2014年5月29日木曜日



ガンという病気は、怖くありません。

なぜなら、死に至る病でないからです。

100mの高所から落ちたら、肉体は大きなダメージを受け、間違いなく死に至るでしょう。

酸素ボンベを付けないで、水中に30分もいれば、溺死してしまいます。

肉体が、元に戻せない致命的な損傷を受けてしまうからです。

ガンは元に戻せない病気なのでしょうか。それは違います。

余命数ヶ月と医者から宣告された人でも、何年間も生きている人がいるのは事実です。

ガンが自然退縮していき、消滅した人がいるのも事実です。

これらの人は、医学的に説明困難なため、例外として扱われ、多くの人に知られることはありません。

ガンという病気を深く知る上で、きわめて重要な真実が、医学に頼らずに治癒した人達に隠されていると思いますが、多くの医者、研究者の興味はそこにはないようです。

少なくても、際限なく増殖を繰り返し大きくなっていくだけではなく、縮小あるいは消退もする、流動的な病であると言えます。

縮小や消退をするのは、偶然や幸運ではなく、何らかの法則に従って起こると考えられます。

何らかの法則を、突き止めることは、とても大切なことではないでしょうか。


以前のブログに書きましたように、私は仕事上で過ちを犯しました。

不正な行いで、行政処分を受け、信頼は失墜しました。

しかし、そんな中でも、励ましてくれる人、見捨てない人、支えてくれる人がいました。

思いやりや優しさの意味に、生まれて初めて気付いたと言ってもいいでしょう。

振り返って良かったと思うのは、「シルバーバーチの霊訓」に出会い、不運を嘆いたり、他人を恨んだり、絶望感に浸らなかったことです。

すべて、自分の想いや行いのせいであり、その報いを受けているのだと、心から思えました。

そして、乗り越えられない苦難はないと、固く信じました。

つらい想いを通じて、因果律というものが、身に沁みて分かりました。

十分に足りていたのにもかかわらず、まだ足りないと思い込み、たくさんのものを追い求めていました。

全く足りていなかったものは、人や動物を思いやる気持ちであり、協調することであり、流されない心、穏やかな心でした。

40歳半ばで、やっと本来の、自然な姿を取り戻したのかもしれません。

惰眠を貪っていた魂が、ようやく目を覚ましたようです。

もし、あの時、人生最大の不幸と嘆いてしまったならば、その想いに捕らわれて、抜け出すことはできなかったでしょう。

不幸な想いを周囲に撒き散らし、周りも不幸にさせて、孤独になっていったかもしれません。

自分を変えるため、大切なことに気付くために、鈍感な私には、衝撃的な出来事が必要だったのだと思います。


病気も、同じだと思っています。

自分の行いや想いが原因となり、結果として病気になります。

社会が法律によって治められているように、人の行い、言動、想いのすべては、神の摂理である因果律により支配されています。

人は欺けても、魂でつながる神を欺くことはできません。

法律による罰則を逃れることができても、因果律から逃れることはできません。

神の摂理に反する行いや想いが積み重なっていくと、魂のありさまは変わっていきます。

進むべき方向を見失い、生きる目的である、魂の向上は果たせなくなっていきます。

残念ながら、自分ではどうすることもできません。

そこで、心の奥深くで眠っている魂にまで響く、相当な衝撃が必要となってきます。

生命を脅かすほどの病気でなければ、生命である魂にまで届きません。


ガンと言う病気は、神の摂理である因果律によって生じた、言わば暗闇です。

今まで見えていた周りのものが、何もかも見えなくなります。

頼れるものは何もなく、独りになり、先の見えない不安、死の恐怖に、押しつぶされそうになると思います。

暗闇にいる時に、お金を欲しがる人はいません。

ただ、暗闇の恐怖を解消するものが欲しいだけです。

そんな時に、明りを持って来てくれたとしたらどうでしょう。

周囲は照らされて、暗闇はなくなり、不安や恐怖は追い払われます。

明りを渡してくれた人に、感謝せずにはいられません。


暗闇に実体はありません。

ただし、意味はあります。

光のありがたさ、大切さに、気付かせるという意味です。

明るい昼間では、明かりの光など、目に入りません。

楽しいこと、目立つものばかりが目に映り、見向きもされません。

本当につらいことですが、光は暗闇の中でしか見出せず、ありがたさはわかりません。

神が、光のありがたさを知るために、暗闇を用意したのは、間違いありません。

目に見えるものは、それほど大切ではありません。

目に見えず、触れることもできない光こそ、最も大切です。


暗闇により、大切でないものは、すべて見えなくなります。

そして、光は眩しく輝き出します。

暗闇を消滅させるものは、光しかありません。


光のありがたさに気付いたのなら、きっと夜明けは近いはずです。

なぜなら、暗闇の役割は終わったからです。

後は、朝が来るのを待つだけです。

よく言われますが、夜明け前が一番暗く、寒いです。

どんなに暗い夜でも、長い夜でも、漆黒の空が光で変わり始める瞬間が必ず来ます。

夜明けなんて来ないと思っていても、必ず夜明けは来ます。

光とは愛、神の心です。

生命とは魂であり、神の一部です。

苦しむだけ苦しんで、終わりになることは、決してありません。

暗闇は、光である愛に気付くために存在します。

従って、怖くはありません。

今までの苦しみにより、機は熟してきています。

もうすぐです。


















0 件のコメント: