2016年6月25日土曜日

若者の自殺について



人は何の目的もなく、生まれて来たわけではありません。

本当の自分である「魂」を成長させるためです。

魂を成長させるために、この世でどんな出来事が自分に起こるのかを、ちゃんと承知した上で生まれて来ています。

人生で待ち構えていた数々の出来事を、どうにか乗り越えて行き、予定通りに魂の成長が得られた時に、自然法則に従ってこの世を去る時が訪れるようになっています。

しかし、現実にはとても多くの人が、自らの意思により予定を早めて、向こうの世界に移ってしまっています。



この世を生きるのがつらくて、死んでしまえば楽になると信じ、自らの(肉体の)命を絶ちますが、現実は、ブラックアウトの後、意識は存続していることに気付きます。

戻った意識は死ぬ直前の状態であり、苦しい上に、死ぬか生きるかと言う、極めて深刻な葛藤を抱えたままです。

あまりの苦しさ、激しい情動により、錯乱状態に陥ってしまうようです。



苦しいのは、まだ死んでいないためと思い込んでいるため、早く死んで楽になろうと強く思います。

駅のホームに、同じ様に日々の苦しみから逃れたいと思っている人がいると、苦しさから逃れようとする自殺した魂は、引き寄せられてしまうかもしれません。

お互いの魂が同調すると、思いが増幅されて、突然ホームから飛び込みたくなる衝動が生まれてしまうかもしれません。

錯乱した自殺者の魂は、苦しさのあまりに新たな悲劇を生んでしまい、罪をさらに大きくしてしまっている可能性があります。



錯乱状態をどうにか抜け出し、自分の置かれている立場を理解すると、とんでもないことをしてしまったと、激しい後悔の念にかられることになります。

今まで、自由に動かせていた肉体は、もうないのです。

いくら元に戻ろうと思っても、もう遅いのです。

自分のせいで、他の人を巻き込んで死なせてしまったのあれば、なおさらです。



向こうの世界で、その行為が過ちだったと知り、大きな後悔をすると共に、周りと隔絶されて暗闇に閉じ込められると言われています。

その状態を抜け出すためには、過ちを償わなければいけません。

過ちを償うために、もう1度、この世に生まれるのを許されますが、死の誘惑を伴うような、さらにつらい試練が待ち受けていると予想されます。

今度は、何があっても生き抜かなければならないと固く決意して、魂は母体に宿ります。

つまり、自殺は苦しみから逃れられないどころか、さらに過酷な苦しみを経験することになってしまうと思われます。



しかし、全ての自殺者が闇に閉じ込められ、悶え苦しむ訳ではありません。

自殺した時の動機が問われます。



逃げたり、臆病なために自殺したのであれば、それは神の意志に反した行いのために、相応の償いが必要となってくるでしょう。

映画のワンシーンにあるかもしれませんが、ロッククライミングをしていて絶壁で宙づりとなり、仲間を助けるために、自分の命綱を外して死んでしまったとしたら、それは自らの(肉体的)命を絶つ行為には違いありませんが、動機は人を助けるためであり、償いが必要になるわけがありません。



では、病気で自殺してしまった人はどうでしょうか?



自殺の原因の第1位は、うつ病です。

うつ病について、少し書いていきます。

抑うつ状態がある程度以上、重症である時に、うつ病と診断されるようです。

抑うつ気分(状態)とは、「憂うつである」、「気分が落ち込んでいる」などの症状がある時を言うそうです。

とても嫌な出来事が起きたり、不安や恐怖を抱えていたり、日々の生活に疲弊してしまうと、誰でも、抑うつ状態になる可能性があります。

そんな状況がしばらく続いたなら、抑うつ状態はひどくなってしまうでしょう。

感情の高ぶりが治まらずに、眠れなくなってしまうことも、当然あると思います。

テレビCMで、2週間不眠が続くと、うつ病を疑った方が良いとキャンペーンしていましたが、本当にそうなのでしょうか?

病気と言うより、生理的反応が過剰に起きているだけではないでしょうか?

多くの人は、ゆっくりと休養すれば、良くなってくるのではないでしょうか。



精神医学で、うつ病の原因は突き止められていません。

遺伝的、環境的、肉体的要因が重なって発症すると言われていますが、それらは物質的次元の要因です。

精神は物質を超えた存在であるのは明らかであり、原因は別次元にあると考えられます。

私は、うつ病の根本原因は、精神的次元、霊的次元にあると考えています。

精神的次元の原因として、心のエネルギーの絶対的な不足があり、霊的次元の原因として、表現できなかった想い(恐怖、不安、怒りなど)が内に存在していると考えています。



心のエネルギーは、どこから来るのでしょうか?

脳は肉体の一部なので、活動するエネルギーは物質的なものから供給されます。

しかし、心は肉体(脳)とは別次元の存在であり、医学では認められていない、魂(霊)から供給されていると考えられます。

魂に供給されているエネルギーは、霊的なエネルギーであり、生命エネルギーと言い換えて差し支えないと思います。

生命エネルギーが変換されて、心を動かしているエネルギーとなっていると考えられます。



生命エネルギーは、心の状態により、供給される量が変化すると考えられます。

喜びや、愛する想いを抱けば、より多くのエネルギーが供給されます。

そのため、とてもうれしいことがあれば、心は躍動します。

恐怖や不安、悲しみなどがあれば、供給される量は逆に減ってしまいます。

怖いことがあれば、心は縮み上がってしまいます。



心のエネルギーは、2種類の系統で消費されると考えています。

一つは感情を生み出すためであり、もう1つは、脳に事務的な指令を与えるためです。

魂で生まれた想いが、心(精神)で感情となりますが、霊的なエネルギーが精神的エネルギーに変換される現象と言って良いと思います。

そして、感情は脳に指令を与えて、肉体により言葉や行動による指令を出しますが、精神的エネルギーが肉体的エネルギーに変換される現象と言って良いと思います。

つまり、魂で受け取った霊的エネルギーが、精神的エネルギーに変わり、さらに肉体的エネルギーとなり、言葉や行動によって表現されて完結していると考えられます。



心は脳が作り出しているのではありません。

うつ状態とは、内に恐怖や不安、怒りや悲しみなどの感情が溜まっているため、生命エネルギーの供給が減ってしまっている上に、同様の感情を生み出すために消費されてしまい、脳に事務的な命令を与えるためのエネルギーが枯渇しかけている状態を指すと思います。



表現できずに溜まっている強い想いがあるのならば、新たに生み出される感情も同化されてしまいます。

強い恐怖が溜まっていると、何事に対しても恐怖を感じてしまいやすくなります。

強い怒りが溜まっていると、何事に対しても怒りやすくなってしまいます。

そして、新たな感情が生まれるためにエネルギーが消費されるため、心が脳に指令を与えるエネルギーが、さらに少なくなって行きます。

悪循環が起こり、心は脳に指令を与えられなくなって行きます。

脳に指令が行かなくなれば、頭は働かなくなり、肉体に出す指令も少なくなり、結果的に肉体は働かなくなります。



現代医学では、うつ病の治療の主流は、薬物によるものです。

薬物は、脳内神経伝達物質をコントロールして、脳の働きを高めようとします。

そのため、事務的に多少動けるようになりますが、心へのエネルギーの供給は、内にある強い想いがあると減ってしまうので、感情は生み出されにくくい状態のままです。

事務的には動けるのですが、感情を伴った行動は出来ません。

薬を止めれば、元の状態に戻って動けなくなりますので、依存状態となります。

感情がないまま、薬により身体は動かされ続けます。



うつ病の患者さんは、好ましくない感情に苦しんでいると言われています。

その感情は、過去の出来事により生まれていた想いと考えられます。

何かの理由があって、想いが肉体で表現できずに、内に溜まっていたと考えられます。

しかし、溜まっている想いがあっても、精神活動を活発に続けている内は、その陰に隠れて、表に出ません。

心のエネルギーが不足して精神活動が弱まってくると、表在化してきます。

うつ病の患者さんは、今生まれている感情に苦しんでいるのではなく、過去に生まれていた、言葉に出来ないような想いに、苦しんでいると考えられます。



抗うつ剤は、脳の働きを活発にさせるので、表在化した過去に生じた想いが再び隠され、苦しみが少し和らいだ気がします。

けれども、心のエネルギーは相変わらず不足しているので、感情が生まれないまま、脳の働きだけ活発になっています。

それは目的もなく走り続けて、息切れしているのに、また走らされているような感覚なのかもしれません。

ゆっくりと休まなければいけない状態なのに、薬により脳が働き続けます。

薬を飲む前とは違った、生き苦しさを感じているのかもしれません。

そのアンバランスな状態が高じてくると、衝動的に破壊願望が生まれてしまうのかもしれません。



以前、「自殺者の9割以上が何らかの精神障害に罹患した状態にありながら、精神科治療につながっているのは少数である」という知見が出されたそうです。

そのため、現在、自殺を未然に防ぐために、精神科の受診が勧められています。

ところが、東京都福祉保健局の調査によると、自殺者の54%が死亡2週間前に、精神科・心療内科に受診していたそうです。

さらに、2009年度「自殺白書」では精神科を受診して自殺した人の6割が20~30代の比較的若年者と報告しています。

驚くことに、20~30代の精神科を受診していた自殺者は、受診していなかった人たちに比べて2倍になっています。



若者に、一体何が起こっているのでしょうか?



興味深い資料があったので、引用させてもらいました。

この表は、1999年から2012年までの間で、自殺者が増えた年齢を黄色で塗りつぶしています。
19歳から27歳までが顕著に増加しています。



それをグラフ化したのが下図です。
20代だけが、特異的に自殺者が増加しているのが、良く判ります。

このグラフ作成した、教育社会学者である舞田敏彦さんは、若者の将来展望不良、就活の失敗などを理由に挙げていますが、果たしてそうなのでしょうか?



2000年にパキシル®(SSRI)という薬が販売されました。

脳内神経伝達物質であるセロトニンの量が減るとうつ病になるとも言われていますが、SSRIはセロトニンを増やす作用のある向精神薬です。

製薬会社は軽症のうつ病は「心の風邪」というキャッチコピーで、精神科の受診を促すCMを、マスメディアを通して、大々的に流しました。

その結果、2000年から2008年までの間で、パキシル®の売り上げは10倍になったそうです。



若い人の中に、気分がすぐれなかったり、眠れない日々が続いてしまうと、もしかしたら自分はうつ病かもしれないと思い、精神科や心療内科を受診し、パキシル®などの向精神薬を処方された人も少なくないと考えられます。

薬を飲めば治ると信じて、飲み続けている人も、きっとたくさんいると思います。

しかし、パキシル®という薬には、重大な副作用があると書かれています。

以下の文章は、パキシル®の日本の説明書きからの抜粋です。

『米国食品医薬品局(FDA)がSSRI、SNRI に加えて他の抗うつ剤及び成人にも対象を広げて検討を行った結果、24 歳以下の患者では抗うつ剤を投与された患者で、プラセボを投与された患者と比較して、自殺念慮や自殺企図等の自殺関連事象の発現リスクが高くなることが示唆されました。』

米国では、パキシルを18歳未満のうつ病患者に対して投与した場合に、自殺行動の危険性を増すという事実が製造元によって隠されていたのが発覚し、ニューヨーク州司法長官に訴えられ、巨額の賠償金の支払い命令が出たそうです。



日本でも平成17年度第1回薬事・食品衛生審議会、医薬品等安全対策部会安全対策調査会(厚労省 )において、タミフル(抗ウィルス薬)とパキシル(SSRI)について死亡(自殺例)を報告しています。

タミフルの異常行動については、マスコミで取り上げられたため、多くの人の知るところとなりました。

しかし、パキシル®については、タミフルほど一般の人に認知されていないのも事実です。

説明書きには、18歳未満の人には適応を慎重に検討することと書かれているので、18歳以上の若年者に対して、医師は抵抗もなく処方している可能性は高いと考えられます。



しかし、パキシル®の説明書きには、実はこうも書かれているのです。

『海外で実施された、本剤の成人を対象としたプラセボ対照比較臨床試験を検討した結果、統計学的に有意な差はないものの、プラセボと比較して本剤を投与された若年成人(本解析では予め18~24 歳と定義)で自殺行動の発現頻度が高いことが示されました
また、大うつ病性障害の成人では、プラセボと比較して本剤を投与された患者で自殺行動の発現頻度が統計学的に有意に高いとの結果が得られ、この多くは18~30 歳の患者で発現したものでした。』

これだけのエビデンスがあっても、若年成人に対して、禁忌でも、慎重投与でもなく、『使用上の注意』として扱われています。

前出のグラフで、特異的に20代に自殺者が増加しているのは、精神科でパキシル®などのSSRI製剤が安易に処方され、タミフルと同様に異常行動が出現したためと考えるのは、無理があるのでしょうか。



現代医学は科学に根差しているため、目に見えない心や精神について理解はきわめて乏しいと考えられます。

物質的な薬で、心の病が治るとは、とても思えません。

それどころか、若者を中心に、思わぬ弊害を生んでいる可能性があります。



自殺者の魂は、暗闇に閉じ込められて悶え苦しむと書きましたが、うつ病、特に薬の副作用で突発的に亡くなった人は、その限りではないと、私は思います。

なぜなら、自由意志で命を絶ったのではなく、医者から処方された薬物により、異常行動を起こしてしまった結果、魂が肉体からの分離を余儀なくされてしまったと考えられるからです。

そんな人たちは、罪を背負うことはないと思われます。

調整期間は必要ですが、次第に穏やかさを取り戻していくと思われます。



心残りは、この世に残してきた人に、何も伝えられずに、逝ってしまったことです。

そして、深く悲しませてしまったことです。

そんな理由から、地上に残してきた人に、メッセージを送ることが許されているのかもしれません。




















80 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

イクミ様
ブログ更新ありがとうございます。
娘は上司のパワハラの為うつ病になりました。三年間苦しみ、頑張りました。
大好きだった職も体調の為失い、減薬治療をしていましたが、減るどころか増えました。
減薬、元に戻すの繰り返しで心も体もボロボロになり薬の副作用で体に痛みがあり、仕事を辞め収入も途絶え、皆に迷惑をかけたくないと自死しました。
大切な我が子、生きていてくれさえいればそれだけで良かったのに、迷惑などと思う親がどこにいるでしょうか。
県外に住んでいたので一人で逝かせてしまいました。一人寂しく。どれだけ怖かっただろう・・。
亡くなる運命であったのであれば最期の時を抱きしめてそばにいてあげたかった。
最後に母を呼んでくれたのだろうか?
娘からのメッセージをイクミ様頂き、小さな頃の娘の写真を見つめながら何か合図をと願い続けました。
今まで哀しみがあまりに深すぎてまだ私には心の声が聞こえませんが、他の方を通して娘の合図がいくつかありました。娘の身体は無くなり声も聞こえませんがそばにいると思います。いつか私に直接合図がわかる日が来ると信じています。
娘は暗闇に閉じ込められて・・・。いませんよね?
娘が穏やかに過ごせるように、この命の尽きるまでそしていつか逢えるその日まで母の心で祈り続けます。
どうぞ娘をお助け下さい。娘の声をイクミ様私に教えて下さい。お願い致します。


イクミ さんのコメント...

読んでいただき、ありがとうございます。
この投稿は、お父さん、お母さんに向けたものだと思って下さい。

シルバーバーチの霊訓では、もちろん自殺は絶対してはいけないことと、戒めています。
ただ、その動機が問われ、全ての自殺が同列に扱われるわけではないとも書いています。

自殺は自然の摂理に反する行為であり、暗闇に閉じ込められると言われていますが、私が受け取ったメッセージが娘さんからのものであれば、その様な状況にはなっていません。
とても、穏やかな心境に感じました。
なぜ、自殺をされたのに、メッセージを受け取れたのか疑問が湧いたので、自分なりの解釈を書いたつもりです。
娘さんが自殺した原因は、上司のパワハラ、薬の副作用、迷惑をかけたくないという思いと考えられ、自己中心的なものではないのは明らかです。
そのため、暗闇に閉じ込められることはなく、メッセージを送れる穏やかな心境にあると考えています。

想いを寄せたら、そばに寄り添ってくれているのは確かですので、安心して下さい。
今は難しいかもしれませんが、お母さんが少しずつ穏やかな心を取り戻していけば、そばにいるのを実感する日がきっと来るでしょう。


「お母さん、私は見えないだけでいるのよ。
二人でいろんなことを話してきたじゃない。
私は、いつでもお母さんに話しかけているのよ。
耳を澄ましてもだめ。
静かにして、心の中に見つけるの。
私の想いを。
そんなに難しいことじゃない。
いつもの心に戻って、話しかけてよ。前と同じように。
お母さんのことが、大好きだから、私も早くつながりたい。
焦らないで、ゆっくりね、私はいつまでも待っているからね。
お母さんは、何でもできるはずだよ。
元気になって、私は生きているからね。
心配しないでね。」

ゆめこ さんのコメント...

こんばんは。
私は、昨年の夏に、「亡くなった娘の想いを受け取れますか?」というコメントを書かせていただいた母親です。
その後も、ブログの更新があるたびに拝見させていただいています。

今回のイクミさんのブログを拝見して、私は心救われました。

娘を亡くして半年後に、『シルバーバーチの霊訓』と出会い、死後の世界の存在・亡くなった人の魂の存在を知りました。
霊的心理を学ぶに従い、娘を失った悲しみも少しずつ癒され、心穏やかに過ごせる日も増えてまいりましたが、
霊訓を読み進めながらも、娘は自らあの世に旅立ってしまい、神の摂理に反した行動をとってしまったという後ろめたさのようなものが、いつも私の心に付きまとい、心苦しい想いをしておりました。

私の娘もうつ病で、抗うつ剤を服用しておりました。
しかし、実家からは遠い東京の地で一人暮らしをしていたので、私は恥ずかしながら、娘の病気のことも服薬していることも知りませんでした。
娘を迎えに行ったときに、刑事さんから初めてその事実を知らされました。
そして、服薬していた薬を見せられ唖然としました。
かなりきつい抗うつ剤が処方されていたのです。(ほかに抗不安剤や睡眠導入剤など数種類ありました)
お薬手帳からしか情報が得られないのですが、7月の終わりから服薬が開始され、たった2か月で娘は旅立ってしまいました。
刑事さんによると、処方医は、「きつい薬を飲んでいたからね」と言っていたそうです。
つまり、自殺のリスクはわかっていたということですよね。
その場合、家族にそのリスクを話して、服薬管理を相談するような措置をとらなければいけないと思うのですが、全く何もなされていませんでした。
最近では、個人情報保護という観点から、そういうことが難しくなってきているようにも感じますが、それでも、人の命のかかわることです。何とかしてほしかったです。
娘の友人が、「病気のことを親に話したら?」と言ったら、「心配かけたくないから話さない」と言っていたと聞き、さらに悲しくなりました。

申し訳ありません。当時を思い出して、少し暴走してしまいました。

私は薬剤師です。
薬剤師の私が、わが娘を薬の副作用で亡くすなんて、何てバカな母親だろうと自分をののしり、病気に気付けなかった自分を責め続けました。
霊的心理を知ってからは、それが神の摂理に反した行動であることを知り、さらに私を苦しめました。
この想いは、時間が経過した分、少し和らいだとはいえ、やはり私の中で悶々としていました。
誰にも言えない想いですが、おそらく、娘だけは、この私の想いを知っています。
「お母さん、その想いはもう手放してしまって良いよ。」と言っているのかも知れませんが、私にはわかりません。
ある方を通じて、私も、娘の想いを届けていただいたことがありますが、このブログの娘さんと同じように、
「お母さんと私はいつもつながっているよ。」と言っていました。
だからすべてお見通しですよね。

今回のイクミさんのブログを拝見して、私のその悶々とした想いが晴れたような気がしました。
「自由意志で命を絶ったのではない」
この言葉だけで十分です。
この言葉を読んだ瞬間、何かから解き放たれたように、次々と涙がこぼれました。
悲しみというよりは、何か安堵感のようなものを感じて、ホッとした想いが涙になりました。
娘もきっと「それでいいんだよ」と言ってくれていると思います。

最後になりましたが、『シルバーバーチの霊訓』こそが、愛する人を亡くした悲しみを癒してくれるということを、私はこの身と魂をもって確信しました。
これからも娘と共に学んでいくという気持ちで精進していこうと思います。

自分よがりなコメントで申し訳ありません。
これからもよろしくお願いいたします。

イクミ さんのコメント...

ゆめこ様

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
娘さんが自死されて、とても苦しい思いをされていたのですね。
気持ちが少しでも和らいだのであれば、私もうれしいです。

自死により大切なお子さんを喪い、苦しんでいるお母さんが、今、とても多く感じられます。
数日前までは、そんな気配はなかったのに、突然、命を絶つ若い人が多いと思うのは、私だけでしょうか。
どうしても納得できない親御さんも、きっとたくさんいると思います。

心配かけたくないと思うほどお母さん思いの娘さんが、亡くなったらお母さんがどれ位、悲しむのかを想像できなかったはずがありません。
それさえ判らなくなるほど、思考や判断ができない状態になっていたのではないかと思います。
もちろん、抗うつ剤を服用し、症状が改善して、恩恵を受けている人はたくさんいると思います。
抑うつ状態が緩和され、自殺を思い留まった人も多くいるでしょう。
しかし、一部の若者は、薬の作用により理性が失われ、考えられないような行動をとってしまっているのも事実です。
アメリカでの銃乱射事件が多発していますが、SSRIを服用していた若者が多いようです。
より攻撃的になるようです。
その攻撃性が、自分に向けられてしまうと、自分を破壊する行動になると考えられないでしょうか。

周囲に注意を払う人がいない若者には、強い抗うつ剤は処方を控えるべきと、私は思います。
自分を傷つけるのも、他人を傷つけてしまうのも、避けなければいけません。
薬のせいで、命を失ってしまうのは、絶対にあってはならないことです。
突然、子供を喪い、悲しみ、苦しみ、後悔の日々を過ごされている親が、日本中でどれくらいいるのでしょうか?
こんな悲劇が起こらないように、何とかすべきだと思います。

私の知識は限られています。
お母さんは薬剤師なので、いろいろな情報が手に入りやすいと思います。
今は、それどころではないと思いますが、娘さんの死を無駄にしないために、何か行動を起こされてはどうでしょうか。
人や社会のためになり、娘さんもきっと喜ぶと思います。

勝手なことを書いて申し訳ありません。

お母さんは、娘さんの想いを無意識に受け取っているように思えます。
霊的真理を学んで行けば、さらに娘さんを身近に感じられるでしょう。
私は、シルバーバーチの霊訓に、全幅の信頼を寄せています。
お母さんのように、悲しみ、苦しんでいる人に、真実が伝えられればと、思っています。

これからも、娘さんと一緒に、霊的真理を学んでいって下さい。
真理を受け入れるだけの経験をお母さんはしているので、娘さんの死がもたらすものが、悲しみや苦しみだけではないことを、きっと理解されると思います。

匿名 さんのコメント...

イクミ様
私と同じ悲しみを持つお母さまがいる。病気にさえならなければ。
薬を飲んでいなければ若い命を喪わずにすんだ。

娘が「私は、いつでもお母さんに話しかけているのよ。
私は生きているからね。心配しないでね。」と。
そしてイクミ様から、「メッセージを送れる穏やかな心境にあると考えています。
想いを寄せたら、そばに寄り添ってくれているのは確かですので、安心して下さい。」と。

イクミ様に娘の声を届けていただき、1年間泣き暮れていた私の目から涙が止まりました。

ゆめこ様のお返事に、娘さんの死を無駄にしないために、何か行動を起こされてはどうでしょうか。と。
私は娘のような目に他の人を遭わせたくない、こんな悲しいことは私たちで終わらせたい。そんな思いは以前からありました。

「お母さんは、何でもできるはずだよ。」
娘は立場の弱い人のために頑張って仕事をしてきました。その娘の思いを別の形で私が何かしなければと思いました。
今、この時もどこかで娘と同じ辛い思いをしている人がいるかもしれない。

もう、誰も死んで欲しくない。私にはゆめこ様のような知識はありませんが、私のような悲しい思いをする人を増やしたくはありません。

何か行動を起こされてはどうでしょうか。
私に向けられたメッセージではありませんがもう娘のような辛い悲しい子供たちを見たくありません。

まだまだ、ダメ母ですが、どうぞイクミ様今しばらく娘と私のかけ橋でいて下さい。
頑張ります。
お母さん、頑張るからね。大好きな○○のお母さんだから。
お願いいたします。

イクミ さんのコメント...

匿名様

こんな目立たないブログを見ている人の中でも、2人のお母さんが娘さんを亡くしていたのです。
とても多くのお母さんが、あなたと同じように、悲しみ、苦しんでいると思われます。

娘さんは、立場の弱い人の人たちのために頑張ってきたのですね。
もっと、もっと、人のために、この世に生きていたかったでしょう。
その想いを、今度は引き継がれたらどうでしょう。
お母さんにしか、出来ないことがあるはずです。
心やさしい娘さんは、人が悲しまない、苦しまないために、お母さんが行動する姿を見て、とても喜ぶと思います。
それこそ、それでこそ私のお母さんよ、と。
娘さんの死は、お母さんと人のために意味を持ったことになります。

焦る必要はありません。
その想いを持ち続けていれば、道は自然にひらけてくると思います。
娘さんも、向こうからお母さんを、導いてくれると思います。
そして、喜んで、協力してくれるでしょう。

匿名 さんのコメント...

イクミ様
返信ありがとうございます。
ゆめこ様のお返事に、娘さんの死を無駄にしないために、何か行動を起こされてはどうでしょうか。と。
私は娘のような目にもう誰も遭わせたくない、こんな悲しいことは私たちで終わらせたい。そんな思いは以前からありました。と書きましたが、今、自死遺族としてご協力願いませんかとお話がきています。
協力は惜しまないし、協力したいと思っています。
娘の自死は1部の方にしかお伝えしていません。
私たち夫婦は何を言われようと構いません。
しかし、娘が自死した事を公にした時、亡くなった娘の事をいろいろ言われるのが・・・。
自死は弱い人間がする・・・気味が悪い・・・汚らわしい・・・。
亡くなって自分の口で反論出来ない娘がいます。
娘は何も悪い事はしていないし恥じるような生き方はしていません。
自死も追い込まれ、病気になり迷惑かけられないと選んだ死です。
しかし、公にした時、娘の事を気味が悪いと言われたら、亡くなってまで愛おしい我が子が傷つけられたら、それだけは母親として許せない、守るのは私しかいないとも思ってしまいます。
このままではいけないと思いつつ、一歩踏み出せず、まだ答えが出せずにいます。
こんな時、娘ならどう言ってくれるのかな?といつも考えます。


イクミ さんのコメント...

匿名様

悩むお気持ち、良く判ります。
娘さんが自死されたことを公にすれば、いろいろなことを言う人はいるでしょう。
とんでもないことを言われれば、ご家族はとても嫌な思いをされるでしょう。
娘さんはどうなのでしょうか?
私は、傷つかないと思います。
なぜなら、その人たちは真実を知らないだけであり、何も恥じることはしていないからです。
死にたくて、死んだわけではないからです。
言いたい人には、言わせておけばいいと、思うのではないでしょうか。

娘さんは、自分と同じように亡くなった人が周りにたくさんいることに驚き、この世の人が考えているような理由で死んだのではないことも知っていると思います。
そんな人たちのためにも、この世の人に真実を多くの人に知ってもらいたいと、願っているのではないでしょうか。
そして、この世で悩み、苦しむ若い人たちが、自分と同じように薬のせいで、命を絶つことがないように願っていると、私は思います。
自分がどう思われようと、悲しんだり、苦しんだりする人が、少なくなればいいと思っているのではないでしょうか。

ゆめこ さんのコメント...

イクミ様

返信ありがとうございました。

娘を亡くして、それが抗うつ剤による副作用ではないかと思った時、
私は、この娘の死を無駄にしてはいけないと感じました。
娘が私に遺した課題なのかも知れないと・・・
そして、うつ病について詳しく勉強し、その薬の使い方も追及していかなければいけないと思いつつも、
薬剤師でありながら、その問題に真正面から向き合う勇気が、まだありません。
どうしても娘が苦しんでいたであろう状況が浮かんできて、自分も苦しくなるのです。
その状況を知らなかったがために、余計に苦しい気持ちがこみ上げてきます。

だからもう少し時間がかかるかも知れません。
しかし、必ずあの子が私に遺した課題には何らかの形でこたえようと思います。
楽観的かも知れませんが、時期がくれば自然とそういう機会に巡り合うかなとも思っています。

ちょっと消極的なコメントで恥ずかしいです。

娘は、このコメントを読んで、何を想っているんでしょうね。
「良いよ。お母さん、ゆっくり進もう。」とでも言ってくれていたら、ありがたいですが。

娘はいつもそばに居ます。

嘆き悲しんでいることは、娘を想っての事ではなく、娘に会えない自分自身のことを嘆いているんだ。
ということが、
頭ではわかっていても、どうしても心が魂が理解していませんでした。
でもある朝ふと、「そうだよね」と自然と言葉になって出たんです。
変な話ですけど、すっと理解できたんです。
まだほんの第一歩です。

私がこの世での修行を終えて、あの世に旅立つ時は、きっと娘が迎えに来てくれると思います。
その時、娘に、
「お母さん、よく頑張ったね。」
と言ってもらえるように、ぼちぼちですが、私に課せられた(自分が設定した)この世での役目を果たしていこうと思います。

イクミさんが、霊的真理にそって、うつ病という病気を教えて下さっていますが、もう一度その記事を拝見して、霊的にこの病気のことを理解したいとも思っています。
これからもたくさん勉強させていただきます。
よろしくお願いいたします。









イクミ さんのコメント...

ゆめこ様

私がせかせてしまったみたいで、申し訳ありません。
どうぞ無理なさらないで下さい。
言われるように、時期が来たら、その機会が向こうから訪れるでしょう。

娘さんは、お母さんがどんな決断をされようとも、それを受け入れるでしょう。
お母さんの心情が、手に取るように、判っているからです。
自分のことを想っていてくれるだけで、うれしいのです。
誰よりも、お母さんのことを、信じています。

嘆き悲しんでいるのは、逢えない自分のことを悲しんでいると霊訓にも書かれていて、私も承知していますが、ゆめこ様の様に、現実に最愛の人を喪ったら、心からそう思えるかどうか判りません。
悲しいものは、悲しいと思います。
それでも、そうだよねと思えたのは、悲しみ、苦しみの中で、向こうで元気に暮らしていて、そばにいてくれるという真実を受け入れ始めたからかもしれません。
迎えに来てくれるのは、確実です。
その時、どんな声をかけてくれるのかは、ゆめこ様のこれからの生き方次第だと思います。
お母さんらしく、ゆっくりでも良いと、娘さんは思っているのではないでしょうか。

うつ病を薬で治そうとするのは、失恋の心の痛みを薬で治そうとするのと同じだと思います。
治しているのではなく、紛らわしているだけであり、痛みを生じさせている想いを解放しれなければいけません。
不安感が強いのであれば、それまで不安な気持ちを表面に出さずに、押し込めてきたと考えられます。
うつ病とは、押し込められた想いが、表に出てきている状態であり、そこまで耐えて来た自分に愛を向けることで、初めて解放されるのかもしれません。

ゆめこ さんのコメント...

イクミ様

いつもブログの更新を楽しみにしております。
ありがとうございます。

この記事でイクミ様に、娘は「自由意志で命を絶ったのではない」と言っていただき、
とても救われました。
その後も真理を学びながら、ぼちぼち生きています。

9月に無事に3回忌を終えました。
娘があの世に帰ってから、2年が過ぎました。
「死」とはどういうことなのか、理解しているつもりだったのに、
やはり、娘の命日前後になると当時を思い出し、気持ちが不安定になりました。
どうして服薬していることに気付いてやれなかったのか?
こまめに連絡をとらなかった自分を恨み、娘に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
あの子の想いを知りたくて知りたくて仕方ないけど、でも私には知ることが出来ない…
そんな悲しみの中で、娘のメッセージを受け取りたいという想いから、カードを使うことを覚えました。

「天国からのメッセージ」を受け取れるカードということで、愛する人を想いながらカードを引きます。
イクミ様に笑われるかも知れませんが、私は真剣にこのカードを引きます。
特に何を聞くわけでもなく、ただ何かメッセージを届けてくださいという想いで引きます。
そうしたら、不思議とそのころ娘に対して想っていたことへの答えが返ってくるんです。
それは不思議でした。
2週間に1回くらいのペースで引いていましたが、いつもそうです。
本当にあの子に通じているのか、それとも背後霊の配慮なのかわかりませんが、
それによって、その頃の私の心は救われました。
きっとイクミ様にとっては、カードを引くなんてナンセンスなことだと思います。
でも私にとっては、必須アイテムになっています。

今も、
娘は目には見えないけど、いつも側で見守ってくれているんだという想いで頑張れる日と、
娘に会えない寂しさと自責の念に押しつぶされそうになる日と、
本当にスパイラルのように日々気持ちが変わります。

娘に会えない悲しみを癒すのは、やはり霊的真理です。
真理の話をできる人が近くにいたら、少しは気持ちも楽になるかと思うんですが、
そういう方が一人もいなくて、逆に娘が側に居てくれるなんて言うと、みんな不気味がります。
悲しいことだと思います。
娘の魂は生きているのに、「魂」という言葉を出すだけで嫌悪感を示す方もいます。

イクミ様のブログの中で、他の方々とのコメントのやり取りを拝見することでも、十分勉強させていただいております。
魂の存在の確信は、そのコメントのやり取りから得させていただきました。

こうして得たものを毎日の心の支えにして、この世で生きてまいります。
いつまでこの世にいないといけないのかわかりませんが、日々精進ですね。
これからもよろしくお願いいたします。





イクミ さんのコメント...

ゆめこ様

お久しぶりです。
9月に3回忌だったのですね。人生で最もつらい時間を過ごされ、とても長く感じられたこととお察しします。
まだ、娘さんを死なせずに済んだのではと、思う気持があるのですね。
気付いてやれなかったのを悔やんでいますが、お母さんが心配してしまうので、娘さんが気付かれないようにしていたのかもしれません。
こまめに連絡を取らなかった自分を恨んでいるようですが、それだけ娘さんのことを信頼していたからと思います。
お母さんに、何の落ち度もないのは明白であり、悔やむのはやめましょう。

想いを知りたくて、仕方がないのですね。
天使からのメッセージを受け取れるカードの存在を、私は知りませんでした。
向こうからの想い(メッセージ)は、はっきりとした言葉やイメージが頭の中に伝わってくるというよりも、頭をかすめる、よぎる、ふと思いつくものという表現の方が正しいのかもしれません。
繊細で、見過ごしやすいものであり、気のせいにしたり、そして自分の頭で考えたものと思い込んでしまいがちです。
たとえ受け取ったとしても、あの世からのメッセージだと証明するものはありません。
しかし、私たちは無意識に受け取りながら、導かれていると思います。

前のコメントに、お母さんがカードをやっていると書かれていましたが、正直、上手く行くとは思えませんでした。
でも、よく考えてみると、自分の想い(メッセージ)に近いカードが向こうではどこに置いてあるのかが判っていて、カードを引く瞬間にそれを引くように、何かしらのインスピレーションを与えているのかもしれません。
何となく引いているのではなく、そのカードを引くように、向こうから思念を送って仕向けている、もしそうだとすれば、当たっていてもおかしくありません。
記述よりも、マークシートの数字で答えを教える方が簡単なのと同じ原理なのかもしれません。
信ぴょう性は定かではありませんが、お母さんが直観的にどう感じるのかが大切だと思います。
それに頼ったりせず、2週間に1度くらいでされているのであれば、よろしいのではないでしょうか。

愛し合う者同士は引き付け合う、これは大切な真理です。
娘さんが傍にいるのは間違いありません。
魂の存在を気味悪がる人がいるようですが、もし最愛の人を亡くしたら、果たして同じことが言えるのでしょうか。
霊的真理は、ろうそくの光のようなものであり、陽が昇り明るい時には必要ありません。
陽が沈み、真っ暗闇の中で、光り輝き、足元を照らします。
私は参加したことはないのですが、全国各地にシルバーバーチの読書会がありますので、そこで真理の話をされるのも良いと思います。

娘さんからのようです。

「お母さん、私も早く逢いたいよ。
いつも、私をかばってくれた、やさしいお母さん。
伝えたいことがいっぱいあるのに、上手く伝えられないね。
しょうがないなーと、諦めるんだけど、早くどうにかしたいね。
お母さんは、いつものように、強く生きてよ。
私も、それを見ているから。
一生懸命生きていると、日が経つのは早いし、悲しさは忘れられるよ。
私も、すごく逢いたい。
逢いたいけど、お母さんは生きなければいけない。
みんなに、してあげられることもあるはず。
私は、いつもこう思っているの。
「お母さんのこと大好きだから、お母さんも私のこと大好きでいて」
寂しい時ほど、一緒にいるからね。
想いは一緒だからね。
忘れないでね。」

ゆめこ さんのコメント...

イクミ様

早速のご返信ありがとうございました。
娘からのメッセージもいただき大変うれしくて涙が出ました。

朝起きて娘を想い、朝の支度をしながら娘を想い、通勤の車の中で娘を想い、
仕事中に娘を想い……本当に私は一日中娘のことを想っています。
そして、いろんな想いを娘に送っています。
娘はそれをすべて受け取りながら、自分の想いを私に送ってくれているんでしょうね。
でも、それに私は気付けない。
「しょうがないなーと、諦めるんだけど、早くどうにかしたいね。」
という娘の言葉・・・あの子らしいなと思いました。
もう、お母さんたらぁ・・・って感じだと思います。
このメッセージをいただいた後に、洗い物をしながら、
「あっちゃん(娘です)、諦めないでね。お母さん気付けるように頑張るよ!」
なんて言っていました。

娘のことはいつもいつもいつまでも大好きです!
そのことも、洗い物をしながら娘に何度も伝えました。

大好きだから、会えなくて寂しい悲しい辛い・・・
そして、その会えなくなった原因は自分が作ったのではないかと自分を責めてしまう・・・
そんなことの繰り返しです。
結局、今の自分の身の上を嘆いているんですよね。
こんなことを思っていては、娘が胸を痛めていますね。
イクミ様に、悔やむのはやめましょうと言っていただいて、
そうか、やめてもいいんだ・・・と何故かふっと楽になりました。
ありがとうございます。
そう簡単には吹っ切れないとは思いますが、悔やむことは全く娘のためにならないと考えると、
できそうな気がします。
「お母さんは強く生きてよ。
寂しい時ほど、一緒にいるからね。
想いは一緒だからね。」
って、この言葉でこれからも生きていけそうな気がします。

こうして、イクミ様のブログにコメントを書かせていただくだけでも、私の気持ちは癒されています。
ありがとうございます。

明日、娘がお付き合いしていた方が、お墓参りに来てくれます。
娘が亡くなってからも、何かの時にはお花を送ってくれて、私たち夫婦の心の支えになってくれていました。
2年過ぎた今も、娘のことを想ってくれていますが、
彼にも彼の人生があり、これから先、好意に甘えていていいのかどうかわかりません。
時々、どうしているのか心配になりメールを送ると、「夕べ彼女の夢を見ました、さすが親子ですね。」と言われたことが、何度かありました。
娘も心配していたんでしょうか・・・
きっと時が過ぎれば、彼も彼自身の人生を歩んでいくと思うので、今はこのまま見守っていけばいいかなとも思ています。
神さまが良きに計らってくれるんでしょうか・・・。

長くなり申し訳ありません。
急に寒くなり、厳しい季節になりました。
こちらは西日本ですが、雪の多い地方です。
今年は大雪になると聞いて、今から春が待ち遠しいです。
どうぞ、イクミ様も体調を崩されませんようにご自愛くださいませ。

イクミ さんのコメント...

ゆめこ様

こんばんは。
いつものような娘さんで、良かったと思います。
こちらの想いは、向こうに届いているのを知っているだけでも、大いに助かっていると思います。
霊的な知識は、魂を癒します。
もし、知らない人がいたら、真実を教えてやって下さい。

いつも、お母さんが自分のことを想ってくれているので、とてもうれしく安心していると思います。
ずっと、想っていて欲しいのだと思います。

私たちは、向こうからの想いを受け取れる能力があるはずです。
五感に頼り過ぎていたために、眠ってしまっています。
想いを受け取るためには、穏やかな心で、受け身の姿勢でいて下さい。
思いついたことは、自分の頭脳で考えたことだけでなく、向こうからのメッセージもあることを忘れないで下さい。

付き合っていた彼がいたのですね。
彼の心の痛みは、相当なものだと思います。
彼にとって想いを分かち合えるのは、多分、ゆめこさんご夫婦だけでしょう。
娘さんは、彼に対して、お詫びの気持ちで一杯なのかもしれません。
彼の将来が、明るく、幸せになるよう、心から願っていると思います。
彼の悲しみは、魂の成長を促し、きっと新しい展望が開けてくるでしょう。

思わぬ方向に展開してきます。
彼にもメッセージがあるようです。
親に対する想いと、恋人に対する想いは、同じ愛であっても、だいぶ違うようです。
お母さんは許してくれる存在のようですが、今回は許してもらいたい気持ちが強いようです。
彼に対する想いをお母さんが知ると、悲しくなってしまうのではと悩みましたが、伝わってきたことは、伝える義務があると考えていますので書くことにします。

「思い描いていたことを壊してしまって、ごめんなさい。
逢えなくなってこんなに、寂しいなんて思わなかった。
夢の1つに、私が入っていたなんて思わなかった。
うれしかったけど、それが出来なくなって、とても悲しいの。
時々、気が抜けてしまったような表情を見るのが、とてもつらい。
私を想ってくれるのは、何よりうれしい。
でも、私はあなたの想いに応えられない。
忘れて欲しくないけど、忘れて欲しい。
私の想いを判って。

まじめすぎるよ。
心を開いて、もっと前を向いて。
前を向かないと、何も見えないよ。
私がいなくても、楽しくなれるはずだよ。
笑顔に惚れたんだよ。
私を思い出す時には、お願いだから笑ってよ。
心から笑ってる顔が見たいよ」

いたたまれない気持ちになってしまったとしたら、申し訳ありません。
娘さんは伝えて欲しいのだと思いますが、彼がどのように受け取るのか、全く判りません。
にわかには、信じられないでしょう。
お母さんの立場もあるでしょうから、ご判断はお任せします。

ゆめこ さんのコメント...

イクミ様

ご返信ありがとうございます。

彼へのメッセージも受け取っていただいていて大変驚きましたが、とてもありがたく感謝で胸がいっぱいです。
その内容は、娘の気持ちを想うとかわいそうで、何とも言えない辛い気持ちになりましたが、
きっと娘は、彼がお墓参りに来るまでに自分の気持ちを私たちに知ってほしかったのではないかと思いました。
そのために、私はイクミ様に久しぶりにコメントを書くことになったのではないかなと、勝手に思っています。

今日、彼がお墓参りに来てくれました。
近況から始まって、娘の思い出話へと話は進んでいきました。
なかなか私の周りには、娘のことをなつかしく話す相手がおらず、例えば私の友人などは気を遣って逆にそういう話に持っていこうとはしてくれません。
私としては、娘がこの世に生きていたという事実を封印されているようで、とても悲しくなるんです。
だから遠慮なく娘の話ができる彼の存在はとてもありがたいです。
主人も同じ気持ちだと思います。
夫婦2人だけで娘の話をすると、どんどん寂しくなってしまいますが、今日は気分的に楽に話せました。
きっと娘もそばに居たんでしょうね。

娘のメッセージは直接伝えても信じてもらえないかも知れないと思い、
イクミ様が受け取ってくださったメッセージなのに、
私は、
「母親だから感じるんだけど、娘はこう思っていると思うんよ。」
という感じで、話し始めてしまいました。
申し訳ありません。お許しください。

一語一句正確に話すことはできなかったですが、娘が言いたいことを私の言葉に置き換えて話しました。

「僕も、早く彼女を見つけて、お父さんとお母さん(私たち夫婦のことです)を安心させてあげないといけないなと思っています。」
と、彼は言ってくれました。
そんなに焦らなくていいけど、前を向いていってほしいこと、娘はあなたの笑顔が好きって言っているから、
これからはもっと心から笑ってやってほしいことを伝えました。

「忘れて欲しくないけど、忘れて欲しい。」という言葉を伝えた時に、
大きくうなずいてくれたから、娘の想いを分かってくれたかな・・・なんて勝手に解釈しました。

「忘れて欲しくないけど、忘れて欲しい。」
この娘の想いがとても切ないです。
だから、彼には、これからもお墓参りには来てくれたら良いよと伝えました。

新しい彼女さんが出来た時は、またその時ですので・・・

今日、彼はどんな想いで帰路についたかな・・・と少し不安があります。
しかし彼なら乗り越えてくれると思いますので、私たちはそっと見守っていようと思います。
きっと娘も見守っていますよね。

今日は何か気持ちがリフレッシュされた気分です。
明日から、また娘の想いを胸にぼちぼち生きてこうと思います。

イクミ様には感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。
これからもブログの更新を楽しみにしております。
そしてまたコメントも書かせてください。
よろしくお願いいたします。


イクミ さんのコメント...

ゆめこ様

伝えていただき、ありがとうございます。
言われていた通り、彼のことを心配している娘さんが、お母さんと私を通して、想いを伝えたと思います。
点と点を結ぶために、中継する人間が必要であり、絶妙なタイミングで取り計られたと思います。

言うまでもなく、彼は心から娘さんのことを愛していたと思います。
娘さんも同じです。
忘れて欲しくないけど、忘れて欲しい、彼がどう受け取るのか判らないので、私も躊躇しましたが、娘さんの想いの核心と思いましたので、お伝えしました。
彼もその一言に、切なくなってしまったかもしれませんが、久々に娘さんらしい想いを感じられたかもしれません。
娘さんのことは一生忘れないと思いますが、彼の魂が進むべき道を決めて行くでしょう。
彼の幸せは、娘さんの幸せでもありますので、行く末の全てを快く受け入れるでしょう。

お母さんへの愛、彼への愛、同じ愛でも、大きく違うのが良く判りました。
何でも許してくれる、いつでも甘えられる、頼れるのが母子の関係なのですね。
その結びつきは、唯一無二のもなのですね。

頑張って伝えてきた娘さんに、労いの想いを伝えて下さい。

ゆめこ さんのコメント...

イクミ 様

ご無沙汰しております。
いつもブログの更新をありがとうございます。


2年かけてやっとシルバーバーチの霊訓を12巻読み終えることが出来ました。
途中、気になる箇所を何度も読み返しながらでしたので、恥ずかしながら、とても時間がかかってしまいました。
そして、どなたかがコメントに書かれていたように、私も次第に、娘がいつも一緒に居てくれている感覚になっていました。
また、娘が亡くなったことを客観視できるようにもなっていました。
霊的真理をご存知ない方が聞いたら、何て薄情な母親なんだと思われると思います。
しかし、それも常時というわけではありません。
やはり、私は肉体を持つ人間ですので、肉体的感情でいっぱいになる時もあります。
そんなことの繰り返しの日々でした。

先日、アランカルデックの霊の書と霊媒の書を読みました。
これはスピリチュアリズム普及会のサイトから読みました。わりとスムーズに読み終えることが出来ました。
シルバーバーチの霊訓は、読んでいて心が癒されました。しかし、アランカルデックの書は、現実を突き付けられるというか、何か厳しい印象を受けました。
その中で、低級霊、邪霊、地縛霊という言葉が何度も出て来て、亡くなった娘は、憑依こそされていなかったにしても、
何かそれらの霊の影響を受けていたのではないかと思い、そしてそれを私が助けてやれなかったと言う……これまた、自責の念が湧いて来て、今は毎日苦しい想いをしています。
読まなければ良かった……と、少しですが後悔もしています。

モーゼスの霊訓も読みかけているのですが、これは、なかなか先に進めません。
私がこんな精神状態だからでしょうか……

きっと娘は、私に霊的感情を持ち続けていて欲しいのだと思います。
その方が、私に近づきやすいのですよね?
私もそうしていたいです。
その方が、私自身も楽ですから……
でも、やはり娘が亡くなった頃のことを思うことが多くなり……後悔して、
とて悲しくなります。

こうやって、繰り返しながら、この世を生きていくことが私の描いたシナリオなんでしょうね。
辛いけど仕方ないです。
この世には結局、修行のために生まれて来たのだから、苦しいことばかりでもおかしくないですよね。
ただ、心の持ち方によって、ふりかかる苦しみ悲しみを和らげることはできると思います。
神の摂理に沿った生き方が出来るように日々精進していくしかないですよね。

今の心情をイクミ様に聞いていただきたくて、コメントさせていただきました。
長くなり申し訳ありません。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
これからも、ブログの更新を楽しみにしております。

明日は娘の24回目の誕生日です。
あの世の 娘にとってはもう関係のないことでしょうか……
でも、母親である私にとっては一番忘れられない日です。

イクミ さんのコメント...

ゆめこ様

こちらこそ、ご無沙汰しています。

2年をかけて、シルバーバーチの霊訓全12巻を読まれたのですね。
ご苦労様でした。大変だったでしょう。

同じことを別の角度から言っているので、全体像が掴めてきたのではないでしょうか。
もう、お判りだと思いますが、一貫してシルバーバーチが伝えたいのは、生命の永遠性であり、この世を生きる目的であり、愛や苦の意味です。
読むのを避けたかった箇所もあったと思いますが、その時の事情や動機が勘案されることを忘れないで下さい。
娘さんは、心配ないと思います。
娘さんの死を客観視でき、一緒に居てくれる感覚になったと聞き、ゆめこ様は霊的に目覚めていると思います。
真理に支えられ、心は楽になったでしょうが、五感に触れない現実から来る寂しさや悲しみ、こうしていればという後悔の念を消し去るのは、容易ではないと思います。
それでも、悲しみの深い闇に包まれている人がたくさんいる中で、光を見出されたのはとても幸運なことです。

アランカルディアックやモーゼスの書籍ですが、実は私も全部は読んでいません。
私もゆめこ様と同じような印象を持ちました。
今は、シルバーバーチの霊訓で十分だと思っています。
気が進まなければ、読まなくてもいいのではないでしょうか。

今日は娘さんの誕生日ですね。
24歳の姿を、この目で見たかったでしょう。
朝から焦点を合わせてみましたが、今になってこんな想いが伝わってきました。
上手く表現が出来ているか判りませんが、書いてみます。
失礼があったら、お許し下さい。


「つらい思いをさせて、ごめんね。
お母さんんが後悔する必要は、全然ないの。
今、私もいろいろなことを勉強しています。
母親の子供に対する愛情も勉強させてもらっています。
世の中は、愛情によってつながっているのが、今は良く判ります。
母子の愛情は、最も強く、深いの。
死んで、なお一層強くなって行くものなので、忘れるなんてとても出来ない。
悲しみと愛情は裏表であり、愛情が深くなるほど、悲しみも深くなってしまうの。
でも、お母さんは乗り越えてくれた。
ありがとう。
私には、それしか言えない。
深い悲しみを経験した分、愛情も深くなっているからね。
それを私ではなく、みんなに分け与えてあげて。
そうすれば、みんなが幸せになり、それを見ている私も幸せになる。
私とお母さんのつながりは、決してなくなることはない。
強くなっているの。
私の幸せをお母さんが感じ、お母さんの幸せを私が感じることができるの。
結ばれているって、そう言うことなの。
みんなにも、元気にしているからと伝えて下さい。
祝ってくれてありがとう。
いつまでも、あなたの娘でいさせて下さい。」

ゆめこ さんのコメント...

イクミ 様

早速のご返信ありがとうございました。
シルバーバーチの霊訓だけで十分なのですね。
無理して読む必要はないと言われ安心しました。
イクミ様のように、シルバーバーチの霊訓のエッセンスがつまった12巻を繰り返し読んでいこうと思います。
真似させていただいてよろしいでしょうか?

今日は、娘がお付き合いしていた彼氏くんからお花が届きました。
いつも節目節目にお花を贈ってくれます。
申し訳ないと思いつつ、娘のことを忘れないでいてくれることが、親としてとても嬉しくありがたいです。

娘のメッセージをいただきありがとうございます。
思いもかけず、(私の誕生日ではないですが)とてもステキなプレゼントになりました。
娘の「(愛情を)私にではなく他の人に分け与えてあげて」と言う言葉にドキッとしました。
私は以前から、とても利己的な義父が苦手でした。
霊的真理を知ってからは、その言動が理解できず、また許せないこともあり、冷たい態度に出ることが最近多くなりました。
これではいけないと自分ではわかっていて、せめてこういう利己的な義父を哀れみの気持ちで見れるようになろうと心がけていましが難しくてなかなかできません。
今一番私の頭を悩ましている課題でした。
そんな私を見ていて、娘は悲しく思ったのでしょうか……
それで、こんな言葉を伝えてくれたのかな…と勝手に解釈してしまいました。
私たち家族が仲良く過ごしているのを見れば、娘も幸せな気持ちでいてくれますものね。
せめて哀れみの気持ちを持てるよう努力していこうと思います。

イクミ様、伝えていただきありがとうございました。
今までも心救われることばかりだったので、本当に感謝しきれないです。
イクミ様のブログは私が生きて行く上でなくてはならないものになっています。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。




イクミ さんのコメント...

