2014年6月26日木曜日

かわいい動物たち




シルバーバーチの霊訓を読んで、意外に思ったことがあります。

それは、動物についてです。

地球上で最も進化した動物は人間です。

2番目に進化した動物は何でしょう?

答えは、犬ということです。

猿ではないのかと思いましたが、人間のそばにいて愛情を受けた犬が、猿を抜き去ったそうです。

3番目に進化しているのは、猫だそうです。

私は、進化というのは知性の発達だと思っていましたが、そうではないみたいです。

進化とは、知性ではなく、霊性の向上ということになります。

犬や猫が進化したのは、人間のそばにいて愛情をもらい、霊性が向上したためだと思われます。



霊界に行くと、肉体である頭脳はなくなり魂(霊)のみの存在となります。

従って、頭脳による思考はなくなり、魂から生まれる想いがすべてとなります。

この世では、知性が高いか低いかが重要視される傾向にありますが、向こうの世界では霊性がすべてを決定します。

頭の良し悪しよりも、やさしさや思いやりがあるかないかが、はるかに重要と言うことになります。

学歴、肩書きなどは、すべて剥ぎ取られてしまい、全く意味を持ちません。

人や社会のために、何をしてきたかが問われます。

魂を隠す肉体はなくなっていますので、魂はあらわとなり、どんな想いでいるのか、誰が見ても分かるようになります。

本音と建前はこの世だけであり、本音だけとなります。

表と裏のある人は、裏だけになります。

魂がむき出しになり、隠し立ては一切出来なくなります。

この世を去った後のことを考えると、今のうちから、正直に、ありのままに、誰から見られても恥ずかしくないような生き方をしていきたいです。



ところで、私は動物と一緒にいっしょにいるのが、とても好きです。

家には、しろという雑種の4才のメス犬がいます。

2回も保健所に収容されました。1回目は生まれてすぐに飼い主に捨てられて、2回目は新しい飼い主となった家から出て、1ヶ月の放浪の末に捕獲されて、いずれもぎりぎりのところで見つけ出しました。身ごもっていました。

しろは、自分の立場が良く分かっています。

自分が出戻ってきたこと、新しい飼い主が見つかれば、この家を出て行かなければならないことを、承知していると思います。

夜、仕事から帰ってきて部屋のドアを開けると、しろはソファに座っていて、いつもあたたかい穏やかな眼差しで迎えてくれます。

「おかえりなさい。ご機嫌はどうですか?」と語りかけているように感じます。

やさしい犬なのですが、疲れて帰った時には、背中を向けて撫でてくれと、私に訴えます。

何で疲れている時に限って、なぜ撫でてもらいたがるのか、しばらくは分かりませんでした。

しょうがないなと思いつつ、やや大きな背中を撫でてやります。

しばらく撫でているうちに、仕事で波だっていた気持ち、疲れて沈滞していた気持ちがほぐされて、穏やかな気持ちに変わっていくのが分かります。

しろの背中を、無心に撫でているうちに、1日のいやなことが忘れられて、代って愛おしむ気持ちが自然に湧いてきます。

犬や猫は、想像する以上に賢く、愛情深い動物だと思っています。

人の想いを瞬時に読み取り、どうすればいいのかがわかるようです。

しろは、撫でてもらいたいのではなく、疲れているのを見てとって、撫でさせることで、私の気持が良い方向に変わってくるのを知っていると思いました。

しろにしかできない、愛情表現だと思い、いつも感謝しています。

自分が受け取った愛情を忘れずにいて、自分なりに返そうとしているのだと思います。飼い主のために、役に立ちたいのかもしれません。

しろの背中を撫でてやるのは、神の摂理に適った愛情を表現する行為であり、そのため、神からの生命力が流れ込み、私が癒やされているのだと思います。

癒やすことで、癒される。

施すものが、施される。

神の摂理を、ささいな日常の出来事の中に、見つけたような気がしました。



犬や猫などの動物は、言葉や論理的な思考はありませんが、魂から生まれる想いはあります。

人間みたいに、想いと表現の不一致はありません。

建前はなく、いつも本音です。

想いを、素直に正直に表現しているので、気が許せて、かわいいのでしょう。

私は動物たちのように、過去を振り返らず、将来を心配せず、今を精一杯生きたいと思っています。

しかし、できそうで、なかなかできません。過ぎたことを後悔し、先のことを考えて悩み、それに縛られると、今を精一杯生きられなくなってしまいます。

少しずつ、克服していきたいと思います。



動物も人と同じ様に、喜びや悲しみ、怒り、怖れ、嫉妬の感情があります。

そのことに、全く気付かずに、あるいは気付いていても無視して、人間は信じられない行為をしています。

毎年、数十万匹の罪のない犬猫たちが、悲しみ、恐怖、絶望の果てに、ガス室で息絶えています。

向こうの世界で、傷ついた動物たちの魂は介抱され、徐々に落ち着きを取り戻していくのは、せめてもの救いです。

しかし、神の摂理に反した弱者を虐げる行為は許されるはずもなく、かかわったすべての人たちは罪を償わなければいけません。

犬や猫を飼いたいと思った時は、保健所や動物愛護センターに行って、生命を救って下さい。

その行為は、神の摂理と完全に一致しているために、動物たちとの幸せな日々が、きっと待っていると思います。

人間と動物を結びつけているのは、種を超えた愛であり、動物を守り、愛することは、進化の上に立つ人間の義務であり、その結果として動物から愛されます。

そして、動物を愛することで、神からも愛されるのではないでしょうか。
新しい飼い主が現れないので、親子3匹私の家族になりました。



参考ページ: 「人は動物を食べる生き物ではない」



              
骨折した子犬を支援して下さい(2017年3月)
 ⇩       ⇩       ⇩               
ありがとうございます!目標金額に達しました。
           ⇩           ⇩        
家族として迎え入れてくれる人を募集しています!(2017年7月)

ホープ・雄・7ヶ月(写真は4ヶ月当時)

 




0 件のコメント: