親も聞いてくれず、一人で抱えていたと思います。
先端恐怖症は、お兄さんからナイフのような鋭利なものを突き付けられた経験があり、その時にとても強い恐怖心が生じていたためかもしれないと思いました。
頭痛も、過去の想いが蘇った時に起きていたのかもしれません。
ご主人は、自分のことを価値のない人間と思っていたそうですが、幼少期に受けるべき愛情が不足すると、自己肯定感が少なくなり、そのような気持ちになってしまうことが多いと考えています。
そして、お兄さんからも、そう思わせるような言動を、度々受けていたのかもしれません。

あなたと出会い、結婚して、子供も生まれ、生きている意味を見つけて、幸せを感じていたと思います。
しかし、お兄さんの問題が持ち上がり、そのことを考えるたびに、過去に生じていた想いが表に出てきて、悩まされていたのかもしれません。
うつ病は、自分の感情を上手く表現できない人がなりやすく、自我に隠されていた過去の想いが表出している状態を指すと思います。
ご主人のうつ病や自殺と、お兄さんから受けた過去の暴力は、強い因果関係があると思います。

ご主人は今、あなたの様子を見て、後悔していると思います。
しかし、死に追いやった原因を自分で作ったわけではないと考えられます。
自殺は大きな過ちですが、もしそうであれば罪はかなり減弱されると考えられます。
つらい想いを、1人で抱えて生きてきたと思います。
過去に生じていた想いに悩まされて、恐怖や不安に襲われて、耐えられなくなってしまったような気がします。


主人がうつ病になることや自殺をすることは予め決められていたのか?
家族としてお兄さんに会うことは、決められていたことです。
暴力を受けるのは、お兄さんも自由意志によるものであり、良心に逆らって行っていたと思います。
病気になるのも、自殺をするのも、決められていたことではないと思っています。
このブログでは、自分を成長させるために、苦難の人生を選んで生まれてくると書きましたが、それとは別に他者の過ちにより引き起こされる苦難も存在します。
通り魔的な事件は、その一例です。
人ではありませんが、天災に遭うなども、その一種です。
よって、あなたや義家族が大切な人を失うのも、決められていたことではないと言うことになります。
あなたと知り合わなければ、ご主人はもっと幸せだったのではないかと思ってしまうのですね。
ご主人にとって、過去を癒そうとしてくれたあなたと出会ったことが、人生最大の喜びだったと思います。
詳しいことを知らされてなかったのですから、家族を守るために取った行動で、ご主人を追い詰めてしまったとは思わないで下さい。

何が最善だったのかを考えても仕方がありません。
ご主人は、今生きています。
あなたの想いも届いていると思います。
ご主人のことを思うのであれば、苦しかったであろうご主人に、愛念を送って下さい。
ご主人と義家族で、お子さんを可愛いがってもらったり、楽しく行事をしたかったのですね。
それが叶わなくなった悔しい想いを、時にはぶつけて下さい。

どうすれば良かったのを考えるよりも、これからお子さんと、どのようにして生きて行くかを考えて下さい。

匿名 さんのコメント...

フミです。
昨晩は1人になるのに少し時間がかかり、タイミングがずれたのではないかと心配でした。
特にいつもと違う感覚などはなかったように思いますが、イクミ様のお心遣いに感謝しながらも、お金の心配や、仕事の事など不安や恐怖も感じていました。

過去に、複数の占いで、将来はやむを得ない住宅購入で生活が逼迫するとか、実家で苦労するとか、金運は無いとか言われていて、その時は一笑に付して忘れていたのですが、ふと思い出してゾッとしています。シルバーバーチは、占いなど気にするべきでないと一蹴していたと思いますが、生まれる前に決めてきた事なら、不可避ですよね。乗り越えられない困難は無いといいますが、避けられないのですね。
また、数年前には潜在意識を読む方に、今の仕事のイメージをリーディングされていて、その時は具体的な職業は全く分からなかったのですが、実はズバリ的中しています。いくらあがいても努力しても、結局は、辛い思いをする事になっているようです。このことを受け入れるのはとても難しいですね。


イクミ さんのコメント...