ゆめこ様

こんにちは。
シルバーバーチの霊訓からは、惜しみない愛と奥行きの深さを感じます。
知識をいたずらに増やすよりも、より深く理解をしたいと思っています。
言い間違えたかもしれませんが、私は少し変則的なのですが、2巻から12巻までを繰り返し読んでいます。
1回読んで理解できたとは思えませんでしたので、もう1度読んでみましたが、理解が深まったのを感じました。
今までに、十数回は読んだと思います。(私は徹底的に読まなければいけなかったのかもしれません)
ようやく読み終えてホッとしているところでしょうが、もう1度通して読んでいただいた方が、さらに理解が深まると考えています。

彼氏から花が届いたのですか。
少しご心配でしょうが、ご両親の他にも、愛してくれていた人がいたのは、うれしいことですね。
娘さんもやっぱりうれしく感じているでしょう。

苦手な人が身近にいれば、付き合って生きて行くのは大変です。
自我の強い人、与えることをせずに求めてばかりいる人と、平静に付き合って行く難しさを、私も感じています。
ただ、この世界はさまざまな魂と生活しながら、その中で自分(魂)を成長させる場所です。
許せないことが、許せるようになるのも、この世に生まれて来た目的の1つです。
霊的真理を知ると、人の欠点(未熟さ)が目につくことがありますが、知っている分、寛容であらねばいけないと思っています。
お母さんの想いは、向こうにいる娘さんに知れています。
娘さんにとって、おじいちゃんは大切な肉親であり、仲良くして欲しいと願っているのは、容易に想像できます。
今生で、自分を成長させてくれる、かけがえのない人として捉え、年齢はずっと上でしょうが、霊的真理を知った者として、1つ高い立場から、穏やかな気持ちで接するように心がけて下さい。

ゆめこ さんのコメント...

イクミ 様

こんばんは。
ご返信ありがとうございます。

そうですね。
あれこれ読まずに、自分が一番納得できたものを繰り返し読んで、理解を深めることの方が大事ですよね。
もう一度シルバーバーチの霊訓を読んでみようと思います。
また2年かかるでしょうか……それでも良しとして良いですよね?

イクミ様の返信を拝見して、義父のことは、私のこの世での一番の課題なんじゃないかなと思いました。
それを克服するために、私はこの世に生まれて来たのですよね。
そう考えれば、義父との生活も意味のあるものに思えて来ます。
頭から嫌だ嫌だ思わずに、 真理を知った者として、一つ上の立場から義父の言動や行動を見れるように努力してみようと思います。
そう考えると、認知症の義母の介護もまた、私の魂を成長させてくれる大事なものなんでしょうか。
これからは2人に、穏やかな気持ちで接するように心がけていこうと思います。
娘もきっと応援してくれていますよね。
そう思うと克服できそうです。

イクミ様、本当にありがとうございました。
これからもブログ更新を楽しみにしております。

イクミ さんのコメント...

ゆめこ様

おはようございます。
2回目は、初めてよりも時間がかからなかったと思います。
読むのは大変だと承知していますが、それだけの意味はあります。

シルバーバーチは、人間が進化すると苦しみを感じなくなると言っています。
苦しみは成長のためにあり、成長すれば苦しみとして感じなくなってくるのでしょうが、私もまだまだそこまで至っていません。
お義母さんも認知症だと聞き、日々の生活は自己犠牲の連続だとお察しします。
人生を振り返った時に、お義父さんの存在が自分を成長させていたと、はっきりと認識すると思います。
この世で頑張っているお母さんの姿は、娘さんの励みになり、応援しているでしょうから、つらい時はそのことを思い出すようにして下さい。

ゆめこ さんのコメント...

イクミ 様

ありがとうございます。
私がこの世を去ってあの世で娘と再会した時、「よく頑張ったね。」と言ってもらえるように、これから日々精進していきます。
道しるべを示していただきありがとうございます。
シルバーバーチの霊訓を読み返して、また感じることがあったら、このブログにコメントさせていただいてもよろしいでしょうか。
どうぞよろしくお願いいたします。




イクミ さんのコメント...

ゆめこ様

おはようございます。
真理に出会えたのは、人生で最も幸運なことだと思います。
11年経っていますが、霊訓から多くを学んでいて、人生経験を通して、今まで判らなかったところが、判るようになって来ていると実感しています。
苦しい時もありますが、受け入れた真理に忠実に、生きて行きましょう。

何かありましたら、遠慮なく連絡して下さい。

イクミ さんのコメント...

こんにちは。
今まで、心の中に静かにしまっていたのですね。
誰にも言えないのは、おつらいですね。

参考になるか判りませんが、私の意見を書いてみます。
仕事を辞めたのと、医者に通い始めた時期が重なっていますが、因果関係があるのかは定かではりません。
定かではないのに、そうだと思って、いろいろ考えてしまうのは、良くないと思います。
通院を始めた原因は、もしかしたら他にあったのかもしれません。

亡くなったという連絡が来た時に、連絡が取れず、どこに行っていたんだと不信に思ってしまう気持ちは判ります。
しかし、あなたが考えているところに、行ってたのではないのかもしれません。
仮に行っていたとしても、何も知らなかったのですから、咎める気持ちは持たないで下さい。

お父さんとお母さんは、どちらも親なのですが、子供に対する想い、対応の仕方は違うので、お母さんがお父さんに対して、不満や不信感を持つことがあるようです。
私もそうですが、子供を産んだ感覚は、男性には判りません。
自分の分身のように感じることは、少なくとも私はありません。
身が引き裂かれるような感覚は、子供を産んだ母親にしかないのかもしれません。

そして、男は泣いてはいけないと、子供の頃に刷り込まれてきたからでしょうか、女性ほど泣くことが出来ません。
悲しみは深くても、感情を表に出すのを控える傾向にあると思います。
悲しみが少ないのではなく、悲しみの質、気持ちの表現の仕方が、父親と母親では大きく違うように思います。
そのため、お互いに同じ想いを共有できないところがあると思います。
どちらが善いとか、悪いとかの問題ではなく、男女に差異があるのは間違いないと思います。
男性にない見習う部分が女性にあるように、女性にない良い部分が男性にもあると思います。
補完し合いながら、成長して行くために、世の中に男性と女性がいると思いますので、お互いの差異を認め合わなければいけません。

今も、暇があれば行っているのですね。
あなたは、良く行けるなと思うかもしれませんが、楽しくて行っているというよりも、現実を忘れることができて、気持ちを紛らすことが出来る場所なのかもしれません。
大目にみてやれないでしょうか。
「次女は、あなたが仕事を辞めたから病気になったんだ。あなたが殺したようなものだ。」と、その時のことを思い出すのは止めて下さい。
その思念が、傍にいる娘さんに伝われば、とても悲しんでしまいます。

医者に対して、とても難しい魂の修養を、あなたはしていると思います。
霊的真理にもありますが、自分が起こした結果には、責任を取らなければいけません。
もっと然るべき配慮をするべきだったと、大きな後悔をする時が来ると思います。
寸分の狂いもなく因果律は働いています。
犯した過ちに対して、相応の償いをしなければなりません。
苦しくなるだけですから、どうぞ恨みの気持ちを持たないようにして下さい。

ゆめこ さんのコメント...

イクミ様

早速のご返信ありがとうございました。

お恥ずかしい内容で申し訳ないなと思っておりましたが、丁寧にご返信いただいて大変嬉しかったです。

そうですね。
定かではないことをとやかく思い悩むのは良くないですね。
これは、時期が同じだったので、そうではないかと、私が勝手に想像したことです。
娘を苦しめてしまった原因はわかりませんが、それが何であったとしても、
もう過ぎ去ったことなんですよね。
シルバーバーチの霊訓にも、「その日その日のために生き、昨日のために生きてはいけない」とありますよね。
イクミ様の返信を読ませていただいて、落ち着いて考えたら、そのことを思い出しました。
完全に払拭することは出来ませんが、その信念を持ち続けたいと想います。

時々出かけるのは、大目に見てやってはどうか?といわれ、
そんなの無理かも………?!
と思ったのですが、それも少し考えてみます。
私はこうして真理を学んで、光を見出そうとしていますが、
恐らく主人は口には出しませんが、苦しんでいるのかも知れません。
かと言って、真理を学ぶような気持ちもないようですから、息抜きに出るくらいは許してあげたほうがいいのでしょうか?
義母の介護があるので、主人が不在の時に何か色々あると、ちょっとね……辛くなるんです。
でも、こう考えました。
義母は私にとって「宝」だと……
次の世界での生活に備えて、私の魂を成長させてくれる有難い人だと思うようにしようと考えました。
時々ね、言うことを聞いてくれず、イラッとする時があるんです。一言暴言を発してしまうことがあるんです。
そんな時、そう考えると少し気持ちが落ち着きました。
もちろん自分の発言も深く反省します。
綺麗事のように聞こえるかも知れませんが、実際そうなんです。
なかなか難しいですけど、ボチボチやっていきます。
主人のことも広い心で受け止めようと思います。

主治医のことは、本当に思い出すだけで腹が立ちます。
しかし、これも私が感情を乱さなくても、因果律の働きで、それ相応の結果が待っているのですよね。
罰を与えるとかそう言うことではなく、自分の配慮の無さを思い知る時が来れば、それで良いとおもいます。
恐らく、娘だけの問題ではないように感じます。
この病気の本質をしっかり見てくれる医師が現れてくれたら、私たちのような親はだいぶ減るのではないかと思います。
現在の治療法を全て否定するわけではないですが、服薬の前に出来ることがないだろうか………と、
この 病気の薬が処方されている患者様を前にして思います。
それがわからない自分も情けないですが……。

これからもシルバーバーチの霊訓を、私の人生のバイブルにして生きていこうと思います。
いつもありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。

イクミ さんのコメント...

ゆめこ様

こんばんは。
ゆめこ様が書いていることと重複するかもしれませんが、シルバーバーチは、取り越し苦労をするなと、何度も言っていて、この世の人が想像上のもので、あれこれ悩み考えてしまうことを戒めています。
ことの真相は、少し先になりますが、娘さんに会って確かめるしかありません。

ご主人も、霊的真理を知って欲しいと思いますが、まだその時期ではなさそうです。
知らない分、あなたより苦しい思いをしているような気がします。
ご主人は出かけて、あなたはお義母さんの介護をして、つらいことを言われれば、あなたには思うところが山ほどあるでしょう。
けれども、お義母さんは「宝」であり、次の世界での生活に備えて、魂を成長させてくれる有難い人だと、あなたは考えようとしています。
とても賢い考え方であり、実際にそうだと思います。
苦しくならない様な気付きは、真理に近いと思います。

うつ病ですが、唯物的な医学では治せないのは明らかです。
もっと高い次元から捉えられる医者が現れてくれることを望むばかりです。

私もシルバーバーチの霊訓がバイブルです。
大変でしょうが、続けて読んで下さい。

ゆめこ さんのコメント...

イクミ様

ありがとうございます。
これからも、何か困難にぶつかったら、少し落ち着いて、霊訓に沿った生き方が出来るように考えていきたいと思います。
娘も見守ってくれていると信じて、自信を持って生きていきます。

イクミ様に相談させていただいて、またひとつ心のモヤモヤが取り除かれました。
ありがとうございます。
いつも頼ってばかりで申し訳ありませんが、これからもコメント等書かせていただきます。
よろしくお願いいたします。

ゆめこ さんのコメント...

イクミ様

おはようございます。
たびたびお邪魔して申し訳ありません。
8月に入ってお盆が近づいて来ると、娘への想いが募ります。
姿は見えなくても、娘を想えばいつでもそばに居てくれているとわかっていても、
この世的な感情というのでしょうか……それが邪魔をして、気持ちが落ちていきます。
特にこの時期はいけません。
娘が亡くなったのが9月ですから、いろいろ悔やむことも多くて……
それも考えても仕方のないことだとわかっているのに……ダメですね……。

実は先日、変なことを思いました。
時々、「娘さんたちはどうしているの?」と何気なく聞いて来る方がいらっしゃいます。
次女のことをご存知ない方もいらっしゃるし、知っていても忘れている方もいらっしゃいます。
そんな時、相手の方に気を遣わせてはいけないので、さりげなく長女と三女のことしか言わないのですが、
次女はあちらの世界で暮らしています、とか、あちらの世界へ帰りましたとかいってはいけないのだろうか……と
考えてしまいました。
おそらく相手の方は、俗に言う『ドン引き』ですよね。
でも私にとっては3人ともいつまでも私の娘で、姿は見えなくても別の世界で生きているのだから、
そう言わせていただいてもいいのではないか……と、ふと思ったのです。
きっと、頭がおかしくなったのではないかと心配されますね。
でも、普通に次女の話もしたいのです。
先日、勇気を出して、私の母親に、イクミ様から伝えていただいた次女のメッセージのことを話しました。
母親は今までからそう言うことは信じていたようで、とても納得してくれました。
「あっちゃんも頑張っているんだね」と言ってくれて、少しホッとしました。

逆に義父は、未だに毎朝、仏壇の前で孫を想って泣いています。
今朝も、可哀想にとか残念だとか言いながら、泣いていました。
以前は、そう言う場面を見ると無性に腹が立っていたのですが、
イクミ様に義父の話をさせていただいてからは、その感情も少し薄れてきました。
私も、少しは進歩しているのでしょうか…。
一度、亡くなった人の魂は生きていると言うことを書いた冊子を読んでくれるように渡したことがありましたが、
あまり意味がなかったようです。
94年も生きていても、真理に辿り着けない人もいるんだと哀れに思います。
毎朝、そうやって仏壇の前から泣かれている娘はどんな心境でいるのかと心配になります。
おそらくそう言う祖父の姿は悲しく映りますよね。
そんな時は、大丈夫。お母さんはあなたの存在を信じているから!と伝えるようにしています
姿は見えなくても娘は生きている!その真理が、次女をうしなった私の喪失感を癒してくれます。
なかには、長女と三女がいるんだからと言う人もいます。慰めの言葉かもしれませんが、全く慰めにはなりません。
次女は1人ですから。

最近、この世の生きにくさを感じながらも、少しほんの少しですが、そう言う状況を楽しんでいる自分がいます。
うまく言葉にできませんが、この状況を生き抜いてやろうじゃないの!という想いです。

とりとめのない文章で申し訳ありません。
書いているうちにヒートアップして、いろんなことを書いてしまいました。
最初に気持ちが落ちていると書きましたが、イクミ様にコメントを書かせていただいている間に少し落ち着いてきました。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

お盆の準備で何かと気忙しい毎日です。
暑い日が続いていますが、ご自愛くださいませ。

イクミ さんのコメント...

ゆめこ様

こんにちは。
お盆が近づいて来ると、想いが募ってしまい、気持ちが落ちてしまうのですね。
命日も9月なので、さまざまな感情が、どうしても生まれてしまいがちですが、そんな時は霊的真理に触れて気持ちを新たにして下さい。

娘さんたちのことを聞かれた時に、どう答えれば良いのか考えてしまうことがあるのですね。
亡くなった娘さんのことを話すのを避けるのは、相手のことを気遣ってのことですが、何でそうしなければいけないのか疑問に思うのですね。
事実は事実として話したいでしょうが、おそらく返答に困る人が多いと思います。
悲しみのあまり、少しおかしくなってしまったと思う人もいるでしょう。
いつも思っているのですが、ほとんどの人は老後のことを心配したり、終活には関心があるようですが、その先がどうなっているのか、あまり関心がないようです。
その時になったら考えれば良いと思っているのかもしれませんが、それでは遅すぎます。
1番重要なことなのに、無関心であまりにも無知です。
そんな中で、娘さんの現状を、お母様に納得してもらって良かったですね。
けれども、お義父様は仏壇の前で泣いているのですね。
死んだら終わりと信じている人なのでしょう。
娘さんは、おじいちゃんは何にも判ってないなーと、思っているでしょうが、あと数年すれば会えるのが判っているので、あたたかく見守っているのではないでしょうか。
あなたには判ってもらえているので、とても安心していると思います。

長女と三女がいるからと言う人もいるそうですね。
慰めようとしてポロっと出てしまいそうな言葉ですが、慰めになっていないのに全く気付いていないのですね。
ブログなどを見ていると、他人の不用意な発言で傷ついているご家族も多いようです。
何回も生まれ変わり、さまざまな経験をしなければ、人の想いを窺い知ることは

この状況を生き抜いてやろうじゃないの!という想いなのですね。
開き直ったのでしょうか、それとも魂がさらに目覚めたのでしょうか。
どちらにしても、少しずつ強くなっていると感じています。

ゆめこ さんのコメント...

イクミ様

おはようございます。
早速のご返信ありがとうございました。
悲しみに暮れて、苦しい想いをしている方々が、他にもたくさんいらっしゃるのに、
私のような者に時間を割いていただき、ありがとうございます。

私も、同じ経験をされたお母様方と悲しみの想いを分かち合いたくて、Amebaでブログを書いていたことがありました。
どうしようもない悲しみをブログに書くことにより、少し吐き出せて、同じ想いでいらっしゃる方々と繋がり、想いを分かち合う……
心癒される場所でした。
しかし、霊的真理に出会い学んでいくうちに、悲しみだけを綴っている自分が虚しくなり、かと言って、全く初心者なので、真理を伝えることも出来ず、そのうちそのブログから遠ざかっていきました。
時々、以前書いた自分のブログを読みますが、「大丈夫だよ。あの子はそばで見守っているからね」とコメントを入れたくなるような…そんな感じの内容が多いです。
今は、自分が読みたい方のブログだけを拝見している感じです。

しかし、日々いろんな想いが生まれます。
その想いを誰かに聞いて欲しくて、そしてアドバイスして欲しくて、そんなわがままな気持ちから、
イクミ様の記事にコメントを書かせていただいています。
いつも本当に丁寧にご返信いただきありがとうございます。

この辛い時期を乗り越えて、さらにパワーアップしていこうと思います(笑)

本当にありがとうございました。

イクミ さんのコメント...

