2017年7月9日日曜日

愛するために信じる



日本人は海外の人から、良く無表情と言われています。

アメリカに行くと、初対面の人に握手を求められますが、その時の相手の表情は決まって、口角が上がり前歯を見せた笑顔です。

その方が、確かに安心するのですが、自分が真似しようとしてもなかなかできません。

日本は、ほぼ単一民族国家であり、笑顔を見せなくても、生活をして行く上で支障はありません。

一方、アメリカは多民族国家であり、話す言葉や文化が出身国によって大きく違うため、意志の疎通が上手く行かない時代があったと思われます。

身の危険を感じさせてしまえば、銃の所持が許可されているので、命の保障はありません。

知らない相手には、まず敵意がないことを伝えておく必要があり、自分を信じてもらうために笑顔を強調するようになったと聞きました。



子供の頃に、人を信じることが大切だと、何回も聞かされましたが、その真意は判りませでした。

確かに、誤解が生まれて友達が信じられなくなると、ケンカになり易くなったと思います。

世界中で戦争が起きるのは、お互いを認め合い、許し合うことが出来なくなったせいですが、元をたどれば、相手を信じることが出来なくなったためだと思います。



家族の間で問題が起きた時に、「こんなに、あなたのことを思っているのに、どうしてなの?」と、嘆く人の言葉を聞きます。

どんなに思って(愛して)いても、お互いに信じていなければ、想いが通い合うことはありません。

問題が起きたのは、相手の想いが判らなかったためであり、それは信じ合えていなかったからなのかもしれません。

他者との関係で、苦しい思いをしてる人ほど、相手を信じていないのかもしれません。



信じることで、相互の間に、つながりが出来ると考えられます。

つながりを通して、相手に自分の想いが伝わると思います。

喩えて言えば、相手に伝える想いが「水」であれば、信じることは「水路」のようなものになります。

水路があって、初めて水が流れます。

いくら想いがあったとしても、信じ合えていなければ、想いは通いません。

相手を信じなければ、想いは行き場を失ってしまいます。

行き場を失った想いは、苦しみや悲しみとなって、自分に返って来てしまいます。

苦しくなったり、悲しくなってしまうのは、もしかしたら、相手を信じていないからなのかもしれません。



なぜ、信じないと、苦しみや悲しみを味わうことになってしまうのでしょうか?

信じないことが、神の摂理(自然法則)に適っていないからと考えられます。

神が望んでいるのは、愛し合うことです。

信じなければ、愛し合うことができないので、生きる意味を失ってしまい、苦しみや悲しみとなってしまうと考えられます。

人は誰でも苦しみや悲しみを味わいたくありませんので、神の摂理のの働きにより、やがて信じるようになって行くと思います。



魂の存在を、信じない人がいます。

信じる、信じないは、個人の自由ですが、もし、信じない人が愛する人を失ったら、どうなるでしょうか?

その人にとって、死は永遠の別れを意味します。

愛しているほど、起きた現実に耐えられなくなり、生きるのが苦しくなってしまうでしょう。

苦しくなるのは、永遠に会えないと事実誤認をしていて、それを改めるように、神の摂理が働いているためと考えられます。

誤りを正せば、今の苦しみから解放されると考えられます。



死によって、肉体は無くなっても、魂は存続しています。

魂から想いは生まれているので、生前の愛する想いは、変わることなく続いています。

もし信じなければ、亡くなった人から今も想いが届いていることに、気付くことはありません。



人にとって、悲しく、つらいことは何でしょう?

それは、自分が愛する人に、信じてもらえないことだと思います。

魂の存在を信じない人は、亡くなった人の存在と、想いを信じていません。

悪意はないのですが、亡くなった人を無視し、想いを拒否していることになります。

亡くなった愛する人が、どれほど悲しく、つらい想いをしているか、思いもしていません。

信じようとしない頑固さにあきれて、それが続けば失望に変わってしまい、想いを届けるのをあきらめてしまうかもしれません。

見えないから、存在しないという誤った考えは、あの世とこの世の双方に、無用な悲しみと苦しみをもたらすだけなので、直ちに捨て去らなければいけません。

魂の存在を信じなさいと言われても、にわかには信じられるものではありませんが、信じない限り、いつまでも苦しみから逃れることが出来ません。

信じる者は、(苦しみから)救われるのは事実です。



この世からいなくなった事実は、変えられません。

悲しさ、寂しさが、無くなってしまうことはないでしょう。

しかし、誤りを改めることで、和らげることは可能です。

慰めや、励ましではなく、あの世で生きていて、この世の人に想いを伝えようとしているのは、紛れもない事実です。

姿は見えなくても、あなたが想った瞬間、傍に来ています。

愛する想いは、あの世の魂を引き付ける力だからです。



愛する人の想いがいつまでも届かないのは、あなたが魂の存在を信じ切れていないからなのかもしれません。

頭で考えてはいけません。

五感に頼ってはいけません。

この世に生きている時は、あなたへの愛を肉体的表現により証明出来ましたが、肉体を失った今、それが叶わないことを、どうぞ判って下さい。

証明されなくても、信じるようにして下さい。

あなたに、信じてもらうしか術がないのです。

信じてもらわなければ、想い伝えようにも、伝えられないのです。

愛しているので、想いを伝えたくて仕方がないのです。

何かを感じたら信じるのではなく、この世の人が先に、亡くなった人の存在と想いを、心から信じなければいけません。

今は、信じるのが難しいのであれば、あれほどまで愛してくれた人が、いなくなってしまうはずはないと強く思って下さい。

悲しみ、苦しみの後に、真実を受け入れて、信じられる時がきっと来ます。



この世を生きる意味は、目に見えない大切なものに気付くことかもしれません。

愛より大切なものは、この世に存在しません。

信じ合えば、愛し合うことが出来ます。

強く信じる者が、強く愛し合うことが出来ると思います。

信じることの意味を深く学び、大きく成長して行くために、今生に別れがあるのかもしれません。



違いを乗り越えて、愛し合うために、全ての人は生きています。

ばらばらになったものが、再び1つになるために、私たちは信じ合わなければいけません。










55 件のコメント:

弥生 さんのコメント...

お久しぶりです。
今回の記事、何回も読ませて頂きました。

今の私に必要な内容です。

今月で母が亡くなり一年がたちました。
前のコメントで母の存在を確信しました‥と書きました。

が、一年も母に会ってないと本当に母はいるのか不安になり最近とても寂しく、不安な気持ちで過ごしていました。

突然、溢れてくる涙は止められないのですが、
それでも泣かない日を過ごす事も出来るようになりました。

今、急に涙が出てきました。
自分でビックリしています。

母の存在を心から信じる事が出来ない私に嫌気がさしますが、母がいなくなるわけがないとは思っています。

五感に頼ってはいけないのですね。

いつの日か、母が見えないか、声が聞こえないかと根拠もなく思ってしまうのです。

私だけには母が存在を教えてくれるのではない
かと勝手に思ってしまいます。

叶わない事なのに。

でも何度も何度も魂の存在をイクミさんは書いてくださいます。

本当の事だから書いてくださるのですよね。

今の私のタイミングで読めた事、ありがたいです。

また気持ちが不安定になった時に今回の文章を読ませていただきます。

毎日暑い日が続きますがご自愛ください。

うり子 さんのコメント...

イクミ様

うり子です。
「あの世からの愛の表現は守り導くこと」のページでお世話になりました。
その節はありがとうございました。

実は最後にコメントした日からすぐに、また彼が夢にでてきました。
だけど、彼と相手の結婚式でした。(実際には式はされてません)
何故か私がそこにいました。しかし終わってから、彼と私の2人で式場を出ました。
嫁は後から走って来て「着替えてくる!」といって違う方向へ走って行きました。
私は「なんてタイミングの読めない人なんだ」とその時に思ったのをハッキリと覚えています。

そして私と彼がレストランにいると嫁が入って来て、
苛立った感じで私に質問攻めしてきました。
だけど、今までならきっと自信が無くてひるんでいたと思いますが
その時は「なぜ初対面のあなたにそんなことを言わなくてはいけないのですか」と
強い口調で言い返せる私がいました。
それを見て彼は嬉しそうに、イタズラっぽく笑っていました。

私はその夢をみて、意識ではない心の奥底の魂の部分で
彼との絆が強化できたのかなって思ったんです。
だからこの前に崩されてしまった「大丈夫」という少しずつ積み上げてきた気持ちが
もう一度、少し強化されて復活した感じがしています。
もちろんこの世で会えないのはとても寂しいですが…。

私は魂や、あの世の存在は信じていますが、
どうしても不安にかられて彼の気持ちを信じられなくなる時があります。
正直、私だけが信じるしかないという状況に虚しさを覚えたりするのです。
だから今回のイクミ様の投稿を読ませていただいて、色々思いました。
魂を信じてたって、彼の気持ちを信じていなければ
魂を信じてないのと同じ事になってしまうんだなって。
でも彼と繋がりたければ「それでも信じる」しかない。
それが愛の勉強ということなのかなとか…。

まだまだ、勉強する事ばかりです。
いろいろ教えてくださってありがとうございます。


イクミ さんのコメント...