フミ様

こんにちは。
何も感じられなかったようですが、力は送られていったと思います。
心配事や不安があると、オーラを乱し、力は伝わりにくくなると思います。

自分の身に起きたことが、全て生まれる前に決まっていたわけではありません。
この世の出来事には、生まれる前に決めていたこと、今生に生まれてから原因を作って因果律の働きで結果として生じたこと、他者の自由意志の行使によるものがあります。
あなたがご両親の子供として生まれたこと、性別などは、生まれる前に決めていたことであり、もしかしたら職業もそうかもしれません。
住宅購入で生活が苦しくなる、交通事故に遭ったのは、あなたが原因を作っていたと思います。
自然法則(神の摂理)に反した過った行いをして、因果律の働きにより苦痛を伴う出来事が生じて、自然法則の働きを学んでいるのです。
その様な出来事は、たくさん身に起きていると思います。
無用な苦痛を味わないようにするためには、自然法則の働きを知る必要があります。
自然法則の働きについては、シルバーバーチの霊訓に、十分に書かれています。
全てが決められていると思うと、人生は味気ないものになってしまいます。
自分の(自由)意志で、いくらでも良い方向に人生を変えて行くことが出来るはずです。

匿名 さんのコメント...

イクミ様
お忙しい中にも関わらず温かいお言葉ありがとうございます。
どんなに振り返っても時間を戻すことはできないし、子供と私の明るい未来を信じて日々過ごして行きたいと思います。
実は亡くなる前日に喧嘩をしてしまい、喧嘩をしたままの別れになってしまいました。
喧嘩の原因は、主人の携帯に女性の写真が保存されていたためです。
黙って携帯を見てしまったことを謝りましたが主人は不満そうでした。私は浮気は疑いませんでしたが、良い気分ではなくとても悲しく怒ってしまいました。
毎朝主人を勤務先まで車で送っていたのですが次の日の朝もいつもの如く一言も話さず車の中でもずっと目を瞑っていました。
その日は私も今まで無意識に溜め込んでものが溢れてしまい、何故いつも笑ってくれないのか、私に一体何を求めているのか、そんなに嫌ならもぅ無理に帰ってこなくて良いと言ってしまったのです。
元々主人は普段から笑う人ではなく自分の気持ちも全然話してくれない人で顔には出ますが実際どう思っているのか分かりませんでした。
私はすごく寂しかったのだと思います。主人に心を開いてもらえない感じがとても悲しかったです。
そのまま本当に最後となってしまいました。
初めは喧嘩が原因で死んでしまったと思っていましたが、私の家族や親友からそんなことで死んでいたら命がいくつあっても足りないと言われ主人には申し訳ないけれど確かにその通りだと思いました。
そして、今までの言動を振り返ったらうつ病か何かしらの精神疾患だったのだと思いました。知り合ったときから明らかにネガティヴで普通でない言動に、私は変な言い方ですが慣れてしまっていたのです。主人には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
イクミさんのおっしゃる通りこれから先の事だけを考え、子供と明るく暮らす事が主人のためですよね。
主人のことは今でも大好きで、最後に言ってしまった言葉は本当に悔やみきれず私の方こそ謝りきれません。
目には見えないけれど、何度も主人は夢に出て来てくれたし、側にいると信じて子供と明るく暮らしていけたらと思います。

イクミ さんのコメント...

匿名様

こんにちは。

前日のあなたの言動を、ずっと気にされているのですね。
周りの方が言っていた様に、それはどこの家庭でも良くあることです。
そのことが原因ではありません。
笑ってくれなかったのも、自分の気持ちも話してくれなかったのも、それは彼の性格と言うより、過去にあった出来事が原因だと思います。
あなたは心を開いて欲しいと思っていたでしょうが、封印している過去の想いがあると、どうしてもそこに触れて欲しくないので、自分に壁を巡らしてして隠そうとすると思います。

前日にそんないきさつがあったのであれば、とても悔やんでしまうでしょうが、あなたの言ったことは正直な気持ちであり、少し感情的になったとは言え、夫婦の関係を良くしようと思ってのことです。
その時に、その言葉が出て来たのは、自然の成り行きです。
夫婦であれば、自分の気持ちを判ってもらおうとするのは当然でなので、そのことに捉われ過ぎないで下さい。
ご主人に潜在していた原因がなければ、このような結果には決してならなかたのです。

ご主人(魂)に焦点を合わせてみました。
このメッセージがご主人のものかどうかを、証明する手段はありませんが、伝わってきたことをそのまま書きます。
真偽は、ご自身で判断されて下さい。

「お前に謝りたい。
俺が悪かったと。
言われて、ちょっとショックだった。
俺の苦しさは、他の人には判らないと思っていた。
何で俺がこんな目に遭わなければいけないんだと思っていた。
酷かった。殺されるかと、何度も思った。
誰も知らないところで、やられていた。
本当の俺は、決して明るくはないけど、思うほど暗い性格ではないんだ。
とても嫌なことがあって、それが邪魔をしていたんだ。
子供を抱き上げられないなんて、何て馬鹿なことしたんだと思っている。
お前には感謝の思いしかない。
闇から救ってくれた。
それが今、直接伝えられないのがすごく悔しい。
それでも、どうしても伝えたいことがある。
お前のことが大好きだ。
そのことだけは、ずっと信じていてくれ。
俺の分まで、大事に育てて欲しい。
勝手なことばかり言うのを、許して欲しい。」

うり子 さんのコメント...

イクミさま

お返事ありがとうございます。
いただいてから、何回も何回も読みました。
何回も涙が出ました。
そうですよね…仰る通りだと思います。
感情が溢れて抑えられなくなって色々思いつきで書き込んでしまって反省しています。
申し訳ありません。それにも関わらず丁寧にお答えくださって感謝しかありません。

きっと自分でも、深い所では分かっているんだと思います。
だけど自分が思っている以上に私は、あの女の人と彼が結婚してて3年も生活を共に送って居たのが本当に本当に嫌なようです。
彼が決めた寿命だったことに対しては悲しいですが仕方ないと思えてるような気がします。例えば本当に自由意志による結婚だったとして、自由意志だったからこそ私はここまで彼に対して腹が立ってて嫌なのかな、とも思いました。

フとした事で色々思い出してしまうと、小我というのでしょうか?
思考がどんどん「怒り」「悲しみ」のほうに支配されてしまって止められないのです。
先日も彼への悲しみが怒りに変わって、でもぶつけたい本人はいないので、もう彼の写真とお花を飾ってるテーブルを殴るしかありませんでした。手の骨が折れてもいいと思いました。彼の写真に涙を拭いたティッシュを投げつけました。文句もめちゃくちゃ言いました。彼は呆れているかもしれないなって思いました。それでも止められませんでした。

彼は本当の事が言えなかったから仕方が無いのだと思いますが、死んでからウソばっかりだったことがわかりました。私を思っての事かもしれませんが、後から嘘だったと知った私はさらに傷つくだけでした。ですが私と過ごしていた時の彼は楽しそうで、どうしてもそれがウソだとも思えないのです。だから余計に「だったらどうして?」「信じてたのに」ばっかり浮かんで来るんです。

もちろん私も前に進みたいと思っています。一人でもがいてるだけのような日々を終わらせたい。せめて夢でもいいから本人から直接「つらい思いさせてごめん」と言って欲しいです…悲しいけどそれぐらい私が信じられるものは数少ないのです…

8日に出先でいくつかシンクロがあったのですが、家に帰ってから録画していた彼の好きな番組を見ながら2人でいつも見ていたように、彼が右側にいるようなつもりで見ていたら涙が溢れて来て、本当にいるのかな…と、思いました。
だけどそれは私のそうであってほしいという想いなだけで、いないかもしれない。いなかったら虚しいだけだ。一人芝居だ。と思ったらそれでも寂しくて涙が出てきて…


そんな事を考えながら上記までの文を書いてるうちに寝てしまいました。そしたら彼は夢には出て来なかったけど、夢の中で何年か前に彼からもらったであろうメモみたいなものが(現実ではそんなものありません)出てきて、そこには「お前が好きだ」「愛してるから」とか書いてあって「こんな物があったのか!私にはこれがあるからもう大丈夫!」と、なっていました。でも今朝目が覚めて夢だったんだと落ち込みました。
それが彼が見せてくれたのか、私の希望を脳が見せてくれた夢なのかのかわかりませんが…でも彼の字では無かったです。

今だって普通に会社へ行って、家族や友達とも笑いあうことはできます。楽しいです。だけど彼が生きて側に居てくれること以上の悦びがあるのだろうかと考えてしまいます…。時間が経つのを待つしかないのでしょうか。私のやりたいようにやれば答えがわかる日が来るのでしょうか。私自身についてもそうですが、ご両親に対しても私ができる事はしていこうとは思っています。

匿名 さんのコメント...

イクミ様
ありがとうございます。
いただいたメッセージは主人だと思います。
読んだら涙が止まりませんでした。今でも私を好きでいてくれて、側で見守っていてくれると思うと本当に嬉しいです。
これ以上遠くに行ってほしくないです。
亡くなる数日前には夏休みの家族旅行を計画し、新居も建てている最中でしたので、当時は何がなんだか分からず悲しくて悲しくて一日を過ごすことに精一杯でした。
旅行も新居もとても楽しみにしていたのに今思い出しても何故私達を置いて行ってしまったのか未だに分かりません。
でも辛い過去もあったし、おかしな言動はたくさんありました。
仕事中一人になると発作みたいに逃げ出したくなるときがある、俺は寂しがり屋で弱い人間なんだとも言っていました。
恐らく一人になると発作のように死にたくなっていたんだと思います。当時はそんなこと私には全く想像できず、きっと仕事が嫌で早く家に帰りたくなっているんだな、いつものネガティヴ発言だと本当バカなくらいプラスに考えていました。もっと掘り下げて無理矢理にでも聞いて対処をしておけばよかった。
辛い過去やトラウマ、体調不良、現在進行中の悩みなど本人からしたらすごく辛い事なのに私は主人と子供一緒にいられることがこれ以上ない幸せで主人の苦しみを理解していませんでした。
笑顔が少なくても優しいし、たまに面白いことを言って笑わせてくれるし、筋トレも趣味でした。
確かに悩みは解決策が見つからずすごく辛いけれど、それ以上に主人も幸せに思ってくれていると思っていました。
義両親は悪い人ではありませんが、主人が暴力を受けているのに助けなかったこと、未だに解決策を考えず放置しているのには理解できません。
また葬儀の打ち合わせにも知人と会うからと来なかったり、主人が亡くなった2日後に携帯を新しく買い替えて喜んでいたりと私には理解できないことだらけです。
それでも主人は生前から両親を大切にしようとしていたので言葉にならない感情が出てきてしまいます。
私は主人とこの先もずっと一緒に暮らして行きたかったけれど、主人はたくさんの物事に潰れてしまったんですね。
今は楽になっていてほしいです。でも私達を置いて逝ったことは後悔してほしいし、これからもずっと側にいてほしいです。
イクミ様のお言葉、主人からのメッセージ、本当に本当に嬉しかったです。
主人がいつも側にいてくれていると信じて明るく暮らしていきたいと思います。

イクミ さんのコメント...

うり子様

こんばんは。
怒りや悲しみの感情が湧き上がってしまうのですね。
彼女と3年間も生活していたと考えると、嫌で嫌でたまらなくなるのですね。
あなたの状況を考えると、無理もありません。

シルバーバーチも、人は神の操り人形ではないと言っています。
人生のシナリオに従って出来事は起こりますが、どちらの方向に進んで行くのかは、個々の自由意志によって決まると思います。
彼は表面的な部分で、彼女に引き付けらてしまったように思います。
そちらの方向に進んで行ってしまったのは、彼女が好きだったからではなく、弱さが出てしまったからと思います。
あなたの言葉を借りれば、深いところ(魂)ではあなたを求めていたのに、小我に流されてしまったということになるのかもしれません。
そんな弱いところも、あなたにとっては愛情を注ぐべき対象に思えていたのかもしれませんので、お互いに必要な人だったと思います。

前にも言いましたが、彼はとんでもないことを、あなたにしていました。
なので、怒りを抑えて下さいとは言えません。
怒りのぶつけようがないと、余計に怒りが増してしまいます。
ただ、怒りの感情は、あなたを苦しめてしまうことは知っておいて下さい。

ふざけた人間なので、早く忘れて、次に進むようにして下さいと、あなたに言いたい気持ちは今もあります。
しかし、あなたと同じ様に、会っていた時には、素の彼であり、嘘はなかったようにも思えます。
幼い人のように思えます。
彼の口から直接、謝罪の言葉を聞くことは出来ませんが、あなたの魂には謝罪の想いを投げかけていると思います。
後は、あなたがどう解釈するかです。

彼の好きな番組を見ている時に、涙が出てきたのは、彼はそばにいて、その想いに触れたからではないでしょうか。
気のせいや、一人芝居ではなく、親愛の念を持った時に、そばに来ているのは事実です。

夢で、「お前が好きだ」「愛してるから」と書いたメモを見たのですね。
彼が書いた字ではなかったそうですね。
あなたが怖くて、直接伝えられなかったのでしょうか、脳が見せてくれた夢ではないと思います。
私にそう伝えて欲しくて、あなたにメールを書かせていたような気がします。

もがきながらですが、少しずつ答えが見えてくるのではないでしょうか。
何故なら、苦しい出来事の中には、そこから抜け出すための答えが、必ず隠されていると思うからです。
その答えを見つ出すことが、人生の学びであり、あなたの成長につながっていると思います。

彼のご両親は、あなたにとって大切な人ですから、これからも仲良くして下さい。

イクミ さんのコメント...

匿名様

こんばんは。
あなたの魂が受け入れたのなら、彼のメッセージだと思います。
彼のメッセージだとすれば、通信が許されていることになり、自殺した彼の罪はそれほど重くなかったと言うことになります。
彼自身が自殺の原因を作ったわけではないと考えられます。

仕事中一人になると、発作みたいに逃げ出したくなると言うことですが、過去が呼び覚まされて、深い孤独や恐怖を感じていたと思います。
もっと掘り下げて聞いておけば良かったと言われましたが、男としてずっと隠していようと思っていたのではないでしょうか。
これ以上あなたを、自分のように悩ませる、恐ろしがらせることは、言いいたくなかったと思います。
あなたからお兄さんを、できるだけ遠ざけたかったと思います。

彼のご両親ですが、葬儀の打ち合わせに欠席したのは、彼に対して後ろめたい思いがあったからなのかもしれません。
あなたも言いたいことはあるでしょうが、彼にとって大切な親であり、お子さんのおじいちゃん、おばあちゃんでもあるので、変わらずに付き合って行って下さい。

あなたの愛念が届く度に、この世に生きてお二人を守りたかったと、強く後悔してしまっているかもしれません。
愛は死んでもなくなることはありません。
見えなくなりましたが、今も3人家族です。
お二人を守り導いてくれると思います。

最後に、「大きな借りを作ってしまったが、この借りは必ず返す」と伝えて欲しいようです。

匿名 さんのコメント...

イクミ様
ありがとうございます。
最後の言葉はとても主人らしい言葉で思わず涙と笑顔が溢れました。
私としては後悔はしても、仮を作ったまで思わないでほしいですが、主人は仮とか恩とかとても気にする人でした。
主人にもっと心を開いて何でも打ち明けて欲しかったし、私自身も淋しさはありましたが、ゆっくり時間を掛けて自分の価値と幸せを見出してくれたらと思ってました。
何だか主人はまた必要以上に自分を責めているのではと少し心配にもなりますが、私は主人をとても愛している、でもやってしまったことはしっかりと反省してほしいことを今からでもしっかり学んでもらえたらと思っています。
可愛い子供を残し家のローンも残し何も言わずに逝ってしまった主人を責めてしまうこともありますが、本心では主人を大好きな気持ちはこの先も変わらないと思います。
久しぶりに主人と会話が出来たような気持ちになり本当に嬉しかったです。
また来世で一緒に暮らせる時が来ることを信じて、主人と私と子供が成長できるよう前を向いて行きます。
これからもブログ拝見させていただきます。本当にありがとうございました。

イクミ さんのコメント...

匿名様

おはようございます。
あなたの想いは、瞬時にご主人に届いています。
素直な気持ちを伝えて下さい。
ご主人は、この世のあなたとお子さんの想いを感じながら、生きて行く様を傍で見ながら、学んで行くと思います。
あなたは最愛の人を失いましたが、それに見合う分の霊的な成長が得られると思います。
これから先、いろいろなことがあると思いますが、苦しいことほど、つらいことほど、魂を成長させていることを、どうぞ忘れないで下さい。
成長することが、この世を生きる意味そのものです。
そして、愛し合っていれば、来世でも一緒に暮せますので、安心して下さい。

うり子 さんのコメント...

イクミ様

ありがとうございます。
そうですね、彼はとても幼い人だったと思います。そうだったからこそ、もしかしたら会社の上司や、飲み屋のマスターなどに可愛がられていたのかもしれませんね。でも、幼かったから大人ぶっていた面もあり、自分でも収集がつけられなかったこともあると思います。きっと結婚もそうだと思っています。結果、ふざけた奴になってしまいました。そう思われても仕方がないと思います。
イクミ様が言ってくださったように、私はそういう彼をどうにかしてやりたかったんです。

親愛の念を送った時は必ずいるのですね…一人芝居にはならないのですね。よかったです…
昨晩、イクミ様のお返事を読んでいたら急激に眠たくなり、また寝てしまいました。そしたら今度は彼が夢に出てきました。彼のご両親も一緒でした。教室のような所でそれぞれの机を合わせて向かい合って給食を食べてるような感じの風景でした。その時ご両親の机が壊れていて、彼がそれを直そうと色々していました。私はそれを見ていました。そしたら途中で彼が「俺はもうここにはいれないから、後は頼む」と私の方をまっすぐ見て言いました。それで私は「うん」と深く頷きました。その後もいろんな人が出てきて夢は続きましたがそこしか覚えていません。
これも、伝えたくて来てくれたのかな…と、思いました。前回ご両親にできることはしたいと書いたので、余計にそう思いました。


イクミ様のブログやコメントを読んでいると急激に眠たくなって寝てしまうことがよくあります。(他のスピリチュアル系のブログや本でもたまに)波動が高いものに触れると眠たくなるというのを目にしたことがありますが、そういう事なのでしょうか?イクミ様にお聞きすることかどうか分からないのですが。私が疲れているだけなのかもしれませんが…

イクミ さんのコメント...

うり子様

こんばんは。
彼のことを、ふざけた人間と言ってしまいましたが、あなたの行き場のない思いを考えると、ついそんな言葉が出てきてしまいました。
でも、良く考えてみると、過ちをしない人間など、この世に存在しません。
申し訳ありません、言葉が強すぎたと思います。

愛念を送った時に、自然法則により魂は引き付けられます。
夢に出て来たのですね。
もっと親孝行したかったと思っているのでしょうか。
心から愛してくれた人が、自分たちの他にもいるのは、彼がこの世に生きていた証になるので、ご両親にとってもうれしいのでしょう。
これからも、あなたに良くしてもらいたいのだと思います。

このブログの波動が高いとは思っていませんが、私がヒーリングをしている時は、波動の高い(霊的な)エネルギーが私を通過しています。
どんなに起きていようと頑張ってみても、眠ってしまうことはたびたびあります。
良く判りませんが、霊的な意識が高まって思考が停止して、眠たくなっているのかもしれません。

うり子 さんのコメント...