ゆめこ様

こんにちは。
最愛の人を亡くされた人にとって、内ある想いを吐き出させてくれるブログはの存在は、とても貴重だと思います。
同じ想いであるからこそ、安心して打ち明けられると思います。
私も当初は、このブログに霊的真理に救われたこと、ヒーリングについてに書くつもりでしたが、まさか向こうからのメッセージを伝えることになるとは思ってもみませんでした。
どの様に展開して行くのか、全く判りません。
今は仕事や介護で忙しく暇などないでしょうが、落ち着いたら、そのブログに自分が救われた霊的真理について書いても良いのではないでしょうか。
同じ経験をした人の言葉なら、素直に受け止めてくれる人も、多いと思います。
いい加減なことは書けないので、より真剣に学ぶようになったと思います。
そして、伝えようとする人には、霊界の援助もあると思います。
私は文才は全くありませんが、スラスラと書ける時があり、それを実感しています。

霊訓を、もう1度、読み返しているところでしょうが、考えてみてはいかがでしょうか。

ゆめこ さんのコメント...

イクミ様

いつもありがとうございます。
イクミ様が書いて下さった返信に、コメントを書きたいと思いながらも、お盆前でバタバタしていて、今になってしまいました。

お盆が終わりました。
娘が亡くなるまでは、私にとってお盆はあまり意味のないものでした。
実は今もあまり意味がありません。
ご先祖様が帰って来られるからと、毎年恒例行事のように14日の早朝にお墓参りをしますが、
別に早朝でなくてもいいじゃない…と思ってしまいます。お供え物やお花に関してもいろいろ習わしがあって大変です。
でもそれに従わないとご先祖様に失礼に当たると小さい時から教えられてきた私にとっては、
それを変えることはとても勇気が要るので従っています。

年に一度、ご先祖様を想う日としては必要なのかも知れませんよね。
遠くに出ていらっしゃる方も里帰りしてお参りされますものね。
娘の所にも、地元の友達がお参りに来てくださいました。
毎年欠かさず来てくれて、本当にありがたいです。

しかし、娘の命日とお盆が近いことから、前にも書きましたが、本当にこの時期はつらいつらい時期です。
いっそのこと、8月9月はずっと眠っていたいと思っています。
娘を亡くして半年くらいは、自分の寿命が来るまで眠っていたいと思っていました。
死ぬことが許されないのなら、一生眠っていたいと……
でも、シルバーバーチの霊訓に出会って、もう少し生きていこうという光を見出だせました。
自分が真理に救われたことを、ブログに書いてみてはどうかとイクミ様に言われて、嬉しかったです。
知識はまだまだですし、イクミ様のようにインスピレーションも何も感じませんが、
自分が得て救われた真理については、いつか、愛する人を亡くして悲しく辛い想いをしている方々に伝えていかなければならないのではないかと思っていました。
まだブログを書いている頃、同じ境遇の方に、子供を亡くして悲しむのは一種の自己憐憫だと話したことがあります。
その前後にちゃんと「死」とはどう言うことかなどの解説も加えたのですが、
「私はそうは思わない。本当にあの子はかわいそうなんです。」と反発されてしまいました。
まだろくに知識もないのに、偉そうなことを言った自分を恥ずかしく思いました。
しかし、そのあとで別の方にも同じ話をしたら、
「ゆめこさんのメッセージを読んでいて、心が落ち着いてきました。」と言われたので、
同じ経験をしていても、受け取る方によって、反応が違うのだなと感じました。
だから実はこわいのです。

しかし、もっと勉強をして、時期が来たら、ブログを再開してみようと思います。
その時は、アドバイスをよろしくお願いいたします。

この時期を乗り切る!!と言っていたのに、日々いろんな気持ちが私を襲って来て、
後悔の念が生まれたり、そうかと思えば前向きな気持ちになったり、不安定な毎日です。
やっぱり、この時期は眠っていたいです。
娘のことを想いながら書いているので、今ここに居てると思うのですが、あの子はこんな私をどんな想いで見ているのでしょうか?
きっと、「大丈夫、お母さん頑張って」と言う想いだと思うのですが、
イクミ様が何か感じることがあれば伝えていただきたいです。甘えて申し訳ありません。
真理を知っているのだから、その真理に従って生きていけばメッセージなどいらないと思うのですが、
どうしてもここ2~3日、辛く苦しいです。
本当に甘えて申し訳ありません。よろしくお願いいたします。

イクミ さんのコメント...

ゆめこ様

こんばんは。
お盆は、いつも通り私の実家(兄)のところに集まり、お坊さんがお経を上げて行きました。
故人が喜ぶのは、お経を上げてもらうのではなく、偲んで話が盛り上がることではないかと、いつも思ってしまいます。
それでも、いつも通りにしてもらわないと気が済まない霊も、中にはいると思いますので、慣例に従った方が良いのかもしれません。
娘さんのところに、地元の友達が来てくれるのはうれしいですね。

8月9月はおつらい季節ですね。
いつまでも眠っていたいと、大切な人を亡くされた方から、良く聞きます。
以前、書かれていたブログで、同じ境遇の人に、悲しむのは自己憐憫と話したら否定されたのはショックでしたね。
受け止め方は人それぞれですが、真理を受け入れてない人でも、直観的に判る人もいるのですね。
霊的なことは、話てみないと判らないのは確かにこわいです。
ブログを再開するのは、とても良いことですが、ありのままの自分の考えや想いを書いた方が、多くの人に伝わると思います。
その時は、また教えて下さい。

娘さんに焦点を合わせてみました。
上手く表現出来ているか判りませんがお伝えします。
失礼な点があったら、お許し下さい。

「相変わらず、お母さんは気苦労が多いね。
もっと楽に生きればと、いつも思ってしまうよ。
責任感が強すぎるんだよ。
いい加減で、ちょうどいいんじゃない。
私はお母さんからも、色んなことを教えてもらっているの。
お母さんの悲しみを通して、深く考えさせられているの。
いかにすれば、お互いが幸せになれるのか、一緒に考えているの。
お母さんは私にとって1番身近な存在だったけど、お母さんの想いの深さは判らなかったよ。
ありがとう。いつでも私のことを想っていてくれて。
私はお母さんにお返しが出来ないのがつらいんだけれど、お母さんの1番の理解者でいるからね。
ここぞっていう時には、助けてやるから、絶対に気付いてね。
何もかも大変に感じたら、思い切って休んでみて。
誰も悪く思わないよ。
それが、みんなのためになる時もあるんだよ。
頑張り過ぎには、気を付けてね。
私も心配してしまうからね。」

ゆめこ さんのコメント...

イクミ様

おはようございます。
早速のご返信ありがとうございました。
娘のメッセージも、わがままを言って申し訳ありませんでした。
でも、快く伝えていただいて、本当に感謝しております。
娘の想いを知りたくてもわからなくて、悲しくて辛くて泣いて、
娘の想いを知って、また泣いて……。
どっちにしても泣いてしまうなぁ〜と、メッセージを読みながら思いました。
娘がそばに居て見守ってくれてる!
この事実は確実なものですよね!
そう信じているだけで、昨日は1日穏やかな気持ちで過ごせました。
よし!頑張ろう!と言う元気が出ました。
娘を心配させないために、これからはもう少しボチボチやっていこうと思います。
あの子はしっかり私の内部を見てくれていますね。
ああ、よくわかってくれているなぁと嬉しくなりました。
本当にありがとうございました。
今日も1日頑張れそうです。
また不安になったら、イクミ様を頼るかも知れませんが、その時はどうぞよろしくお願いいたします。
こんなわがままな私をお許しください。

ブログのこともありがとうございます。
いつになるかわかりませんが、必ず再開したいと思います。
その時はどうぞよろしくお願いいたします。

お願いばかりで申し訳ありません。

まだまだ暑い日が続きますね。
どうぞご自愛くださいませ。

イクミ さんのコメント...

ゆめこ様

おはようございます。
想いが届けられて良かったです。
あの世から、心の内が見えるので、娘さんは何でも判っていると思います。
介護等があり難しいのでしょうが、自分がリフレッシュする時間を、出来るだけ作るようにして下さい。

現実に追われていると、娘さんの存在に気付きにくいのですが、そばで見守っていますので、安心して下さい。
また何かあれば、遠慮なく連絡して下さい。

ゆめこ さんのコメント...

イクミ様

おはようございます。

ありがとうございます。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

ゆめこ さんのコメント...

イクミ様

こんばんは。
いつもの場所から失礼します。

いつもありがとうございます。ブログを拝見して毎回学ばさせていただいております。
明日は、3年前に亡くなった娘の命日です。
以前のコメントで、この悲しい状況を乗り切ってやる!と、私、宣言しましたよね。
特にお盆から命日にかけてのこの2ヶ月間は、本当に辛く苦しい時期です。
後悔と自責の念がモヤモヤと押し寄せて来ます。
こんな状況では娘も近くに居てくれないと思い、とにかくそう言う想いが出て来そうになると、考え込まず、別のことを考えるように努めて来ました。
生前の娘との楽しい思い出を思い起こしたりもしましたが、どうしても後悔に繋がっていくので、
「今」の娘を受入れようと思い、
料理をしたり片付けをしたり、また仕事をしている時でも、何かにつけ、「○○ならどう思う?」とか「これで良いよね?」などと語りかけたりしていました。
娘の返答に気付くことは出来ないですが、「大丈夫だよ」とか「そうだね」とか、私が勝手に返事を思い浮かべたりしていました。
笑ってしまいますよね?
でもそれで、この時期をだいぶ穏やかに過ごすことができました。
『穏やかな心、安らかな気持ち、希望と信念と自信に満ちた明るい雰囲気』
それが大事だとシルバーバーチはおっしゃっていますよね。
そう言う状況だと、霊も近づきやすいと…。
でも、私は肉体を持った人間です。まだまだとても未熟者で、そんな状態が続くわけもなく、浮かんだり沈んだりを繰り返しています。
先日は、認知症のすすんだ義母の世話にお手上げとなり、一気に悲しみと苦しみの底辺へ(娘を亡くした時は悲しみに底辺はないと思いましたが)、引き落とされていきました。
どうしてこんな病気になって、自分のしてることがわからなくなっている人がいつまでもこの世に生きているのか?本人は何の苦しみも感じていないのに、周りの人だけが苦しいだけなのに!早くあの世に行けばいいのに!ととてもひどいことを思いました。
義母は私の宝だと言っていたのに、そんな自分を全て否定してしまいました。
結局、こう言う想いは、自分勝手な考え方から来ているんですよね。
自分が大変な思いをしていることが嫌なんですよね。
翌日には少し落ち着いて、この世に生きているかぎり、仕方ないか……と思えるようになっていました。
これも真理を学ばさせていただいているお陰です。

ダラダラと書きたいことだけ書いてしまい申し訳ありません。
いろんなことがありながら、娘の命日を迎えます。
彼氏くんもいつものようにお花を贈ってくれました。
「忘れて欲しくないけど、忘れて欲しい」と言う娘の想いは届いていると思うので、
きっと彼なりに乗り切っていっているんだと思います。
これからも想いを分かち合いながら、適度な距離で付き合っていこうと思います。

とりとめのない話で申し訳ありません。
ただ自分の近況報告になってしまいました。
これからもシルバーバーチの霊訓をバイブルに生きて行きます!
そしてイクミ様のブログも私のバイブルになっています。
これからもどうぞよろしくお願いいたします!

イクミ さんのコメント...

ゆめこ様

こんばんは。
明日が娘さんの命日なのですね。
お盆から今まで、悲しく、つらい思いをされてきましたね。

後悔と自責の念はとても堪えるとお察しします。
「今」の娘さんを受け入れようとするのは、良い心掛けだと思います。
娘さんに語りかけて、「大丈夫だよ」とか「そうだね」とか、勝手に返事を思い浮かべたりしていたと言うことですが、私には想いが伝わって来たように思えてしまいました。
確かに思考と向こうからのメッセージの判別は難しいのですが、否定してしまうのはどうなのでしょう。
まだ、頭脳が優位なので、素直に信じられないで逃してしまっていることも、多いのではないかと思います。
自分になんかに伝わってくるはずはないと、否定しまっていることはないでしょうか。
否定するのでなく、心に思い浮かんだものを、まず娘さんのものではないかと思って下さい。
それがメッセージでなかったとしても悲しむ人はいませんが、そうだったとすれば否定すると悲しむ人がいます。

認知症が進んだお義母さんの介護は、本当に大変だと思います。
あなたはお義母さんに、ひどい思いを抱いたと思わないで下さい。
それだけ精一杯介護をしていて、仕事との両立で精神的に大きな疲れを感じていたのだと思います。
良くないと判っていても、つい摂理に反するような想いが生じることは、私にも度々あります。
その想いを変えて行くために、私たちは今生を生きています。

娘さんの彼氏も、つらい時を過ごしていると思います。
この先、幸せにつながる出会いがあるでしょうが、娘さんのことを一生忘れることはないと思います。
あなたと同じ様に、向こうでもう1度逢えるのを、楽しみにしているでしょう。

私のバイブルはシルバーバーチの霊訓です。
私の書いていることに誤りはたくさんあると思いますが、シルバーバーチの霊訓には存在しないと考えられます。
2回目には1回目にはない発見があると思いますので、大変でしょうが読み続けて下さい。

ゆめこ さんのコメント...

イクミ様

早速のご返信ありがとうございます。
そうなんですね。
娘に語りかけて思い浮かんだことは、まず娘からのメッセージではないか?と思うことが大事なのですね。
そんなはずはない!なんて否定すると、その想いが娘から発信されたものなら、娘は悲しみますよね。
実は最近、自分が亡くなった時、この世に残っている家族に自分の存在を知ってもらえなかったら悲しいな。
長女と三女に母はそばで見守っているから悲しまないでと言っておかないといけないな、なんて考えていたのです。
自分は肉体の牢獄から解放されて自由になったのに、この世の家族にその喜びも伝えられず、
彼女たちの悲しむ姿を見なければならないなんて、こんなに辛いことはないと思います。
でも、自分が他界した時のことまで心配するなんて、それこそ取り越し苦労ですよね。
結局これも、自分が辛い思いをしたくないと言う………利己的な考え方から来ているのではないかと気付いた時、
全てはきっと神様が良きに計らってくださるだろうから、心配無用!と思うことにしました。

これからは、次女が悲しまないように、自分が思い浮かべた想いは次女からのメッセージと信じていこうと思います。

子供を亡くした悲しみも、介護の苦しさも、この世だから体験できることですよね。
それは、自分が決めて来たシナリオだとすれば、
じぶんの魂を成長させるために用意されたものなのでしょうか。
まだ3年しかたっていません。
この先、何年この想いを引きずって生きていくのでしょうか。
いずれにせよ、真理を学んでいくことによって、少しでも穏やかに過ごせるなら、これからも精進して行こうと思います。

こちら関西方面は、最近、夜が寒くなりました。
関東の方はいかがでしょうか?
季節の変わり目です。どうぞご自愛くださいませ。

イクミ さんのコメント...

ゆめこ様

おはようございます。
私もメッセージを伝える時に、これは絶対に本人からのものだという証拠を示してもらえるわけではないので、不安になることがあります。
しかし、受け取った人の言葉から、本人からのものだったと判り、安心します。
神は、知識の上に、信じることを望んでいると思います。
シルバーバーチも同じことを言っていたと思います。
信じる人に、神の祝福があります。
娘さんの想いだと、理屈なしに信じて下さい。

ゆめこ さんのコメント...

イクミ様

ありがとうございます。
信じること、それが大事なんですね。
時々、仕事帰りの車の中で、後部座席にあの子が座っていることを想像することがあるのですが、
それも本当に座ってくれているのかも知れませんよね。
あの子を想えば、いつでもそばに来てくれるんですものね。
(こんなことをいったら、真理をご存じない方は気味悪がるかも知れませんが……。)

今日は、高校の同級生がお花を贈ってくれたり、近所の幼馴染の子がお参りに来てくれたりと、
娘が、生前お世話になった人たちの温かさを感じました。
きっとみんなが、自分のことを忘れずにいてくれて、娘も喜んでいることと思います。

これからも、「今」の娘と向き合いながら生きて行きます。
娘の想いを感じながら生きていける喜びが、少しですが、湧いて来ました。
これもイクミ様のおかげです。
ありがとうございます。

また何か、疑問に感じたりした時にはコメントさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

イクミ さんのコメント...

ゆめこ様

今日はいろいろと感じてしまうことがありますね。
今でも忘れずにいてくれる人がいて、うれしいですね。
あなたが想えば、すぐ傍にいることは忘れないで下さい。

実は、今日のお昼過ぎから、力の様なものをずっと感じていました。
何だろうと思っていたところに、あなたのコメントが届いていましたので、娘さんの魂に、焦点を合わせてみました。
上手く表現出来ているか判りませんが、伝わって来たままを書いてみます。
失礼があったら、お許し下さい。

「大好きなお母さん
いつもお仕事お疲れさま、家でも相変わらず大変だよね
見ていると、いつも慌ただしく動いていて、それじゃ疲れちゃうよ
本当に責任感が強いんだよね
もっと楽に生きなきゃと思ってしまうよ
一生懸命にしなきゃと思う気持ちが強すぎるよ
のんびりはできないけど、気持ちだけはもう少しのんびりしてね
私が何とかしなきゃと思うと、それだけで気が疲れちゃうよ
もっとゆっくりでもいいんだよ
私はお母さんを見ながら勉強をしているの
たくさんのことを背負いながら生きてるお母さんは本当に偉い人だよ
もっと自信を持ってね
私はお母さんの子供だから、ずっと応援している
私のことをいつも思っていてくれてありがとう
人から何を言われようと気にしないでね
結婚は出来なかったけど、今でも結ばれているの
結構、うれしいよ
私のことで、お母さんが悔やむ必要などないの
これからは楽しく生きなきゃだめだよ
すてきなお花をありがとう」

ゆめこ さんのコメント...

