2017年1月22日日曜日

あの世からの愛の表現は守り導くこと


今は、便利な世の中になりました。

一昔前までは、車で目的地までたどり着くために、途中で何度も地図を見ながら、道を確認したものでした。

不慣れな場所で、道を間違えてしまい、とんでもない方向に行ってしまったことが、何度もありました。

今は、カーナビゲーションシステムがあり、音声ガイドに従い、目的地まで確実に誘導してもらえます。



人生には、案内図はありません。

どちらに進もうか迷った時に、自分で決めるしかありません。



私たちは、一人で人生を歩んでいると思っています。

実は、そうではありません。

一生涯に渡って、目に見えない存在が付いて、守り導いてくれています。



およその人生は、生まれる前に決められています。

その人生に沿って生きれば、予定されていた魂の成長が得られるようになっています。

目に見えない存在は、予定された成長が得られるために、随所で私たちを導いています。

人生のナビゲーションシステムのような役割を果たしていると言って良いのかもしれません。



けれども、多くの人は、今までの人生で導かれていると感じたことはなく、自分一人で決めてきたと思っています。

以前の私もそうでした。

導きなど、宗教が作り上げた概念だと思っていました。

約11年前に、突然、病気を癒す力が出現しました。

シルバーバーチの霊訓(霊的真理)に出会いました。

そして、今まで経験したことのない苦難の日々が始まりました。

これら人生を変える3つの出来事が、わずか1ヶ月の間に立て続けに起こり、人生にはシナリオのようなものがあり、それに沿って生きていて、目に見えない存在に導かれていることを自覚しました。



人生の大きな岐路に立ち、どちらに進んで行こうか迷った時に、漠然とした考えが頭に浮かんで方向が決まったり、あるいは抵抗する何かを感じてやめてしまうことがあります。

そんな時は、目に見えない存在が導いていると考えています。

仕事や結婚、魂の成長に大きく関わる事象には、導きの力が働いていると考えています。

後になって、成り行きで、落ち着くところに落ち着いたと思うのですが、ごく自然な形で、導いてもらった結果だと考えています。



スポーツや事業で成功した人が、マスコミで良く取り上げられています。

自分の才能と努力により、今の成功があると考えている人が、ほとんどだと思います。

もちろん、それを否定しませんが、見えない存在に導かれていた事実を、忘れてはいけないと思います。

ACミランは、世界屈指の名門サッカーチームです。

そこに所属している本田圭佑選手は、移籍した時の記者会見の席で、(ACミランを)選んだ理由について質問され、こんな興味深い回答をしていました。

「心の中で、私のリトル・ホンダに聞きました。『どこのクラブでプレーしたいんだ?』と。そうしたら、心の中のリトル・ホンダが『ACミランだ』と答えた。そういう経緯があって、ACミランに来ました。」

これを聞いた人の中には、何を意味しているのか判らず、ふざけたことを言ってると感じたかもしれません。

私は、リトル・ホンダとは本田選手を守り導いている存在だと思いました。

それまでにも、厳しい局面で、アドバイスを受けて来たそうです。

ここまではっきりと意識している人は、極めて少ないと思いますが、導きの声に素直に従って生きてきたので、子供の頃からの夢が実現できたと思います。



守り導いている存在など、空想の世界の話のように感じる人がいるかもしれませんが、事実です。

この世の人に、例外なく、付いています。

目的は、道を誤らずに、予定されていた人生を歩ませ、成長させるためです。



もし、そんな有難い存在が付いていているなら、なぜ、もっとはっきりと判る形で、導いてくれないのかと、疑問に思う人がいるでしょう。



人は何かを決める時に、誰かに頼ろうとする気持ちがあります。

誰かに頼り過ぎてしまったら、自分では何も決められなくなってしまうでしょう。

もし、その先で失敗して、決めた人のせいにしてしまえば、そこから何も学べなくなってしまいます。

成功したら、味をしめて、もっと頼るようになってしまうかもしれません。



人生は、成功するためにあるのではなく、魂を成長させるため、大切なことを学ぶためにあります。

従って、より成長させるため、教訓を学ぶために、苦難が待ちうけている方向に導くこともあると思います。

それは、失敗や挫折と言われるようなものかもしれません。

もし、苦難の真意が判らないのに、その方向に導いたなら、難色を示す人がいたり、導きを信じられなくなってしまう人がいるかもしれません。



この世の人生の責任は、結局は自分自身で取ります。

よって、最終的な決断は、この世の人がしなければなりません。

導いている存在は、じっと見守っているしかないようです。

はっきりと判らない様に導いているのは、この世の人の(魂の)成長を第一に考えているからであり、自分で決断させるためと思われます。

それは、子供の行く末を心配しながらも、影からそっと見守っている親の心境に近いのかもしれません。



ヒーリングや亡くなった人からのメッセージを伝えるのも、霊界からの導きがあって、成立していると思います。

あの世にいる人が、この世に残してきた人に、メッセージを伝えたかったとします。

本来は、この世とあの世の間で、想いを伝え合うことはできると思いますが、条件が整わない限り、霊媒を介さなければ、願いは叶いません。

霊界の人たちは、さまざまな手段を講じて、この世の人と霊媒と出会わせるように、導いていると考えられます。



守り導いている存在は、この世の人の性格や行動、人間関係などを熟知しています。

また霊界は、この世と比べ物にならないくらい、精緻なネットワークが張り巡らされていて、地上の人の情報を共有していると考えられます。

どのようにすれば、メッセージを伝えられるか、あらゆる可能性を探りながら、模索していると思います。

接点のない人同士を結び付けるために、両者の間に入る人を見つけ出して、その人にインスピレーションを送って、コンタクトを取らせるような言動をさせている時もあると考えられます。

インターネットは、人と人を結ぶためにとても重要な役割を果たしていて、適宜、インスピレーションを送りながら誘導し、接点を持たせるように仕向けていると思います。

思いつきや気まぐれではなく、インスピレーションを受け取って行動していることは、意外に多いと考えています。



このブログにもコメントを書いてくれる人がいます。

そんな人たちの中に、ブログの感想と、今の自分の状況を説明してくれる人がいます。

文面を見て、特に伝えたいことがあるわけでもなく、ご自身でもどうして書いたのか判らないように感じる時は、背後にメッセージを伝えたい人(魂)が控えている場合があります。

偶然たどり着いたのではなく、導かれていたのであり、コメントを書くように仕向けられていた考えられます。

コメントを受け取った前後に、霊的なあたたかさや、エネルギー(魂)のようなものを感じる時があります。

そんな時は、「私でよろしかったら伝えて下さい」と、心の中でささやきます。

しばらくして、心の中に湧き上がって来くる言葉(文章)があれば、それを書き留めて、コメントとして返します。



それとは逆に、私が他の人のブログを見て、特別な理由もなしに、コメントを書き込んでいる時があります。

そんな時は、コンタクトを取るように、私が導かれていると思います。

あの世からこの世の人に、どうしても伝えたい大切なことがあり、霊界が私を利用したと思います。



ブログの写真が目に止まり、この世で1度も会っていないのに、友情のようなものを感じ、何とかしてやりたいという衝動が生まれた時もありました。

すでに、その人(魂)とリンクが出来ているので、心の中に浮かんでくる言葉を、書き並べていくのですが、その時に感じたのは、目の前から消えてしまって悲嘆している、この世に残された人に寄り添おうとする想いであり、生前と変わらないであろう、誠実で、一途な想いでした。

その人の想いを、私が代筆しているようでした。

亡くなった人を感じられない悲しみは、残してきた人に感じてもらえない悲しみの裏返しのような気がしました。

この世の人が想いを知りたい時に、あの世の人は想いを伝えたいのだと思いました。

生きている次元は違っても、想いは同じです。

生命は失われていません。

どうにかして、そのことを判ってもらいたいのです。



霊界の尽力により、想いは伝えられていますが、この世の人には知る由もありません。

伝えようする原動力は愛であり、伝えたいことも愛です。

その力により、多くの魂が突き動かされ間に入り、つながって行きます。

想いが伝わった瞬間、次元を乗り超えて、魂と魂は再び結ばれます。



言葉を超えたものが伝えられて、何らかの衝動が生み出される瞬間を、導きと言うのかもしれません。

その通りに行動すると、必要としている人に巡り合ったり、自分を成長させる事象に遭遇するのかもしれません。

解決しない問題があり、はっと策がひらめくのは、あの世から言語を超えた「ささやき」が、魂に伝わったからなのかもしれません。

その場所に、将来を大きく左右する人がいたのは、霊界の計らいがあったのかもしれません。

今、経験している苦難は、魂を大きく成長させるために、導きによるものだったのかもしれません。

思いつきとして無視してしまったり、偶然として片付けてしまったりしないで、自分は守り導かれている存在であり、一人で生きているのではないことを自覚して下さい。

もし、導きとして感じたのなら、共に生きている見えない存在に、心の中で感謝して下さい。



私たちの人生は、想像をはるかに超えた導きを受けているのに違いありません。

ひっそりと、しっかりと想いが伝えられ、導かれて、今があると思います。



あの世からの愛の表現は、この世の人を守り導くことです。

あの世から想いを伝えて、魂を守り、人生を導いています。

知らずに、愛されています。


















47 件のコメント:

ゆめこ さんのコメント...

