2020年6月28日日曜日

お金の価値


命の次に大切なものは何か?

お金と答える人も多いでしょう。

綺麗ごとではなく、お金がなくては生きて行けないからです。



地上を去った後に待ち受けているのは、思念の世界です。

そこでは自分が欲するものが直ちに具現化します。

想像するのが難しいのですが、車に乗りたければ目の前に車が現れ、食べ物が欲しくなれば目の前に食べ物が現れます。

お金がなくても、欲しいものが手に入る世界です。

けれども、移動するために車は必要ありません。

肉体がないので、食べる必要もありません。

お金で買う物は、霊界での生活に必要ないものばかりです。




当たり前のようにあるお金は、地上だけの特殊な存在です。

この世を去れば、消えてなくなってしまうお金に、多くの人は捉われ過ぎています。

お金にまつわる犯罪は、日常茶飯事のように起きています。

人を殺してしまうことさえあります。

お金に捉われるあまり、生まれてきた目的をすっかり忘れて、道を踏み外してしまう人がたくさんいます。




大昔の人は、物々交換をして生活していたようです。

それに不便さを感じたために、物と等価になるお金が考案されました。

最初のお金は貝であり、そのため関係する漢字(財、買など)には貝が入っています。
貝貨
その当時は、その日の暮らしが成り立てばそれで良かったので、物を溜め込むことはありませんでした。

ところが、お金が現れて溜めることが可能になりました。

お金がたくさんあれば、物的に贅沢な暮らしが出来るので、蓄財するようになったと考えられます。




お金がなければ生活できません。

しかし、あり過ぎても良くないようです。

お金に喜びを感じてしまうと、本来味わうべき悦びに無関心になってしまうようです。

たくさんのお金があれば、安心感は得られるかもしれません。

しかし、それ以上のものは何も得られません。




気に入った物を買ったり、旅行に行ったり、食事に行くのは、確かに喜びを感じます。

しかし、その喜びはどれも地上的なものです。

ひと時のものです。

私たちが、本来味わうべきなのは、永続な悦びです。

それは、魂から湧き上がる、霊的な悦びです。




霊的な悦びとは、一体どんなものでしょうか?

例えば、満員電車の中で、つり革に掴まれず、困っているお年寄りがいて、席を譲ったとします。

その時に、ちょっとした満足感のような、うれしさのようなものを感じることはないでしょうか。

それが、霊的な悦びです。

自分がしたことで人に喜ばれた時、あるいは人や動物や社会のためになったのを実感した時に内から湧き出るもの、それが霊的な悦びです。

人は、自分がしたことが役に立って、喜んでもらうと、自身も悦びを感じるようになっていると考えられます。




何故、そのようになっているのでしょうか?

この世に生まれて来た目的は、自分を成長させるためです。

人のために役に立つと、自然法則の働きによって、成長するようになっています。

人のために役に立つことで悦びを感じるのは、悦びを通して人を成長させようとする意図があるからです。

悦びを感じることで、神は自らの心(愛)を顕現させようとしています。




地上的な喜びを追い求めても、虚しさを感じるのはどうしてでしょう?