イクミ様

娘のメッセージをありがとうございます。とても嬉しかったです。
やはり今回も泣いてしまいました。
娘は、イクミさんを通じてメッセージを伝えようとしてくれていたんでしょうか。
前回のメッセージで、私にお返しができなくて辛いといっていたので、
「あなたがイクミさんを通じてメッセージを伝えてくれる、それだけで十分お返しになっているよ」と心の中で伝えていました。
お手数をおかけして申し訳ありません。

娘は日頃の私を、よくわかっていますね。
娘が言う通り、私は自分が何とかしなきゃと思う性格です。
自分に責任のあることは人に任せられないと言うか…
裏を返せば、他人を信じていないと言うことなのかも知れませんが……。
その性格が自分を追い詰めているんですよね。きっと。

今朝は、義父が(娘が)生きていたら24歳だとか、大学院へ行っていたんだろうにとか、
言ってもどうしようもないことを、並べ立てるので、私は、イライラして1人でブツブツ文句を言っていました。
こんなことでイライラする自分を情けなくも思いますが、本当に爆発寸前でした。
そんな私を見て、人の言うことは気にしないで娘はと伝えて来たのでしょうね。

本当に娘の存在を感じます。
あの子はみてくれていますね。見守ってくれていますね。
今も、隣でこのコメントを読んでいるのかも知れません。
娘を亡くした私には、これからを楽しく生きることはしてはいけないと思っていました。
でも、楽しく生きなきゃダメだよと言う娘の言葉に後押しされて、少しずつでも楽しみを見つけて行こうと思います。

イクミ様、本当に貴重な時間をありがとうございました。
娘が早く寝たほうがいいよと言っているようなので(笑)、休みたいと思います。
夜遅くに失礼いたしました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。




イクミ さんのコメント...

ゆめこ様

おはようございます。
一昨日、コメントをいただいた時点で、メッセージを伝えることになるのではと思っていました。
昨日の昼過ぎから、私が強く感じていたものが娘さんのものであれば、よっぽど伝えて欲しかったのでしょう。
この日が来るのを、待っていたのかもしれません。
娘さんは、どんな想いで生きているのか判るので、いろいろと心配はしていますが、あなたのことを尊敬していると思います。

あなたはお忙しい人なので、心が休まる時間が少なく、娘さんを感じるのは難しいかもしれませんが、心が鎮まった一瞬を狙って、想いを伝えて来るかもしれません。
思い浮かんだことを、まず信じて下さい。
娘さんは、あなたの1番の理解者なので、想いを投げかければ、良い答えを返してくれると思います。

ゆめこ さんのコメント...

イクミ様

ありがとうございます。
毎日、5分だけでも心を落ち着けて、「無」になる時間が出来たらいいなと思っています。
瞑想も試みますが、雑念が入ってしまい落ち着きません。
それでも繰り返して行こうかと思います。

先日ふと、
もっと早く寝て、語り合う時間を増やそうよ、と言うような想いを感じました。
時々、さっきまで娘と会っていたような感覚で目覚めることがありますが、やっぱり寝ている間にあの子と会っているんですかね?
自分から発せられた想いかも知れないけど、イクミさんがおっしゃるように、娘の想いならそれは信じないと、
娘が悲しむことになると思うので、娘の想いだと信じることにしました。

また、ふと疑問に思ったことや感じたことを、コメントさせていただくかも知れませんが、
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

イクミ さんのコメント...

ゆめこ様

こんにちは。
無になるのは、意外と難しいと思います。
無になろうと意識した時点で、頭が働いてしまっています。
静かな音楽を聴いて、心を穏やかにして、娘さんへ静かに愛念を向けてみてはどうでしょうか。
その時に、娘さんから想い(メッセージ)が返ってこなくても、向こうがタイミングを計って、返してくれると思います。

先日、感じたことも、娘さんの想いではないでしょうか。
あなたの希望でも、思考の産物でもなさそうです。
寝ている間は、同次元(幽界)でコミュニケーションが出来るので、そう思っているのではないでしょうか。
何もないところに、一瞬にして浮かんできたものは、娘さんからのメッセージと考えて良いのではないでしょうか。
思考は、言葉を入力して、頭脳で考えて、言葉を出力しますので、ひらめきであるメッセージとは明らかに違うと思います。
少しずつですが、つながってきていますので、娘さんの想いが自分に伝わっていると、強く信じて下さい。

ひまわり さんのコメント...

はじめまして。イクミ様
長くなりますが話を聞いて頂けますか?
私の彼は、私が別れを告げた後自殺しました。
本当に好きだったんですが、メンヘラな彼だった為なかなか、上手くいきませんでした。
躁鬱って言われた事もあるって言うてたんです。その時はふ〜んって感じで軽く流してました。

幼くして、親に捨てられた彼はメンタル的にも弱く母親の愛情を知らない彼で、愛情が欲しくてたまらない人でした。重度の寂しがり屋のかまってちゃんでした。

だから、他の人ならこんな事で怒るって事でも、ちょっとの事キレたり、約束事も絶対の人で。
私と話しても話が通じないからと警察まで呼んで話をしたり、友達、私の親まで呼んで話をしたり、とにかく周りまで巻き込んでしまって大変な事がずっと続いてしまって大変でした。
私は、離婚してて子供3人いるのですが、話が終わるまで帰らせてもらえなかったりと、その話に親まで巻き込んでしまったりと。
でも、言う事は正論が通ってる彼。警察もたちうち出来なかったぐらい言う事は正しいんです。
でも、こっちの家の事、親の事とかは考えてくれなくて話が納得いくまで帰らせてくれなかったんです。子供が待ってるからと言っても。
自分1人が誰にもかばってもらえないのが辛かったんだと思うんです。今思えば。特に私の親にはかばって欲しかったんだ思う。それで、おれは、大事にされてると感じたかったんだと。俺は必要とされてると。安心が欲しかったんです。その時は分からなかった。

彼の事、私の親も可愛がってて好きだったし、彼も私の親、兄弟を本当に愛してくれてました。

でも、またちょっとした事件があり、とうとう私の親にまで暴言をはいたのです。私も怖くて、また帰らせてもらえないし、こんなに上手くいかないのなら私も限界で好きだけど別れないといけない、この彼の為にも周りにも、迷惑かけられないと限界に達しました。好きなのに…。なんで上手くいかないの。
その後、距離を置くようにして別れを告げようとしました。もう、迷惑かけられない。

でも、彼は会いたい、会いたい何度も連絡してきました。でも、子供がいるから出れないと言うと、なら俺が家に行く。とか言うて、夜中だろうが関係なくピンポンも鳴らしたり、会わんのんなら警察呼んどけ、ずーと朝まで待っとくとか言うてきたり。お前の服がほしい。匂いで落ちつくからとか、とにかく精神状態が尋常じゃくおかしくて、私も子供も守らなくてはいけないし、怖くて会えないしどうする事も出来ないまま朝になり、俺はお前にかけてた、別れるんなら生きてる意味がない。俺らは出会うのが遅かったんやね。
俺は母親みたいな人を求めてた。
(彼は、結婚をしたがってた。家族になりたがってた。だからすぐにでも子供も欲しがってた。
家族である事で、自分は捨てられない。独りになる事もない。だから
強い絆→家族になりたがってた。彼は幼い頃から親に愛されてなかったから。
でも、私には思春期の子供いるし、色んな事で警察まで来てお世話になったりする現状結婚なんて考えられなかった。好きだけど。そんなに簡単な事ではなくて...。
たがら、彼は離れられると思ってとにかく焦ってたんだと思う)


そののち、連絡途絶え
練炭、睡眠薬、お酒を写した写真を彼の友達にLINEで送り、その写真を見た友達が私に連絡してきたんです。
死ぬかもしれないから連絡してと。
でも、私は死ぬ人が写真なんて送って来るわけない。
今回で自殺しようとしたのが2度目でした。
ここは、かけようか、かけまいか葛藤しました。
もしも、連絡とって会ったりすると、もしかして今の精神状態だと殺されそうとか、(以前、心中されそうな出来事があった)子供を守らないといない、脅しかとも
本当色々と考えました。

彼の友達は、警察に捜索願をお願いして私は、何をするか怖くて警察に行きました。

警察で、色々と事情聴取を聞かれ見つかるように無事であってほしい。本当どうしたらいいのか。でも、見つかったら、殺されるかもとか本当色々と頭がおかしくなりました。

結局、私は電話できずにいました。
結局帰り連絡待ってました。警察から連絡あり見つかったと。
でも、緊急搬送されとの事でした。まさか、その時は亡くなるとは思いもしませんでした。
彼の友達から連絡があり「もう、意識もなくて危ないと」その時胸が張り裂けそうで、嘘であってほしいと何度も思いました。
病院に行くとすでに亡くなってました。
とんでもない事をしてしまった。会いたい。抱きしめたい。離れたくないとグチャグチャになりました。
悔やんでも悔やみきれない。連絡してたらきっと死なずに済んだのに。
本当に最悪な結末で、子供の面倒も見れない。私の親も弟も彼の友達も泣かせてしまって本当にどうしょう。
最後に話した言葉が忘れられない。
「迷惑かけたくはないんよ。おかあさんにも、弟をにも」って言葉が...。
その時は分からなかった。疲れきってた。お互い。
何で分かってあげれなかったのか、離れようとしたのか。
相手が死なないと分からないなんて...。残酷すぎます。

こんなに、愛してくれてたのに、何でこうなるんですかね。
ただ彼は、愛を確かめたかったんだと思うんです。連絡してくれる事で。
でも、私はかけなかった。だから追い詰めたんです。本当に辛すぎます。メッセージが聞きたい。彼に謝りたい。大好きだと言いたい。
たった5ヶ月しか付き合ってないのに、死ぬなんて考えるんです?
亡くなってから躁鬱、メンヘラについて調べるようになり、大体の彼の気持ちが分かる様になりました。
こんなにも、メンタル的に弱ってた彼に対して普通に接しても、合わないに決まってる話も理解出来るわけない。
何で付き合ってる時に調べなかったんですかね。無念で仕方ないです。
彼のメッセージが聞きたい。本当は死ぬ気なんてなかったんだと思うんです。寝不足など色々重なって、死んでしまったのだと思うんです。
私の親に暴言吐いたのもきっと後悔してたんです。
そんな風に思ってないのに、病気がそうさしたんです。
本当は優しい人で責任感もある人なんです。
今までみたいに仲良くやりたかっただけなのに。何で上手くやれなかったのか
それでも、私は子供、親の為に生きて行かなくてはならない。
でも、苦しくて仕方がない。勝手なのは分かってますでもメッセージ聞けないんでしょうか?
毎日辛すぎて。
ダラダラ長すぎて、意味も分からないと思うんですがお願いします。

イクミ さんのコメント...

ひまわり様

はじめまして。イクミです。
ブログを読んでいただき、ありがとうございます。

コメントを拝見しました。
今、とてもつらく、苦しい思いをされているとお察しします。
まさか、死んでしまうなんて思いもしなかったでしょう。

あなたの愛していた彼は、誠実で、まじめだったと思います。
ただ、親に捨てられ、目に見えない深い傷を負っていたと考えられます。
その傷があるために、特異な行動をしていたと考えられます。
常に愛情を確認していないと、不安で仕方がなかったと思います。

子供の頃に愛されていなかったので、自分の感情をコントロールする余裕がなかったと思います。
彼は、納得行くまで、自分を理解して欲しかったと思います。
絶対的に不足していた愛情を、あなたや家族に満たして欲しかったと思います。
捨てられたという深い傷は、同じ経験した者でなければ判りませんので、自分を責めないで下さい。

誰しも、こうなるとは予測できません。
愛していたけれども、守るものがあったので、あなたが取った行動に過ちはありません。
亡くなったのは、あなたのせいではありません。
抱えていたものがあまりにも大きく、自分でもどうすることもできなかったのです。

文脈の乱れがありますが、伝わってきたものを、そのまま書きます。
私には彼からのメッセージかどうか判りませんので、あなたが判断して下さい。
失礼があれば、どうぞご容赦下さい。

「迷惑をかけて申し訳なかった。
自分の感情をどうすることも出来なかった。
自分の中にいる、大きなものに、逆らえなかったんだ。
お前や家族はみんな好きだった。
過ごした日々は、楽しかった。
人生で、これほど穏やかに暮らせた時はない。
みんなのことが大好きだったと伝えてくれ。
もっと、もっと一緒にいたかった。
あやまらなくていい。
お前が悪いんじゃない。
全てを求め過ぎていた。
でも応えてくれた。
いいか、お前は後悔するな、自分を責めるな。
俺が全部自分で決めたことだ。
苦しかったのは確かだ。
誰にも、どうすることもできないのに、どうにかしてもらいたかった。
出会って本当に良かった。
ありがとう。
人が信じられるように、変えてくれたのはお前だ。
行き過ぎた俺を、どうか許して欲しい。
気にせずに、自分の人生を歩んで、幸せになって欲しい。
こんな俺を愛してくれてありがとう。
悲しませて、本当に悪かった。
みんなが幸せになることを祈っている。
良い人生だったと言わせてくれ。
お前を抱きしめて、ありがとうと言いたい。
みんなにも、ありがとうと言いたい。」

ひまわり さんのコメント...

イクミ様忙しい中、返事を頂いて、彼の想いを伝えてくれて本当に有難うございます。感謝してます。

本当に彼が言うてると思えるとような言葉がいっぱいで、びっくりで涙が止まりません。
私達を見守っててくれてるんですね。

本当に彼は、人に懐っこくてすぐ友達になれる人で、ここまで人とすぐ仲良くなれる人は見たことなかったです。天性でしかない。
そう言う所大好きでした。

だから、生きていてくれてないのが本当に悔しくて、悔しくて、人生って残酷です。


私の母も可愛がってたので、ふと思い出すのか寂しい顔をしてるのが辛いんです。
それでも、私の事を気にして毎日のように連絡をくれたり、彼の友達も時々顔を出してくれてます。

私の子供達も心配して、イタコの本などを借りてくれたりと。本当に心配かけてしまってます。


彼の本質の人柄が良かったからこんなに皆が心配してくれている。感謝しかないです。
だから、いつまでも、暗い顔してたら、それこそいけないですよね。分かってるんですが時間がかかりそうです。

もう少しで、49日が来ます。
本当の親はいても、育ててない親。
49日をやってくれるのかも
分からない。お墓もあるのか分からない。連絡すらない。
そのような場合はどうしたら、いいのでしょうか?

49日の日に、個人達で祈ってあげるだけでもいいのでしょうか?知り合いのお坊様に聞いてみたら、気持ちの問題だから……。とも言われたのですが

そういった事が全然未熟でわかりません。
ちゃんと、供養してあげたいんです。
気持ちだけでも、いいんでしょうか?
すみません。分かればでいいんですが、教えて頂けませんか?

イクミ さんのコメント...

ひまわり様

おはようございます。
あなたには感謝していますので、彼のためにも後悔や自分を責める思いを持たないように努めて下さい。

自殺は、自然の摂理に反する行為です。
通常は、闇の中に長時間、閉じ込められるようですが、彼の動機は自己中心的なものではなく、親から受けた言動が原因となっているために、メッセージを伝えるのが許されたと考えています。

49日ですが、あなたが執り行うわけには行かないようです。
お坊様が言われたように、形式ではなく気持ちの問題です。
彼はあの世にいますが、性格は変わっていません。
寂しがりやで、愛情を求めています。

49日を含めて、あなたとご家族で、彼に愛念を送って下さい。
「あなたのことが好きだから心配しないで。」など、彼が安心するような言葉をかけてやって下さい。
その想いが続いている限り、そばにいてあなたの見方になってくれると思います。

ひまわり さんのコメント...

本当にイクミ様に出会ってこのblogに出会って
良かったです。心から救われてます。
忙しい中、本当にすみません。感謝しています。

彼と、付き合ってる時は、何で俺に依存してくれんのん?って言われたぐらい依存してなかったのに今では毎日思い出しては会いたくてしかたないです。
彼の全てが愛おしいです。
どうして、亡くなってからきずくのでしょうか。

止めてたとして結局、同じ結果になってたんでしょうか。
本当悔しいです。

49日には愛念を必ず送ります。彼の為にも、彼の分まで生き抜いて行こうと思います。

いつも、こうやって言うては、次の日には落ちてる自分がいます。毎日浮き沈みがありますが、私には子供達を育てていかない役目があります。
毎日辛いですが、前を向くしかないですね。
また、寄らせて頂きます。




イクミ さんのコメント...

ひまわり様

こんばんは。
ほとんどの人は、いなくなって初めて気付くようです。
気付いたことが真実であり、これからあなたが大切にして生きなければならないことかもしれません。

止めたとしても、見えない傷が癒やされない限り、難しかったと思います。
彼は見えなくなりましたが、魂となって生きています。
今からでも遅くありません。
あなたの愛念は届き、彼の魂を癒すことができます。
愛に傷ついた魂は、愛でしか癒やせません。

今が人生で最もつらい時かもしれません。
親の愛に満たされなかった彼を想い、お子さんに愛情を注いで下さい。
何かあったら、また連絡して下さい。

ゆめこ さんのコメント...

イクミ 様

ご無沙汰しております。
また、この場所から失礼します。

いつもブログの更新を楽しみにしております。
いつもありがとうございます。

先日、近所の30代の息子さんが突然事故で亡くなられました。
真理を知っている者として、何か気の利いた言葉を伝えてさしあげたいと思いながらも、何も伝えられず、
ただ我が子を亡くすと言う同じ想いを経験したと言う立場で、一緒に泣いてお話を聞いてさしあげることしか出来ませんでした。
何か歯がゆい思いを感じ、自分の未熟さに情けなくなりました。
ここに嫁いで来てからの付き合いなので、日々ふとご両親のことを想うと、胸が締め付けられる想いです。

こんなに胸が重くなるのは、その頃の自分のことを思い出してしまうと言うのもあるかも知れません。
思い返せば、あの頃時々、大きな柱のある建物の中で娘が眠っている夢を見ていました。
そして納骨の日の朝の夢では、娘が、白い羽根で出来たようなワンピースを着て、「準備出来たよ。」と言って現れました。
その夢はとても印象的で、ハッキリと思い出せます。
その頃の私はまだ、肉体が娘自身だと信じていたので、納骨というのは、とても寂しく悲しいことでした。
でも、娘のその言葉で、そうかあなたは準備できたんだね。それならお母さんもそれに応えて、送り出してあげるねというような前向き(?)な気持ちになれたような気がします。

11月の終わりに、昨年同様、娘がお付き合いしていた方が、お墓参りに来てくれました。
その時、おもしろいことがありました。

うちには、とてもおくびょうな犬がいます。
亡くなった娘はとても可愛がっていました。
室内犬なのですが、お客様が来られると、必ずしつこいくらいに吠えます。
飼い主のしつけが悪いんでしょうかね……(・_・;
案の定、彼氏くんが来た時も、とにかく吠えていました。
男の人だと特に威嚇するように吠えるんです。
今年はお昼ご飯を我が家で食べてもらったのですが、その時もずっと吠え続けているので、
少しサークルから出してみようと思い、扉を開けると、迷わず彼氏くんの横に行き、ちょこんと座ってしまったのです。
彼氏くんに向かってほえることもなく、おとなしく座ってしまいました。
これにはとても驚きました。
何か犬なりに感じるものがあったのでしょうか。
不思議でしたが、何か嬉しい出来事でした。

イクミ様、今年も残りわずかとなりましたね。
今年もいろいろとアドバイスをいただき大変お世話になりました。
娘の想いも伝えていただき、それが自分の生きていく糧になりました。
ありがとうございました。
これからもちょこちょことコメントを書かせていただくと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えくださいませ。





イクミ さんのコメント...

ゆめこ様

こんにちは。
ブログを楽しみにしていただき、ありがとうございます。

ご近所の息子さんが若くして、突然亡くなられたのですね。
話を聞かれて、ご一緒に泣かれたのですね。
近くに自分と同じ様な経験をしている人がいて、内にある想いを吐き出すことが出来て、少し心が楽になったのではないでしょうか。
まだ死を受け入れていないところもあるでしょうから、霊的真理をお伝えするのは早いように思います。
しばらくしてお会いする機会があれば、さらっと話をしておくのも良いのではないでしょうか。
そうすれば、受け入れる時期が来たら、先方から聞きに来ると思います。

あなた自身も、その時が思い出されて、つらくなってしまいますね。
納骨の朝に、白いワンピースを着た娘さんが夢に出て来て、声をかけてくれたのですね。
いつも一緒にいるのですが、あなたの心に1つの区切りをつけるために、その様な演出をしたのかもしれません。

ご自宅の犬の話は興味深いですね。
動物はオーラが視えると言われています。
彼氏のオーラから、想いを読み取り、自分と同じ人を失い悲しんでいること、その人を愛していることが判ったのかもしれません。
彼氏を通して、娘さんを感じていたような気がします。

私があなたのお力に少しなれたのなら、うれしいです。
今年は、たくさんの人へメッセージをお伝えしましたが、こんなに喜んでもらえるとは思いませんでした。
仕事をしながらですので、時間が足りないところもありますが、来年もお伝えしていけたらと考えています。
また、いつでもコメントをして下さい。
良いお年をお迎え下さい。

ゆめこ さんのコメント...

イクミ 様

イクミ様のお陰で、本当にたくさんの方が救われていると思います。
何の見返りも求めず、ヒーリングをされたり、メッセージを届けて下さる姿は、
これぞ真理を伝える方の真の姿だと思います。

亡くなった方のメッセージを届けますと言ううたい文句に誘われ、何度か霊視してもらったことがありますが、
今考えれば、その方々は霊的真理を御存知ではなかったのではないかと思います。
その頃の私も真理を知らなかったので、そういうもんだと思っていたのですが、真理を知るうちに、いくつか矛盾を感じました。
……なんて、凡人の私にエラそうに言う資格もないのですが……。

私も少しでも、困っている方、悲しみの淵にある方に、真理の手を差し伸べることが出来たら、
この世に生まれて来た意味を見出せるようになるでしょうか。

イクミ様、来年もよろしくお願いいたします。

イクミ さんのコメント...

ゆめこ様

おはようございます。
私の経験から言わせていただきます。
「少しでも、困っている方、悲しみの淵にある方に、真理の手を差し伸べることが出来たら」、その気持ちを持ち続けていれば、いつの日か求めている人があなたの元の導かれて来ます。
求めている人に真理を伝えれば魂は癒され、同時にあなたの悦びとなり、その悦びの中に生まれて来た意味を見出すと思います。

ゆめこ さんのコメント...

イクミ 様

おはようございます。
こじ付けかも知れませんが、霊的真理は、娘が私にプレゼントしてくれた宝物だと思っています。
その宝物を誰かのために役立てられらるように、摂理に沿った生き方をして、今の気持ちを大事に持ち続けて行きたいと思います。
ありがとうございます。

イクミ さんのコメント...

ゆめこ様

こじつけではなく、娘さんからのプレゼントです。
この世の命と引き換えに、神があなたに与えて下さったと思います。

ゆめこ さんのコメント...

イクミ 様

そうなんですね。
そう言っていただけると自信が持てます。
真理のお陰で、私はこの3年間生きて来られました。
これから何度も落ち込むことがあると思いますが、そんな時はこの真理・・・シルバーバーチの霊訓を読み返し、
心の波長を上げながら生きていこうと思います。
奉仕の心を忘れず、とにかく摂理に沿った生き方をしていきたいと思います。
この世に誕生してから、ずっとお世話になっている背後霊や、傍で見守ってくれている娘に感謝しながら。

イクミ さんのコメント...

ゆめこ様

去年の6月に、ここに最初にコメントを書き込んでいただいた、あなたと同じ様に20代の娘さんを自死で亡くされたお母さんのことを覚えていますか?
このブログにはありませんが、あなたとほぼ同じ(8分前)時間にメールを送っていただき、娘さんからの無形のクリスマスプレゼントを今朝もらったと喜ばれていました。
その方も霊的真理を学んでいます。
あなたも、娘さんからのプレゼントと言っています。
もしかしたら、あの世で娘さん同士が知り合いになっているかもしれないと思ってしまいました。

ゆめこ さんのコメント...

イクミ様

はい。覚えています。
今、あのお母様はどうされているのだろうと、気になっておりました。
お元気にされているのですね。
それが分かっただけで、何か気持ちが落ち着きました。
きっと、私達は娘達に導かれて生きているのでしょうね。
クリスマスイブに、嬉しいお知らせをありがとうございました。

匿名 さんのコメント...

イクミ様

ゆめこ様が私の事を覚えていて下さったのですね。
私も覚えていました。
こんな私の事を、私と会ったこのない方が私の事を気にしていて下さった。
ゆめこ様の優しさに感謝です。
お礼を言いたくてコメントを久しぶりに書いてみました。ありがとうございました。
あちらの世で私の娘のお友達になって下さっているのでしょうか?
そうだと嬉しいです。

ゆめこ様は霊的真理を深く学ばれていることが、文面でよくわかりました。
お嬢様との距離も近づいていると感じられました。尊敬します。
私はまだまだで、よく弱音をイクミ様に言ってしまいます。
娘は、お母さんもっと頑張らなきゃダメだよと言うのか・・・
それとも、お母さんはのんびりだからお母さんはお母さん、ゆっくりでいいんだよと言ってくれるのか・・・

娘は意地悪な人や嘘をつく人、怖い人もいない、娘を苦しめる事もない。そんな世界に生きている。
母親として今の娘を思うと私が会えない、声が聞けないそんな事どうでもよい事だと思える自分がいます。
娘が笑顔でいてくれればそれが私の幸せ。
泣き虫で弱虫で娘を不安にさせてしまいますが、娘の魂は永遠で母娘の絆も永遠。そう思いたい。

魂の成長の為に娘が誰かの為に生きていたように、私も私にできることを誰かの為に真心を込めて出来たら幸せだと思います。娘のように生きていきたいです。

時々弱音を吐くそんな私をイクミ様お許し下さい。そしてこれからもよろしくお願いします。

イクミ さんのコメント...

匿名様

こんばんは。
返信が遅くなり、申し訳ありません。

お二人から、8分違いでメールをいただいたのは、向こうで娘さん同士が知り合いになっているように思えてなりません。
単なる偶然だと言う人もいるでしょうが、シルバーバーチも言っているように偶然は存在しません。
何かしらの、意味、目的があったと考えると、どうしてもそのように思えるのです。

娘さんを自死で亡くされる、母親にとってこれ以上の悲しみ、苦しみはこの世に存在しないと思います。
お二人は霊的真理に出会い、亡くなった娘さんは生きている事実を知り、真っ暗闇の中に光を見出したと思います。
宝物である真理を、他の人のために活かそうとされているのは、とても大切なことです。
お二人の娘さんとの関係はそれぞれ違い、あなたはにはあなたの果たすことがあり、焦ることなくそれに沿って生きて行けば良いと思います。

あの世のすばらしいところは、自分が嫌いな人と会わなくて良いところです。
自分のやりたいことが、好きなだけやれます。
そんな場所にいるのですから、前と変わらぬ笑顔でいます。
娘さんの想いを、あなたが代わって誰かのために表現すれば、もっと笑顔になると思います。

時々、弱音を吐くそうですが、この世に生きているのですから仕方ありません。
今年ももうすぐ終わりになりますが、この1年でだいぶ成長されたと思います。

ゆめこ さんのコメント...

イクミ 様

いつもありがとうございます。
今朝、匿名様のコメントを拝見して、気持ちがとても温かくなりました。
私も早くコメントを書かなきゃと思いながら、日中は仕事で、こんな時間になってしまいました。

霊的真理は分かっていても、やはり生身の人間です。娘のことを想い、寂しい想いに耐えきれなくなる時があります。
どうしてこんなに辛い思いをしてまで生きていないといけないんだろうと、本当に気持ちが落ち込むことがあります。
特にこのクリスマスからお正月にかけては、以前の楽しい思い出ばかりが蘇り、余計に辛い気持ちになります。
真理を知っていて、娘も傍で見守ってくれていると分かっていても、この時期のスーパーのクリスマスソングは辛いです。
孤独だなぁ寂しいなぁと思っていたところに、今回の匿名様からのコメントがあり、
私は1人ではないんだ。
私と同じ想いを抱えながら生きている方がいらっしゃるんだ。
その方が、私のことも気にかけてくだっさってコメントを書いてくださったんだと、とても嬉しく、心強くなりました。
娘が私の気持ちを知って、そうしてくれたんでしょうかね?
これこそクリスマスプレゼントでした。
きっと、匿名様の娘さんと、うちの娘は知り合いなんでしょうね。
何か、そんな気がします。
そう思うと余計にあったかい気持ちになります。

イクミ様、この場所をかりて、匿名様にコメントを書かせていただくことをお許しください。

匿名 様

はじめまして。ゆめこです。
匿名様のコメントを拝見して、気持ちがとても温かくなりました。
私と同じ想いを抱きながら、頑張っていらっしゃる方がおられると思うと、それだけで、
よし!私も頑張ろう!と思えました。
ありがとうございます。
娘たちは、何の心配もいらない世界にいるのに、自分が会えない寂しさのために、時々悲しく辛い想いに陥りますよね。
真理を知っていても、どうしようもなく悲しくなりますよね。
そんな時は、同じ想いで生きている者がここにも居ることを思い出して下さい。
何もかも嫌になり、この世を卒業してしまいたいと思うこともありますが、
この想いを経験して魂を成長させるためにこの世に誕生して来たのだから、
寿命が来るまでぼちぼち生きていこうと思っています。
実感はありませんが、かすかに感じる娘の存在を頼りに生きていこうと思っています。
娘たちは、イクミ様がおっしゃるように、傍で見守ってくれていますよね。
だからこそ、頑張れる!(^ ^)
寂しく辛くなったら、こんな私のことを思い出して下さい。
共にボチボチ生きていきましょう。
長々と失礼しました。


イクミ様、ありがとうございました。
匿名様にコメントを書きながら、結局自分が元気をもらっているように感じました。
これからもよろしくお願いいたします。

イクミ さんのコメント...

ゆめこ様

こんにちは。
クリスマスシーズンでつらい時期に、同じ想いをしている人がいて、気遣っていることを知ってもらうのが、プレゼントだったと私も思います。
こんな形で、心を温めてくれることもあるのですね。
お二人にお伝えして良かったです。
向こうで娘さんたちは仲良くしていて、上手く行ったのを二人で喜んでいるような気がします。

匿名 さんのコメント...

イクミ様

ゆめこ様と繋いで下さりありがとうございました。

私もこの時期は嫌いです。
以前は娘と過ごすこの時期はウキウキしたものです。
今はスーパーに買い物に行くのもなるべく避けています。
クリスマスソングやお正月の準備用品を見るのも辛いです。

会社の方たちには普通の楽しい時があり、会社の方がサンタの音に反応しクリスマスソングを歌う人形を持って来て飾った時は逃げ出したくなりました。
何とかクリスマスが終わったと思ったら、今度は獅子舞の人形がお囃子にあわせ踊る人形が来ました。それも音に反応するのでみんな喜んでその前で手を叩きます。

それもあとわずか我慢すれば終わります。

私も娘を亡くさなければ私と同じような悲しみを持つ人のことなど考えずに自分の楽しみだけに時間を使い、人を気遣う気持ちを今ほどもてなかったのかもしれません。

みんな楽しくていいんです。みんな幸せでいいんです。
私のような悲しみは知らない方がよいのだから。
だから私は会社で笑います。笑顔で過ごします。
みんなは幸せでないと・・・。

辛い時今が魂の成長の時、苦しい時それは魂の成長の時。
娘と永遠に過ごすには私に必要な試練、そう思えば乗り越えられます。

でもこの辛さを同じ悲しみを持っているゆめこ様を娘が教えてくれました。
母としての悲しみをわかって下さる、そして亡くしたのも娘。

娘に感謝します。
ゆめこ様のお嬢様にも感謝します。
姿は見えないけれど優しい魂の娘を私に授けて下さった神様に感謝します。
永遠の魂を教えて下さったから亡くなってもなお親孝行な娘を感じていられる。
本当に私は世界一幸せな母親です。

娘に会う日を楽しみに
そして娘と同じ階層で永遠に過ごせるように魂を成長させるために私の出来ることを精一杯誰かの幸せのためにできる事を行っていきます。

イクミ様私もこの場でゆめこ様にお礼を書かせて頂きたいと思います。
どうぞお許し下さい。

ゆめこ様

同じ思いを同じような時を過ごしたゆめこ様と今繋がるのには意味があったのだと思います。
くじけそうになる私に娘がクリスマスプレゼントをくれたのだと思います。
イクミ様がいてくれたから、ゆめこ様のお嬢様がいてくれたから感謝しています。

私には娘に会うまでにやらなければいけないことがたくさんあります。
それは娘がやり残したことであり、娘の代わりに私がこの世でやらなければならないことがあります。
何度も娘の元へいこうとした時期もあります。
でも不思議と邪魔が入りそれはかないませんでした。
きっと娘だと思います。
私はまた娘に会いたいです。
だから命の尽きるその日まで霊的真理を信じ生きてみます。

きっとお導きがあると思います。
偶然でないことがたくさんあるんです。
娘と私にしかわからない、そんなことが不思議と落ち込んだ時に起こります。
娘以外に考えられません。

もう娘に会う以外に私が欲しい物も望みもありません。
命のある限りこの世でこの体を使い誰かの笑顔の為に頑張ります。

いつかお会いする時が来るかもしれませんね。
もう娘たちはお友達だから、私とゆめこ様はママ友です。


イクミ さんのコメント...

匿名様

おはようございます。
最愛の人を亡くされた人にとって、世間が楽しく、幸せを感じている時期ほど、つらいものであることを知りました。
そして、悲しく、苦しい想いは死と共に終焉を迎え、全て悦びに変わり、別れの意味を知ることをお伝えしたくて、このブログを書いてきました。
また、会えると判っていても、それまでの時間は余りに長く感じると思います。
この世ではさまざまな出来事が起こるので、この先も苦しい思いをすることがあるかもしれません。
シルバーバーチの霊訓をお読みになっているのでお判りでしょうが、それを乗り越えて行くことで、必ず成長が得られます。
娘さんと、共に暮らすために必要な出来事が起きていると思って下さい。

今のあなたの悲しみを、他の人には味合わせたくないと思う気持ちが、社会への奉仕へとつながって行きます。
霊的真理は、極限に近い悲しみを癒しますが、まだ知らない人がほとんどで、ゆめこ様のようにお伝えしようとする気持ちはとても大切であり、他者へ愛に他なりません。
この世で失ったものはあまりに大きいでしょうが、人や社会に愛を表現することにつながり、それに見合った霊的な成長を得ることになります。

傍で娘さんが見守ってくれているのは、確かです。
来年も、思わぬ形で、励ましてくれたり、元気付けてくれたりしてくれると思います。

ゆめこ さんのコメント...