こんばんは。
いつもありがとうございます。
毎回、ブログの更新を楽しみにしております。
新年が明けてからだいぶ日にちがたちましたが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

11月に別の記事でコメントを書かせていただいて、娘からのメッセージを届けて下さった時は、
彼氏くんがお墓参りに来てくれるタイミングもあったのですが、
実はあの頃、私は義母の介護と仕事の両立に疲れておりまして、
事あるごとに亡くなった娘に、「○○ちゃん、早く迎えに来て!」と言っていました。
お恥ずかしい話ですが、泣き叫んでいたこともありました。
それで、娘の最初の一言が、「お母さん、私も早く逢いたいよ。」だったんだと思います。
そのことに、先日ふと気付きました。
だから、「強く生きて」「早く逢いたいけど、お母さんは生きなければいけない」と言っていたんだと…
あの時は、娘の想いを受け取りたい!という想いでいっぱいだったので、
「伝えたいことがいっぱいあるのに伝えられない。もうしょうがないなぁと思うんだけど・・・」
という言葉の方に気持ちがいっていました。

まだ娘の想いに私は気付けません。
でも、本当は知らないうちに気付いているのかも知れませんよね。
時々、目覚めた時に、娘に会っていた感覚を覚えることがあります。
きっと、実際に会っていたんだろうと、最近では思うようにしています。

大切な大切な存在を失って悲しみのどん底(死別の悲しみは底なしですが)に落ちて、
そんな中でかけがえのない財産である霊的真理に出会いました。
こんな想いをしないと出会えなかったのかと思うと、気持ちは複雑です。
でも、これも自分で決めてきたこと…
何らかの悲しみや苦しみを経験するシナリオは描かれていたんですよね。
それを自分も納得して、この世に生まれてきたんですよね。
不完全な魂だから、その魂を成長させるためにこの世に生まれてきたんですよね。
生まれた時から見守ってくれている背後霊、そして大好きな娘、大好きな祖母もいるでしょうか?
その人たちに導かれていることを感じながら、そしてそのことに感謝しながら、
日々生活していこうと思います。







イクミ さんのコメント...

ゆめこ様

今年もよろしくお願いします。
11月にいただいたコメントとメッセージを読み返しましたが、やはり霊界でタイミングが計られていたと思いました。
介護と仕事の両立は本当に大変であり、心身の休まる時間がなくて、娘さんに助けを求めてしまうの無理なかったのかもしれません。
言ったことは、当然、届いていますが、娘さんが願いを叶えてやることは出来ません。
せめて、想いを伝えて、慰め、励ましてやりたいと思ったのでしょう。
私も、伝えてくる言葉の真意は判りませんでしたが、ゆめこさんのその時の思いを知り、納得が行きました。

向こうからの想いは、明確な言葉やイメージとして伝わってくることは、少ないのかもしれません。
言葉を超えた何かが魂に伝わり、何らかの想いや観念が生まれ、それが無意識下で繰り返されていると思っています。
魂が通じ合っているとは、そんな状態を指すのかもしれません。
霊界からしてみれば、この世の人が意図した通りに、行動してもらったり、考えが生まれれば、意識していなくても良いのかもしれません。

もちろん、娘さんはゆめこさんに気付いてもらいたいのですが、想いは五感で知覚されるものではありません。
魂が想いを受け取っていても、それが脳に反映されないのでれば、意識できないと思います。
ゆめこさんの心に何か変化があった時、何かの感情や考えが生まれた時に、結果的に娘さんの想いが伝わっていると考えて下さい。
早く実感できる日が来ればと思います。
目覚めた時に、娘さんと会っていた感覚が残っているのは、同じ次元で直前まで会っていて、想いを伝え合っていたからだと思います。

人生は魂を成長させ、学ぶためにあるのは間違いないことです。
ゆめこ様は、娘さんとの別れという極限の悲しみの中で、真理を手にされました。
手にされた真理は永遠のものです。
娘さんとの別れは、決して短いとは言えませんが、一時的なものです。
今は、つらく、苦しい日々が続いていますが、次の世界で全て報われることになります。
次の世界が真の生活の場であり、この世はそれに備える場です。
この世を生きていると、どうしてもそのことを忘れてしまいます。

私たちは不完全な魂であり、完全を目指して成長しながら、新たな知識を得ていると思います。
シルバーバーチが言っているように、知識は全て自分に有益なものになります。
魂を成長させるために生きている、そのために、苦しみや悲しみを経験しなければならない、という知識以上に生きる上で、大切なものはないと思います。

守り導いている存在がいるのを知っていれば、援助を受けやすくなると思います。
娘さんや、今もお祖母さんに親愛の情をお持ちならば、援助に加わっていると思います。
その人たちを感じながら生きて行けるようになることを願っています。

ゆめこ さんのコメント...

イクミ 様

ありがとうございます。
イクミ様の言葉は、いつも、私がこの世を生きて行く上での励みになります。
ありがたいです。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

うり子 さんのコメント...

はじめまして。
突然のコメントお許しください。

先週に、8年ほど一緒にいた彼が交通事故で亡くなってしまいました。
共通の友人も少なく、私が知ったのは亡くなった二日後の15日の夜で、
その時はすでに告別式など全て終わってしまった後でした。
しかも結婚していました。知らない間に。
確かに3〜4年前にあまり連絡を取らない時期があったのはたしかで、
その頃に出会った人のようでした。
もともと結婚願望は無いと、言い切っている人だったので
驚きと悲しみで潰れてしまいそうでした。なんで、と。
子どもはいないようです。

なのに、ここ1〜2年ほどは、以前よりも仲良くなっていて、
前よりも愛を感じていました。私も本当に大好きでした。
正直怪しいなと思ったこともありますが、
週末や、平日、どちらも会えるし、仕事も最近は充実している感じだったので
誰か他に女の人がいるなんて、私の考えすぎかなと思うようにしたんです。

そしたら…亡くなっただけでもショックなのに
結婚の事実をこんな形で知るなんて辛すぎて。
どうにか自分を納得させられるように色々探していましたら
こちらのサイトにたどり着きました。

これも私が自分で決めたシナリオなのでしょうか…
結婚に至った事情はわかりませんが
彼は私の事をちゃんと愛してくれていたんだと思うんです。
辛い時期もあったけど、とても楽しかったし、幸せでした。
だから信じたいんです。彼を。
しかし「結婚していた」という事実がそれを邪魔するんです。
向こうの世界ではそんな人間の形式のことなど
関係ないのかもしれませんが…でも私はこの世界を生きています。

彼は強がっているけど、とても繊細な優しい人でとても不器用でした。
私に対してしていたことはとても酷いと思いますが、
そういうことしてやろうと思って出来るタイプの人ではありません。
彼はちゃんと私を見守っていて、私のそばにいてくれてるんでしょうか。
もちろんそう思いたいんです。
だけど嫁のほうに行ってしまってるんじゃないだろうかとか
どうしても考えてしまって…
特に悲しみが落ち着くと余計に色んな事を考えてしまいます。
これがシナリオで試練なら
一体どういうメッセージだったんでしょうか…
わかる日が来るんでしょうか…
あまりにも、辛すぎます。

これからまた他のページもゆっくり読ませていただきたいと思います。
長文で申し訳ありません。
読んでいただけたならとても嬉しいです。

イクミ さんのコメント...

うり子様

はじめまして、イクミです。
最愛の人を亡くされた上に、あなたが知った事実は、あまりに衝撃的であり、その心中は、とても言葉では言い表せるものではないでしょう。
悲しみの涙が、何かに止められて、流れないのではないでしょうか。

亡くなった彼は、姿は見えませんが、もちろん今も生きています。
交通事故で突然亡くなったので、死んだのを理解するのに少し時間がかかったかもしれませんが、あなたのそばにきっといると思います。
そして、あなたが事実を知ってしまったことは、判っていると思います。
彼が、どのような心境で、今に至ったのか知るよしもありませんが、あなたに対して謝罪の念と、強い後悔と、自責の念を抱いていると、私は思います。

あなたと付き合っていながら、他の人と付き合い始め、それを続けるのはいけないことです。
一人の女性と、愛情で結ばれていたなら、本来は満足して、他に求めることはありませんが、何らかの理由があって、彼はそうではありませんでした。
もし、結婚するのであれば、あなたに告白して別れるべきでしたが、彼は、事実を伝えない方を選び続けました。

自分が蒔いた種は、間違いなく芽を出します。
その芽を早く、自分が刈り取らなければならなかったのですが、彼は刈り取らずにいました。
自分では、どうすることも出来ないほど、その芽は大きく育ってしまったと思います。
いつか破綻することを知りつつも、自分でけじめをつけることが出来なかったと思います。
今の状況は、あなたを深く傷つけているのを、承知していたはずですが、このまま行けるだけ行こうと思っていたのかもしれません。

彼は強がっているけれども、とても繊細で、優しく、不器用な人だったそうですね。
そんな人ほど、自分の本音が出せずに、事態が深刻化してしまうような気がします。

真実を告白することで、あなたを傷つけることが、怖かったのかもしれません。
失うのが嫌だったのかもしれません。

彼がどのように思っていたのか、死んでしまっては、聞き質すことはできません。
全て憶測に過ぎず、いくら考えてみても、仕方がありません。

私は、コメントを読んで正直なところ、あなたを偽り続けていた彼は、とんでもない人間だと思いました。
あなたを見守る資格などないと思いました。
時が経ち、あなただけを愛してくれる人と巡り会って、結ばれて欲しいと思いました。

でも、最終的には、こう思っています。
8年、あなたが彼を愛していたことは事実です。
幸せで、楽しい時間が、たくさんあったことも事実です。
あなたといる時は、彼はあなたを愛してくれたのも事実です。
あなたの人生にとって、必要な人だったのも事実です。
彼と出会えたこと、幸せな時間を過ごせたことに、感謝して下さい。
あの世から導いてもらいたいと、心から願うのであれば、彼の愛を信じて下さい。

真実は1つです。
このどん底を切り抜けて、今生を生き抜いて、あの世に行ってから彼に聞くしかありません。

これは今生のシナリオだったのかと言うことですが、彼の選択によってこの結果が生まれたのであり、あなたに予定されていたものではなかったと思います。

りんりん さんのコメント...