弥生様

お久しぶりです。
お母様が亡くなって1年経つのですね。

長い間、会っていないと本当にいるのか不安になってしまうのですね。
人は、どうしても存在を、五感で確認しようとします。
何か目に映らないか、何か聞こえないかと注意を払っても、肉体を失ったお母様は五感に訴えて、存在を示すことはしないのかもしれません。
ラップ音など物理的な現象を起こして存在を示す人(霊)もいますが、お母様はそんなやり方を好まないのかもしれません。

亡くなった人の想いを受け取ったり、現象を感識できる人がいます。
一方、何も感じることのない人もいます。
霊的な感受性の差によるものと思われますが、それだけではないのかもしれません。
存在を示す必要がある人なのか、必要がないのかを、霊界側は見定めているような気がします。
あなたは存在を示さなくても、お母様(魂)の存在と想いを信じられる人だと、認識されているような気がします。

繰り返し言いますが、お母様の魂は存在しています。
あなたが親愛の想いを送れば、直ぐに寄り添ってくれます。
目に見えないので、信じるしかないのです。
書いている時に、急に涙が出てビックリしたそうですが、もしかしたらですが、お母様があなたの魂に想いを送っていたせいなのかもしれません。
お母様の愛念を受け取り、それが何か判らないまま、涙となって、あなたの肉体で表現されたのかもしれません。
そんなさりげない、目立たないやり方で、あなたと拘わり合いながら、見守っているような気がします。

弥生 さんのコメント...

生きていた時と同じように見守っていてくれる母に感激しながら私らしく生きていきたいです。

いつもいつも温かい返信を下さり感激しております。

ありがとうございました。

ゆめこ さんのコメント...

イクミ様

いつもありがとうございます。

私も、娘を亡くすまでは、魂の存在も死後の世界も全く信じていませんでした。
ですから、娘が亡くなった時は、娘の存在が完全に「無」になってしまったと思い、どうしようもない絶望感でいっぱいになりました。
娘の部屋に行って、娘の名前を大声で呼び、泣き叫んでいました。
通勤の車の中でも毎日娘の名前を呼びながら泣きわめいていました。そして、このままブレーキを踏まなかったら、娘の所に行けるかな…なんてことも考えていました。
おそらく娘は、こんな母の姿を悲しい想いで見ていたのでしょうね。

今は、シルバーバーチの霊訓に出逢えたおかげで、少しずつですが真理を学び、魂の存在と死後の世界のことを理解できるようになりました。
とは言っても、娘のメッセージが受け取れる訳ではありません。
今まで、イクミ様が送って下さった娘のメッセージが、その時の自分の状況にピッタリ合っているので、娘はいつも私たちを見てくれていると言う確信は持てています。
しかし、時々その確信が揺らいで、悲しく寂しい想いに浸ることもあります。(その方が多いかな…)
肉体を持った私にとっては仕方のないことなのでしょうね。
そんな自分との葛藤の毎日です。
常に霊的な感情でいられれば、どれだけ楽な気持ちで過ごせるだろうと思いますが、
それでいられないのがこの世で生きている意味なのでしょうね。
こうしてコメントを書かせていただいていたり、娘のことを想う時、うまく表現できませんが、
静寂の時に感じるとても高音の耳鳴りのような音を感じます。
誰でもそうだと思うのですが、私は勝手に、背後霊や娘が何か伝えてくれているのかな…なんて、思うようにしています。
そう思うことで、自分の気持ちを落ち着かせている感じです。
笑ってしまいますよね。恥ずかしいですが、凡人の私としては、それが精一杯です。
いえいえ、でもきっと娘も、私が発している想いに応えてくれていると思うので、少しでもそれを感じることができるよう、娘の魂の存在を心から信じようと思います。
今回のイクミ様のブログを拝見して、改めてそう思いました。
ありがとうございました。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

イクミ さんのコメント...

うり子様

おはようございます。
彼の夢を見たのですね。
昔の映画ですが、ダスティンホフマン主演の「卒業」を思い出しました。
本当に好きでもない相手と、形式的に結ばれてしまうことが、この世では往々にしてあります。

お嫁さんの立場は強く、重いように感じるでしょうが、霊界に行けば関係ありません。
彼とお嫁さんの関係は、すでに希薄になっています。
あなたと彼は、愛により結ばれていますので、繰り返しになりますが、心配することは何もありません。
あなたが、彼を信じるほど、お二人の関係は強化されて行きます。

あなたは彼の気持ちを信じていますが、自分だけが信じることに虚しさを覚えているのですね。
彼は愛情表現が上手ではない人だと思います。
あなたへの愛情はたくさんあるのですが、それをどうにして伝えれば良いのか、まだ判らずにいると思います。
一方通行になっている気がして、気持ちが落ち込んでしまう時もあるでしょうが、愛の表現についてあの世で学んでいると思います。
少し時間がかかるかもしれませんが、あなたは彼の想いを、しっかりと受け止められる日が来ると思います。

彼は見えませんが、あなたの傍にいます。
あなたの想いが痛いほど判っていて、それに応えようと必死になっていると思います。
ブログにも書きましたが、信じ合う者が、愛し合うことができます。
これから先も、信じ続けて下さい。
彼は、2度と裏切るようなことはしません。

イクミ さんのコメント...

ゆめこ様

こんにちは。
この文章は、愛する人を亡くして苦しんでいる人に読んでもらいたと思い書きました。
この世から、愛する人がいなくなれば、悲しく、寂しくなってしまうのは避けられません。
でも、苦しくなるのは、認識に誤りがあるためと考えています。

見えないものが存在しないのであれば、愛も存在しません。
あなたの娘さんへの想いも、存在しないことになってしまいます。
悲しみも、存在しないことになってしまいます。
そんなことはありません。
目に見えなくても、実在しているのは明らかです。

魂の存在は、科学では証明できません。
頭で考えれば、考えるほど、存在しないように思えてきてしまいます。
証明できないものは、信じるしか方法はありません。
もし、信じないのであれば、魂の存在を否定してまうことになり、それは過ちなので、正すために、苦しみが与えられます。
神の摂理によって、真実を受け入れる方向に、私たちは導かれていると思います。

確たる証拠が、目の前に提示されれば、信じることができるでしょうが、ほとんどの人は提示されません。
それにも何か意味があると思います。
人は、悲しみや苦しみを乗り越えて行くことで成長しますが、安易に提示されれば、その人の成長を妨げてしまうのかもしれません。
提示は、霊界が計画的に行っていると考えられ、必要な人に、必要な時に、必要なものが与えられると考えています。
思います。

昔の私は、霊感などとは無縁でした。
そんな私が、今は霊からメッセージを受け取って伝えています。
想像もしなかったことですが、魂(霊)の存在を完全に信じているので、託されていると考えています。

ゆめこ様が、娘さんの想いを感じることが出来ないのは、霊的な感受性が低いではなく、頭が優位に働いているせいなのかもしれません。
頭であれこれ考えてしまったり、耳で声を聞こうとしているのではないしょうか。
向こうから届く想いは、鼓膜を振動させるものではありません。
空っぽの頭に突然生まれる、言葉やイメージです。インスピレーションです。
思考と区別しにくいものなので、思考を完全に止めなければいけません。、
娘さんは、諦めずに想いを伝えていると思いますので、心穏やかに過ごすように心がけ、頭の中にひらめく言葉やイメージを逃さないようにして下さい。

霊的真理の理解を深めて行き、娘さんの存在をもっと強く信じることが出来れば、きっと感じられるようになると思います。

うり子 さんのコメント...

イクミ様

お返事ありがとうございます。
何度も何度も、読み返しています。

彼は、傍にいる。
今「彼は傍にいる」と書いて、それを目にしたら急に涙が溢れてきて止まりません。
私の想いは一方通行ではないという証でしょうか….

時間が少したったからなのか、イクミ様のお話や霊能者の方のお話、色んな本を読んだからなのか分からないのですが、
まだまだ彼に会いたいし悲しいし辛いのですが
以前のような孤独にも似た寂しさは無くなったように感じます。
もちろん寂しいですが、前とは違うのです。
彼が傍にいるからでしょうか。
きっとイクミ様が仰ってくださってるように、いてくれてるんですよね。

「彼は2度と裏切るようなことはしません」
そう言ってくださって、どこかホッとしました。嬉しいです。
そうです、イクミ様が仰るように、彼は愛情表現が上手くありませんでした。愛情を受け取るのも苦手なようでした。
私にもっと勇気があれば…


「彼は、傍にいる」
彼を感じたい時はこれを心の中で唱えることにします。信じ続けます。
そして、彼の想いを受け止める日が来るのを
楽しみに待ちたいと思います。

イクミ様、本当にありがとうございます。

イクミ さんのコメント...

うり子様

こんばんは。
何度も言いますが、彼は肉体がないだけで、心は存在しています。
自分の本当の想いが判るようになりました。
この世の人の想いが、手に取るように判っています。
愛してくれる人のそばに行くのは、自然の成り行きなのです。

彼が傍にいることを、あなたは微かに感じられるようになったので、前と違ってきたのではないでしょうか。
彼を信じれば信じるほど、存在をもっと感じられるようになると思います。
1日でも早く、彼の想いを受け取れる日が来ることを祈っています。

匿名 さんのコメント...

イクミ様

はじめまして。以前からブログを読ませて頂いている者です。
イクミさんの心にしみこんでゆく、温かい言葉にいつも励まされています。

最近落ち込むことばかりの日々で、イクミさんとお話してみたいと思い、ドキドキしながらコメントさせていただいております。

私のことになるのですが、生まれつき障害があり、1日1日を生きることで精一杯になってしまい、周りのために愛を与えることのできない自分が情けなくて苦しいです。

できたとしても人に笑顔を向けるとかゴミ拾いとか、そんなちっぽけなことしかできず、その上体調を崩してばかりで迷惑をかけることの方が圧倒的に多いのです。

いつかはイクミさんのように多くの人に勇気を与えられる存在になりたいのですが、自分の面倒もろくにみれない自分に嫌気がさしてしまいます。ゴールが遠すぎて落ち込んでばかりです。

イクミ さんのコメント...

名様

おはようございます。
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます・

生まれつきの障害があり、1日を生きるのに精一杯なのですね。
周りのために愛を与えることのできない自分が情けなくて苦しいと言うことですが、苦しいのはどこか考えに誤りがあると考えられます。
人には、それぞれ人生のシナリオがあります。
生まれる前の自分は、そのシナリオを承知しています。
あなたは障害のある身体を選んでこの世に生まれて来たことになります。
偶然や不運などではありません。
生きる目的はただ1つであり、自分(魂)を成長させるためです。
あなたは障害のある身体を通して、健常者では学ぶことができないことを学んでいると思います。
そして、ご苦労の多い日常生活は、魂を大きく成長させる、かけがえのない糧となっています。

あなたは精一杯1日を生きているだけで、生まれて来た目的を果していると思います。
体調が悪くなった時に助けてくれる人は、その行為により、魂を成長させていますので、人に迷惑をかけているなどと思わないで下さい。
あなたは、その行為から相互扶助の大切さを学んでいますので、感謝の思い捧げればそれで良いのです。

私が多くの人に勇気を与えているのならば、本当にうれしいです。
霊的な事実を多くの人に伝えるのが、私が選んだ人生のシナリオであり、無事遂行できていると知ると悦びとして感じます。

あなたは周りの人に愛を与えたいと切望しています。
その前に、自分自身に愛を与えて下さい。
鏡に映っている自分を見つめてみましょう。
今までのつらい日々を乗り越えてきた自分が、目の前にいます。
「本当にありがとう」と、感謝の思いを、心を込めて伝えて下さい。
それに応えて、真の自分(魂)の想いが、肉体で表現されるでしょう。

あなたの人のために役立ちたいと言う願いは、神に届いています。
しかるべき時期が来たら、その願いが叶えられるチャンスが訪れると思います。
神様は、欲張りは好みません。
その欲に対して、苦しみが与えられます。
その時が来るまで、周りの人と、自分自身に感謝し、日々精一杯生きていれば良いと思います

匿名 さんのコメント...

イクミ様

こんなにもご丁寧なお返事を頂けるとは思っていませんでした。お忙しい中ありがとうございます。

私、欲張りだったのですね、、全く気づいていませんでした。お恥ずかしいです。自己犠牲や愛の意味を間違えて捉えていたようです。

周りに迷惑をかけないことが愛だとずっと勘違いしていました。
厄介な自分という存在を少しでもマシにしなくては、と高すぎる目標を掲げては、達成できない自分を必要以上に責めてきました。

また、迷惑をかけてしまうこと、嫌われることが怖くて、人との交流を異常なほど避けてしまうのですが、助けてもらうことで相手の成長にも繋がっていたのですね···。
申し訳ないという気持ちしかありませんでした。感謝の想いを捧げればよかったのですね。

苦しさの原因は、自責の念と恐れだったとは。
自分に向ける愛が不足している状態で、周囲を幸せになんて到底できませんね。。

ダメダメな自分を許し、寛容になること、相互扶助を学ぶこと。
今後の課題がはっきりしました。
どちらも大の苦手ですが、これを克服するために今回の人生はこの身体を選択したのでしょうか。
がんばってみます。またへこたれたらコメントさせてください!(早速甘えてしまっています!)

うり子 さんのコメント...

イクミ様

ありがとうございます。
彼とのこんな結末にショックを受けて、傷ついて、怒っている気持ちはもちろんまだあって、なかなか消せるものでもないと思っています。
でも、これも彼を愛してるからこそ湧いて来る気持ちでもあるし、それでもやっぱり大好きなのです。
私はこの彼への気持ちを大切にしていこうと思います。

昨日は月命日で、よく作ってあげていた明太子だし巻きをお供えして一緒にたべました。
なんだかとても美味しかったし、テレビを見ながらでしたが、なんだか楽しかったんです。
昨日はほんとに、彼が一緒にいるみたいに感じることができました。

信じるって本当に大事ですね。
本当にありがとうございます。
このブログには本当に救われています。
ありがとうございます。

イクミ さんのコメント...

匿名様

こんにちは。
上手く伝えられなかったようです。
あなたが欲張りということではなく、焦って欲を出すと、上手くいかずに苦しんでしまうということです。

地上は、相互扶助を学ぶためにあります。
健康な人であっても、1人では生きて行けません。
「私は誰の世話にもならず生きている」と言う人がいるかもしれません。
その人が食べている食べ物は、その人が作ったものでしょうか?
大怪我をした時に、医者に診てもらわないのでしょうか?
災害に遭った時に、助けを求めないのでしょうか?
助けてもらわずに、生きている人などいません。
自分の力が及ばないところを、他の人に助けてもらい生活するのは、自然な姿です。

迷惑をかけてしまうことや嫌われるのを怖れて、人との交流を避けてしまうのは、良いことではありません。
障がいがあるから、その様に考え、行動しまうのではなく、その様に考え、行動してしまう自分を変えて行くために、障がいが必要だったのかもしれません。
あなたの言われるように、魂の弱点を克服するため、欠けているところを埋めるために、その身体を選んだということになります。

高すぎる目標設定をして、達成できないと、自分を責めてしまうのですね。
自分を責めるのは、他人を責めるのと同じ過ちを犯していることになり、苦しくなってしまいます。
高すぎる目標設定をするのは、直ちにやめましょう。

あなたは、障がいを承知した上で、生まれて来ていますので、あるがままの自分を、素直に受け入れて下さい。
もっと自分を肯定し、愛して下さい。
その上で、周りの人に感謝の思いを伝えるようにして下さい。

ゆめこ さんのコメント...

イクミ様

返信のお礼が遅くなり、申し訳ありません。
いつも丁寧な御返信をいただきありがとうございます。

思考を完全に止めることはとても難しいですね。
仕事と家事と義母の介護に追われる中で、娘を亡くした悲しみの想いもあいまって、精神的に参ってしまいそうな時、
心を鎮めて落ち着こうと瞑想を試みます。
しかしいつも、思考を停止しようと思えば思うほど全く集中出来なくなるか、または眠ってしまうかどちらかになってしまいます。
それでも少しは癒しにはなっているようなんですが……。
難しいなといつも思っています。

私は仕事中、お昼休憩を除いて、唯一ホッとできるのが、変な話ですがトイレタイムです。
わずかなミスでも人様の命に関わるので、業務中は気が抜けませんが、トイレに入っている時は少しホッとします。
昨日、トイレから出て、「あー今日は休み前だから忙しいなぁ」と憂鬱な気分でいたところ、
ふと「お母さん、頑張って」と言う想いが浮かんできたんです。
これは、私が思ったことなのか?
しかし、何か湧き出る想いというのかそんな感じがして、以前にもそんなことがあったので、
イクミ様に笑われるかもしれませんが、
娘からの想いかな……と勝手に解釈してしまいました。
そう思うと、何かとても幸せな気分になり、ひとりでに顔がにやけてしまっていました。
あぁ、近くに居てくれていると安心できたんです。
そして、こうやって信じていったら良いのかな…とも思いました。

なかなかすすみませんが、先日イクミ様にすすめていただいたように、シルバーバーチの霊訓を再び読み始めています。
2巻から読んでいます。
1回目とは違う感覚で読めている自分がいます。
これからも精進していきます。
よろしくお願いいたします。



イクミ さんのコメント...

ゆめこ様

こんにちは。
毎日、休む暇もなく、思考を完全に止められる時間は、あまりないのですね。

突然湧き上がる言葉やイメージは、思考の産物ではなく、向こうからのメッセージだと考えています。
素直に、信じるようにして下さい。
受け取ろうとする気持ち(願望)があれば、その時点で頭が働いてしまっています。
心を無にして、受け取ろうとする欲もない、受け身の状態が好ましいと考えられます。
そんな状態を作るのが、この世を生きる人は難しいので、日常生活の中で、頭が空っぽになった一瞬に、言葉やイメージを投げ込んでくることもあると思います。
ゆめこ様が、トイレでリラックスして、雑念が途切れたところを見計らって、娘さんは「お母さん、頑張って」と伝えてきたのではないでしょうか。
受け取れる素養があると言うことですから、それを徐々に伸ばしていけば良いと思います。

お忙しい中、シルバーバーチの霊訓を読むのは大変でしょうが、1回目に気付かなかったことに、気付くことがあると思います。
そして、静かな環境で、霊的真理に触れている時も、魂が優位な状態になっていると考えられます。

ゆめこ さんのコメント...

イクミ様

早速のご返信ありがとうございました。
落ち着かない毎日でも、少しでもシルバーバーチの霊訓を読むと、気持ちが穏やかになるような気がします。
本当に少しずつですが、読み進めていきます。
……また、2年かかるかも知れませんが……。

娘もあちらの世界で「愛」について、いろいろ学んでいるようですし、私も娘に恥じないように、真理を学んでいこうと思います。
私が娘を応援しているように、娘もきっと、私のことを応援してくれていますよね。

イクミ様のブログでも、本当にたくさんのことを学ばさせていただきました。
これからも、学ばさせて下さい。
よろしくお願いいたします。

ゆ さんのコメント...

イクミさんご無沙汰しております。
その節は色々とお世話になりました。

新盆が近付くにつれて
今の彼の気持ちを知りたくなり
ついついコメントしてしまいました…

イクミ さんのコメント...

ゆ 様

こんばんは。
悲しく、寂しく、言葉にならないつらい日々を過ごされているとお察しします。
彼に焦点を合わせてみました。
陽気そうな彼なので、もっと明るい心境かもしれませんが、私に伝わってきたことをそのまま書いてみます。
失礼があれば、お許し下さい。

「お前には迷惑をかけた。
俺が全て悪いんだ。
反省している。
私の気持ちも知らないでと思わないで。
俺が1番良く判っているから。
先のことを考えると、途方にくれてしまうね。
どこにでもある幸せだけで良かったんだね。
すまない。
ただ、すまない。
お前の日常は、俺と共にあったんだな。
静かになった、お前が心配だ。
話すことが少なくなったのだから、しょうがいないか。
俺と話すのがこんなに楽しかったとは知らなかった。
俺がいなくなったことで、お前が失ったものが多すぎて、びっくりしている。
一緒にいることが、当たり前だったから。
俺があの時、調子にのらなければと、本当に申し訳なく思っている。
声の聞こえない1人の部屋は寂しいだろう。
俺の声を聞かせたい。
こんなに近くにいるのに、気付かないのが不思議でたまらない。
黙っていないで、俺にしゃべりかけてくれ。
前のように、笑ってくれないか。
お前の好きなことを、たくさんしていいから、頼むから笑ってくれないか。」

NOB さんのコメント...

イクミさま NOB です。 

こんばんは。
53号さまとは二人して、魂のつながる人と出会えて幸せだね…と話しています。
そんな風に思える人とこの世で出会える事は、なかなか無い事だと思うので、
ほんとうに幸せだと思っています。

彼とは前回にコメントして以来、また会話は出来ていないのですが
あまり心配しなくなりました。たぶんまた大事な時にはつながるのだろう…と思って。

53号さまの彼と、あの世で出会えていないのかしら…?と思って彼に想いを送ってみましたが
返事は返ってきてません。
でもこちらに告げられないだけで、あの世では何かでつながれているのではないかな…と思います。
あの世はあの世でいろいろ事情があるのかも知れませんね…。

イクミさまに、他のコメントでも書かせていただきましたが
彼の病気、闘病という苦難を,彼と一緒に乗り越えて、二人とも成長できたと思っています。
彼は別の次元に行ってしまいましたが、シナリオ通りだと思います。
乗り越えられない苦難は与えられていません。

彼の闘病中、一度逃げ出したくなった事がありました。自分を保てないと思ったからです。
でも、彼と一緒にいるとそんな事は忘れてしまいました。
最後まで、二人の魂は一緒に居る事を望んでいて、それを貫けました。
その事が今の彼と私にとって、とても幸せを感じる事です。

53号さまと、私の共通点は、私にとっては「やっぱり~!!」って事でした。
イクミさまならすぐわかると思います。

イクミ さんのコメント...

NOB様

おはようございます。
NOB様と53号様を見ていると、女性の強さ、純粋な想いを感じずにはいられません。
物語はずっと続いていて、次の章が大きな悦びとなるように、今の章を経験していると、お二人とも確信されているので、喜ばしい限りです。

53号様の彼と会えていないのかと、尋ねる想いを送って、返事は返って来ないそうですが、霊界側が答えられない、または答えてはいけないこともあるようです。
必要なことだけ伝えるようになっている可能性が高いと思います。
彼とも、何かあった時、必要な時には再開すると思います。

彼の病気、闘病と言う苦難を通して、お二人とも成長し、今に備えて魂のつながりがより強固になったのですね。
この世に無駄なもの、意味のないものはないと改めて感じます。
あなたの尽力により、病院の体制が改善されて、さらに成長が得られ、目的が完結したと思います。

53号様との共通点ですが判りません。
また、後で教えて下さい。

NOB さんのコメント...

イクミさま NOB です。 こんばんは。

今朝、彼の夢を見ました。とてもリアルな夢でした。
彼に腕枕というか肩枕をしてもらっている夢でした。姿が出てくる夢は久しぶりでした。

私は一生懸命、彼のぬくもりと触れ合った感触を覚えておこうとしていました。
これは夢だし、今覚えておかないと…って夢の中で思ってるんです。
でも、なぜか声は一切ありませんでした。
あの世の彼とつながっている夢ではない気がしました。たぶん。

彼がそばにいるのは信じているので、悲しい気持ちはないのですが、
この世での思い出がとても愛おしくて…切ない気持ちです。
今日は夢を見たせいかその想いがとても強いです。

彼は違う次元で生きているけれど、この世での思い出をどうしたら自分の中でうまく整理できるのでしょう。
彼とつながれてからもずっと思っていました。ずっと考えていますが答えが見つかりません。

イクミ さんのコメント...

NOB様

おはようございます。
明晰夢を見たのですね。
思い出の中にいる彼と、見えないけれども生きている彼がいて、自分の中で整理がつかないのですね。
どの様なことが起きているのか、私も良く判りませんが、思い出の中の彼は、あなたの頭脳にある1つの記憶に過ぎないと思います。
昨日の朝の夢は、記憶を元に映像が作られたものであり、そのために言葉もなく、想いも感じられず、生命感はなかったと思います。
つまり霊的なもの、実際の彼ではなかったのかもしれません。
彼と会話は、あなたにとって素晴らしい出来事ですが、姿を見ることが叶わない現状は、やはり寂しいものです。
なので、彼の映像として残っている思い出は、どうしても愛おしく思えてしまうのではないでしょうか。
当然でしょうが、この目で彼の見たい、ぬくもりを感じたいという思いが、強くなったのかもしれません。
思い出の中にいる彼は、あなたにとって大切ですが、実在(生命)ではありません。
実在である今の彼を、より大切にした方が良いのではないでしょうか。

NOB さんのコメント...

イクミさま NOB です。

おはようございます。お返事ありがとうございました。

ずっと彼の姿を夢でも良いから見たいと思っていたので、ああいう夢を見たと思います。
明晰夢というのですね。夢だとはっきりわかっていて不思議な感じでした。
彼の魂では無いというのはなんとなくわかりました。

彼と会話ができて少し経った頃、彼に同じことを聞いた事がありました。
この世の思い出をどうしたら良いのか…複雑な気持ちだという事をです。
「二人の思い出を悲しむ事は無いし、それはそれで良い思い出として懐かしめばいい。
これからまた違う関係が続くんだから。」というような返事が返ってきました。
そう思ってはいましたが、昨日みたいにあんなにリアルな夢を見ると、どうしても辛くなります。
置いて行かれた側の気持ちなんだと思います。同じところに行きたくなります。

でもイクミさまのお返事を読んで、やはり彼の本質は思い出の中にはいないと思えました。
寂しさは無くなりませんが、この世の思い出を想ってしまう時は、彼に話しかけながら
一緒に思い出話をしようと思います。彼は聞いていてくれると思います。

昨日の夢で少し勉強になりました。
こういう夢を見るとこんな気持ちになってしまう。でもそれは一時的なものだという事です。
またこういう事があっても、そう思うようにしようと思います。

イクミさま、ありがとうございました。
昨夜は53号さまとも話をしました。同じ思いを共有出来るのはとても救われます。

イクミ さんのコメント...

NOB様

シルバーバーチは、愛する人と夢(幽界)で会っていた時は、起きた時に蝶に口づけされたような、(幸せな)気分になると表現しています。
想いが伝わってきたか、どうかで判断できると思います。
難しいでしょうが、切なくなってしまうので過去をあまり振り返らず、今を大切に生きなさいと言うことなのでしょうか。
53号様とは不思議な縁ですね。
友達でも判ってもらえないことがあるでしょうから、話し合えて良かったです。

NOB さんのコメント...

イクミさま NOB です。

こんばんは。今日は2回目の投稿です。
新しいブログを拝見しました。ベートーベンの人生は、稀代な才能の作曲家であった事と
難聴で苦しんだ事くらいしか知らずにいました。
でも作品にはいつも心を揺さぶられます。やはりそういう霊性の方だったのですね。
苦難を悦びの種にできるように生きられたら、魂は幸せを感じるのだろうな…と思いました。

昨夜のヒーリングの効果だと思うのですが、今日の午後とても眠くなり、一時間ほど昼寝をしました。
私は普段は午後に眠気を催すことは無いのですが…。
そして、夕方彼と話ができました。イクミさまのヒーリングの話をしたのと
「心配しないで、穏やかな気持ちで進んで」というような想いが伝わってきました。

私は今はどこか痛いところがあるわけでは無いですが、
20年くらい前から、甲状腺の疾患があります。彼が病気になった頃から不整脈と頻脈もあります。
血圧もが高くなりました。彼の闘病中はいつも上は170前後ありました。今は少し落ち着いています。

よく言われる事ですが、大事な愛するひとを亡くしたひとは
自分の健康状態にかまう気持ちになれなくなるのですよね…。私は子供がいなかったので特にそうでした。
何のために自分の健康を保つのか…と思っていました。もう同じところに逝きたいのに…。
今は彼がとても心配してくれているので、メンテナンスをしなければと思うようになりました。
一時はまったくする気にならなかった朝夕のちょっとしたストレッチも復活できました。

心も体も、少しずつ回復してきていると思えます。
イクミさま、私はあのヒーリング中の感覚が忘れられません。優しく強いエネルギーを感じました。
イクミさまがお忙しく無い時にまたお願いします。あらためてコメントさせていただきます。

イクミ さんのコメント...

NOB様

こんばんは。
ブログを読んでいただき、ありがとうございます。

ヒーリングの力により、魂が癒やされて、眠くなるようです。
意識しないところで、継続的に力が届いていると考えていますので、眠くなったのかもしれません。
彼と話が出来て、良かったですね。
昨日は2人の方ににメッセージをお伝えしたのですが、地上にいる人を良く観察していて、適切なアドバイスをしていると思いました。

愛する人を亡くしたら、自分の健康に気を遣わなくなりやすいのですね。
身体をこわしてしまう人が多いと聞きます。
私が子供の頃、近所で奥さんを亡くした人が、数年後、肝臓を悪くして亡くなってしまいました。
今は、何でそうなったのか、判るようになりました。

甲状腺の病気があるのですね。
そちらも良くなるのを祈念して、またヒーリングをしてみます。
明晩11時にしようと思いますが、大丈夫でしょうか?

NOB さんのコメント...

イクミさま、NOB です。

こんばんは。お返事ありがとうございました。
メッセージを伝えていただけた方の嬉しさはどれほどかと思います。
私もそうでしたが、とても救われます。生きていこうと思えます。

配偶者に亡くなられると、とても大きな喪失感と悲しみと、
やはり日常生活が一変してしまうので健康管理は難しいと思います…。
男性の方が辛いかも知れません。

イクミさま、明日またヒーリングして下さるとの事嬉しいです。
明晩 11時、大丈夫です。よろしくお願いします。

匿名 さんのコメント...

イクミさま。

こんばんは。53号です。

先日、彼のお母さんが夢に出て、彼の実家をたずねた時、お母さんからお話をいただいたのですが…来月9月に、彼の実家が信仰している宗教の大祭があり、ご先祖さまが降りてくるとの事で、"あの子も来るのよ。いっしょに行かない?喜ぶわよ。"と声をかけていただいたのです。
ご両親と3人で行く事になりました。彼に会える事も幸せですが、声をかけていただいた事が嬉しくて帰って来て、彼に話をして嬉し泣きしてしまいました。
それから数日後の彼の月命日の事です。
会社が夏期休暇もあって、朝から"今日で、半年経ったんだなぁ。"とへこんでいたところに、彼のお母さんから電話をいただきました。大祭の事でしたが、驚きと嬉しさから顔がぐちゃぐちゃになってしまいました。
その日の夕方にお線香あげに実家に行ったのですが
お母さんから、彼が子供の頃から使っていた、その信仰宗教の経典をいただきました。年期の入った経典です。彼は、生前実家でのみしかお経あげれなかったそうです。とても嬉しかったです。月命日に彼からの贈り物をもらったと思いました。彼の触れていたところに触れて毎日お経をあげています。
霊的真理には、経典は必要ないと思いますが…毎日あげていこうと思います。

彼のお母さんが言ってくれました。"顔が変わったわよ。"と、以前は悲壮感でていたのだと思います。
今は、寂しいけどそれ以上に彼が、嬉しい気持ちにしてくれます。
今夜も、彼のお星さまが輝いています。その星を見ると元気になります。
毎日、感謝の気持ちでいっぱいです。

今、シルバーバーチ4巻再読中です。気になるところは何度も読み返しているので、牛歩の如くです。
最近、魂、霊について回りの人に語る事が多くなりました。興味深く聞いてくれます。否定する人はあたしの回りにはいないようです。

神の摂理に敵った生き方...難しいです。自分にできることは?と考えています。
また教えていただければ嬉しいです。

イクミさま。のところは日照不足でしょうか?
毎日不安定な空模様ですが、秋の虫の声がだいぶ聞こえるようになりました。季節は時間は必ず動いているのですね。

イクミ さんのコメント...

53号様

おはようございます。
半年経ったのですか。人生で一番長く感じた半年だったと思います。

お母さんが信仰している宗教の大祭に誘ってもらい、そこで交霊会のようなことをするのですね。
機会がありましたら、その時の様子を知らせて下さい。
彼が子供の頃から使っていた経典を譲ってもらって、良かったですね。
あなたが言われるように真理には、経典は必要ありません。
世界中に経典(教義)が溢れすぎてしまい、混乱を招いているので、原点に戻るために、既存の宗教を超越した霊的真理が降ろされたと思います。
その宗教に救われている人達が、あなたも同じ様に救われて欲しいと、善意から勧誘するかもしれませんが、霊的真理を知ったあなたには、全く必要ありませんので、そのことは心に留めておいて下さい。

お母さんに、顔が変わったと言われたのですね。
あなたを変えたのは、彼を信じる想いと、それに応えてくれる彼の想いです。
こうしていられるのは、彼の愛があればこそです。
もちろん、霊界で見せてくれている、星の輝きも、あなたに生きる力を与えてくれています。
彼と、霊界で援助している存在に、感謝の気持ちを伝えて下さい。

シルバーバーチの4巻を読んでいるのですね。
心にすっと入ってくるところもあれば、難しく感じるところもあると思います。
霊訓を通して、あなたが知ったことを、知らない人に話せば、それで世の中に正しい知識が広まり、貢献したことになります。
神の摂理に適った生き方とは、人が喜ぶ生き方であり、あなたらしく明るく、元気にしていれば良いのではないでしょうか。
そして、必要としている人がいれば、そっと真実(霊的真理)を教えてやることだと思います。

珍しく、今日の朝は晴天で、秋の気配を感じましたが、日中は暑くなりそうなので、体調管理には気を付けて下さい。

NOB さんのコメント...

イクミさま NOBです。

こんにちは。
昨夜もヒーリングをありがとうございました。
今回はおへそを中心に、おなかがとってもあたたかくなりました。
それとやはり両腕は脱力してました。
私にとっては、とても愛とエネルギーを感じる感覚です。
途中から、彼の存在をはっきり感じて泣いてしまいました。
やはり朝は癒された気持で目覚めました。

昨日の夕方、雷雨の後に大きな二重の虹が出ました。
夕焼けの空もとても美しく、人間には造りだせない自然を感じました。
でも彼のいるあの世はもっともっと美しいのでしょうね…。

イクミさま、本当にいつもありがとうございます。53号さまともいつも話しています。
また投稿させていただきます。

イクミ さんのコメント...

NOB様

こんにちは。
彼の存在をはっきりと感じたのですね。
以前、ヒーリングをした人からも、最中に霊の存在を感じたと言われました。
いろいろな反応、感じ方があり、興味深いところです。

2重の虹が出たのですね。
私も虹を見るとあの世を連想してしまいますが、全ての造形が虹のように光り輝いていて、言葉に出来ないほど美しいと想像しています。
早く、そんな世界に行きたいと、つい思ってしまいます。

匿名 さんのコメント...

イクミさま。

53号です。
返信、ありがとうございます。

今日も、楽しく明るく仕事をしてきました。
今日の業務は、気の合う人たちとできたのでいろんなお話をしながら仕事していました。
そこでまた霊的な事を話しました。興味深く聞いてくれます。で、今朝見たテレビのひとつのコーナーでしていた内容について話しました。とても仲の良いご夫婦がいて、ご主人は奥さまをとても愛していましたが、奥さまが脳腫瘍で先に逝ってしまったのです。ご主人が会社を辞め付きっきりで看病したそうです。そして、その日...ご主人が病院に着く前に奥さまは逝ってしまいました。ご主人は、ありがとう。と伝えたかったと言っていました。その話を同僚にして、最愛の人を残して逝く時は、最後を見せたくないみたいでそういうケースが多いんだよ。とあたしは説明しました。NOBさまご夫婦もそうだったなぁ。と思いだして...その後に、3人の中で一番若い女の子が言った事が心に響いて涙が出てしまいました。"笑顔でお別れしたかったんだね。"と。
あたしは、彼の看病という事はなかったですが、"じゃあ、またね、気を付けて帰りなよ。"と言って彼と別れたのが最後でした。
彼は突然でしたが…そういう気持ちが魂の中であったのかな?と思いました。

毎日、今あるあたしを支え導いてくれている、彼、霊界の皆さん、守護霊団さんに感謝しています。そして、神様に...

NOBさま。ヒーリング感激していました。
元気になってくれたら嬉しいです。
でも、驚きです。目の前に居ないのにどうやってとばすのかなぁ?と。
彼の存在をはっきりと感じられた。と喜んでいました。
もし叶うことならば、あたしにもお願いできますでしょうか?

イクミ さんのコメント...

53号様

こんにちは。
とても仲の良いご夫婦がいて、奥様がご主人が病院に着く前に逝ってしまったということですが、ご主人が言われていたように、最後の言葉があったとしたら、きっとありがとうだったでしょう。
別れがとても名残り惜しく、相手のことを思う気持ちが強ければ、その場にいない時に逝ってしまうこともあると思います。
言葉であえて伝えなくても良いほど、判り合えていたのかもしれません。
最後の別れ方は、逝く人と残る人の関係や性格と関係しているのかもしれません。
NOB様のご主人は、女の子が言われたように、笑顔を焼き付けて逝きたかったと思います。
彼はいつも通りに最後に声をかけて、数時間後に亡くなりましたが、もし、バイバイとかさようならと言っていたのであれば、もう関係は終わってしまったと、あなたに印象付けてしまうことになったかもしれません。
今の状況を考えると、適切な言葉だったと思います。
前にも言いましたが、亡くなる前にあなたと会っていたのは、無意識ですが逝かなければいけないことを彼が判っていて行動したのか、彼の守護霊が会うことを促していたのか、どちらかであったような気がします。
そして、お2人のシナリオであることを、強く印象付けるためだと思います。

NOB様に2回ほどヒーリングをしました。
心身共に、エネルギーが不足しているように感じました。
彼の存在を感じていたようで、思わぬ作用があったようです。
全く何も感じない人もいれば、何かを感じる人もいますが、事前に予測は出来ません。
よろしければ、今晩11時にヒーリングをしますが、大丈夫でしょうか?
ソファかベッドの上で、リラックスして待っていただくだけで結構です。

匿名 さんのコメント...

イクミさま。

こんにちは。53号です。

ありがとうございます。
イクミさま。の返信を読んで、涙が溢れてきました。
きっと彼はそうだったんだろうと、そして今があるのだと思います。

ヒーリング、お願いいたします。
今夜、待っています。
よろしくお願いいたします。

匿名 さんのコメント...

イクミさま。

おはようございます。53号です。

昨夜は、ヒーリングありがとうございました。
リラックス、リラックスと思いながらも緊張してしまいました。

あたしは、足爪先から感じてきた感じです。ピリピリと...そして、右足がぽーんと羽上がりました。その後…頭まですっぽりと包まれた感じでした。目は閉じているのですが、白く見えました。
まるで繭のような感じでとても心地好いものでした。優しい何かに包まれていました。
その後は熟睡したんだと思います。目が覚めて、右足の事を考えました。あたしは、右側腰から右足膝までいつもつった感じがしていて、寝返りも手で腰を助けないとできませんでした。今日は右足が楽に軽くなった感じです。
彼の存在は、はっきりわかりません。でもやさしく包まれた感じが癒されました。
ありがとうございました。
イクミさま。はヒーリングを行う時は体力を使われるのでは?もしそうであれば申し訳ありません。
今日も、猛暑です、勝手ですが...お身体大事にお過ごしください。
あたしも、もう一日、がんばってきます。
ありがとうございました。

イクミ さんのコメント...

53号様

おはようございます。
力が上手く届いていたようなので良かったです。
右足がポーンとはね上がったということですが、私はそちらで何が起きているのか全く判りませんので、とても興味深く読んでいます。
ヒーリングをしながら寝てしまう人が多いです。
残念ながら、霊の存在は感じられなかったようですが、右足が楽になったのなら、少しお役に立てたようで、うれしいです。
心配していただいていますが、ヒーリングは全く疲れません。
私もヒーリングの力を少しもらっているようで、いつの間にか眠ってしまいました。
今日の夜から日曜まで、仕事で研修に出かけます。
その間、コメントの返信が出来ないかもしれませんので、ご承知おき下さい。
今日1日、頑張りましょう。

匿名 さんのコメント...

イクミさま。

こんばんは。53号です。

だいぶ秋っぽくなってきました。
秋の虫の音を聞きながら過ごしています。

ヒーリングの際はありがとうございました。
NOBさま。もまた再度していただいたと感謝していました。心体と楽になったようで安心しております。

さて、今夜は、またお聞きしたい事がありまして投稿させていただきました。
霊的発達レベルについてですが…昨夜も、NOBさま。と話をしました。
愛する人とあの世で再会して永遠に離れることなく暮らしていきたいことがあたしたちの一番の望みなのですが、シルバーバーチの言葉によると、お互いの愛の絆はもちろんだが、お互いの霊的発達レベルが同じでないと再会してもいっしょには居られないとありました。う~ん...お互いに信じ合って愛し合っていれば大丈夫なのでは…と思っておりますが、再会して、レベルが違うから、あなたはこっち。何てことになったら悲しいね。と話しをしました。
これまた取り越し苦労かもですが…どういうものでしょうか?

まだまだ、魂の成長途上で、シルバーバーチを読んでは自分の過去を振り返って悩んだり納得したりして過ごしています。
毎夜、彼のお星さまは輝いてくれています。
ほんとに、ありがたく幸せな事です。
妬み、僻みなどのマイナスな気持ち...今、まったく感じる事がなくなりました。彼の生前は、環境的に毎日戦いでした。会社、家庭において、いつもイライラ戦闘態勢だったと思います。彼といっしょにいるときだけ幸せな気持ちで癒されていました。
彼が亡くなり、環境が変わってから今は、そういった嫌な気持ちを抱く事がなくなりました。これも彼の守り導きなんだなぁ。と感謝しております。
寂しい気持ちは消せる事はできないのですがNOBさま。と話をする事で救われている毎日です。

イクミさま。よろしくお願いいたします。

イクミ さんのコメント...