イクミ 様

おはようございます。
今年もあと3日になりましたね。
仕事も今日からお正月休みに入り、いつもよりのんびりとした朝を過ごしておりますが、
まわりはお正月準備でバタバタしているので、何かとっても気忙しいです。

私が小さい頃に、テレビで「一休さん」のアニメが放映されていました。
その中で、どう言ういきさつでそのような展開になったのかおぼえていないのですが、
新年を迎えることを人は喜びお祝いするが、新しい年を迎えるということは、
一つ歳をとることであり、「死」がひとつ近付いたことになるので、浮かれている場合ではない……というようなことを、
一休さんが言っていました。
もしかしたら、この世の生き方を説教されていたのかも知れませんが、
まだ小さかった私には、死ぬと言うことが恐怖で、とても強烈な言葉として印象付けられました。
おそらくこの世のほとんどの方は、「死」に対しては恐怖の気持ちがありますよね。
私もそうでした。真理を知った今でも多少は感じます。
人が亡くなると言うことは、まわりの方々を悲しみのどん底に陥れますから。
そのことを考えると、どうしても恐れてしまいます。

娘を亡くして3ヶ月くらいたった頃、娘の霊と話せると言う方に、娘さんは、あなたたち家族が前向きに生きようとしているので、戸惑って成仏できないでいると言われたことがあります。もっと悲しみぬきなさいと……。
その時の私は、漠然と、私たちが前を向かないと娘も成仏できないと思っていたので、その言葉はショックで、かなり長い間、
深い深い悲しみの底に堕ちていました。
その悲しみから救ってくれたのが、シルバーバーチの霊訓で、学んでいくうちに、その霊媒の方がおっしゃったことは真実ではないんだと理解したのですが、実際のところ、私の中では今でもグレーな部分になっています。

こんな私の体験から、死とはどう言うことなのか?亡くなったら人はどうなるのか?と言う真実を、悲しみの淵でもがいている方に知っていただきたいと、心から思います。
匿名様も人のために奉仕されているとのこと。
その姿を見習って、私も来年は何か行動が起こせればと思っています。
何ができるでしょうか……。
少し考えていることもあるのですが、娘が導いてくれますかね。
またその時には、イクミ様にアドバイスいただけたらと思います。

イクミ様、1年間本当にたくさんお世話になりました。
ありがとうございました。
良いお年をお迎えください。

匿名様も良いお年をお迎えください。
娘たちに会える日がまた1年近づきますね。
再会した時に、よく頑張ったねと言ってもらえるように生きていきましょう。

それでは失礼いたします。

イクミ さんのコメント...

ゆめこ様

こんにちは。
年末は気忙しいですね。

一休さんのテレビは私も見ていました。
新しい年を迎えるということは、一つ歳をとることであり、死がひとつ近付いたことになるので、浮かれている場合ではないと一休さんが言っていたのですね。
確かに生きているのが当たり前になり過ぎていて、死を意識する人はあまりいません。
この世の寿命はいつ来るのか判りません。
もしかしたら明日なのかも知れませんので、いつ逝っても良いように精一杯生きなければならないのですが、ずっと先だろうと、つい思ってしまう自分もいます。

亡くなって3ヶ月で前向き生きようとされていたのですね。
少し無理があったのではないかと思います。
ご家族が前向きに生きようとしているので、戸惑って娘さんは成仏できないことはありませんが、悲しみを押し殺してしまうのは不自然な行いであり、涙にならなければ想いが内に溜まってしまうと考えられます。
グレーな部分があると感じているのは、無理をして押し殺していた想いが内に溜まっているためなのかもしれません。

来年は、何か行動に起こせればと思っているのですね。
霊的真理を伝える奉仕の機会は、探し求める必要はありません。
あなたは、悲しみの淵でもがいている人に真実(霊的真理)を知ってもらいたい、伝えたいと、心から思っていれば、それで良いと思います。
その想いは霊界に届き、必要としている人が導かれて来ると思います。
全てが霊界で取り計らわれていますので、焦らなくても良いのです。
見えない力によって、本当に導かれて来るのです。

来年、ゆめこ様に奉仕の機会が訪れることを、心から祈っています。

ゆめこ さんのコメント...

イクミ 様

ありがとうございます。
イクミ様の返信を拝見して思いました。
娘は、私たちが無理して前向きになろうとしてるので、
もっと悲しんでいて良いんだよと言ってくれていたのかな……と。
それだと、その霊媒の方が伝えて下さった内容もしっくりいきます。
今頃になって、確信とまではいきませんが、納得できました。
その時のもがきの中から、真理に出会えたのも、娘の導きだったのかも知れないなと思いました。
これに気付けたのも、イクミ様のお陰です。
ありがとうございました。

ゆめこ さんのコメント...

イクミ様

こんばんは。
いつもありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。

早速ですが、私が最近気になっていることをお話しさせていただいてもよろしいでしょうか?
時間がある時でかまいませんので、読んでいただければ幸いです。

愛する我が子を亡くした親御さんなら、どなたでもそうだと思うのですが、
私は3年経った今もまだ、娘の荷物を、娘の部屋を、片付けられないままでいます。
全てこのままで置いておきたいと思っていました。
しかし最近、少し考え方が変わってきたんです。

霊的な考え方ができる時は落ち着いているのですが、それができない時は、生前の娘を想い、
あの子は何に苦しんでいたのだろう?病気のことを、どうして教えてくれなかったのだろう?と
どんどん気持ちが落ちていってしまうんです。
帰りの車の中でそんなことを思うと、一人きりですし、本当に落ち込んでしまいます。

でも、よく考えたら、それは過去のこと。
以前の私は、亡くなってしまったら、全て終わりと思っていたので、娘の気持ちもあの時のままだと思っていましたが、
娘はあの世でいろいろ勉強しているように思うんです。
自分のこの世での人生を振り返り、学んでいると思うんです。

それなら、私も、過去のあの子を想うのではなく、「今」のあの子と向き合うべきではないかと、最近感じるようになりました。
今までこだわっていた娘の遺品も、私や家族が娘を一番感じられる物をいくつか遺して、他は処分してもいいのかな...と思うようになりました。
私って冷たい母親でしょうか?
そこのところで少し苦しむんです。
霊的な考え方をすると、どうしても、私って冷たいのかな?と悩んでしまいます。

娘のことは大好きです。いつもいつも想っています。
本当に、もしかしたら生前よりも近い存在になっているなと感じるくらい、あの子を近くに感じます。
それ故に、上に書いたようなことを思うようになったんです。
今のあの子と向き合おうって。

イクミさんは私の考え方をどう思われますか?
無理はしていないつもりです。
ただこんなふうに思うと、娘は悲しむのかな?と少し不安に思うことも事実です。
でも娘は、それでいいんだよって言ってくれているように思えるのですが...。

大変申し訳ありませんが、
お時間のある時でよろしいですので、ご意見をお聞かせくださいませ。
よろしくお願いいたします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


イクミ さんのコメント...

ゆめこ様

こんにちは。
所用で返信が遅れて、申し訳ありません。

3年経っても娘さんの部屋が片付けられなかったのですね。
それが最近になり、処分しても良いと思えるようになったのですね。

娘さんを感じられるものは全て置いておきたいのは、親としてごく自然な気持ちでしょうが、霊的真理の理解が深まったため、心境に変化が生まれて来たと思います。
目に見えなくても、そばにいてくれるという真実があなたに定着し、亡くなった時から娘さんも成長して、昔のままでないと思うようになったためでしょう。

私が感じた娘さんはいつも同じで、母親のあなたを尊敬し、生きる姿を見て学んでいるものでした。
とても生きて行けないと思うような苦難であっても、乗り越えて行けることを、あなたに証明してもらっているのかもしれません。
娘さんの物を処分するのも、苦難を乗り越えて行く一環にあり、娘さんの学びにもつながっていると思います。
無になったと思ってしまうほど、遺した物に執着してしまうかもしれません。
一緒に生きていると言う、霊的な事実を手に入れた人が、物的なものを手放すことが出来ると思います。
魂として生きている自分の存在を認めてくれた証として感じ、嬉しく思っているでしょう。
冷たい母親でも、何でもありません。

娘さんは、あなたの心の隅々まで知っています。
忘れたのでも、忘れようとしているのでもなく、自分のことを理解してくれた上での決断であり、次の段階に進もうとしているあなたを見て、尊敬の念を抱いている様に感じます。
今の自分を認めてくれ、以前よりもお互いが身近に感じられるようになったので、悲しむはずはありません。

深い悲しみの中で成長し、自分に対する愛も、より高いものへと変化していることに気付いていると思います。
あなたを通して、大切なことを学びながら、成長していると思いますので、霊的真理を実践するように心がけて下さい。

ゆめこ さんのコメント...

イクミ 様

ご丁寧なご返信ありがとうございました。

こんな私のことを娘は尊敬してくれているんですね。
生前も彼氏くんに、尊敬する人はお母さんだと言っていたそうです。
とても嬉しいです。

イクミさんにご相談して良かったです。
春になったら、少しずつ遺品を整理していこうと思います。

先日、こんなことがありました。
仕事から帰り、急いで夕食を作りながら、
毎日こんなことの繰り返しで、本当に私は何の楽しみもないわ、なんてブツブツ思っていると、
おじいちゃんだって同じだよっていう思いが、ふと浮かんできて、
私はそれに対して、「まあそうだよね。どこにも外出できないし。でもどうしてあげたらいい?」なんて質問してました。
そしたら、美味しいもん作って食べさせてあげてって、また浮かんできたんです。
(義父は食べることが大好きですから。)
もしかしたら、これは、私自身の自問自答だったのかも知れません。
こじつけかも知れません。
でも何かその後、娘からのメッセージだったんじゃないかな?って思えて、
ニヤッと笑えてしまいました。
それで私は、文句言わず夕食作らなきゃ!と考え直したわけです。

以前、イクミさんが、浮かんだ想いが娘からのものではなかったとしても、
娘からのメッセージだと信じてあげないと、もしも本当に娘の想いだった場合、娘はとても悲しむとおっしゃっていたので、
あの時の想いは娘からのものだと信じることにしました。

こんな風に、毎日、娘と向き合って生きて行っているつもりでいます。
あの子の学びの助けになれるように、これからも霊的真理を実践できるように、心がけていきます。

これからもよろしくお願いいたします。

イクミ さんのコメント...

ゆめこ様

こんばんは。
彼にも同じことを言っていたのですね。
具体的には、何でも真剣に、精力的に取り組み、人前では決して弱音を吐かないところではないでしょうか。

ふと浮かんだ想いは、娘さんからのものだと思います。
良く考えれば、頭で思考したのではなく、想いが吹き込まれた結果、突然心に浮かんできたと判るはずです。
娘さんの存在を身近に感じれば感じるほど同調しやすくなり、想いは伝わって来ると思います。

ゆめこ さんのコメント...

イクミ 様

ありがとうございます。
イクミさんの言葉ひとつひとつが、これから生きていく上での励みになります。
真理に出会えて良かったです。
このブログに、そしてイクミさんに出会えて良かったです。
これからも度々、不安に思ったことやわからないことをお聞きすると思いますが、
娘共々、よろしくお願いいたします。

そらこ さんのコメント...

イクミ様

あまりにも信じがたい突然の出来事に、なにか救いの真実を見つけたいと思っていたら、こちらのブログにたどり着きました。

今年の春から大学生になるはずだった女の子が、自死を選びました。心臓が3度も止まりながらもなんとか一命は取り留めましたが、もうすぐ天に旅立ちそうです。

いつも笑顔を絶やさない明るい子でしたが、その分人に言えない辛いことが多かったのでしょう。親を選んで生まれてくると言いますが、だとしたら、最初から試練の多い人生であったことも想像できます。しかし、ここ数年は精神的に不安定になり、こちらの記事に出てくるお薬や睡眠薬にも頼っていたようでした。なんらかの悪影響があったのではと、疑念を持たずにはいられません…。
それでも、周囲にいた誰一人として気づいてやれなかったことが悔しくて仕方ありません。
お父様は深くご自分を責め、お母様はなんとか気丈に振る舞っています。私は昨晩夢で、真っ暗な中から「怖い」と怯えている女の子の声が聞こえてきて、彼女だったらどうしようと不安でたまりません。

薬の作用かどうかわかりませんが、自死は神の摂理に反することだと思われますので、天とのアクセスはできないでしょうが、残された私たちに何かできることはあるのでしょうか?少しでも早く光の世界へと行くお手伝いがあれば教えてください。
読んでいただきありがとうございました。
どうぞよろしくお願いします。

イクミ さんのコメント...

そらこ様

初めまして、イクミです。
もうすぐ大学生になる女の子が、自ら死を選んだのですね。
これから新しい生活が始まろうとしている中で、何故その様なことをしたのか、信じられない気持ちで一杯だとお察しします。

笑顔を絶やさない子供ほど、もしかしたら自分の想いを外に出そうとしないのかもしれません。
周囲を心配させないため、自分の弱みをみせないために、無理をして笑っていたのかもしれません。
自分の想いを溜めてしまうと、心身のバランスを崩してしまうと思います。
心の不安や怖れなどを何とかしようと医者に行くのですが、医者が出す薬は症状を紛らすだけであり、根本的な解決につながっていません。
副作用により、取り返しのつかない行動を取ってしまう人もいると考えられます。
その女の子の行為が、薬の副作用によるものかどうかは判りませんが、ブログに書きましたように、特に若い人には自殺願望が現れることがあるようです。

あなたが言われるように、自死は神の摂理に反する行為です。
自分の罪は、自分で償わなければいけません。
もし、自分の意志でその決断をしてしまったのなら、現実からの逃避になり、しばらくは暗闇の中で、孤独を味わうことになると考えられます。
本人の意志によるものではなく、薬の副作用による突発的な行動であったのならばその罪は減弱され、他の人と同じ様に、次第に周囲の環境に順応して行くと思います。
しかし、ご両親や周囲の人を悲しませてしまった現実を見て、後悔や苦しみは避けられないのかもしれません。

夢の中で、真っ暗な中から「怖い」と怯えている女の子の声がするのですね。
まだ、亡くなってはいませんが、夢の中のあなたと同じ次元にいた可能性があります。
それが、その女の子だとすると、自死に至る動機が神の摂理に反するものがあったのかもしれません。
楽になると思って死んだのに、少しも楽にならず、今置かれている状況もつかめずに、周囲と関係が断絶されて暗闇の中にいるかもしれません。

もし、真っ暗闇の中で、孤独に怯えているようでしたら、地上からの愛念は救いになると思います。
誰かがいることが判れば、少しは安心するでしょう。
しかし、恐怖や不安の想いが強いと、それが障壁となり、地上からの想いが届きにくくなります。
それでも、地上にいる人は孤独を紛らすような愛念を送って、慰めるしかありません。

自死に至る個々の動機によって、置かれる状況は違ってきます。
どんな状況に置かれようとも、光の世界に行く道は常に開かれています。

そらこ さんのコメント...

イクミ様

ご丁寧なご返信をありがとうございました。

光の世界に行く道は常に開かれている、
その言葉に救われました。
私はこの夢の話を彼女のお母様にはしていませんが、
もともと霊感がある方でして
「今は下に落とされていて、暗いところにいて、苦しい苦しいって叫んでた
 今朝少し上に引き上げてきたけど、まだ光のところにいくのは時間がかかりそう
 まだ誰も引き上げてくれる存在が来ていないけど、少しは大丈夫」
と不思議なことをおっしゃっていました。
まだ亡くなっていませんし、ただの妄言ともとれますが、本当だったらいいなと思います。

その後の状況ですが、まだ彼女は頑張っています。
しかし、心臓は動いているのですが、本人がドナーカードを持っていたことから
臓器提供をすることになったそうです。
昨日、なぜか急に臓器提供のことが気になり、
いろいろと霊的な観点から見た臓器提供について調べていたので
驚きでした。そしてその真実は、私が予想していたものは違う結果で
脳死=人の死ではない、とのことでした。

実際、脳死判定を受けてからも奇跡的に目覚めた方もいるというし、
臓器移植を受けた方の性格が変わったりと、医学的な観点からでは
説明ができない事例がたくさんあるのですね。

私もそのことはお母様に伝えましたが、意志はかたく、準備を進めています。
お父様は憤慨しておられ、あいつは悪魔だと絶望しておられます。
どんな形でも生きていて欲しいと願う親心は、子のいない私にも痛いほど理解できます。

どのみち私は決定権はありませんし、心配しても仕方ないのですが、
これ以上、彼女が苦しまなければいいなと心から祈ります。

ここで行き場のない気持ちを書かせていただけることで
救われています。
読んでいただきありがとうございました。




イクミ さんのコメント...

そらこ様

こんにちは。
お母様は霊感のある方なのですね。
言っていたことは妄想ではなく、娘さんの今の想いを感じ取っているのかもしれません。
まだ亡くなってはいませんが、生命維持装置に生かされているのであり、魂はほとんど肉体から離脱している状態なのかもしれません。
死ぬ前の苦しい心境が、今も続いているようにも思えます。
早く光を見出せれば良いのですが、前のコメントに書きましたように、死に至る動機によりそれまでの時間は変わってきます。

彼女は臓器提供の意志を示していたのですね。
あなたが言われるように、脳死=人の死ではありません。
シルバーコードと言う、肉体と魂をつないでいる、目に見えない糸のようなものが完全に切れた瞬間が死です。
臓器提供をすれば人為的な不自然な死に方になるので、それなりの代償を払わなければなりませんが、動機は人のためであるので、その事情も勘案されると考えられます。
脳死判定を受けたら、脳神経が非可逆的に変性してしまいますので、目覚めるのは難しいかもしれませんが、お母様の決断には少々驚いています。
お父様の今の心境を思うと言葉になりません。
2度、自死されてしまうようなお気持ちなのでしょう。

彼女にとって光とは愛です。
あなたからも愛念を向けてやって下さい。