イクミ様

いえいえ、謝らないでください。私の事を考えてのお言葉だと分かっております。それにイクミ様でなくてもそう思うと思います。ありがとうございます。それに私が行き場のない思いをここに書き込んでしまったからです。申し訳ありません。

それにシルバーバーチの霊訓というものを知り、イクミ様のブログに辿り着いたことで、私の心は本当に助けられています。感謝しかありません。

そうなんですね、感覚的には思考停止という表現が近いかもしれません。

私は愛について勉強させられてるのかなと最近は思うようにしています。

匿名 さんのコメント...

初めてコメントさせていただきます。

若いころは、失敗したらみっともないという変なプライドと共に、少しでも困難を避けようと楽な道へと流れてた気がします。
でも楽な道と思ったものは、結果的にはいばらの道だったりしました。それは今でも尾を引いています。

現在も苦しみから逃げないで正面から立ち向かっているかな、と思うと自信がありません。

そもそも困難苦しみから逃げないで立ち向かうとは、どういう態度だろうかと考えてしまいます。

小さいことでも出来ることを、ひとつひとつやっていくことかな、と思ったりします。

イクミ さんのコメント...

匿名様

おはようございます。
ブログを読んでいただき、ありがとうございます。

若い頃は、私も失敗を恐れていましたし、楽に生きることも考えていました。
正直なところ、今もそう思ってしまう時があります。
楽な方向へ行ったつもりでも、この世の人生は成長するためにあるので、自然法則の働きにより、別の困難が生じるようになっていると思います。
なので、苦しいと判っていても、あえて進んで行く方が、賢明だと考えています。
困難、苦しみから逃げないで立ち向かうとは、逃げようとする自分(この世の自我)に抵抗している自分(魂)がいることに気付き、その声に素直に従うことだと思います。
本当の自分(魂)は、たとえ苦しくても成長して行くことを、希求しています。

匿名 さんのコメント...

イクミ様

早速のご返答ありがとうございます。

魂の声は、自分のやりたいことと違っていることもあるのですね。

私はどうも仕事が長続きせず、辞めようと思っていなくて、今度こそ長く続けたいと思っていても、辞めざるをえない状況が起きてしまい退職ということを繰り返しています。

今も失業中で、健康上の問題もあり、次の仕事どうしようかと考えているところですが、これだけ同じパターンが続くとどうしたものかと思います。

魂は次なる成長を求めて、他にやるべきことがあるということでこうなってしまうのか、カルマが重すぎて、カルマ解消のためにこのようになるのか、よくわからないでいます。

イクミ さんのコメント...

匿名様

おはようございます。
やめてしまう仕事は、魂が求めていない、言い方を変えると自分の成長につながらないのかもしれません。
次の仕事をどうしようか考えているところなのですね。
今は、焦らずに機が熟するのを待つ時かもしれないです。
あなたの背後霊に、自分を成長させてくれる仕事に導いてもらえるように祈ってみたらどうでしょうか。
しばらくすると、仕事の方から自分にやってくるかもしれません。

tomotomo さんのコメント...

前回のブログにコメントさせていただきましたtomotomoです。申し訳ないのですが、主人にもう一度だけヒーリングを施してもらえませんか?できたら明日の夜の10時から11時だと助かります…。すいません、よろしくお願いいたします。

イクミ さんのコメント...

tomotomo様

おはようございます。
了解しました。
明晩の10時から11時の間に、ヒーリングを行います。
早く、元通りになればと思います。

イクミ さんのコメント...

tomotomo様

こんにちは。
昨晩10時からヒーリングを行いました。
理由は判りませんが、予想していた以上に、力が流れて行くのを感じました。

tomotomo さんのコメント...

ありがとうございました。とてもとても感謝しています。