夜分遅くに申し訳ありません。
初めまして。韓国在住5児の母です。
内、ふたりはにゃんこですけどね。笑

30分前までは、
シルバーバーチが何かすら分からず…
何それ?と思って探っているうちにここへ辿り着き、色々と読ませて頂きました。
これもきっと偶然では無く必然なんだと思います^_^;

これからもちょくちょく
遊びに来させて頂きたいと思いますので、
よろしくお願い致します^^

イクミ さんのコメント...

りんりん様

こんばんは。
ブログを読んでいただき、ありがとうございます。
韓国で3人のお子さんと、2匹の猫を、愛情深く育てられているとお察しします。

何かの縁があって、このブログに辿り着いたと思います。
「シルバーバーチの霊訓」について、少し説明します。
一般的な宗教の本ではありません。
目に見えない、霊的な法則について書いてあります。
日本語で出版されている中で、最も次元が高く、信頼がおける書籍だと思います。
書かれている霊的真理は、頭で理解するものではなく、人生の災難、不幸と呼ばれるような出来事が起きて、追い詰められて、魂が目覚めた時に、受け入れられます。
今は、無縁だと思いますが、もし、この先、大きな出来事が起きた時には、シルバーバーチの霊訓がきっと助けとなってくれると思います。
もし、お手元にないのであれば、無料で読めるHPがあります。
アドレスは http://kokorodou.p-kit.com/page199127.html

異国での生活は大変でしょうが、あなたはそこでご家族と共に成長して行くのが、シナリオだったと思います。
これから、つらいこともあるかと思いますが、それを乗り越えて行くのが、この世に生まれて来た目的と受け止めて下さい。
困難や障害を乗り越え、他者に愛を表現することで、魂は成長して行きます。
魂を成長させるために、私たちはこの世を生きています。

うり子 さんのコメント...

イクミ様

お返事ありがとうございます。
そうですよね。話だけ聞いたら本当にとんでもない人間に思いますよね。私もそう思います。
追求しきれなかった私の弱さ、私に打ち明けることができなかった彼の弱さが招いた結果なのかなと今では思っています。
確かに事実を知った日には泣くことが出来ませんでした。しかし、周りの人達の優しさに触れ、今は感情を表に出せるようになりました。

仰ってくださっているとおり、私は彼といる時はとても楽しく、幸せでした。夢のような時間でした。それは事実です。感謝しています。彼がいたから頑張れたこともたくさんあります。
その間も彼は罪悪感を抱いていたのかもしれませんが、今となっては私は彼から何も聞く事もできません。
しかしこちらのサイトにありますように、私の声は彼に届いていると信じて、毎日語りかけています。愛、怒り、疑問、色々。

今回の事が彼のシナリオなのであれば仕方がないな、とも思います。私はとても悲しいですが、私は私でなにか学びがある事なのかもしれません。私にとって、彼の死が無駄にならないように、私に出来ることをして生きて行きたいと思います。
そして、私が今世を終わった時に、彼に直接会いに行きたいと思います。
お話聞いていただいて本当にありがとうございました。

イクミ さんのコメント...

うり子様

あなたの声は、彼に届いています。
その声(思念)を感じ、うれしい時もあれば、いたたまれない気持ちになってしまう時もあるでしょう。
悲しく、つらいのは避けられませんが、涙が流せるのは、今までの日々を信じている証なのでしょう。

あなたが思っている通り、二人の弱さが招いた結果なのかもしれません。
彼の死、今回の経験を通して学ぶことは、自分をしっかりと持ち、強く生きることかもしれません。
この出来事を乗り越えた時には、そうなっていると思います。

この先、まだまだ長いです。
決断を迫られた時には、自分に正直になって、より成長させる方向に進んで下さい。

うり子 さんのコメント...

ご無沙汰しております。
2ヶ月ほど前にコメントいたしましたうり子です。その節はありがとうございました。

この2ヶ月の間に色々あり、導かれていると感じたのでコメントさせていただきました。
あれから3月半ばに以前に守護霊を見てもらった方に、またみてもらおうと伺いましたら守護霊じゃなくて、彼のことを話し出してくださって。
泣き叫んで謝っているよ、と。死んでから私への愛に気づいたって。
「お前が望むなら待ってるって言ってるけどどうする?」
と、言われました。その上からな感じがまさに彼ぽいなと。でも私に選ばせたのは自分に負い目があったから決められなかったのかなって。
そういう変な律儀さも彼ぽかったです。
その日の夜に4段階に分けて彼が夢に出てきました。
私が嫁に絡まれてて、その場を立ち去ろうとしたら彼が来て「お前はそこに座ってろ」と言って嫁と揉めだす。とかハグしてくれる、とか。
夢ですけど、彼からのメッセージかな?と思い嬉しかったです。
それで色々勇気をもらったので、お葬式に行けなかったからせめてお墓詣りには行きたいと思い、
彼のご実家にお供え物と一緒にお手紙を書いて送りました。今の家は知らないし、ご両親に会ったこともないのに実家の住所を知っているというのも不思議な話だなと思ってます。
送るときに「嫌なら届かないようにご自分で細工してください」と言って送りました。
そしたら送った翌日すぐに、まさかのご両親からお電話をいただきまして、お父様とお母様のどちらともお話することができました。
私は彼の好きだった羊羹を買って送ったのですが、お母様が「今日、百貨店に行ったらそのお店があって、息子が好きだったなぁと思ったんですけども、ちょっと高いから今日はやめておこうと、買わずに家に帰ったらその羊羹があなたから届いてたものですから本当に嬉しくて!」
と、言ってくださって私も本当に嬉しくて。
「49日が過ぎたらお骨が戻ってくるから、遠いですがぜひ家に来てください」と言ってくださって、もうご両親よりも泣いてしまって申し訳ない感じでした。
ご丁寧に後日、その送ったお供え物の返礼品もくださって。その挨拶カードの施主が嫁じゃなくて、安堵もあり、また涙が止まりませんでした。
そしてまた連絡をとり、今週末にご実家にお伺いする事になりました。
しかも泊めてくださるとのことで、お言葉に甘えることにしました。お気持ちがとてもうれしかったのです。
私自身の感情は今日までグチャグチャでしたが
この件などはトントンと簡単に決まって行くので、彼が行っても良いって、言ってくれてるのかなと思っています。
彼のご実家にお伺いできることと、まだ納骨はしないそうなので、お骨に手を合わせることができるということで、かなり心が落ち着きました。
私の事はあまり詳しく手紙には書いていなかったのですが、亡くなる2日前にご飯を一緒に食べてた事、出会えて良かった、幸せだった、などは書いたので、怪しい女でしかないのです。
しかし、それも承知の上で呼んでくださっているのだろうと思いますし、私も隠さず話そうと思っています。
彼からご家族の話はたくさん聞いていたので楽しくお話できればなと、思っています。
彼もそれを望んでると思います。
ご両親が彼の生活をどこまでご存知なのかわかりませんが聞きたいこともたくさんあります。
「家でご飯作らないから生ゴミ出ないし、ゴキブリなんて出たことない」と、ちょっと前に言っていたんです。
新婚で、生ゴミ出ないとかありますか?
いったいどんな生活してたんだと今更ながら心配しています。他にも気になる事が多々あります。知らなくて良いこともあるかもしれませんが、全て受け止めるつもりです。

他にも、不思議なことはあって、ふとした時に昔教えてくれた曲が流れてきたり、彼にそっくりな歩き方の少年を見かけたり。部屋がやたらパキパキいったり。
ちらほら「メッセージかな?」と思うことがあります。

彼がそばに居てくれてるって信じて、ご実家に行って来ます。

イクミ さんのコメント...

うり子 様

こんにちは。
やはり、あなたのことを彼はとても気にかけているのですね。
泣き叫んで謝っているのも、頷けると思います。
「お前が望むなら待っている」と言っているとすれば、あなたに負い目を感じているからでしょう。
ちゃんと話をしておけば良かったと、悔やんでいると思います。

夢でもそうなのですが、生前、奥さんとは上手く行っていたとは思えません。
死ぬと、この世にいる奥さんの想いとあなたの想いが、よく判るようになります。
真実を知って、何か強く思うところがあったのかもしれません。

とても良いタイミングで、ご実家に羊羹を送れたのは、偶然ではないような気がします。
あなたがご実家に赴けるように、彼が仕向けているのではないでしょうか。
そこでご両親と会って、彼に代わって事実を伝えてもらうためなのかもしれません。
ご両親も、彼の好物である羊羹を送ってきたあなたを、特別な人だと思っているでしょう。
同じ人を、愛しく想う者同士は、通じ合っているのと思います。
そうでなければ、面識のないあなたを、泊めてくれたりはしないと思います。

彼も、ご両親にあなたの存在を知ってもらいたいのだと思います。
この世の人生の最後を、あなたに愛されていたと知れば、ご両親もきっと喜ぶと思います。

今週末、ご両親に会って、彼に対する疑念が、少しでも晴れればと思います。
彼も、そうなることを期待していると思います。

寛子之恵 さんのコメント...

イクミ様。
こんばんは。お久しぶりです。
毎日お仕事お疲れ様です。
いつもコメントを本当にありがとうございます。

彼が亡くなってから1年が経ち、最近はだいぶ穏やかになれたような気がします。逆に穏やかで、もしかしたら彼は私の事を忘れてしまったのかなぁ?
もしかしたら私の所にいないのかなぁ?なんて思ったりすることもあります。
私は毎日ちゃんといっぱいいっぱい彼の事を思い出させてもらっているし、いっぱい話しかけているのになぁなんて思いながら。
それでも毎日、だいたい夜ですが、彼に話しかけていると何だかとても想いが込み上げてきて涙が出てきます。それはきっと彼も想いをよこしてくれているのかなと。
先日、久しぶりに彼の夢を見ました。どんな夢かは全然覚えていないのですが、彼が現れてくれました。その後すぐに続けて私の車の夢を見たので、
彼が車に気をつけてと言っているのだろうなと思いました。そしたらその日の朝に運転していて人と危なく接触する所でした。単なる不注意、偶然かもしれないのですが、思わず彼に教えてくれて、守ってもらってありがとうって。ありがたくて涙が出ました。そんな事がありました。
彼はやっぱりちゃんといてくれているのでしょうね。
彼には毎日本当に感謝、ありがとうって思います。
どうかこれからもずっとつながっていられますように。

イクミ様、読んでいただきましてありがとうございます。

イクミ さんのコメント...

寛子之恵 様

こんばんは。
彼が忘れてしまうことなどありません。
あなたが穏やかにいることに、安心していると思います。
夜になって彼に話しかけている時に、想いが込み上げて涙が出るそうですが、言葉を超えた同じ想いで魂が共鳴しているためではないでしょうか。
夢のことですが、あなたが想像している様に、彼は予見していて知らせてくれたと思います。
それを感じ取る、あなたの霊的感性は、とても高いと思います。
きっと毎日感謝してもらえることに、応えてくれたのだと思います。
魂は、強くつながっているので、何も心配しないで下さい。

このコメントを書く前に、今の彼の想いのような音楽を見つけました。
よろしかったら聴いて下さい。
http://mettapops.blog.fc2.com/blog-entry-2124.html

寛子之恵 さんのコメント...

イクミ様。
ありがとうございます。
そして、聴いた曲も優しくてとっても素敵な嬉しくなる曲ですね。

イクミ様、これからもたくさんの方達にお力、愛、つながりを教えて行って下さい。
私ももちろんですが、イクミ様に聞いてもらって、教えてもらってどれだけ多くの方達が救われたことと思います。
本当に導いてもらって良かったです。

ありがとうございました。

うり子 さんのコメント...

イクミ様

お返事ありがとうございます。
少し自信がもてました。
大丈夫ですと言ったのですが、ご両親がわざわざ駅のホームまで
迎えに来てくださるとのことで、お会いした事もないのにびっくりですが、ありがたいです。
しかも近くの有名な酒蔵にも案内してくださるみたいで、それも嬉しいです。
ご両親とたくさんお話ししてこようと思います。
骨壷に入った、小さな彼を見たら涙を堪えられないかもしれないですが
魂は私といてくれてるんだって、待ってくれているんだって、信じたいと思います。
私は本当に本当に彼のいい所も悪い所も全てが大好きなんです。
だからイクミ様が仰ってくださった
「同じ人を愛しく想うもの同士は通じ合っている」
という言葉、とても嬉しかったです。ありがとうございます。
前向きな気持ちで週末、ご実家にお伺いできそうです。

寛子之恵 さんのコメント...

イクミ様。
こんばんは。お久しぶりです。
いつもありがとうございます。
ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?

今日は彼の月命日でした。
お墓参りしてきました。
とても静かに、時折吹いてくる風がとても心地良く感じました。
実は数日前の連休初日もお墓参りして来ました。
その日は行く予定ではありませんでしたが、
ふっと彼から「今日辺り来たら!」私が「えっ。誰かに会ったりしないかな。」
彼は「大丈夫だよ。来たら良いんじゃないか。」
「うん。行くからね。」「来る時は気をつけて来るんだぞ。」ということで数日前も行って来ました。
あの日もとても静かな、穏やかな感じでした。
今日はちょっといつもよりゆっくりして。
お墓に彼はいるわけではないのですがね。
話しかけているうちに涙が出てきちゃいました。
今日も、いつもお墓参りさせてもらってありがとうございます。いつもちゃんと見ててくれてありがとう。って彼に言いました。
何だかいつもお墓参りするとほっとするんですよね。そしていつも行って良かったって思うのです。
また彼にありがとうです。

読んでいただきましてありがとうございます。
イクミ様、いつも皆さんに丁寧にコメントしていて、皆さん、本当に救われていると思います。
ありがとうございます。

イクミ さんのコメント...

寛子之恵 様

こんばんは。
ゴールデンウィークですが、ほとんど家で過ごしました。

今日が彼の月命日で、お墓参りをしてきたのですね。
彼はそこにいるわけではないのですが、落ち着いて向かい合える場所であるのは確かです。
あなたは、彼とのやりとりがスムーズに出来ていますね。
素直に彼の存在と、彼の想いを信じているからだと思います。
メッセージは彼からのものですから、疑わないようにして下さい。
もっと、たくさんの人があなたのように、受け取ることができればと思います。

彼がこの世を去った日も、今日のように穏やかな日だったのですね。
まだまだ涙が流れてしまうと思いますが、彼にとっては試練の世界であるこの世から解放された日です。
肉体はなくなり、気兼ねなくあなたの側にいることができ、あなたの想いが手に取るように判るようになっています。

生前と同じように、ありがとうと言ってもらえるので、その度に彼もうれしく感じていると思います。
穏やかな心でいる時は、安心して側に寄り添うことが出来るので、そんな時間が前より多くなって来て、幸せを感じているのではないでしょうか。

彼は、今のあなたに満足していると思います。
彼とあなたの信頼関係は、死によって少しも失われていないと思います。
目に見えないものを、信じることは、本当に大切なことなのですね。
彼が向こうで穏やかでいられるのは、あなたが彼の愛を信じているからであり、思い出して悲しむのではなく、感謝の想いにを伝えてくれるからだと思います。

寛子之恵 さんのコメント...

イクミ様。
こんばんは。
いつもありがとうございます。
連休も終わりまた普段の生活リズムになっている所でしょうかね。

もちろん、私はまだまだ寂しさはいっぱい感じております。時々無性に寂しくて寂しくて。
「今日辺りは会っていたのかなぁ、お食事に行ったりしていたのかなぁ、もっと一緒にいたかったなぁ、会いたいなぁ、声が聞きたいなぁ、抱きしめてほしいなぁ。」なんて考えるとただただ寂しくて。
けれどもいくら願ってももう叶わぬ事です。
周りのカップルとかを見ると何ともうらやましくなったり。きっと彼もそんな時は、この世で私ともっと一緒にって思ってくれているのだろうか?いや、そんな風に思うわけないか、なんていじけてみたり。
でもそうして少し経つと、彼からなだめられるような感じで時々名前を呼ばれます。後はやはり亡くなってからの不思議な出来事を思い出します。すると段々穏やかになります。これまで沢山彼は、ちゃんといるってことを伝えてくれていたんだ。そして同じ想いを持ってくれているんだろうなぁって。
彼を信じているんですね、やっぱり。
彼とのやりとりはまだまだだと思います。もっともっと彼の心の声が聞こえたらどれだけ良いのだろうっていつも思います。もっともっと聞きたいです。
聞こえている方なんでしょうかね?
見えなくなったけれど、魂はちゃんとあるから、触れることはできないけれど心はずっとつながっていて、通じていて、続いている。本当にそう思います
そんなことを感じさせてくれる、彼に感謝します。
彼には本当に、いつもありがとうです。なぜかやはりこの言葉が出るのです。

イクミ様にもたくさん聞いてもらって、教えてもらったおかげです。
読んでいただきましてありがとうございます。
黄砂にお気をつけください。
ありがとうございました。

イクミ さんのコメント...