53号様

こんにちは。
所用で、返信が遅れてしまい、申し訳ありません。
こちらは、日差しはまだまだ強いのですが、秋みたいな風が吹いています。
NOB様は、ヒーリングにより体調が少し良くなったみたいので、良かったです。

質問の件ですが、シルバーバーチが言っている様に、霊界は界層社会であり、同じ魂のレベルの者が一緒に暮しています。
魂のレベルが違えば、死後しばらくして赴く界層は違ってきます。
魂には、上を目指して成長しようとする欲求があり、苦難が多いこの世の方が、あの世よりも成長すると考えられます。
もしかしたら、彼の方が一歩前を歩いていて、先に行ったのは、あの世で歩みを緩めて、あなたと歩調を合わせる意味もあったのかもしれません。
成長するあなたを、守り導くのが彼の役割ですが、この世に別れを告げる時には、彼が真横になり一緒に歩んで行くのかもしれません。
そうだとすれば、もう別れはないと考えられます。

妬み、僻みなどのマイナスな気持ちを抱くことがなくなったそうですね。
それ自体が、成長している証であり、少しずつ、彼に近づいていると思います。
想いを伝えてあなたを穏やかにさせ、自分と同じ世界を見せようとしているのかもしれません。
想い(愛)の強さを感じているからこそ、彼もそれに応えようとしていると思います。

毎夜、星が輝いているのですね。
神の摂理に適った生き方をしている人には祝福があると、いつも思ってしまいます。

匿名 さんのコメント...

イクミさま。

こんにちは。53号です。
お忙しいところ、こころ暖まるご回答ありがとうございます。

読んだ瞬間に涙が溢れてきました。
あたしは、毎日、彼を信じてついていけば必ず、同じ境涯棲みかにいけると思い過ごしています。きっと、彼がそのために守り導いてくれていると信じているからです。
あたしが、マイナスの気持ちを抱く事なく過ごしていられる事も、以前イクミさま。より教えていただきました、彼のオーラで守られている事なんだろうな。と思っています。
今日のご回答を何度も読み返し、自分の思いを信じていくことなんだと感じました。
ありがとうございました。
これからも、成長する為に、感謝の気持ちを忘れずに過ごしていきます。

NOB さんのコメント...

イクミさま 

NOBです。こんにちは。いつもありがとうございます。

ヒーリングをしていただいた際は本当にありがとうございました。
心も身体もだいぶエネルギーが戻ってきたと感じています。効果実感です。
やはり減薬で不安定になっていたのかな…と思っています。
減薬したままで乗り越えられました。またいつかお願いしたいです。

新しいブログ読ませていただきました。
厳しい練習や、辛い思いが報われた時のあの達成感や、幸福感を思い出しました。
あの世にはいつ行けるのかわからないですが、この世でもそういう体験をすると
報われない苦難は無い、公平が保たれていると思って生きていける気がします。
彼の闘病、そして逝ってしまった事は私にとって大きな苦難ですが
その苦しみの分だけ、今すでに何かに救われていると感じる事が多く見えない存在に感謝しています。

昨夜、彼とよく旅行していた町の話をしました。
「もう私一人では行くことは無いかな…。
よく泊まったホテルのそばにあったカフェ居心地良かったね。まだ変わらずにあるかな。」
と私が言ったら、彼が「行こうよ。」と言いました。
私は「そっちは身軽にお金もかからずに行けるから良いよね。こっちはいろいろ大変だし。」
と言ったのですが、彼が「いいから一緒に行こう。」と言うので
今日、さっそくホテルの予約をしてしまいました。一人分ですが。
秋は混んでホテルが取れなかったので、いつも行っていた12月に行くつもりです。
彼の「行こうよ。」の声がとても力強くて驚きました。
二人が出会う前から、彼も私も大好きな町だったのですが彼との思い出が多すぎて
私はもう一生行かないかも知れない…と思っていたので、彼が気を遣ってくれたようです。
あの世の彼とこの世の私でどんな旅になるのでしょう?楽しみです。

前に彼が私に「自分を労ってあげて。」って言ってくれたので
今月も友人達と会いに旅行する予定です。
まだ生命力満タンの自信は無いので、ゆっくりしたスケジュールにしようと思います。

一番旅したいのはあの世なんだけどな…と思いながら眠ったら
昨夜、そんな感じの風景の中にいる夢をみました。
良く覚えていないのですが、彼もいたような気がします。
ちゃんと覚えてられたら幸せなのですが…。

イクミさま、いつも読んでいただいてありがとうございます。
また投稿させていただきます。

イクミ さんのコメント...

NOB様

こんにちは。
心も身体もエネルギーが戻ってきたと実感され、とてもうれしいです。
減薬は苦しかったでしょうが、元の身体に近づいていると思います。

早速、新しいブログを読んでいただき、ありがとうございます。
この世だけで判断すると、苦難は苦痛以外の何者でもありません。
逃げずに、歯を喰いしばって乗り越えようとするのは、理屈ではなく、魂がそうしなければならないと訴えているからだと思います。
シルバーバーチは、あの世でこの世の人生を振り返った時に、大きな苦難ほど自分を成長させていたと、神に感謝すると言っています。
苦難の最中にいる時に感謝するのは難しいでしょうが、そう思って生きた方が苦しさを感じないと思います。

彼と会話をしたのですね。
生きている次元が違うと思えないほど、コミュニケーションが良く取れることに、感心してしまいます。
本当にピッタリと同調するのですね。
思い出の場所に、旅行に行くのですね。
あなたに楽しい思いをさせてあげたいのでしょう。
過去を思い出すよりも、今の彼と想いを共有しながら、楽しむようにして下さい。
今月も旅行をするそうですが、無理をせずに、エネルギーを温存して下さい。

私も、1番行きたいところはあの世です。
あの世は、光り輝く絶景が広がっているのが判っているので、この世界でどうしても行ってみたいところはなくなってしまいました。
夢で彼に会っているのに、よく覚えていないのは、残念ですね。
私も睡眠中に、幽界に行っているはずなのですが、全く覚えていません。
義姉は良く夢を覚えている人て、興味深い話をしていました。
義姉のお母さんが数年前に亡くなったのですが、エビデンスと一緒に短いメッセージを伝えたことがあります。
それからしばらくして、義姉の夢に私が出てきて扉みたいのを開けたそうです。
そうしたら、扉の先にお母さんがいて、会えたそうです。
そんな夢を私は見ていませんが、もし実際にあって、同じことをお互いに覚えていたら、とても面白いですね。

NOB さんのコメント...

イクミさま NOBです。

こんにちは。お返事ありがとうございました。

ヒーリングのことで、イクミさまに聞いてみたいと思っていた事があったのを思い出しました。
私は1回目のヒーリングと2回目以降のヒーリングで、だいぶ違った感覚を覚えました。
1回目は、とても優しいんだけれど強い何かに、全身が包まれている感覚でした。
なにか圧倒的な感じがしました。
2回目以降は、おなかの真ん中あたりからとてもあたたかくなってきて
全身に何かが流れて伝わっていくような感覚でした。
どちらも愛を感じるものでしたが、なぜ1回目だけ違っていたのかな…と少し気になっていました。
なにか理由があるのでしょうか。皆さん、感じ方はそれぞれなのだとは思うのですが…。

イクミさまも、夢は覚えてない事が多いのですね。
覚えていたらとても幸せな気持ちになれると思うのですが、何とかならないものでしょうか。
昨夜夢で彼と会っていた気がするなあ…という事はよくあるのですが、どうしても覚えてません。
イクミさまのお義姉さまがうらやましいです。
イクミさまが扉を開けて、その先でお母様に会えるなんて…感動的ですね。
そんな夢が見たいです。

彼との旅行は、大好きだった思い出の場所を、
悲しい場所にしてほしくないという彼の優しさなのだと思いました。
何より、ずっと悲しみの中にいて彼と一緒でない旅行なんてしたくありませんでした。

早く私もこの世の卒業を許されて、美しいあの世を一緒に自由に旅する日が待ち遠しいです。

イクミ さんのコメント...

NOB様

こんにちは。
ヒーリングについてのご質問ですが、私は力の通路になっているだけなので、どうして違っていたのか良く判りません。
ただ、ヒーリングの力は、霊界でオーダーメイドされますので、1回目のヒーリングでの反応を見て改良が加えられ、2回目は違った力になっていた可能性はあります。
1回目は絶対的にエネルギーが不足していたので、大量の力が注ぎ込まれ、2回目は全体の調和を取り戻すような力が流れたのかもしれません。
良きに計らわれていると、信じるしかありません。

夢も、良く覚えている人と、いない人がいて、どうしてなのか私にも判りませんが、何か理由があり、これも良きに計らわれてのことだと思います。

旅行のことですが、彼はこれまで悲しい思い、苦しい思いをしているのを、ずっと傍で見てきたので、これからは少しずつ楽しい思いをして欲しいと願っているような気がします。
難しいかもしれませんが、その時の楽しそうなあなたの顔を、もう1度見てみたいのかもしれません。

NOB さんのコメント...