それは、自分が成長しないものを追い求めているからです。

生まれて来た目的を成就していないからです。

成長して行く過程で、魂から湧き出る、深い悦びを感じることが出来ます。




いくらお金を持っていても、自分の成長とは関係ないので、満足することが出来ないようになっています

満足することが出来ないので、際限なく求めてしまう人が多いのです。

たとえ、巨万の富を手に入れたとしても、霊的な悦びを感じることは出来ません。




お金によって、霊的な悦びを得る、唯一の方法があります。

それは、必要としている人に分け与えることです。

人のために活かされた時、初めて霊的な価値が生まれるからです。

役立てたいと願い、分け与えることで、悦びが生まれます。




お金をたくさん蓄えている人がいると、その分、足りなくなる人が出て来てしまいます。

足りない人に蓄えている人が分け与えることによって、その価値は最大限に発揮されます。

物的な財産は少なくなりますが、目に視えない霊的な財産が増えることを、多くの人は知りません。

どちらの方が、永続性があり、価値のある財産なのか、言わずと知れたことです。




にわかには信じられませんが、世界の富豪の8人の資産が、貧困層36億人分の資産と同じという話があります。

その真偽はともかくとして、誰が見ても明らかな富の偏在があるのは確かです。

ただ、富を築いた人は、こう言うかもしれません。

「私には才能があり、努力もしてきた。社会からお金と言う正当な対価をもらって当然である。それをどうしようと勝手だ。」

それは、地上的に見れば正論です。

しかし、霊的には、極めて貧しい意見となります。

人のために活かすために才能があり、それよって得た財産も、また人のために活かすためにあると考えられます。

今までしてきた努力は無駄にはなっておらず、自らの成長として報酬を得ています。

才能が神から与えられたのであれば、それによって得たお金も、神が望むように使わなければなりません。




物的な財産をたくさん蓄えていた人が、この世を去り霊界に行くとどうなるのでしょう?

その財産が、人や動物や社会のために活かせなかったことを後悔することになります。

遺した財産によって、争いが起きるようであれば、後悔はさらに大きくなるでしょう。




富める国が、そして富める人が、さらに富を増やすことばかりを考えています。

富を増やそうとしている国や人ほど、霊的な事実に無知であり、無関心です。

物的な豊かさを追い求めても切りがありません。

真の豊かさ、悦びは得られません。

残念ながら、この状況は一向に変わる気配がありません。




コロナウィルスの流行は、収束する気配を見せていません。

富を追い求める国、貧富の差がある国、社会的な格差が大きい国ほど、甚大な被害が出ている様に見えます。

地上の危機的な状況は、霊的に危機的な状況を反映している様です。

大きく変わらなければならない国や人ほど、大きな苦痛を味わっている様に見えます。

何かが間違っているけど、それが何だか判らない。

そんな人たちがほとんどかもしれません。

物質的に大きな変化が起きて、危機的な状況に追い込まれることで、霊的に目覚めます。

目覚めることで、間違っていることに、はっきりと気付くことが出来ます。

気付くことによって、初めて変わることが出来るのです。




コロナウィルスは、人の動きを止めました。

それによって、物の動きが止まり、お金の動きも止まりました。

お金の動きが止まると、多くの人に行き渡らなくなります。

お金が行き渡らなくなれば、食べることもままならず、生きて行くのが不安になります。

世界中の人が、そのことに気付いたと思います。




地球上の生命は、物的には独立していますが、霊的にはつながっています。

実はひとつなのです。

全身に十分な血液が循環していなければ、健康ではいられません。

ひとつひとつの細胞に当たる生命も、必要なものが十分に行き渡っていなければ、健全でいることはできません。

富の偏在は、肉体において血液が貯留し、滞っているのと同じ状態です。

必要なものが行き渡らなくなり、多くの生命を危うくさせています。

お金は血液と同じで循環させるべきものであり、留めて置くべきものではありません。




今の地球は、想像している以上に不健全なのかもしれません。

あまりにも不健全になったために、因果律が作動し今回の現象が引き起こされ、健全さを取り戻すことになるのかもしれません。

国や地域の間に、医療体制や知識に著しい不均衡が存在しているので、それが原因となり、ウィルスは拡がって行くと考えられます。

ウィルス流行によって、世界中の不均衡、不平等なものが露わになり、それが目に留まるようになり、良心によって正されることになると思います。




自然界の中に、健全さを保つような仕組みが、予め創られていたと思われます。

人間の力ではどうすることも出来なかったので、その仕組みが作動し、外部の力によって健全さが取り戻されると考えています

どのような形で取り戻されるのか判りませんが、相応の苦痛を伴うことは覚悟しなければいけません。

必要としている人に必要なものを行き渡らせ、地球環境を最優先するようになれば、ウィルスの脅威から免れることが出来ると考えられます。




世界中で戦争のために使われているお金(軍事費)を、必要としている人たちに回すことが出来たのならば、飢えに苦しむ人はいなくなるでしょう。

蓄えられているお金を、住む家のない人たちに回せたのなら、全ての人に安心して眠れる場所が提供されるでしょう。

お金は人のために回すことで、霊的な価値が生まれます。

それ以上の価値はあるのでしょうか。