寛子之恵 様

こんばんは。
寂しさを感じてしまうのですね。
あなたは、彼は見えなくなり、触れられないけど、心はずっとつながっていて、通じていて、続いていると、信じているので、彼からの愛念を受け取りやすいと思います。
受け取った愛念に応えて、自然と感謝の気持ちが沸き上がるのだと思います。
それでも、声を聞きたい、抱きしめてもらいたいと思ってしまうのは、肉体を持っている、この世の人の宿命なので仕方ありません。
でも、そんな時は、きっと彼も同じ想いでいると思います。
抱きしめてやりたいのです。

寂しく、悲しくなった時に、あなたは彼と共にいると強く信じるようにしているので、魂は同調し、愛念が伝わってきて、無意識に癒されていると思います。
愛という力で、一瞬にして、心のありさまを変えることは可能だと思います。

全ての人は霊的存在なので、基本的には霊的通信は可能です。
あなたは、とても感度が良いので、彼も助かっていると思います。
彼を信じるほど、愛するほど、パイプは太くなっていき、もっと聞けるようになると思います。

魂の存在を信じられないために、多くの人が悲しみの淵に沈んだままでいます。
頭で考える習慣がついているので、どうしても信じられないのでしょう。
私も、向こうからのメッセージが伝わって来た時に、自分の潜在意識の表れではないかと思うことがあります。
それでも伝えるようにしているのは、私の魂が、伝えて来る人の魂に共鳴しているのが、体感的に判るからだと思います。
伝わってくる想いを信じないと、全てが終わってしまうからです。
できるなら、私が感じているものを、悲しみに沈んでいる人が、感じられるようになって欲しいです。

寛子之恵 さんのコメント...

イクミ様。
おはようございます。
本当にそう思います。
私も自分の願望等でそう聞こえてくるのかななんて思ったりすることもありましたが、信じています、今は。
先日彼に「私は何か人の役にたちたいとおもうのだけど、でもいったい私はどんな事で役にたてるのかなぁ?わからないんだ。」って言ったら、彼は
「○○子は、皆に元気をあげられるよな。」って言われました。
でもそれはどんな事をいうのかはちょっと具体的にはわからないのですがね。
色々な人に声をかけてあげるということなのか?
きっと、彼は導いてくれるだろうと思っています。
これからもたくさんまた彼に話していきます。
彼からも想いをたくさんもらって。もちろん私も彼をたくさん想って。

イクミ様、読んでいただきましてありがとうございます。
早朝から失礼しました。

イクミ さんのコメント...

寛子之恵 様

おはようございます。
彼との想いを聞いて、思わず同じだと感じました。
あなたは、特別なことをしなくても、今まで通りに生きていれば良いと思います。
素直で、明るく、元気なので、それが周囲に伝わって、良い影響を与えているからです。
そんなところが彼は大好きで、今も引き付けられるのだと思います。

寛子之恵 さんのコメント...

イクミ様。
こんばんは。
いつも本当にありがとうございます。
今日は用事があり、仕事をやすみんで、その用事も終わり。今、また彼の生前に2人でよく来た(先月も来ました。)居酒屋さんに1人で寄ってお食事していました。時間ができるかどうかわからなかったのですが、今日も来れました。
彼は見えないけど、何だか本当に隣りにいるみたいです。今日もまた彼をいっぱいいっぱい思い出しています。涙ぐんだりしますが、けれども彼は一緒にそばにいてくれている。何も変わっていないときっと多分、お互いに2人して想っていることでしょう。
今日も来させてもらってありがとうです。

イクミ様、今日も読んでいただきましてありがとうございます。

うり子 さんのコメント...

イクミ様

お久しぶりです。
先日、彼のご両親にお会いしてきました。
初めて会ったとは思えないぐらい自然に楽しく、とても居心地がよかったです。
たくさんたくさん、彼の事お話ししてきました。
本当に息子が申し訳ない事をしたと何回も謝ってくださって逆に私が申し訳なかったです。
ご両親は私が知りたかったような事はほとんど何もご存知ありませんでした。
結婚も電話で事後報告だったようで、ご両親も式はしなさいと言ったそうですが
絶対にしないと言うし、さらに結婚の経緯や、生活など詳しいことは何もわからないそうです。

なぜかお葬式も彼のご両親が全額出していたのに喪主が嫁だったうえに、
49日も嫁から「こちらでやるとお金がかかるのでそちら(彼の地元)でやってください」と
言われたらしくて、でもその費用も結局ぜんぶ彼のご両親が出したそうです。
しかも49日には彼のお骨と、彼が実家から自分で持って行ってた子供の頃の写真数枚だけしか持って来なかったそうです。
私がお伺いした時もまだ何も遺品など貰えてないだけでなく、そういうお話もしてないようでした。
「49日の件、お父さんは言葉尻をとるなって言うけど『お金がかかるから』って…えー?ってなってねぇ」
と、お母さんが仰ってました。なんか…色々酷いなと思ってしまいました。
遺品整理の件も忙しそうという理由で嫁に聞けなさそうでしたが、
嫁はもう先月から趣味のバンド活動を再開してました。そんなことできるならご両親にちょっとでも連絡できそうなのに。
もうなんか色々信じられません…。

ご両親は本当にとっても上品で穏やかで、素敵でした。
私の想像していた通りの方たちで嬉しかったです。
だから余計に彼に対して色々「なんでなの」と思ってしまいました。
以前にイクミ様が亡くなったのは彼のシナリオだったと仰っていましたが、本当にそうだと思いました。
亡くなる前の日に、お母さんが荷物を送ったからと電話されたそうで、
いつもなら不機嫌そうで何も話さないそうですが珍しく昔の話をしたそうです。
さらにいつもはお父さんと電話も代わらないのに、その時は自分から「お父さんいる?」と聞いてきたそうで
「あの時はここへ行ったね。楽しかったね」というような話をしたそうです。
さらにその前の日には私と過ごして、珍しく外へ食べに行って奢ってくれていましたし。
その他にも、少し前に地元の友人に「自分に何かあったら親を頼む」と言っていたそうです。
彼は、やはり分かっていたのですね。

そして最後に食べに行ったレストランで彼に「海老フライが大好き」と話をしたのですが
彼のご実家で、お母さんが作ってくださった夕飯が海老フライでした。
たまたまかもしれませんが、とても感動しました。
彼が私の家でうたた寝している最近の写真を見てお母さんが
「〇〇さんには悪い言い方かもしれんけど、この子がこうしてリラックスできる場所があって良かったと思う」
と言ってくださいました。嬉しかったです。

家に泊めてくださっただけでなく、2日間とも色々観光にも連れて行ってくださって、
私が帰る最後の最後まで一緒にいてくださいました。
GWにもかかわらず、駐車場も観光地なのに奇跡的にすんなり見つかり、
普通なら混み合う場所もゆったり見れたりして、彼も一緒にいてくれたのかなぁと思いました。
帰りも駅のホームまで来てくださって握手してくれました。
そのお二人の手がとてもあたたかくて涙が止まりませんでした。
私のしていた指輪が彼とお揃いで買ったものだけど彼は失くしたようですと伝えると
「これが結婚指輪だったらよかったのに…!」と言ってくださいました。
それだけでも私は本当に嬉しかったです。

やっぱり、今回の実家訪問は彼が導いてくれたのかなって思います。
後のメールでご両親とも、お互いに一生忘れられない大切な時間を過ごす事ができたねとお話しました。
是非また来てくださいとも言ってくださっていて、私もそうしたいと思っています。
彼の本心はわからないままですが、今回ご実家に行けた事で、
以前よりも彼を近くに感じる事ができている気がします。
声とかは全く聞こえないですが…タイミング良く音がしたり、物が落ちたり。

とても辛い日々を過ごしていましたが、
今回のような事にまでたどり着けたのも
このサイトに出会えて希望と勇気をいただけたおかげです。
本当にありがとうございます。


イクミ さんのコメント...

寛子之恵様

おはようございます。
また居酒屋に行って来たのですね。
彼は見えないけれども、本当に隣にいるみたいだと言うことですが、本当にいたと思います。
酒は飲めないけれど、懐かしく、良い気分に浸らせてもらったと思います。
思い出して、感謝されるほど、向こうにいる人がうれしくなることはありません。
うれしい想いが、あなたに伝わって、きっと涙になったのだと思います。

イクミ さんのコメント...

うり子様

こんにちは。
連休は、とても充実された時間を過ごされて、本当に良かったですね。
彼をやさしく取り囲むように、あなたとご両親がいると思いました。

ご両親は、彼と奥さんの関係に、頭を悩ませていたような気がします。
お話から、夫婦の関係が愛情で結ばれていたとは思えません。
死んであの世に行くと、この世の人の想い(思念)が、手に取るように判るようになります。
奥さんに対して、ものすごく失望したと考えられます。
対称的に、あなたがこれほどまで愛してくれているのに驚いている思います。

今回、ご両親と会えたのは、彼の導きによると考えています。
大きな目的は、結婚生活で幸せに恵まれず、不憫に思っているご両親にあなたの存在を知らせ、最後は幸せだったことを伝えてもらい、慰めるためだと思います。
そして、ご両親の気持ちを通して、あなたと結婚しておけば良かったと、悔しい想いを伝えたかったのかもしれません。

亡くなる前の日の、ご両親への電話は、さよならのあいさつだったのでしょう。
もちろん、彼は意識していたわけではありませんが、奥深いところにしまわれている自分のシナリオが、表に出てきたと思います。
あなたにちょっと優しかったのも、友達へ言ったことも、そのことを裏付けていると思います。

今、彼は本当はあなたと結婚するはずだったのに、自分のわがままや思い付きで、横道にそれてしまったことを、そして隠していたことを、すごく後悔していると思います。
けれども、あなたと結婚していたとしても、寿命は予め決まっていたので、別れは避けられなかったと思います。
どちらに進んでも、この悲しみを通してあなたは愛を深く学び、魂を成長させて行くことになるのは変わりありません。
それは、あなた自身が決めていたシナリオであったと思います。

彼は、こんな自分だけど、あなたが許してくれるなら、そばにいて守ってやりたいと想っているような気がします。

寛子之恵 さんのコメント...