イクミさま 

お忙しいところ、お返事ありがとうございました。
ヒーリングの不思議はイクミさまのお返事を読んで、なんとなく納得です
良きに計られているのですね。余計なことを考えずに霊界の皆様に感謝しようと思います。

だいぶ心に元気が戻ったので、彼に安心してもらえるように生きようと思います。
魂の成長のために、日々出来る事を少しずつ重ねていこうと思っています。

イクミさまの優しさにいつも感謝しております。ありがとうございました。

匿名 さんのコメント...

イクミさま。

こんばんは。53号です。

新しいブログ、拝見させていただきました。
やはり、自分に置き換えて…改めてその通りだと感じました。自分がこの世に生まれてきた意味を知れば、最期までこの世でがんばってみようと思う人が増えていけばと思いました。
あたしは、それを知ることができたから精一杯生きよう。と思える自分になれました。
しかし、今朝のニュースで、中高生の自殺について報道されていました。何て事を...残念に思いました。
自分で命を絶つという事を美化しているのでしょうか?残念です。

今夜は、こちらは雨です。けど、彼のお星さまは輝いてくれています。嬉しくて大粒の涙が溢れてきました。
だいぶ、朝晩涼しくなってきました。風邪などひかぬよう、大事になさってください。

イクミ さんのコメント...

NOB様

無理をせず、焦らず、ゆっくり生きることが1番大切なのかもしれません。
具合が悪くなったら、また言って下さい。

イクミ さんのコメント...

53号様

こんばんは。
新しいブログを読んでいただき、ありがとうございます。

休み明けの、新学期が始まった時に、中高生の自殺が多いそうです。
子供と言えども、自然法則は厳格に働いてしまいます。
真実を知っていたら、誰かが教えていたら、こんな悲劇は起こらないと思います。

雨が降っていても、星は輝いているのですね。
あなたの様に星は見えなくても、ひとりぼっちではなく、見守られていて、いざと言う時に助けてもらえることを、一人でも多くの人に知ってもらいたいです。

匿名 さんのコメント...

イクミさま。

こんばんは。53号です。

いつも、お忙しいのにすみません。
ひとつだけ、教えてください。
魂オーラの色はあると以前お聞きしたのですが…緑色、紫色、赤色、青色 意味がありますか?

イクミ さんのコメント...

53号様

こんばんは。
私はオーラが視えるわけではなく、詳しくありませんが、緑色は調和、紫は霊性、赤は情熱性、青は知性を表しているようです。
オーラの色は魂から生じている想いを反映していて、刻々と変化しているようです。
答えになっていなかったら、申し訳ありません。

匿名 さんのコメント...

イクミさま。

ありがとうございます。

実は、今夜いつものように彼のお星さまに感謝してからは、部屋でテレビも消して静かにしていました。少し横になって、彼とお話でもと思い、話しかけてみました(ひとり言ですが…)目を閉じて、今、幸せですか?とか言ったりして...すると、目を閉じた状態で緑色から紫色に変わったのです。次の質問をしたりしたら、緑色から赤色に変わったのです。
まるで彼と会話をしている気持ちになりました。会話を始める前になんか包まれているような温かい感じがしました。ヒーリングの時よりは弱めでしたが…
今日は、彼の実家に寄り、里帰り出産した妹さんにお祝いを届け、お母さんと話しをしてきました。お母さんと話しをすると幸せな気持ちになります。気持ちが共有できるからでしょうか。ありがたいです。
そんな話しを彼にしていた時の事でした。

イクミ さんのコメント...

53号様

彼は想いを映像によって、あなたに伝えようとしているのか、彼の魂が放つオーラを、あなたが視ているのかのどちらかのような気がします。
この現象から伝わって来る想いを、あなたなりに感じ取ってみて下さい。
お母さんと話をして幸せな気持ちになるのは、あなたが考えているように、同じ想いを共有している人であり、彼に対する深い愛を感じるからだと思います。

匿名 さんのコメント...

イクミさま。

こんばんは。53号です。
今夜から明日未明まで、台風が接近するという事で、ちょっと心配ですが…彼が守ってくれているから大丈夫だと信じています。

先週土日に、信仰している宗教の大祭に行ってきました。
お母さん、お父さんと3人で行ってきました。現地で、彼の伯母さんにあたる方と合流してその施設に入りました。
現地についたところから、2日間のスケジュールが始まりました。あたしは、訳もらからずただお母さんの後についていきました。
ご先祖さま(彼が)が、降りてくるといった特別な行事はありませんでした。その宗教の大祭という事で大がかりな合宿みたいでしたが
彼も2年前に参加したという事だったので…
あ~彼もこうやっていたんだな。こういう食事をとったんだなぁ。と彼を想いスケジュールをこなしていました。彼の姿を探していました。きっと彼は、あたしの傍にいていっしょにお経をあげていたのかもと思います。お母さんもきっとあの子が喜んでいたと思う。と言っていました。
彼の伯母さんと二人になる時間が多かったので…彼とあたしの事を少し話しました。伯母さんは、涙ながし"あの子が不憫に思っていたけど、あなたがいたなら幸せだったのね。"と言っていました。そして、"でも、あなたがかわいそう。"とも言っていました。あたしは、彼とあたしの宿命だから仕方ないです。彼には、あなたが逝くまで待っていてね。と言っていますから...と言いました。やはり、かわいそうだと思うのですね。仕方ないですね。すべてのスケジュールが終わり、帰りの新幹線では3人掛けの席だったのですが…お母さんとお父さんの間に座りました。お父さんが気を利かせてお母さんの横にしてくれたんだと思いますが、とても嬉しかったです。
彼がそのようにしてくれたのかな?って思いました。
あたしには、その宗教の組織は分かりません。でも、毎日彼のためにお経はあげていきます。
この大祭に導かれた事を考えます。
彼はあたしといっしょにやっていきたかったのでしょうか?もしそうならば、あたしは喜んで彼といっしょにご先祖の供養をしたかったです。霊的真理とは別に考えます。
そんな2日間でした。

ここ毎日、夜寝る前に彼と話をします。ひとり言ですが…
別に何があるわけではないのですが、話しかけています。まっ暗闇に目を開けて天井を見上げながらです。すると、緑色、紫色になり彼の顔が見えたりします。あたしの気のせいかもですが、彼が答えてくれていると思い、毎夜話しかけています。
昨夜、今夜と台風空ですが、彼のお星さまに見守られて過ごしています。
毎日、穏やかに暮らしていけるのも、彼の導き守りなんですね。有り難く幸せな事です。
でも、寂しい気持ちはなくならないので、涙は毎日でてしまいます。

イクミさま。また、お話しを聞いてください。ありがとうございました。

イクミ さんのコメント...

53号様

こんばんは。
先週の土曜日に、彼が入っていた宗教の大祭に行ってきたのですね。
彼が生前信じていたこと、やっていたことを、知ることが出来て良かったですね。
何より、愛しているご両親と、彼を良く知っている伯母さんと、同じ時間を過ごして、親しくなれて良かったです。
伯母さんは、不憫に思っていたけど、あなたがいたなら幸せだったのね、でもあなたがかわいそう、と言っていたのですね。
伯母さんにも、あなたを見せたかったのかなと思いました。
ご両親とあなたが親しくしているのは、紹介するのが実現出来なかった彼にとって、とてもうれしいことなのでしょう。
新幹線の席をお父さんが気を利かして、真ん中にしてくれて、うれしかったのですね。
彼がそうしてくれたのかは判りませんが、ご両親は親近感を持っていることは確かであり、あなたの側にいると、何か感じられるものがあるのかもしれません。
彼が今いる世界に宗教はありませんが、自分が生前していたことを肯定し、引き継いでくれていることに感謝していると思います。

寝る前に彼に話しかけると、色(光)や彼の顔が視えるのですね。
星も、変わらずに視えるのですね。
とても幸せなことです。
NOB様は霊聴能力が発達していて会話ができ、あなたは霊視能力の方が優れていて、視えているのかもしれません。
個々の能力に合わせて、伝えてくれているような気がします。
どちらにしても、見守っていることを示すためであり、愛されていることに変わりはありません。

匿名 さんのコメント...

イクミさま。

こんばんは。53号です。

返信、ありがとうございました。

今日は、彼の月命日です。7ヶ月経ちました。まだ時々信じられなくて、彼が生きているような気持ちになってしまいます。

彼に、話をします。
"あなたとあたしには、ほんとに時間がなかったね。会いたくても会えなくて..."と。
彼とあたしは、魂が結ばれていたんだな。とつくづく感じています。
昨夜も、彼に話しかけました。
目の前の暗闇がもやもやっと迫ってくる感じがしてオーラのような光りが見え、彼の顔が見えた感じでした。しばらくするとその不思議な感じはなくなりました。
彼は、あたしといっしょにいてくれているのですね。

ありがとうございました。