イクミ様。
こんばんは。
毎日本当に、いつもありがとうございます。
コメントを返してもらい、読ませてもらって、毎回熱くなるものを感じます。
陽もだいぶ長くなりましたね。

最近思うのですが、以前は仕事が終わって帰る時間帯はとてつもなく寂しくて嫌いな時間帯でした。
日中、お仕事をして打ち込んでいる時間の方が少しは気持ちが紛れていました。
ですが、最近はもちろん当然寂しいですが、それでも何だかうまく言い表せませんが、この仕事終わった時間と、夜に色々用が済んで眠りにつく前の時間が寂しいけれど好きな時間に思えるのです。
見えないけれど彼とゆっくり、別にペラペラ話す訳でもなく、毎日同じ事を伝えていて、、ただただ名前を呼んでいたりしているわけですが。しんみりなんですが、好きな時間となっています。
きっとお互いに何も特別な事は言わなくても想いがつながって、通じているのかなぁと。
そんな想いがきっと涙になるのでしょうね。
毎日思い出させてもらってありがたいです。

いつもイクミ様のブログを読んで、色々な方々がいるのだと思います。いずれにしても大好きな方を亡くして寂しくて悲しくて辛い気持ちは皆、一緒ですね。こんなに辛いのはありませんよね。
それでも皆、亡くなった人を信じて、想って日々過ごしている。

イクミ様、読んでいただきましてありがとうございます。
お仕事お疲れ様です。

イクミ さんのコメント...

寛子之恵様

こんにちは。
仕事に打ち込んでいる時は、頭脳が活発に活動しているので、魂は休んでいます。
仕事が終わりホッとすると、頭脳の活動が弱まり、代わって魂が活動を始め、悲しみや寂しさが生じてしまっていたと思います。
以前と比べて、悲しくならないのは、見えないけれどいてくれると素直に信じられるようになり、彼との交流がはかられているからだと思います。
眠りにつく前は、魂の活動がさらに活発になるので、お互いの魂が触れ合っているのを感じられているのかもしれません。
まだまだ、悲しく、寂しいでしょうが、同じ想いでつながることができて、とても良好な関係になりつつあると思います。
信じれば信じるほど、つながりは太く、強くなって行くと思います。
自然法則(神の摂理)は、信じる方向に、導いていると思います。

うり子 さんのコメント...

イクミ様

お返事ありがとうございます。
はい、本当に素敵な連休になりました。
心の思うままに行動して良かったと思います。

観光地でも休憩所でも駅でもどこでも
ご両親は私を真ん中にして座ってくださって、
流れで端っこに行く感じになっても「こっち!」と言って、わざわざ真ん中に座らせてくれます。
なんだか本当の親子みたいで自分で言うのも何ですが微笑ましかったです。

彼が、私からの愛、そして私への愛に気づいてくれたと信じたいです。そして、私の存在を知る事でご両親の心が少しでも楽になられていたらこんなに嬉しい事はありません。
お伺いさせてもらったお礼にご両親にお手紙を書いたのですが、
はじめは勢いでそこに、結婚相手のことについて、お話を聞く限り正直どうかと思いますと、
遺品整理のことぐらいは大切な息子さんのことだから聞いてもいいんじゃないでしょうかというようなことを書いていたのですが、なんとなく、次の日にそれは私が言うべきではないなと思ってそこの部分は全部書くのをやめました。
今回はお礼を伝えたかったのだから、明るいエネルギーだけのお手紙にしたいなと思ったんです。
そこになんとなく気付けたことが、私の成長だったり、彼が「お前はそこに関わらなほうがいい」と言ってくれたんだったりというこなら嬉しいです。

「私はそんなあなただから好きだったんですよ。許すも許さないも無いです。
生きてる時に、もっと、ちゃんと愛してほしかった。もっと、ちゃんと、弱いご自分とも、私とも向き合って欲しかった。
だから、肉体は無くなってしまったけど、これから、ちゃんと愛して欲しいです。生前、一緒にいれなかった分も、そばにいて欲しいです。」
と、彼に伝えたいです。
伝わりますよね…。

イクミ様が仰ってくださったように、私は自分で決めたのであろうシナリオを生きて、これから愛について学んでいこうと思いました。今回も、お話聞いてくださってありがとうございます。感謝します。

イクミ さんのコメント...

うり子様

あなたの文章を読んでいて、どうしても感じてしまうことがあります。
予め決めていたシナリオに従って人生は展開して行きますが、人間には自由意志があり、予定が狂ってしまうことがあるようです。
あなたと彼は結婚する予定でしたが、彼の思いつきか、奥さんの強引さなのか分りませんが、何かの理由があって変更されてしまったような気がしてなりません。

ご両親の様子ですが、初対面の人に会ったとは、とても思えません。
こんな人がお嫁さんに来てくれたなら良かったのにと思っている以上に、あなたが本来、義理の娘になる予定の人だったので、強い親近感を感じているように思えます。
霊的な結びつきのようなものを、あなたもご両親も感じていたのではないでしょうか。

ご両親に当てた手紙に、奥さんのことを書いたけれども、翌日やめたそうですね。
あなたが書かれていたように、彼の想いが伝わって来たのではないでしょうか。
きっと、あなたにもご両親にも、かかわってもらいたくない人なのでしょう。

ご両親に対する、あなたの気遣いやさしさを見ていて、彼の後悔の想いはさらに大きくなったのではないでしょうか。
何で俺はこんな大切なことに、今まで気付けなかったんだと。
あの世から、この世にいるあなたの様子を見ながら、人として1番大切なことを学んで行くと思います。

「私はそんなあなただから好きだったんですよ。許すも許さないも無いです。
生きてる時に、もっと、ちゃんと愛してほしかった。もっと、ちゃんと、弱いご自分とも、私とも向き合って欲しかった。
だから、肉体は無くなってしまったけど、これから、ちゃんと愛して欲しいです。生前、一緒にいれなかった分も、そばにいて欲しいです。」
この想いは、しっかりと彼に届いています。
そこまで想ってくれる人は、この世の中にいないのが、今の彼は判っています。
涙を流しながら感謝しつつも、さらに後悔の想いが膨らんでいるのではないでしょうか。
今までしてきた自分の行いを思い出し、腹立たしさを超えた、痛みのようなものを感じているのかもしれません。
その後悔や痛みが、自分ともあなたとも向き合ってこなかった、ちゃんと愛してこなかった、事実を隠していた罪の償いになっていると考えられます。

そばにいてやれなかった分、これからはそばにいて、全霊であなたを愛し、見守ってくれると思います。

寛子之恵 さんのコメント...

イクミ様。
こんばんは。
お仕事お疲れ様です。
今回もまたお世話になりまして本当に、ありがとうございます。
いつも本当に。

これからもずっとずっと彼とつながっていられますように。
そして、もっともっと彼の想い、心の声が聞こえますように。
今日は月がとても綺麗です。
彼の生前時々「月が綺麗だよ!」って彼に言ってました。そんなやりとりを彼は思い出しているかなぁ?覚えているのかなぁ?
今日もまた彼に月がとても綺麗だよ!って話かけてみます。
いつかまた一緒に見られると良いね。って。

イクミ様、読んでいただきまして
ありがとうございます。

うり子 さんのコメント...

イクミ様

お返事ありがとうございます。
前に「彼が泣き叫んで謝っているよ」と霊能者の方に言われたと書きましたが、実はその方にも「その結婚相手、業の強い女だねー!彼、シナリオ書き換えられてるわ!」と、言われたんです。どの部分をどう変えられたのかまでは聞いていませんが、イクミ様にもそう言われたのでびっくりしています。
本当にそうなんだとしたら、かなりショックです。なぜそんな事されなきゃいけないんでしょうか…彼の弱さと、私の勇気の無さがその女の人の業に勝てなかったという事なんでしょうか。

会ったことない人のことを悪く言うのは良くない事なのは重々承知しておりますが、こんなことになる前に、私はその人の写真をFacebookで見た時から「この人は何か嫌だ」と女の勘なのか、魂がわかっていたのかわかりませんが、モヤモヤしていました。
彼と何か関係があるのが、この女の人だけは絶対に嫌だなって、ずっと思ってた人でした。だから事実を知った時に、本当に腹わたが煮えくり返るってこういう感じなのかというのを体験しました。

しかし、彼の臆病さや性格からしても、何もないのに自分から結婚を申し出るなんて考えられないんです。自分の親にも秘密だらけだったという事から考えても、避けられない何かがあったのだろうなと私は思っています。

彼のご両親とは本当に、自分でも初対面とは思えない感じでした。
初めて会って私と彼の関係を話す前にお母さんが「私、お手紙いただいた時に赤ちゃんでもおるんやろかと思ってね!いたら良かったのに」と言われたんです。お父さんは「ごめんね、この人急に突拍子も無いこと言うから!」と仰ってましたが、本当にびっくりして。子ども残念ながらおりませんが、やはりなんとなく繋がりを感じてくださっていたのかなって思いました。

四九日の法要のお金の件などもそうですが、お母さんに話を聞くと、お寺もいい時間が空いてなくて、その都合で法要の後のお食事が料亭も仕出し屋もどこも準備中や満席などで予約が取れなくて、結局すごく遠くまでお弁当を取りに行く事になったりとかでバタバタして、あまりスムーズではなかったようです。やはりお相手の一族はご先祖さまとかにも歓迎されてなかったのかなって思いました。


私の想いは届いてるんですね!よかった。
めちゃくちゃ反省していただきたいです。そして、お母さんの夢に出てあげて欲しいですね。
まだ一回も夢に出てきてくれないって残念そうにされてたので….
私ももっと、彼を感じることができたら嬉しいのですが、霊感的なものが無いのでちょっと寂しいです。

イクミ さんのコメント...

寛子之恵 様

おはようございます。
お二人で月を見て、綺麗だよと彼に話しかけていたのですね。
彼に話しかければ、うれしそうに言っていた、あなたの顔も思い出しくれると思います。
かぐや姫ではありませんが、昔から人は、月を見て、あの世に行った人に思いを馳せていたのかもしれません。
もしかしたらですが、月を見ると心が穏やかになり、霊的な感度が高まり、あの世の人の存在を感じたり、想いが伝わりやすくなっているのかもしれません。
今晩、晴れていたら、私も久しぶりに月を見てみたいと思います。

寛子之恵 さんのコメント...

イクミ様。
こんばんは。
いつもありがとうございます。
イクミ様のコメントをいつも嬉しく読ませてもらっております。
今日はもしかしなくても残念ながら月は見えないかもしれませんね。
私は太陽も好きですが、月も好きです。
普通は皆、太陽が好きなんでしょうがね。

それから、イクミ様、
私は毎日毎日、たくさん彼に話しかけていますが、
それはいつも同じ事を毎回毎回話ているのですよね。でも結局、想いはそうあるのでいつも同じになるのですが。
彼はいつも同じ事を言っているなぁとか思ったりしますかね?
それとも、例えそれがいつも同じような事でも自分をちゃんと思い出して話しかけてもらうのが喜んでくれるのでしょうかね?
多分、ずっとこの先も私は同じ事を話て行くと思うのですが。
思い出すことが何よりなのかなぁと。

イクミ様、お仕事お疲れ様です。
読んでいただきましてありがとうございます。

イクミ さんのコメント...

うり子様

こんばんは。
シナリオが実際にどうであったのかは、今生では知ることはできません。
彼は向こうに行って、守護霊などから伝えてもらい、知っていると思います。
ただ、結婚と言っても、それは地上だけの形式的なものです。
一番大切なのは、魂と魂の結びつき、言い換えれば真実の愛が存在しているかどうかです。
この世では判らなかった想いが、あの世では視えるようになります。
ちょっと遅かったのですが、あなたの想いに気付いたのです。
自分の本当の想いにも、気付いたのです。

彼は、相当苦しい状況にあり、自分に原因があることも判っています。
涙を流すほど悔いていると思いますが、その悔いを和らげるものは、彼の愛を信じるあなたの想いであり、そしてあなたからの愛だと思います。
今度は、主導権はあなたにあります。

言い尽くせぬほどの、さまざまな想いがあるとお察ししますが、お二人が成長する方向に進んで行くことを、心から願っています。

イクミ さんのコメント...

寛子之恵 様

こんばんは。
あいにくの曇り空で、今夜は月は見えません。

彼に話をしていることが、毎回同じになると言うことですが、彼がいつも同じことを言っていて飽きてしまっていることはありません。
あなたのその力強い想いを、毎回うれしく感じ、感謝し、向こうで生きて行く力になっていると思います。
向こうでも、こちらでも、生きていく原動力となる力は愛であることに変わりありません。

月は雲で見えなくなっても、雲の上で光り輝いています。
姿は見えなくなりましたが、彼の魂はあなたへの愛で光り輝いていると思います。

寛子之恵 さんのコメント...

イクミ様。
こんにちは。
コメントをいつもありがとうございます。
これからも彼の名前をいっぱい呼んで、彼を想い、思い出して、たくさん話しかけていきます。
彼の愛情、想いを信じていきます。

イクミ様のブログでこれからも色々な事を教えて下さい。

読んでいただきましてありがとうございます。

うり子 さんのコメント...

イクミ様

こんばんは。
今回もお返事いただきありがとうございます。
そうですよね。シナリオが分かってしまうというのはテストでカンニングしているようなものですよね。死後の世界に行かないと答え合わせはできないんですよね。すみません。
もともと私が自信がなかったからこんな事になってしまったという気持ちが強くあり、だから彼から愛されていたのかと余計に自信を無くしてしまったのです。でもそれこそが、彼が私にくれた学びなのかもしれません。

今日は月命日でしたのでお花も新らしくして、彼の好きなものとビールで乾杯しました。先日のお礼も兼ねて彼のご両親に母の日のお花を送ったのでその件でお母さんがメールをくださったので、少しやりとりしていました。それからテレビを見てて、ふと「またご両親に会いに行ってもいい?」と写真にむかって話しかけたら、急に目頭が熱くなって涙が出て来ました。ただ自分の思いが込み上げただけの可能性もありますが、ホントに急に涙が出たので、彼の「すまん、行ってやってくれ」という想いなのかな…とも感じました。

結構最近は落ち着いていて、そこまで泣く事も減っていたのですが、イクミ様からのお返事を読んで、これを書いていると涙が次から次へと溢れて止まりません。自分でもどういう涙なのか説明できないのですが。
今はまだ手探りの状態ですが、2人とも成長できるように生きていきたいです。
いつもお返事くださってありがとうございます。

寛子之恵 さんのコメント...

イクミ様。
こんばんは。
いつもありがとうございます。
毎日お仕事お疲れ様です。

後数日で彼のお誕生日です。
去年は彼が亡くなって1ヶ月半ほど経っていて、私もそれこそ悲しみのどん底で。一昨年は私は会えなくても大丈夫だからと言ったのですが、彼はいいから大丈夫だからって時間を夕方から作ってくれて数時間でしたが彼の誕生日を一緒に過ごさせてもらいました。
まさかあの日の誕生日がこの世での彼の最後のお誕生日になるなんて夢にも思いませんでした。
あの日は、私は買ったケーキをドジな者で箱ごと床に落としてしまい、少し形のくずれたケーキを2人して笑いながら一緒に食べたのを思い出しています。あの時も本当に嬉しくて素敵な時間でした。
彼には本当にいっぱいたくさん、素敵な時をもらっていたのですね。
彼はちゃんと覚えてくれていますかね。
忘れちゃっているかな。
最近はちっとも夢にも現れてくれないし、心の声もあまり聞こえないですし。
本当に彼はいてくれているのかなぁ?なんていじけてみたり。それでも彼には会いたくて会いたくて、声も聞きたくて。もっと一緒にいたかったなぁって寂しく思います。相変わらず。
最近、生前の彼からのメールを読んだりすることがよくあるのですが、何気なく今の彼は?なんてふと思いながら。今日は「○○子、いじけてましたか?」っていうのを偶然選んで、単なる偶然かな?なんて驚いてました。たまたまぱっと選んだのが何だかその時の私に言っているような感じのメールを開くみたいです。読んではまた思い出して、こんな事も言ってたんだっけなどと、こみ上げて来てまた涙ぐんでしまったりしています。
心の声から過去のメールを開かせて言ってくれているのでしょうか?それともやはり単なる偶然?
きっと彼は、私はちっとも変わっていないなぁと思っているでしょうね。あきれているかもしれませんね。
いったい彼は今頃何をしているのかなぁ?
何を想っているのかなぁ?なんてよく考えるこの頃です。彼はあちらでもたくさん役にたっていてまた魂は更に成長したのでしょうね。
私はそんな彼に追いつけると良いのですが。待っていてくれると良いなぁ。まだまだですね。

イクミ様、長文を読んでいただきましてありがとうございます。

寛子之恵 さんのコメント...

イクミ様。
おはようございます。
いつもありがとうございます。

今朝もそうですが、
毎朝ぱっと目を覚まして真っ先に思い浮かぶのはやはり彼の事です。おはようって声をかけて。
起きて写真に今日も1日どうぞよろしくお願いします。いつもありがとう。って。
それから朝、仕事に出る前には
今日もお仕事行ってくるからね。応援していてくださいね。いてね。行ってきます。
いつもありがとう。って。声をかけて。
そんなふうな毎日です。そして今日も。
彼を思って、いっぱい話しかけていきます。

イクミ様、読んでいただきましてありがとうございます。
早朝よりすみません。
読んでいただきましてありがとうございます。

イクミ さんのコメント...

寛子之恵 様

おはようございます。
もう少しで、彼の誕生日なのですね。
一昨年の誕生日は、2人で過ごす時間を作ってくれたのですね。
崩れたケーキを一緒に笑いながら食べたのを思い出しながら、懐かしみながら、これからも年を重ねていくと思います。

彼にとって、あなたとの日々は初恋の時のように新鮮で、悦びに溢れていたと思います。
同じ想いを共有していたのであり、あなたが忘れないように、彼も忘れたりはしません。

最近は、夢に出たり、心の声も聞こえないのですか?
会いたくて仕方がないと思いますが、あなたも以前より落ち着いて、彼も安心しているのかもしれません。
それでも、必要な時には、しっかりと導いてくれると思います。
メールは興味深いですね。
あなたと彼は、とても通じ合っていると思います。
あなたを誘導し、自分の書いたメールを開かせて、想いを伝えるのは十分可能だと思います。
効率が良く、確実な伝え方を、模索しているのかもしれません。

彼は今何をしているのか?
この世で学んだことを、活かすことをしていると思います。
きっと、多くの人を取りまとめるような、リーダーシップを遺憾なく発揮しているのではないでしょうか。
それでも、あなたとは愛で結ばれているので、何かあれば直ぐに駆けつけてくれるので、心配しないで下さい。

悲しみ、苦しみを乗り越えて行くことで、魂は大きく成長します。
涙を流した分だけ、魂は浄化され、成長していると思います。
今の、悲しみ、寂しさは、あの世で彼と同じ想いを共有し、深く判り合えるために必要なのだと思います。

寛子之恵 さんのコメント...

イクミ様。
こんばんは。

イクミ様からのコメント、彼とはとても通じ合っていると言われて大変嬉しく思っております。
これからもずっと通じ合って、つながっていられたら良いなぁと思います。
何となく私も思っていました。もしかしたら彼は安心してくれているからあまりアピールしなくなったのかなと。
さっき、前の彼からのメールをぱっと選んだら、どうやら彼は何かやりたい仕事があるみたいですが、もう少し待たないとそれには取りかかれないようです。ほんのちょっとみたいですがね。今日も沢山仕事したらしく、私にはお疲れ様、おやすみと。
以前、イクミ様のブログで
会えても何も話せず、何を想っているのかわからないよりも、見えないけれど、しっかり想いが伝わり分かり合える方が良いのではないでしょうか。という感じの内容だったと思いますが、確かにそうですよね。想いは本当に大事なんだと。
彼の想いがもっともっとわかることができたなら、不安になったりせずに寂しさも少しは和らぐかもしれないですよね。
彼のおかげで、こんなにいつまでもずっと大好きで大事に思える事ができるのですね。
本当に、彼の事が今でも大好きです。彼も大好きでいてくれるとうれしいのですが。

これからも何だかんだ言っても彼を信じて、大事に思って感謝をし、一緒に成長していきたいです。
私がいつの日かあの世に行ったらまた一緒に、ずっといられますように。

イクミ様、今日も読んでいただきましてありがとうございます。
丁寧にいつもありがとうございます。


イクミ さんのコメント...

寛子之恵 様

おはようございます。
あなたの想いに応じて、彼は想いを返していると思います。
メールを使って返してくれているのなら、本当に画期的です。

あなたと彼は通じ合っていますが、書かれているように、彼は霊界で仕事(奉仕)を始めていると思います。
この世で仕事をするのは、表向きは生活のためですが、向こうで気持ち良く奉仕をするための修練と考えて差し支えありません。
向こうは生きて行くのにお金が要りません。
奉仕をしなくても良いのですが、それでは自分が成長しません。
仕事を通して人や社会に奉仕する悦びを、この世にいる内に学んで行く必要があります。
もし、彼がこの世で仕事に悦びを感じていたのならば、あの世で張り切って奉仕をしていると思います。

想いは大切です。と言うよりも想いが全てです。
亡くなって、も愛する想いがあれば、つながっています。
この世に生きていても、愛する想いがなくなれば、つながりはなくなり、肉体は存在していても、いないのと同じです。
あの世の人よりも、はるかに遠い存在になってしまいます。

あなたが彼のことを大好きならば、彼もあなたのことが大好きです。
お互いに通じ合っているので、知らない内に、相手の想いに共鳴していると思うからです。
彼の存在を感じることが少なくなっても、それは彼が離れてしまったということではありません。
自由に奉仕活動が出来るようになったのであり、それは、つらい時期を乗り越えて、彼の存在そして想いを信じられるようになったからだと思います。
彼はそのことに、とても感謝していると思います。

寛子之恵 さんのコメント...

イクミ様。
こんばんは。
いつもありがとうございます。

イクミ様からのコメントを読み、納得できました。
彼の存在を感じることは少なくなっても、それは彼が離れてしまったわけではない。
その部分が、私はわかっていても自信がなくて不安に思っていたのだと思います。
彼は私の所からどこかに行ってしまったのだろうか?もう飽きられてしまったのかな?とか色々と不安になっていました。それでも毎日毎日彼の事をちゃんと思い出しているから、そんなわけない!忘れてしまったとかよそに行ってしまったわけじゃない!彼はそんな人じゃない!彼はちゃんと私の所にいるんだ!って思ったりしていました。
ですが、やはり思っていた通り、信じていた通りですね。
彼はあの世でしっかり奉仕している。この世でも彼はたくさん、皆のために仕事や奉仕作業をしていました。本当に、働く人だなぁって思っていました。
皆に頼りにされて。私もいっぱい信頼し、頼っていましたし。あちらでも今もですね。
私は彼が亡くなってからもずっと頼りっきりで、彼も心配していたんでしょうね。きっとほっておけなかったのでしょうね。でも最近やっと大丈夫だなと思えるようになったから、安心してくれていたのでしょうね。彼も少しはほっとしてくれたかな。
安心して、たくさんの方に奉仕してほしいです。
私もこちらからですが、これからも彼を応援したいです。
きっと彼は、イクミ様の言うように、これからもずっと導いてくれると思います。
これからもずっと一緒にいてくれると思います。
そして何かの時は必ず伝えてくれるような気がします。これからもどうぞよろしくお願いしますって。何だかとてもそう思うのです。
彼はやっぱり素晴らしい人です。彼に出会えて本当に良かったです。

イクミ様に教えてもらえて本当に良かったです。

読んでいただきましてありがとうございます。
いつも本当にありがとうございます。

イクミ さんのコメント...

寛子之恵 様

おはようございます。

彼は自分の魂を成長させる以外に、周りの人にも良い影響を与えながら生きてきたと思います。
この世にいる時から、奉仕に目覚めていたようなので、あの世に行き、いろいろな奉仕活動が待っていたと思います。
とても忙しそうにも思えますが、彼にとって奉仕は悦びとして感じるので、疲れることはないと思います。

あなたの想いは、彼の魂に響いています。
深く悲しんでいる時は、自分の愛であなたを包み、慰めようとしていたでしょう。
あなたは幸いにも、霊的なものに目覚め、感受性も高いので、彼の存在や想いを信じられるようになりました。
真実を知った者が、深い悲しみから解放されると思います。
寂しさはなくなりませんが、お二人は望ましい関係になっていると思います。

感じられることが少なくなっても、必要な時には、想いを伝えて助けてくれると思います。
必要以上に干渉すると、あなたの成長つながらないので、彼にも許されていないと思います。
そばにいて、じっと見守るしかない時もあるようです。

繰り返しになりますが、愛する者同士は離れることはありません。
彼への愛がある限り、あなたへの愛がなくなることはありません。
あなたがとても素直なので、彼も喜んでいると思います。

寛子之恵 さんのコメント...

イクミ様。
こんばんは。
いつもありがとうございます。

今日もイクミ様のコメントを読んで、私は全く同じように思っています。
彼とは本当に大変良い、望ましい関係だと思っています。寂しさはなくなりませんが、それでもつながっていて、通じ合っているということが、しっかりわかるので。
イクミ様、本当にありがとうございます。
今日は、生前、彼と、いつか2人で行こうねと言っていて、結局行くことはできなかったスポーツ観戦に友達と行ってきました。そしたら、今日も彼が隣りにいてくれて一緒に観戦していた感じがしました。私は思わず1人して喜んでいました。
間違いなくいてくれたと思います。嬉しくてありがたかったです。応援しながらまた涙がこみ上げてました。

イクミ様、今日も読んでいただきましてありがとうございます。
今週もお疲れ様でした。

イクミ さんのコメント...

寛子之恵 様

こんばんは。
スポーツ観戦で、隣にいてくれる感じがしたのですね。
頭で何も考えずに、何かに没頭したり、集中すると、魂が優位になり、感じやすくなると思います。
あなたが彼を信じていれば、必ず応えてくれると思います。
あなたの想いを正確に読み取っています。
本当に良かったですね。

寛子之恵 さんのコメント...

イクミ様。
本当にありがとうございます。

これからも色々な方達がイクミ様のブログを訪れる事だと思います。
どうかこれからも皆さんのお力になってあげてください。
どうか大切な方の想い、メッセージをこれからも伝えていってください。
私もそうですが、本当に、ありがたいことです。

イクミ様、これからも学ばせて下さい。
読んでいただきましてありがとうございます。